いろいろ漬けよう! 変わり種ぬか漬けをご紹介2021.5.30(日)

コクハク編集部
更新日:2021-05-31 18:48
投稿日:2021-05-30 06:00
 まだまだぬか漬け生活を続けています。ダイコン、ニンジン、キュウリの定番以外にもいろいろ漬けてみましたのでご紹介します。

手間なしでゴボウと大豆をおいしく食べる

今日のぬか漬け盛り合わせ(C)コクハク
今日のぬか漬け盛り合わせ (C)コクハク

 最近ハマっているのが、ゴボウのぬか漬け。

 ゴボウ好きだけど、ささがきにするのが面倒なんですよね……。ぬか床はそんなズボラな私の味方。皮をむいてぶつ切りにしてレンジで3分チンし、完全に冷めてからぬか床に。あとは、ぬか床が何とかしてくれます。2日くらいが食べごろ。

 ゴボウの繊維質と米ぬかの発酵パワーが腸に来る! 便秘気味のときに食べると効果テキメン。小腹が空いたときにもいいですよ。歯ごたえがあるので満腹感を得られるし、腹持ちもバッチリです。

 大豆のぬか漬けもいいですよ。水煮の大豆をお茶パックに入れてぬか床にイン。イソフラボンの効果を期待して積極的に食べたい大豆ですが、調理するといったって煮物とかせいぜいキーマカレーぐらいしか思い浮かばないじゃないですか(料理スキル“ゼロ”なんです……)。かといって、そのまま食べるのは味気ないし、そもそもおいしくない気がする。

 ですが、ぬか床に入れておけば、ほんのり塩味に。何かしなくてもおいしくなるんだから、ぬか床すごい。

ドレッシングにリメイクすれば漬けすぎちゃっても大丈夫

漬けすぎ野菜を救う「ドレッシング大作戦」(C)コクハク
漬けすぎ野菜を救う「ドレッシング大作戦」 (C)コクハク

 ぬか床インした食材は見失わないように注意していても、行方不明になってしまうことってありますよね。

 ようやく見つけたと思ったら、クタクタのしにゃしにゃ(しなしな、ともいう)になってて、そのまま食べるのはちょっと……というときにおススメなのが、ドレッシングへのメタモルフォーゼ(笑)。

 ざっくり刻んでオリーブオイルと好みのお酢と胡椒、バジルやパセリを加えます。お好みで粉チーズを入れてもOK。

 写真の野菜はタマネギとキュウリとダイコンです。めちゃめちゃ小さくしぼんでいました。気づいてあげられなくてごめんね。

野菜on野菜(C)コクハク
野菜on野菜 (C)コクハク

 あっという間に食べるドレッシングとして生まれ変わります。

 野菜on野菜で体にも優しいはず。塩分が気になるけれども(苦笑)。

知ってしまった禁断の味「サーモン&ホタテ」

ビールもいいけどワインやね(C)コクハク
ビールもいいけどワインやね (C)コクハク

 ネットのおススメレシピを見て半信半疑で漬けてみたのが、サーモンとホタテ。

 生の海産物をつけちゃうの? 大丈夫? と不安だったのですが、よく考えたら福井県の名産「へしこ」は塩漬けした青魚をさらに糠に漬けたものなんですよね。よっしゃ、イケるで!

 結論、めっちゃおいしい。もう普通のサーモンとホタテには戻れません。

 スーパーで売ってるサーモンとホタテを一晩ぬか床に入れただけで、なんともまあおしゃれな味に。水っぽさが抜けて、身がぎゅっとしまっています。糠の香りはちょっと燻製に似ているような。何らかのパーティーが始まってもおかしくないようなお味です。

 ビールにも合うけれど、これはワインと食べたかった! 次は絶対ワイン買うぞ!

 とはいえ、生ものを漬けるときは注意が必要。お刺身は新鮮なものを選び、清潔なガーゼで包んでくださいませ。野菜を漬けているぬか床と別々にすることもお忘れなく。

おわりに

至福のひと時(C)コクハク
至福のひと時 (C)コクハク

 最近の晩酌のお供はもっぱらぬか漬けです。昨晩はお豆腐のぬか漬けで芋焼酎をチビチビやってました。私も大人になったもんだ。

 これからもどんどん漬けていきたいと思います。ぬか漬け楽しいー♡

 (編集K)

関連キーワード

フード 新着一覧


「干しダラのきんぴら」常備菜の代表格を酒好きが作ったら…
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「キノコ入りTKGと味噌汁」食感とコク、最強の卵かけご飯!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのピクルス」上品な酸味が白ワインと相性◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのカツ」サクサク&ジューシーの秘密は?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのラクレット焼き」きのこ×チーズ、最強!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「ひらひらマッシュルームサラダ」スライサーでアッという間
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
【KALDI】“ぬって焼いたらメロンパン” 実食 2022.5.6(金)
 世の中の食いしん坊のハートをがっちり掴んで離さない輸入食品店「カルディ」。色とりどりのおいしそうな食品たちに目を奪われ...
「あかね和牛モモ肉のビステッカ」トースターで焼くのがコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「真鯛のミラノ風カツレツ」溶き卵+粉チーで一気にプロ級!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「瀬戸内レモンのクリームソーススパゲティ」ゆで方は4分の3
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「新玉ネギと野菜のピクルス」最強常備菜、作るなら今でしょ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「牛タンの塩糀漬け」アレンジ無限大!驚くべき“こうじ”の力
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「モモ肉の昆布締め」特売品&冷蔵庫の片付けにもなるなんて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「自家製コンビーフ」脂っぽくない!ハーブと香味野菜がgood
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「おからのお好み焼き」にハマってます! 2022.4.26(火)
 あらゆるものが値上げとなり、ひーひー言っております。なんでも“食卓の優等生”であるもやしも、値上げの危機にさらされてい...
「真子ガレイのムニエル」ゴージャスな見た目でホムパにも◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は千葉・流山のフランス料理店「CONCERTO」の...