一重の人必見♡“デカ目メイク”のポイント&似合うカラー

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-12-25 06:00
投稿日:2020-12-25 06:00
 日本人では珍しくない「一重まぶた」は、クールでミステリアスな印象が素敵です。でも、やっぱり「クールもいいけど大きなぱっちりした目に憧れる!」と思う人も多いでしょう。そこで今回は、一重の人必見のデカ目メイクのやり方や、似合うアイシャドウの色をご紹介します!

デカ目メイクの前に知りたい! 一重の種類

あなたの一重はどのタイプ?(写真:iStock)
あなたの一重はどのタイプ? (写真:iStock)

 実は、一重といっても2種類あるのをご存知ですか? 自分の一重のタイプを把握しておくと、よりデカ目メイクがしやすくなりますよ。

タイプ1:脂肪が多い一重

 まぶたの脂肪が多い一重の人は、アイメイクをすると腫れぼったくなってしまう特徴があります。また、まぶたの形状によっては、せっかくカールしたまつげやアイラインが全部隠れてしまうことも……。アイシャドウの色は、腫れぼったく見えないカラーを選ぶことが重要です。

タイプ2:脂肪が少ない一重

 一重の中でも、脂肪が少なくすっきりしたまぶたの人は、平面的で目元の印象が弱くなってしまいがち。すっきりクールな印象が魅力なものの、アイラインやアイシャドウの色を間違えるとキツイ印象になってしまいます。これをカバーするには、立体感の出るアイメイクを目指すことがポイントですよ。

アイテム別! 一重を生かすデカ目メイクのやり方♡

デカ目になれるかな?(写真:iStock)
デカ目になれるかな? (写真:iStock)

 自分の一重のタイプがわかったら、さっそくデカ目メイクのやり方をご紹介しましょう!

【下地】一重のデカ目メイクのやり方

 一重の人の「まぶたの腫れぼったさ」の悩みには、アイメイクの下地にブルーのベースカラーを使うのがおすすめ。赤みのあるまぶたはどうしても腫れぼったく見えてしまいますが、ブルーならすっきりクリアで透明感のあるまぶたが作れますよ。

 ただし、ブルーだとしても、ラメやパールが入っているものはNG。光の効果で膨張して見えてしまうので、腫れぼったさを軽減する効果が半減してしまいます。

【アイライン】一重のデカ目メイクのやり方

 まぶたの脂肪が少ない一重の人は、目つきが悪く見えてきつい印象を与えてしまうことがありますよね。そのため、印象の強いブラックよりも優しい印象のブラウンのアイラインカラーがおすすめ。

 アイラインは2mmくらいの太さで目尻から3mm程度長く、タレ目風に描きましょう。まぶたでアイラインが全て隠れてしまう場合は、ブラウンのアイシャドウをぼかして、優しくアイラインを強調しましょう。マットな質感のカラーで、腫れぼったさが出ないようにするのもポイントです。

 また、目の下のアイラインは、目尻1/3程度に入れるのがおすすめ。きつく見えがちな目元を丸く優しい印象に仕上げます。

【マスカラ】一重のデカ目メイクのやり方

 一重のデカ目メイクのポイントとも言えるのが、マスカラでしょう。一重の人が根本からまつ毛をカールしてマスカラを塗ると、まぶたの重みでまつ毛が見えなくなったり、まぶたにマスカラがついて化粧崩れの原因になってしまいます。

 まつ毛をカールする時には、まつ毛の中心から毛先まで、2段階くらいでまつげを上げていきましょう。こうすることで、まつげが重さで落ちたり、まぶたが汚れてしまうリスクを減らせます。

【アイシャドウ】一重のデカ目メイクのやり方

 一重のデカ目メイクのポイントは、アイシャドウをグラデーションにして、「自然な立体感と大きさを演出する」ことです。

 まずは、アイホール全体にベースカラーをのせていきます。次に、少し濃いめのブラウンシャドウをまぶたのキワに入れていきましょう。アクセントとなるカラーは、目尻に“くの字”に入れると横長に目が大きくなります。腫れぼったく見えてしまうので、全体には塗らないようにしてくださいね。

 もしも、腫れぼったさが出てしまったら、アイラインをブラックなどにして引き締めるなど、全体のバランスを見ながらメイクすると良いでしょう。

一重のデカ目メイクに使える! 似合うアイシャドウの色♡

パープルはデカ目効果抜群(写真:iStock)
パープルはデカ目効果抜群 (写真:iStock)

 最後に、デカ目メイクに使えるアイシャドウの色をチェックしてみましょう!

キツイ目元を軽減するなら「マットブラウン」

 一重で脂肪が多い人も少ない人も、万能で使えるのがマットブラウンです。パールやラメのないマットブラウンは、目元の腫れぼったさを出さずに、自然に目元を大きく見せてくれる万能カラー!

 赤やピンクの色味に近いブラウンより、グレーよりの色味を選ぶことで、一重のキツさを軽減した優しげな印象のメイクになりますよ。

一重のクールさを生かすなら「ブルーやグリーンなどの寒色系」

 一重の良さを活かしたカラーが、ブルーやグリーンなどの寒色系のカラーです。腫れぼったさを抑えながら、すっきりクールでミステリアスな仕上がりになります。

印象的な目元なら「深いパープル」

 キツすぎない柔らかい色味でありながら、大きくて印象的な目元に仕上がるのがパープルです。パープルの中でも、渋い色味や深い色合いのパープルがおすすめ。自然にぼかせば、デカ目効果が倍増するおすすめカラーです。

一重の良さを活かしたデカ目メイクに挑戦してみよう♡

デカ目にへんしーん♡(写真:iStock)
デカ目にへんしーん♡ (写真:iStock)

 毎日繰り返すメイクは、どうしても自己流の方法にマンネリ化してしまいがちですよね。でも、アイメイクで印象が大きく変わる一重の人は、場合によっては損してしまっていることも……。ぜひ、コツを押さえたデカ目メイクをマスターして、一重の悩みを解消してくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


目指せ北川景子!? 真似っこしたい「美人ママ」特徴&長所8つ
 子供が産まれてママになると、子供が最優先になってしまい、つい自分のことは二の次になってしまいがち……。しかし、中には何...
韓国発タッセルカットが似合う人!タンバルモリとの違いは?
 今、韓国でじわじわと「タッセルカット」の人気が高まっています。でも、タッセルカットは個性的な髪型のため、自分の顔の形が...
胸が小さい=垂れる心配も少ない!“貧乳”こそのメリットあり
 体にまつわるコンプレックスは人それぞれ違います。中でも、胸の小ささをコンプレックスに感じている人は多いでしょう。でも、...
美肌を育てる!40代にぴったりな「ミニマルメイク」のすすめ
 40代を超えると、必要な物だけを厳選してシンプルに暮らしているミニマリストに憧れますよね! とはいえ、実際には生活の中...
美容院に行く前に読んで!夏のヘアカラーを長持ちさせるコツ
 夏場は髪色を明るく軽い色に変えたくなる人、実際に変えた人は多いのではないでしょうか。でも、そこで出てくる悩みが「ヘアカ...
コントロールカラーってなんぞ?メリット&選び方をおさらい
「コントロールカラーというアイテムは知っているけど、どうやって選んだらいいのかよくわからない……」と、購入を躊躇している...
【生理の腰痛】丸腰じゃ戦えない!自宅でできる腰痛の解決策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
日焼け止めの落とし方をおさらい 体もクレンジングするの?
 紫外線の強い季節に欠かせない日焼け止め。一日に何回も塗り直すわりには、クレンジングを適当にしてしまっている人も多いよう...
姑チェックは厳しいぞ! 帰省ネイルの注意点&好感度UPテク
 年末年始や夏休みになると、夫の実家に帰省する人も多いですよね。ここで意外と見落としがちなのが「帰省ネイル」。デザインに...
気を付けて! 令和版・ヤリモク男“ホイホイメイク”3つの特徴
「ヤリモク」とはその言葉の通り、最終的に“やる”のが目的の男の人のこと……。ちゃらちゃらした男をよく引き寄せてしまうとい...
拷問動画多すぎ!深夜の飯テロ対策5選、ドカ食いを回避せよ
 深夜に飯テロ番組や食欲をそそるようなSNSを見てしまい、空腹に悩まされた経験がある人は多いでしょう。ダイエット中の人に...
旅行で活躍の予感!雑誌の付録で「トラベルセット」まで完成
 雑誌の付録で、旅行セットが作れました♪  化粧水・乳液のセットはたっぷり使えるサイズで何泊でも使えそう。ヘアオイルと...
立派な二の腕をカバーする! 細見えノースリーブ着こなし5選
 夏の着こなしの定番アイテムといえば、涼しげに見えるノースリーブですよね。でも中には、「太い二の腕が気になるから、ノース...
ニオってる?夏の汗・皮脂が臭う原因と対策【部位別に解説】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
美容マニアも愛用!「炭酸パック」の魅力&使い方5ステップ
 女性はいくつになっても綺麗な肌に憧れるものですよね。年齢とともにすっぴんに自信を持てなくなる人は多いですが、でも、年齢...
自信過剰なの?すっぴん派が明かす「私がメイクしない理由」
 大人世代に突入して、若いころとは違って「メイクしないと出掛けられない」と感じ始めた女性が多いはず。  だからこそ、メ...