純喫茶かさごで出合った「壺漬けピザ」 2021.5.14(金)

コクハク編集部
更新日:2021-05-14 06:19
投稿日:2021-05-14 06:00
食感も楽しい壺漬けのピザ♡(C)コクハク
食感も楽しい壺漬けのピザ♡ (C)コクハク

 ハイボールの名店としておなじみといえば、東京・銀座7丁目にある「ロックフィッシュ」です。緊急事態宣言の発令に伴い、東京都は酒類を提供する飲食店に休業を要請。まさかの“禁酒法時代”がきてしまった……と落胆する気持ちをどうにかモチベーションに変換し、店主の間口一就さんは「純喫茶かさご」として鋭意営業されています。

 純喫茶と名乗るからにはアルコールの提供はなし。「モクテル」(Mock+cocktailの造語)ことノンアルコールカクテル3種を新たにこしらえ、踏ん張っていらっしゃいます。昨春に発令された初めての緊急事態宣言の際にもいち早く「見える安全化」に取り組んだお店です。素晴らしい決断力と実行力。

トッピングの主役は壺漬けたくあん

写真後は「ビタール」。ビールを彷彿とさせる苦みがあり、ピザとの相性もグー(C)コクハク
写真後は「ビタール」。ビールを彷彿とさせる苦みがあり、ピザとの相性もグー (C)コクハク

 伺ってみると、「純喫茶かさご」仕様のPOPメニューが置かれていました。ん、ナニナニ? 「ロックフィッシュ」はおつまみも充実しているのですが、お食事メニューも純喫茶ver.なのね。チーズゆかりトースト、山椒ホットドック、にんにくジャムトースト、ティラミスカナッペ……。どれもひとひねり、ふたひねりされたヤツだなあーと気にはなったのですが、自らのファーストインプレッションを信じることにしました。「壺漬けのピザ」(900円)、ハイ、こちらをオーダー。

 ロックフィッシュ名物の氷なしハイボールを模した「あのハイボール」(900円)をやりながら、待つこと10分。目の前に現われた焼き立ての壺漬けピザは、とーーーってもいい匂い。壺漬けたくあんと、ブーちゃん(豚肉・笑)の旨み、そしてミニトマトの酸味をチーズが受け止める複雑な味わい。B級スナックのはずなのにちゃんとお料理になってる……。これぞ“間口マジック”の真骨頂。酒飲みもとい、食いしん坊の心と胃袋をつかむんで離さないんです。

 もちろん同じものは作れないだろうけれど、この組み合わせ、おうちごはんでもヒントになりそう。市販のピザ生地にトッピングして試してみたい……!

 この日はビールっぽい「ビタール」(900円)と合わせて“かけつけ2杯”と1枚をいただき、頭もクリアなまま(苦笑)、早々に退散しました。

 久しぶりの外食、週末の遅めのランチ。ごちそうさまでした。引き続き息災に過ごし、1日でも早く社会が、暮らしが、日常に戻りますように。

(編集O)

関連キーワード

フード 新着一覧


「豚肉とキャベツ、春雨炒め」モチモチ食感の春雨が主役!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・池袋の中国西北家庭料理店「沙漠之月」の英...
「ナス、トマト、ピーマンの黒酢炒め」底のスープも有効活用
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・池袋の中国西北家庭料理店「沙漠之月」の英...
新たな無限おつまみ「エノキと千切りキュウリのラー油あえ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・池袋の中国西北家庭料理店「沙漠之月」の英...
今年の枝豆は“昆布塩水漬け”も仲間入り♡ 2021.6.23(水)
 わーい、わーい。夏のおつまみに欠かせないやつ、今年も枝豆の季節がやってまいりました! 昨夏は取材先のjiubar(東京...
「小ネギと豆腐のゴマ塩あえ」切った材料をあえるだけで完成
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・池袋の中国西北家庭料理店「沙漠之月」の英...
「アーリオ・ラー油・ペペロンチーノ」自家製ラー油に挑戦!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
神戸出身記者オススメ!鉄板スイーツ3選 2021.6.19(土)
 長引くコロナ禍で、地元・神戸に帰省出来ない日々が続いています。18歳で上京して以来、こんなに帰らなかったことはありませ...
「半熟卵 豆板醤とレモンたれ」コクと深みがすごい万能ダレ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「おしゃれすぎるフードコート」居心地は?2021.6.18(金)
 日本橋界隈での打ち合わせで「COMMISSARY(カミサリー)」(東京・中央区)に行ってまいりました。
粋なおつまみ「アメリカンチェリーとブルーチーズのマリネ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
クセになる「エシャレットのアンチョビーソースのせ冷や奴」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「スナップえんどうの梅干しトマト和え」三位一体の美味しさ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「豚と野菜のオイスターソースまぜ」豚を茹でることで時短に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
10分で作れる「カレーポテト」 定番簡単おつまみにひと工夫
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
冷酒と相性バツグン「鶏皮塩和え」 鶏皮は茹でても美味しい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
「中華風冷ややっこ」メインにもなる具材たっぷり逸品やっこ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...