一重の人必見♡“デカ目メイク”のポイント&似合うカラー

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-12-25 06:00
投稿日:2020-12-25 06:00
 日本人では珍しくない「一重まぶた」は、クールでミステリアスな印象が素敵です。でも、やっぱり「クールもいいけど大きなぱっちりした目に憧れる!」と思う人も多いでしょう。そこで今回は、一重の人必見のデカ目メイクのやり方や、似合うアイシャドウの色をご紹介します!

デカ目メイクの前に知りたい! 一重の種類

あなたの一重はどのタイプ?(写真:iStock)
あなたの一重はどのタイプ? (写真:iStock)

 実は、一重といっても2種類あるのをご存知ですか? 自分の一重のタイプを把握しておくと、よりデカ目メイクがしやすくなりますよ。

タイプ1:脂肪が多い一重

 まぶたの脂肪が多い一重の人は、アイメイクをすると腫れぼったくなってしまう特徴があります。また、まぶたの形状によっては、せっかくカールしたまつげやアイラインが全部隠れてしまうことも……。アイシャドウの色は、腫れぼったく見えないカラーを選ぶことが重要です。

タイプ2:脂肪が少ない一重

 一重の中でも、脂肪が少なくすっきりしたまぶたの人は、平面的で目元の印象が弱くなってしまいがち。すっきりクールな印象が魅力なものの、アイラインやアイシャドウの色を間違えるとキツイ印象になってしまいます。これをカバーするには、立体感の出るアイメイクを目指すことがポイントですよ。

アイテム別! 一重を生かすデカ目メイクのやり方♡

デカ目になれるかな?(写真:iStock)
デカ目になれるかな? (写真:iStock)

 自分の一重のタイプがわかったら、さっそくデカ目メイクのやり方をご紹介しましょう!

【下地】一重のデカ目メイクのやり方

 一重の人の「まぶたの腫れぼったさ」の悩みには、アイメイクの下地にブルーのベースカラーを使うのがおすすめ。赤みのあるまぶたはどうしても腫れぼったく見えてしまいますが、ブルーならすっきりクリアで透明感のあるまぶたが作れますよ。

 ただし、ブルーだとしても、ラメやパールが入っているものはNG。光の効果で膨張して見えてしまうので、腫れぼったさを軽減する効果が半減してしまいます。

【アイライン】一重のデカ目メイクのやり方

 まぶたの脂肪が少ない一重の人は、目つきが悪く見えてきつい印象を与えてしまうことがありますよね。そのため、印象の強いブラックよりも優しい印象のブラウンのアイラインカラーがおすすめ。

 アイラインは2mmくらいの太さで目尻から3mm程度長く、タレ目風に描きましょう。まぶたでアイラインが全て隠れてしまう場合は、ブラウンのアイシャドウをぼかして、優しくアイラインを強調しましょう。マットな質感のカラーで、腫れぼったさが出ないようにするのもポイントです。

 また、目の下のアイラインは、目尻1/3程度に入れるのがおすすめ。きつく見えがちな目元を丸く優しい印象に仕上げます。

【マスカラ】一重のデカ目メイクのやり方

 一重のデカ目メイクのポイントとも言えるのが、マスカラでしょう。一重の人が根本からまつ毛をカールしてマスカラを塗ると、まぶたの重みでまつ毛が見えなくなったり、まぶたにマスカラがついて化粧崩れの原因になってしまいます。

 まつ毛をカールする時には、まつ毛の中心から毛先まで、2段階くらいでまつげを上げていきましょう。こうすることで、まつげが重さで落ちたり、まぶたが汚れてしまうリスクを減らせます。

【アイシャドウ】一重のデカ目メイクのやり方

 一重のデカ目メイクのポイントは、アイシャドウをグラデーションにして、「自然な立体感と大きさを演出する」ことです。

 まずは、アイホール全体にベースカラーをのせていきます。次に、少し濃いめのブラウンシャドウをまぶたのキワに入れていきましょう。アクセントとなるカラーは、目尻に“くの字”に入れると横長に目が大きくなります。腫れぼったく見えてしまうので、全体には塗らないようにしてくださいね。

 もしも、腫れぼったさが出てしまったら、アイラインをブラックなどにして引き締めるなど、全体のバランスを見ながらメイクすると良いでしょう。

一重のデカ目メイクに使える! 似合うアイシャドウの色♡

パープルはデカ目効果抜群(写真:iStock)
パープルはデカ目効果抜群 (写真:iStock)

 最後に、デカ目メイクに使えるアイシャドウの色をチェックしてみましょう!

キツイ目元を軽減するなら「マットブラウン」

 一重で脂肪が多い人も少ない人も、万能で使えるのがマットブラウンです。パールやラメのないマットブラウンは、目元の腫れぼったさを出さずに、自然に目元を大きく見せてくれる万能カラー!

 赤やピンクの色味に近いブラウンより、グレーよりの色味を選ぶことで、一重のキツさを軽減した優しげな印象のメイクになりますよ。

一重のクールさを生かすなら「ブルーやグリーンなどの寒色系」

 一重の良さを活かしたカラーが、ブルーやグリーンなどの寒色系のカラーです。腫れぼったさを抑えながら、すっきりクールでミステリアスな仕上がりになります。

印象的な目元なら「深いパープル」

 キツすぎない柔らかい色味でありながら、大きくて印象的な目元に仕上がるのがパープルです。パープルの中でも、渋い色味や深い色合いのパープルがおすすめ。自然にぼかせば、デカ目効果が倍増するおすすめカラーです。

一重の良さを活かしたデカ目メイクに挑戦してみよう♡

デカ目にへんしーん♡(写真:iStock)
デカ目にへんしーん♡ (写真:iStock)

 毎日繰り返すメイクは、どうしても自己流の方法にマンネリ化してしまいがちですよね。でも、アイメイクで印象が大きく変わる一重の人は、場合によっては損してしまっていることも……。ぜひ、コツを押さえたデカ目メイクをマスターして、一重の悩みを解消してくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


生理中でも快適♡不快感をなくす便利なおすすめアイテム5つ
 毎月やってくる生理は、女性にとって、とても憂鬱な期間ですよね……。でも、もしかしたらその不快な症状を軽減させることがで...
洗顔ブラシの嬉しい効果4つ♡ 正しい使い方や注意点も
 美容家の多くは「スキンケア用品を使う前に、しっかり肌の汚れを落とすことが大切」と言いますよね。でも、手で洗顔料を泡立て...
リモートワークで太るのはどうして? 原因&5つの対処方法
 コロナ禍をきっかけに、仕事形態は大きく変わってきていますよね。リモートワークが増えた人も多いのではないでしょうか。そん...
ぽっちゃりでも小顔に見える♡ 髪の長さ別おすすめ髪型9選
 ぽっちゃり体型で、「顔が大きく見えてしまう」ということに悩んでいる女性は多いですよね。でも実は、その悩み、髪型次第で解...
コスメの上手な収納術4選♡自宅でも外出先でもスッキリ快適
 一回のメイクで使うコスメの数って、結構ありますよね。しかも、ファンデーションやリップ、マスカラなど、サイズも長さも形状...
お正月はなぜ太る?原因&無理なくできるリセット方法4選♪
 お正月休みが終わると、「またこれから仕事か……」と思うと同時に、「制服が入るだろうか?」なんて心配になる人もいるのでは...
サロントリートメントの持続時間って? 長持ちさせるコツ♪
 トリートメントには、自宅で行うセルフトリートメントと、美容室で行うサロントリートメントがあります。サロントリートメント...
生理の日を快適に♪ おすすめデリケートゾーンケアグッズ3選
 身体も重く、気持ちも沈みがちになる生理期間……。少しでも楽になるように、と、アレコレ試してみて、気に入ったアイテムを3...
毛穴吸引器の正しい使い方のポイント!黒ずみ毛穴も綺麗に♡
 毛穴の黒ずみって嫌ですよね。だからといって、毛穴パックを繰り返してしまうと余計に毛穴が目立つという噂もあるし……。そん...
フェミニン系で大人可愛く♡3つの特徴&コーデのポイント♪
 流行りの「フェミニンコーデ」とは、女性らしい柔らかい印象のコーデのことを言います。可愛くなりすぎない大人フェミニンは、...
“ビッグカラーコーデ”ってダサい? 着こなしの6つのコツ♡
 2021年からじわじわブームが来ている、大きめの襟を使ったビッグカラーコーデ!「ダサいと思われそう」「私には着こなせな...
仲間由紀恵のような美髪に! ホームケア“格上げ”3アイテム
雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違った...
メイクで理想の顔に♡ 童顔の特徴&大人っぽく仕上げるコツ
 可愛らしい印象が強い童顔ですが、子供っぽく見られてしまうことをデメリットだと感じている人も多いよう。「童顔でも大人っぽ...
蒸しタオル美容を週1回のとっておきケアに♡ メリット&手順
 忙しい日々で、普段から美容に時間をかけられない人って多いですよね。でも、そんなあなたにぜひ、おすすめしたいのが「蒸しタ...
適度な運動の目安ってどのくらい?理想的な運動量&メリット
 健康維持やダイエットのために運動をはじめるとき、よく耳にするのが「適度な運動」という言葉。そもそも、適度な運動とは、い...
ナチュラルに盛れる♡ デカ目メイクの上手なやり方のコツ4選
 可愛い人や美人な人の多くは、やっぱり目が大きくて印象的♡ そのため、多くの女性がアイメイクに力を入れていますよね! で...