純喫茶かさごで出合った「壺漬けピザ」 2021.5.14(金)

コクハク編集部
更新日:2021-05-14 06:19
投稿日:2021-05-14 06:00
食感も楽しい壺漬けのピザ♡(C)コクハク
食感も楽しい壺漬けのピザ♡ (C)コクハク

 ハイボールの名店としておなじみといえば、東京・銀座7丁目にある「ロックフィッシュ」です。緊急事態宣言の発令に伴い、東京都は酒類を提供する飲食店に休業を要請。まさかの“禁酒法時代”がきてしまった……と落胆する気持ちをどうにかモチベーションに変換し、店主の間口一就さんは「純喫茶かさご」として鋭意営業されています。

 純喫茶と名乗るからにはアルコールの提供はなし。「モクテル」(Mock+cocktailの造語)ことノンアルコールカクテル3種を新たにこしらえ、踏ん張っていらっしゃいます。昨春に発令された初めての緊急事態宣言の際にもいち早く「見える安全化」に取り組んだお店です。素晴らしい決断力と実行力。

トッピングの主役は壺漬けたくあん

写真後は「ビタール」。ビールを彷彿とさせる苦みがあり、ピザとの相性もグー(C)コクハク
写真後は「ビタール」。ビールを彷彿とさせる苦みがあり、ピザとの相性もグー (C)コクハク

 伺ってみると、「純喫茶かさご」仕様のPOPメニューが置かれていました。ん、ナニナニ? 「ロックフィッシュ」はおつまみも充実しているのですが、お食事メニューも純喫茶ver.なのね。チーズゆかりトースト、山椒ホットドック、にんにくジャムトースト、ティラミスカナッペ……。どれもひとひねり、ふたひねりされたヤツだなあーと気にはなったのですが、自らのファーストインプレッションを信じることにしました。「壺漬けのピザ」(900円)、ハイ、こちらをオーダー。

 ロックフィッシュ名物の氷なしハイボールを模した「あのハイボール」(900円)をやりながら、待つこと10分。目の前に現われた焼き立ての壺漬けピザは、とーーーってもいい匂い。壺漬けたくあんと、ブーちゃん(豚肉・笑)の旨み、そしてミニトマトの酸味をチーズが受け止める複雑な味わい。B級スナックのはずなのにちゃんとお料理になってる……。これぞ“間口マジック”の真骨頂。酒飲みもとい、食いしん坊の心と胃袋をつかむんで離さないんです。

 もちろん同じものは作れないだろうけれど、この組み合わせ、おうちごはんでもヒントになりそう。市販のピザ生地にトッピングして試してみたい……!

 この日はビールっぽい「ビタール」(900円)と合わせて“かけつけ2杯”と1枚をいただき、頭もクリアなまま(苦笑)、早々に退散しました。

 久しぶりの外食、週末の遅めのランチ。ごちそうさまでした。引き続き息災に過ごし、1日でも早く社会が、暮らしが、日常に戻りますように。

(編集O)

関連キーワード

フード 新着一覧


ふんわりホットケーキの作り方  2021.9.19(日)
 毎回なんとなーく焼いてしまっているホットケーキ。ふと、メーカーの最新レシピを読んでみると、いつもの焼き方がすでに古くな...
子供にも人気「牛肉の甘辛煮」弱火で30分煮込んでトロトロに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
辛さ再び! ペヤング「獄激辛麻婆」を実食 2021.9.17(金)
 まるか食品さんがまたやってくれました。今回の「極激辛シリーズ」は「麻婆やきそば」です。9月に入ってなんだか急に肌寒くな...
「ガーリックライス」最後に特性ソースでジュジュジューッと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「チキングリル」面倒でも料理酒か白ワインで蒸すのが大事!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
サシがとろり「リブステーキ」 焼く前に常温で20〜30分置く
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
ひき肉だけで作る「つなぎなしハンバーグ」 ソースが絶妙!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「柴漬けアーリオ・オーリオ」ワインに合う人気賄いメニュー
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
自家製「鶏ハム」超簡単なのにしっとり&うま味じんわり!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「タコとオクラのマリネ」イタリア魚醤で味の輪郭くっきり
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「きゅうりのバルサミコ酢マリネ」うま味と歯ごたえが絶品!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「ピーマンとツナのサラダ」ピーマンのしんなり加減はお好みで
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「イチジクのコンポート」コツはイチジクの赤さを残すこと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...
「あん肝の奈良漬け添え」まるでムース…奈良漬と相性抜群!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...
うま味が濃厚!「煮帆立」帆立てとはまぐりのマリアージュ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...
江戸前寿司の象徴「煮はまぐり」 余熱でふんわり軟らかく
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...