手塚治虫異色作「上を下へのジレッタ」“読みツボ”レビュー!

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2021-05-11 06:00
投稿日:2021-05-11 06:00
 おびただしい名作が現代の漫画家や映像世界の方々やアーティスト、演者にも多大な影響を与えている故・手塚治虫先生。昨年は、稲垣吾郎さんと稲垣ふみさんが出演した映画「ばるぼら」が、イタリア最古のファンタ系映画祭「ファンタ・フェスティバル」にて最優秀作品賞を受賞しました。今回は、「ばるぼら」と並ぶ異色の名作「上を下へのジレッタ」をご紹介します。

二転、三転する物語

空腹時だけ美女に変身する設定のすごさ(写真:iStock)
空腹時だけ美女に変身する設定のすごさ (写真:iStock)

 本作のキーマンとなる登場人物は、3人。敏腕ディレクターで「自分の名を世に残したい」と腹黒い願望を実行にうつす、門前市郎。空腹になったときだけ誰もが振り返るような絶世の美女に変身する歌手、小百合チエ(変身する前も歌唱力が買われ、晴海なぎさとして活動していました)。変身前の、なぎさの見た目と中身のすべてを愛するプロになれない漫画家、山辺音彦です。

 ストーリーをざっくりと読んだ時点では、市郎がチエとともに芸能界をのし上がろうとする物語かと捉えていましたが、そこは手塚先生。想像をはるかに絶していました。あるできごとで「ジレッタ」と呼ばれる妄想世界を構築できるようになった音彦を利用して、市郎は政治家まで巻き込み、世界を自分の手中に収めようとするのです。

「凡人は天才には敵わない」

60年代に仮想現実を描く天才ぶり(写真:iStock)
60年代に仮想現実を描く天才ぶり (写真:iStock)

 手塚先生のあとがきによると、「“ジレッタ”という語彙は別になにもありません。しいていえばディレッタントの略でしょうか」とのこと。辞書によればディレッタントとは、「芸術愛好家、好事家(こうずか)。本来はイタリア語で熱心な音楽愛好家を意味したが、現行は芸術一般の愛好家をさす」そう。なるほど、キーマンの3人は芸術に従事していますし、好事家とは呼べないかもしれませんが、市郎とチエ、音彦の周囲には、「ジレッタ」を利用しようと目論む人々が群がります。

「凡人は天才には敵わない」と感じたのが、本作が1968年8月14日号から1969年9月10日号の「漫画サンデー」(実業之日本社刊)で連載されていた点。1968年といえば当然、インターネットなど普及しておらず、ボードゲームの「人生ゲーム」(タカラ)が発売された年です。アナログが蔓延していた時代に、妄想世界に人々が熱狂して国家をも揺るがす事態を、読者の目が話せないほどの筆力で描いたのです。今はVRなど手軽にバーチャルリアリティを楽しめますが、当時この世界観を描けるのは手塚先生以外にいなかったのではないでしょうか。

女性の美へ努力から生まれた「チエ」というキャラクター

ふとした時間にもアンテナを(写真:iStock)
ふとした時間にもアンテナを (写真:iStock)

 登場人物の描き方にも注目を。現代に置き換えると、誰かをほうふつとするかもしれません。市郎は、自己顕示欲の強いあの人。見た目は冴えないけれど「ジレッタ」を自由自在に扱うと世間に知れ渡り、カリスマ的存在に持ち上げられる音彦はあの人と。

 チエについて、あとがきで手塚先生はこう記していました。

「ぼくのよくかく変身ものでも、腹がへったら美人になる、というアイディアは、自分ながらまあ上出来だと思います。女性が美人になるため減食したり、カロリーをとらない、という涙ぐましい努力をパロッたものです」

 日頃から目にしていたかもしれない、女性の切実な願いを作品へと昇華させる。いくつもの作品がドラマ化や映画化されている小説家の先生も、テレビ出演時におっしゃっていました。「タクシーに乗って移動しながら外の景色を眺めるだけで、短編が1本書ける」と。日常生活のふとした時間にもアンテナを張り巡らせるのは、ビジネスパーソンにとって企画書作成やアイデア出しの参考になるかもしれません。そういった視点で読むと、本作は勉強になることばかりなのです。

 タイトルの「上を下への」という意味はネタバレになるので避けますが、時代をいくつ駆け抜けても色褪せない名作です。まだステイホームをお願いされている地域にお住まいの方も、そうではない方も、「上を下へのジレッタ」をお家時間に読んでみてはいかがでしょうか。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


レぺゼン地球DJ社長 強気発言のウラで鎮静化図るSNS投稿
 2020年末に福岡ドームでのコンサートを最後に突然、解散した5人組音楽グループの「レぺゼン地球」。だが、リーダーである...
2021-06-15 17:03 エンタメ
剛力彩芽「今もまだ青春ではあります」“熟春”はまだまだ先
 女優の剛力彩芽(28)が13日、東京・新宿で行われた映画「お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方」の舞台挨拶に登壇した...
2021-06-15 17:03 エンタメ
「めざまし8」絶賛されたり炎上したり 谷原章介は大丈夫?
「ネット上の評価はファンとアンチではっきりと分かれている感じ」(在京キー局関係者)  3月29日から始まったフジテレビ...
2021-06-15 17:03 エンタメ
木村拓哉はCMばかり…コロナで吹き飛んだハリウッドと大河
 木村拓哉(48)が苛立ちを隠せない。現在、俳優としてのスケジュールが真っ白で、開店休業状態なのだという。露出といえば、...
2021-06-15 17:03 エンタメ
神楽坂浮子は“銀座の女”をテーマにして作詞家デビューした
【芸能界と格闘技界 その深淵】#10  深川出身の神楽坂浮子は、芸者として活動するかたわら、歌手になろうと作曲家の古賀...
2021-06-15 17:03 エンタメ
八代亜紀は「妻とは両立できない」熟年離婚と仕事第一主義
 このほど古希での熟年離婚が明らかになった八代亜紀(70)。八代はスポーツ紙の取材に「特段に何かがあったわけではありませ...
2021-06-15 17:03 エンタメ
「クイズ!脳ベルSHOW」が面白すぎる!岡田の大当たり番組
【山田邦子 人生いろいろ】#57  BSフジの「クイズ!脳ベルSHOW」が面白過ぎる。時々答えまでも口走ってしまう川野...
2021-06-15 17:03 エンタメ
小林亜星さん88歳で死去 “金槌”で「ダイビングが夢」と
「北の宿から」などで知られる作曲家の小林亜星さんが5月30日、心不全のため死去したことが14日分かった。88歳。東京都出...
2021-06-15 17:03 エンタメ
フリーアナ大坪千夏さん語る フジ時代の“酒の失敗”の数々
大坪千夏さん(フリーアナウンサー/54歳)  女子アナブームにキュートな笑顔で人気だった元フジテレビの大坪千夏さん。酒...
2021-06-14 17:03 エンタメ
とんねるずもヒロミも…アラ還世代は“ジャニタレ組”で成功
 趣味を仕事に活躍する“アラ還”タレントが増えている。所ジョージ(66)は東京都世田谷区にある事務所を「遊び場」と称し、...
2021-06-14 17:03 エンタメ
ウイルスとAIと共存し、今後も時代とともに生きていきたい
【ロフト創業者が見たライブハウス50年】#49  ロッカーのPANTAさん(71)をインタビューし、個人的な思いをフェ...
2021-06-14 17:03 エンタメ
西島秀俊「シェフは名探偵」は「きのう何食べた?」超えか
〈コックコート姿、似合う!〉〈イケメン度がさらにアップして見える〉なんて声が飛んでいる。  5月31日にスタートした連...
2021-06-14 17:03 エンタメ
紺野ぶるま 高校中退しお笑いの世界に飛び込むきっかけは
【その日その瞬間】  紺野ぶるまさん(タレント・34歳)  ◇  ◇  ◇ 「もうお母さんと一緒に死のう」という書...
2021-06-14 17:03 エンタメ
流れ星☆瀧上伸一郎「芸人専用アパート」を5年以内に!
 お笑いコンビ「流れ星☆」の瀧上伸一郎さんは今年、千葉県の松戸で購入したアパートで大家ビジネスを展開していると話題に。死...
2021-06-14 17:03 エンタメ
草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず
 草彅剛の快進撃が続いている。  今年3月、主演映画「ミッドナイトスワン」で最優秀主演男優賞受賞に続き、今度は主演ドラ...
2021-06-13 17:03 エンタメ
カトパン結婚で周り見渡せば…フリー転身女子アナに明暗?
 7日、元フジテレビアナウンサーの加藤綾子が一般男性との入籍を発表した。「カトパン結婚」はフジにとって久々の明るい話題で...
2021-06-13 17:03 エンタメ