「ポパイエッグ」ホウレンソウをソテーして卵で包むだけ!

コクハク編集部
更新日:2021-04-20 06:00
投稿日:2021-04-20 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さんに、ふんわりとした卵の中にホウレンソウを忍ばせた「ポパイエッグ」のレシピを教えていただきました。

隠し味はバター

合うお酒=ビール、ハイボール(C)コクハク
合うお酒=ビール、ハイボール (C)コクハク

 トマトやピーマン、タマネギ、チーズなどでイタリア風に仕上げるもよし、納豆や長芋で和風に仕上げるもよし。豚のひき肉などを使ったガッツリ系も捨てがたいもの。具だくさんのオムレツは、大人も子供も喜ぶ人気メニューです。でも、いざ作るとなると大変で……。

「ウチのポパイエッグなら簡単ですよ。ホウレンソウをソテーして、卵で包むだけですから」

 ふんわりとした卵にトマトケチャップがとろーり。見た目は、オムレツそのもので、中にホウレンソウが忍ばせてあるといいます。

 卵の巻き方はどうやって?

「店では火をつけたまま仕上げます。でも、そうやってモタモタしていると溶き卵が硬くなってしまうので、スクランブルエッグ状になったら火を止めて、ホウレンソウをのせ、フライパン返しなどで包むと確実にできますよ」

 プロは、もう一方の手でフライパンの柄をトントントンと叩きながらオムレツを巻き上げます。そんな理想形は捨てて。火を止めて作業すればいいのです。

 味つけはホウレンソウをソテーしたときの塩とコショウのみ。卵に味はつけていません。それでいて卵の甘い香りがしっかり。この簡単さで、この美味しさは、レギュラー入り確実です。

「熱したフライパンに油を引いたら、無塩のバターを加えるのです」

 作り方もシンプルなら、隠し味もシンプル。ビールをしっかり冷やしておきましょう。

材料

・サラダ油  適量
・バター  少量
・ホウレンソウ  1株
・卵  2個
・塩  少々
・コショウ  少々

レシピ

(1)ホウレンソウを適当な大きさに切り、塩とコショウで炒めたら、取り置いておく
(2)熱したフライパンに油を引いたら、バターを加えて溶かす
(3)2に2個分の溶き卵を入れ、中火でスクランブルエッグ状にして、火を止める
(4)3に1を一列に並べ、フライパン返しなどで包んでいく
(5)4を器に盛り、ケチャップをかければ出来上がり

本日のダンツマ達人…丸山陽三さん

▽丸山陽三(まるやま・ようぞう)
 大手中華料理チェーンのホール担当として飲食のキャリアを積み、約20年前にこの店で板前に。焼き物や煮物などレパートリーは幅広い。週末は妻に料理を振る舞いながら、新メニュー研究に励んでいる。

▽銘酒処 木曽路
 東京・新橋にオープンして30年超。魚介の鮮度の良さから、豊洲市場の関係者も訪れる。大間のマグロのほか松阪牛のにぎりも人気で、日本酒や焼酎はレアな銘柄がズラリ。東京都港区新橋3―6―4 スカイワールドビル3階。

(日刊ゲンダイ2021年4月14日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「マッシュルーム、トマト、チーズのホイル包み」肉厚が最高
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・御茶ノ水の「麺ダイニング ととこ」の菅原...
プリプリでしょっぱ美味!「玉こんにゃく」熱々でも冷めても
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・御茶ノ水の「麺ダイニング ととこ」の菅原...
京都の「餅菓子」4選。2021.12.4(土)
 12月の京都は風情があって魅力的。冬にかけて旅行を計画している方も少なくないと思います。京都にはおいしい食べ物がたくさ...
相性は立証済み「カレースパイス風味の鳥ハム秋りんご添え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
焼いた餅にサンド「からすみ餅」甘味と塩辛さのハーモニー
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
プロの味に近づける「小松菜と油揚げ、えのき茸のおひたし」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
一度食べると病みつきになる!「カニ味噌レーズンバター」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
風味引き立つ「甘エビの魚醤漬け」翌日の朝食に使う裏ワザも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
お寿司とお酒の楽園「独楽寿司」レポ 2021.11.26(金)
 寿司をツマミに酒を飲む――。THE大人!って感じで憧れます。しかしながら、筆者の少ないお給料では、そうそうできることじ...
「鶏肉の紹興酒漬け」茹で鶏が紹興酒でバージョンアップ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
手軽に本格的な味「台湾甘酢漬け」優しい甘みと柔らかな酸味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
アボカドも一緒に揚げる「エビとアボカドのマヨネーズ和え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
夜市の定番「台湾風ネギ卵焼き」お酒のアテや豪華なおかずに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
地味だけど美味!ブロッコリーのパスタ 2021.11.20(土)
 晩秋から3月ごろまで国産ものが多く出回るブロッコリー。買い物に出かけ、粒がぎっしり詰まってみずみずしい“上物”を見つけ...
「客家式ピータン豆腐」ピータンのコクと豆腐の甘味が一体に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
“ふわふわ系”グミ7種を食べ比べ 2021.11.18(木)
 コンビニやドラックストアで購入できる「グミ」。SNSで空前の“グミブーム”が到来していることもあり、種類も豊富な印象で...