手塚治虫異色作「上を下へのジレッタ」“読みツボ”レビュー!

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2021-05-11 06:00
投稿日:2021-05-11 06:00
 おびただしい名作が現代の漫画家や映像世界の方々やアーティスト、演者にも多大な影響を与えている故・手塚治虫先生。昨年は、稲垣吾郎さんと稲垣ふみさんが出演した映画「ばるぼら」が、イタリア最古のファンタ系映画祭「ファンタ・フェスティバル」にて最優秀作品賞を受賞しました。今回は、「ばるぼら」と並ぶ異色の名作「上を下へのジレッタ」をご紹介します。

二転、三転する物語

空腹時だけ美女に変身する設定のすごさ(写真:iStock)
空腹時だけ美女に変身する設定のすごさ (写真:iStock)

 本作のキーマンとなる登場人物は、3人。敏腕ディレクターで「自分の名を世に残したい」と腹黒い願望を実行にうつす、門前市郎。空腹になったときだけ誰もが振り返るような絶世の美女に変身する歌手、小百合チエ(変身する前も歌唱力が買われ、晴海なぎさとして活動していました)。変身前の、なぎさの見た目と中身のすべてを愛するプロになれない漫画家、山辺音彦です。

 ストーリーをざっくりと読んだ時点では、市郎がチエとともに芸能界をのし上がろうとする物語かと捉えていましたが、そこは手塚先生。想像をはるかに絶していました。あるできごとで「ジレッタ」と呼ばれる妄想世界を構築できるようになった音彦を利用して、市郎は政治家まで巻き込み、世界を自分の手中に収めようとするのです。

「凡人は天才には敵わない」

60年代に仮想現実を描く天才ぶり(写真:iStock)
60年代に仮想現実を描く天才ぶり (写真:iStock)

 手塚先生のあとがきによると、「“ジレッタ”という語彙は別になにもありません。しいていえばディレッタントの略でしょうか」とのこと。辞書によればディレッタントとは、「芸術愛好家、好事家(こうずか)。本来はイタリア語で熱心な音楽愛好家を意味したが、現行は芸術一般の愛好家をさす」そう。なるほど、キーマンの3人は芸術に従事していますし、好事家とは呼べないかもしれませんが、市郎とチエ、音彦の周囲には、「ジレッタ」を利用しようと目論む人々が群がります。

「凡人は天才には敵わない」と感じたのが、本作が1968年8月14日号から1969年9月10日号の「漫画サンデー」(実業之日本社刊)で連載されていた点。1968年といえば当然、インターネットなど普及しておらず、ボードゲームの「人生ゲーム」(タカラ)が発売された年です。アナログが蔓延していた時代に、妄想世界に人々が熱狂して国家をも揺るがす事態を、読者の目が話せないほどの筆力で描いたのです。今はVRなど手軽にバーチャルリアリティを楽しめますが、当時この世界観を描けるのは手塚先生以外にいなかったのではないでしょうか。

女性の美へ努力から生まれた「チエ」というキャラクター

ふとした時間にもアンテナを(写真:iStock)
ふとした時間にもアンテナを (写真:iStock)

 登場人物の描き方にも注目を。現代に置き換えると、誰かをほうふつとするかもしれません。市郎は、自己顕示欲の強いあの人。見た目は冴えないけれど「ジレッタ」を自由自在に扱うと世間に知れ渡り、カリスマ的存在に持ち上げられる音彦はあの人と。

 チエについて、あとがきで手塚先生はこう記していました。

「ぼくのよくかく変身ものでも、腹がへったら美人になる、というアイディアは、自分ながらまあ上出来だと思います。女性が美人になるため減食したり、カロリーをとらない、という涙ぐましい努力をパロッたものです」

 日頃から目にしていたかもしれない、女性の切実な願いを作品へと昇華させる。いくつもの作品がドラマ化や映画化されている小説家の先生も、テレビ出演時におっしゃっていました。「タクシーに乗って移動しながら外の景色を眺めるだけで、短編が1本書ける」と。日常生活のふとした時間にもアンテナを張り巡らせるのは、ビジネスパーソンにとって企画書作成やアイデア出しの参考になるかもしれません。そういった視点で読むと、本作は勉強になることばかりなのです。

 タイトルの「上を下への」という意味はネタバレになるので避けますが、時代をいくつ駆け抜けても色褪せない名作です。まだステイホームをお願いされている地域にお住まいの方も、そうではない方も、「上を下へのジレッタ」をお家時間に読んでみてはいかがでしょうか。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?
 7月1日、文春オンラインがスクープした広瀬すず(24)と山﨑賢人(27)の“半同棲”報道。山﨑は6月19日の広瀬の24...
2022-07-03 17:03 エンタメ
「京都人MCが全国を制覇する説」 宇治出身の麒麟・川島は人気爆上がり中
【桧山珠美 あれもこれも言わせて】  麒麟・川島明の株が爆上がりしている。TBS系「ラヴィット!」で朝の顔になって1年...
2022-07-03 17:03 エンタメ
【追悼】葛城ユキさん 「大事故の退院前日に飲んだビールが人生最高の味」
「ボヘミアン」の代表曲で知られる歌手の葛城ユキさんが原発性腹膜がんのため6月27日に亡くなった。73歳だった。  葛城...
2022-07-03 17:03 エンタメ
常に押しかけるように築き拓いた 中尾ミエの人間関係と自らの道
【今週グサッときた名言珍言】 「私の人生、全部押しかけ」  (中尾ミエ/テレビ朝日系「激レアさんを連れてきた。」6月2...
2022-07-03 17:03 エンタメ
市川海老蔵が解禁前情報をペラペラと…松竹激怒で危ぶまれる團十郎襲名披露
 歌舞伎座で11、12月に「13代目市川団十郎白猿襲名披露」を控えている歌舞伎俳優・市川海老蔵(44)と、興行を担う「松...
2022-07-03 17:03 エンタメ
“陰キャ”で伸び悩む上白石萌歌…まだ姉・萌音に「逆転可能」な理由
 上白石萌音(24)が橋本環奈(23)とダブル主演を務める舞台「千と千尋の神隠し」が4日に大千秋楽(名古屋・御園座)を迎...
2022-07-03 17:03 エンタメ
「将来の天皇」悠仁さまに人気のある愛子さまが遠慮か…比較されるのを避けるお二人
【皇室のトリビア】#73  制度的に悠仁さまが天皇になることが決まっているのに、その一方で国民の愛子天皇待望論がいまだ...
2022-07-03 17:03 エンタメ
高島彩「サタステ」vs 赤木野々花「サタ9」 土曜夜の報道番組“ガチンコ勝負”の熾烈
 土曜の夜9時台にほとんど同じニュース・報道番組が並んで3カ月──テレビ朝日系「サタデーステーション」とNHK「サタデー...
2022-07-03 17:03 エンタメ
山﨑賢人が広瀬すずと♡ 大物息子説も出た“主演で活きる”男
 7月1日金曜夕方、飛び込んできた広瀬すず(24)&山﨑賢人(27)の熱愛スクープ。ファンはさぞや意気消沈していることで...
上原多香子は女優復帰、今井絵理子は再婚間近…元「SPEED」メンバーそれぞれの現在地
 昨年デビュー25周年を迎えた女性ボーカルダンスグループ「SPEED」の元メンバーたちに、再び注目が集まっている。  ...
2022-07-02 17:03 エンタメ
元KAT-TUN田中聖容疑者「薬物依存」の深刻度…更生目指しながら逮捕繰り返した有名人も
「執行猶予中の再犯だけに、前回判決での懲役1年8月プラス、今回の裁判で言い渡される懲役刑を合算した期間、塀の中に服役する...
2022-07-02 17:03 エンタメ
ゆりやんレトリィバァNetflixドラマで「ダンプ松本」に!プロレス雑誌編集長も唸った役者魂
 お笑い芸人のゆりやんレトリィバァ(31)が、2023年配信のNetflixドラマ「極悪女王」で女子プロレスの名悪役であ...
2022-07-02 17:03 エンタメ
岡田健史は“成長期”なのに…主演映画「死刑にいたる病」スマッシュヒットと気になる今後
 俳優の阿部サダヲ(52)と岡田健史(23)がダブル主演の映画「死刑にいたる病」がスマッシュヒットを記録している。  ...
2022-07-02 17:03 エンタメ
加山雄三、吉田拓郎引退報道で思い出す…タレントの「衰え」とは何なのか?
城下尊之【芸能界ぶっちゃけトーク】  加山雄三が年内でコンサート活動を引退することを発表した。85歳になり「まだ歌える...
2022-07-02 17:03 エンタメ
アフガニスタン退避作戦 カブールの前ソマリアで起きていた“ミラクル”
【奇妙?単純? 韓流の方程式】#85  昨年8月、アフガニスタンで混乱が起きた。武装勢力タリバンが全土を掌握し、大統領...
2022-07-02 17:03 エンタメ
“だめニーニー”竜星涼が5代目「相棒」候補に挙がった納得の理由…結果は寺脇康文の再登板
 水谷豊(69)主演の『相棒 season21』(テレビ朝日系)が10月から放送開始されるが、4代目相棒を演じた反町隆史...
2022-07-03 21:08 エンタメ