ナチュラルで可愛い“デカ目メイク”の5つのコツ&NGメイク

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-04-30 06:00
投稿日:2021-04-30 06:00
 女性なら誰もが、ナチュラルで可愛い“デカ目”に憧れているでしょう。できることなら、アイメイクのテクニックを身につけて、少しでもデカ目に見せたいですよね。そこで今回は、ナチュラルで可愛いデカ目を作るアイメイクのコツと、逆効果になってしまうNGメイクをご紹介します。

ナチュラルで可愛いデカ目メイクの5つのコツ

デカ目になりたい!(写真:iStock)
デカ目になりたい! (写真:iStock)

「もっと大きな目に生まれたかったな……」と、自分の目の形にコンプレックスを抱えている人も多いと思います。目の形は簡単に変えることができませんが、アイメイクのテクニックを身につければ、理想のデカ目になることは可能! まずはじめに、ナチュラルで可愛いデカ目メイクの5つのコツを見ていきましょう。

1. アイライナーはペンシルとリキッドの両方使う

 アイライナーは、デカ目を作る上でとても重要なアイテムです。一般的にはリキッド派かペンシル派に分かれますが、ナチュラルで可愛いデカ目を作るためには両方使うのがマストです。

 はじめに、ペンシルを使用してまつ毛の隙間を埋めるように、ポンポンと点を打つようにラインを引いていきます。次に、目頭から目尻にリキッドアイライナーを細く一気に引きましょう。インラインを入れると、さらにデカ目に見えますよ。

2. アイシャドウはグラデーションでデカ目に

 アイシャドウをつける時は、ベースカラー・中間カラー・ダークカラーの三色でグラデーションを描くと、ナチュラルで可愛いデカ目を作ることができます。

 アイシャドウは、自分の目よりも少し横幅を広めにつけるとデカ目にみせることができます。指の腹で上手にアイシャドウをぼかして、綺麗なグラデーションを描いてくださいね。

3. 可愛い系を狙うなら涙袋も

 可愛い系のデカ目メイクに欠かせないのが、涙袋です。涙袋を作ると、可愛らしく見えるだけでなく、目元に陰影ができるので目が縦に大きく見えますよ。

涙袋の作り方

 クマが気になる人は、コンシーラーを使用して事前にカバーします。

 ニッコリと笑った時にできる涙袋の部分に、専用のアイライナーなどでラインを引きます。

 綿棒を使用して、ラインを少しずつぼかします。

 涙袋を描いたラインの内側にアイシャドウを塗って、ふっくら感を出します。

 もともと涙袋がある人もいますが、涙袋がなくても専用のアイライナーで簡単に作ることができるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

4. 繊維入りのマスカラでさらにボリュームアップ

 ナチュラルで可愛いデカ目を作るためには、マスカラ選びも重要なポイントになります。大きくぱっちりした瞳に仕上げたいなら、繊維入りのマスカラを選びましょう。ロング&カールタイプのマスカラは、長さとボリュームの両方を叶えてくれるのでおすすめです。

 まずはじめに、ビューラーを使用してしっかりまつ毛を上げます。次に、マスカラを根元にしっかりと塗り、毛先に向けてサッとひと塗りします。毛先に塗りすぎてしまうと、ダマになり、せっかくのカールが下がってしまうので注意しましょう。

デカ目メイクで避けるべき4つのNGメイクとは

ボリュームがありすぎるつけまつ毛はNG(写真:iStock)
ボリュームがありすぎるつけまつ毛はNG (写真:iStock)

 せっかくメイクでデカ目に見せようと思っても、間違ったメイクをしてしまうとデカ目に見せるどころか、逆に目を小さく見せてしまうことも。続いては、デカ目に見せたい女性がついやってしまいがちな4つのNGメイクを見ていきましょう。

1. 極太のアイライナー

 デカ目に見せようと思って、極太のリキッドアイライナーで目元を強調しようとしていませんか? アイラインは、デカ目を作るための重要なアイテムですが、使い方を間違えてしまうと逆効果になってしまします。

 極太のアイライナーを入れてしまうと、本来の目元の大きさが隠れてしまうので、かえって目が小さく見えてしまいます。アイライナーは、自然な色合いのものを細く入れた方が目を大きく見せられますよ。

2. ボリュームたっぷりのつけまつ毛

 ボリュームたっぷりのつけまつ毛を付けると、いつも以上にデカ目に見せる効果があるように感じてしまいますが、不自然なボリュームは目を小さく見せてしまう場合があります。

 どうしてもつけまつ毛を付けたい場合は、毛量のあまり多くない自然に見えるタイプのものを選ぶようにしましょう。

3. 目の周りを真っ黒で囲む

 外国人のモデルさんたちがよくやっている、目の周りを真っ黒の囲むアイメイク。目力を強く見せたい時には効果的ですが、デカ目に見せたい場合は避けた方が良いNGメイクです。

 黒は引き締め効果がある色なので、目の周りを真っ黒で囲んでしまうと、逆に目を小さく見せてしまいます。デカ目に見せるためには、できるだけナチュラルな色を使用するようにしましょう。

4. 幅広く濃い色のアイシャドウをつける

 デカ目に見せる場合は、幅広く濃い色のアイシャドウを塗るのもNGです。目を大きく見せようと、濃い色のアイシャドウを広げてしまうと、目が小さく見えたり、腫れぼったく見えてしまうことも。

 濃い色のアイシャドウはアイラインの上に細く入れる程度にして、それ以外は肌に馴染みやすいブラウン系を薄く入れるようにした方が、目を大きく見せられますよ。

デカ目メイクをマスターして満足できる可愛い目元に♡

可愛いデカ目は作れる♡(写真:iStock)
可愛いデカ目は作れる♡ (写真:iStock)

「デカ目メイク」と聞くと、ギャルのような盛り過ぎのアイメイクを想像する人も多いかもしれませんが、最近のデカ目メイクはナチュラルで可愛いことが絶対条件です。

 自分の目の形にコンプレックスを持っている人も、デカ目メイクをマスターできれば、自分の理想の目元に近づくことができます。しっかりマスターして可愛い目元を目指しましょう♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


【涙活】即実践!ガッツリ泣いた後に目が腫れないテク5つ
 失恋したり、感動するドラマを見たりして大泣き……そんな日もありますよね。とはいえ、翌朝鏡を見たら、目がパンパンに腫れて...
40代が似合う「くすみを隠すメイク」ファンデに頼りすぎない
 40代になると目立ってくる「くすみ」。隠そうとして厚塗りにすると崩れるし、薄くつけても全然隠れない……。そんな悩みを抱...
マスクにメイクが付いちゃった! ぶっちゃけ変える頻度は?
 コロナ禍ではじまったマスク生活。女性にとっての一番の悩みは、メイクの汚れが付いてしまうことではないでしょうか。マスクを...
メイクアイテムの正しい使用期限、知ってる? 目元は要注意
 メイクポーチの中を定期的に掃除していますか? よく見ると、中には使用期限を過ぎている古いアイテムが入っている人も……。...
朝だけじゃダメ! 日焼け止めをメイクの上から塗り直す方法
 日焼け止めはこまめな塗り直しをすることではじめて、十分な効果を得られます。でも、メイクをしてしまったら「どうやってメイ...
おフェロ度UP「モーヴ色」メイクで40代の大人可愛いを実現!
 今、大注目の「モーヴ色」を使ったメイク。もう試しましたか? モーヴ色は、使う人を選ばない色として人気ですが、加えて40...
【0円で復活】ディオールの口紅が折れた!2022.6.30(木)
 ポッキーン。ゲットして間もないディオールの口紅が、折れてしまいました。ショック過ぎる……。  このままポイする選...
「おばさん体型」疑惑!特徴は?スリムな40代に近づく対処法
 40代を超えたあたりから、体がだんだんと「おばさん体型」になってきていると感じたことはありませんか? 今回は、おばさん...
「夏の涼しいコーデ4選」見た目&着心地グーな楽ちんスタイル
 暑い夏でも、涼しいコーデをして軽やかに過ごしたいと思いませんか? でも、単純に肌の露出を増やすのは、体型に自信がない人...
「白髪染め」失敗した! 楽しみながら戻すにはどうする?
 染めても繰り返し生えてくる白髪に、白髪染めを使っている人は多いですよね。でも、真っ黒になりすぎてしまったり、明るくした...
人に言えない「尿漏れ」問題 大きな声で笑ったら“じゅん”!
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「夏の汗対策」汗っかきさんは“冷却ポイント5つ”を覚えて!
 暑い夏、汗による悩みは尽きませんよね。メイク崩れやニオイ、汗染みなど、困っている人も多いはず。そこで今回は、悩み別に4...
「オフィスカジュアル」でデニム着用 アリorナシ線引きは?
 近年、働き方の幅が広がり「オフィスカジュアルOK」の会社も増えてきていますよね。そこで毎回のように議論になるのが「デニ...
痛くないよね?40代でも「背中開きトップス」が着たいんです
 ヘルシーで涼しげなムードが魅力的な、背中開きトップス。夏のコーデに取り入れたい気持ちがある反面「大人の女性が着るのは痛...
【基本のスキンケア】物価高でケチる前に0円で見直せること
 物価高が家計に重くのしかかってきていて、日々の美容ではなるべく節約したい人も増えているよう。一方、梅雨になると「肌の調...