甘くなりすぎない大人フェミニンコーデ&メイクの8つのコツ♪

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-06-02 06:00
投稿日:2021-06-02 06:00
 ファッションコーデやメイクでよく耳にする、「フェミニン系」。フェミニン系とは、“女性らしく柔らかい印象に仕上げること”を言います。そんなフェミニン系に上品さや大人っぽさをプラスした「大人フェミニン」は、多くのアラサー女性に注目されている系統。そこで今回は、甘くなりすぎない大人フェミニンのコーデとメイクのコツをご紹介します。

“大人フェミニンコーデ”の4つのコツ

“大人フェミニンコーデ”ってどうすればいいの?(写真:iStock)
“大人フェミニンコーデ”ってどうすればいいの? (写真:iStock)

 フェミニンばかりを意識してしまうと、甘くなりすぎてしまうことも。おしゃれな大人フェミニンに仕上げるためには、コーデのコツをしっかりマスターすることが大事です。まずはじめに、甘くなりすぎない大人フェミニンコーデの4つのコツから見ていきましょう。

1. シンプルだけど地味に見えないものを選ぶ

 大人フェミニンに仕上げたいなら、シンプルでも地味に見えないアイテムを選びましょう。フェミニンなカラーにはシンプルなデザインを、逆に、フェミニンなデザインには落ち着いたカラーを選ぶなど、全体のバランスをしっかり確認することも大事なポイントです。

 また、「大人フェミニン」と聞くと、どうしてもフェミニンなアイテムを選んでしまいがちですが、全身フェミニンでまとめてしまうと甘すぎコーデに。無理に若作りしている印象に見えてしまうこともあるので、注意が必要ですよ。

2. 綺麗に見えるシルエットを重視する

 ボディラインを綺麗に見せてくれるシルエットを選ぶことも、大人フェミニンに仕上げるコツ。ボトムスがフィット系ならトップスはふんわり感のあるものを、反対にトップスがフィット系の場合はエアリー感のあるスカートなどがおすすめです。

 コーデにメリハリをつけることで、スタイルアップ効果も期待できます。女性らしさを意識したデザインやカラーで、上品な大人フェミニンを目指しましょう。

3. 甘いデザインはカラーで大人感をプラス

 花柄のアイテムや袖や襟元がフリルになっているデザインは、フェミニンコーデの定番。しかし、カラーまで甘いものを選んでしまうと、甘すぎコーデになってしまいます。

 甘いデザインのアイテムを選ぶ場合は、ブラウン系やベージュ系など落ち着いた色合いで大人感をプラスしてみましょう。甘さ控えめの、大人フェミニンコーデが完成するはずですよ。

4. 小物はトレンドを上手に取り入れて

 大人フェミニンコーデをオシャレに完成させるためには、小物使いも重要なポイントになります。小物は最新のトレンドを意識して、上手に取り入れましょう。

 シンプルな定番アイテムも、小物使いを工夫するだけでかなり印象が変わります。トレンドの小物を上手に使いこなすことができれば、コーデの幅も広がるでしょう。

“大人フェミニン”に仕上げるメイクの4つのコツ

ふんわりピンクかコーラル系で自然にぼかして(写真:iStock)
ふんわりピンクかコーラル系で自然にぼかして (写真:iStock)

 続いては、大人フェミニンコーデにピッタリのメイクの4つのコツをご紹介します。いつものメイクを少し変えるだけで、大人フェミニンな雰囲気を醸し出せるはず。ぜひ、この機会にチャレンジして、新しい自分を発見しましょう♡

1. ベースメイクはツヤ感のある潤肌に

 大人フェミニンの最大の魅力は、ツヤ感のある潤肌。ベースメイクには伸びの良いリキッドファンデーションか、保湿力に優れているクッションファンデーションがおすすめです。どちらもカバー力が強いので毛穴やくすみ、色むらをしっかりカバーしてくれます。

 顔全体にファンデーションを塗ったら、ハンドプレスでしっかり密着させると、みずみずしい肌が長時間キープされますよ。

2. チークはふんわりピンク系かコーラル系で

 大人フェミニンメイクのチークは、ピンクかコーラルピンクで女性らしいやわらかな印象を作りましょう。肌の黄みが気になる人は、コーラルピンクを選ぶと肌色が綺麗に見えて若々しい印象になります。

 チークをつける際のポイントは、円の中心を決めて外側に向かって自然にぼかしていくこと。ピンク系は濃くつけてしまうと間抜けな表情になってしまうので、ふんわり薄めにつけることを意識しましょう。

3. アイメイクは優しいカラーで仕上げる

 普段のメイクでは目をぱっちり大きく見せるために、黒のアイラインやマスカラを使用している人も多いでしょう。確かに、黒はデカ目効果バツグンですが、強い印象を与えてしまうことも。

 大人フェミニンに仕上げたいなら、アイラインやマスカラをブラウンにして柔らかい印象の目元にしましょう。アイシャドウは、ラメ入りのものでツヤ感をプラスすると◎。

4. リップはグロスを使ってツヤ感と立体感を出す

 リップはチークと同様、ピンク系やコーラル系など肌に馴染みやすいカラーをチョイスします。シアーな色合いも人気ですが、大人フェミニンに仕上げる場合には発色の良いものがおすすめ。

 仕上げに透明のリップグロスで、唇にツヤ感と立体感を出していきます。口が小さい人は、唇の中心にツヤを出すと立体的に見えますよ。

大人フェミニンコーデ&メイクで女子力アップ♡

いつもと違う自分に変身(写真:iStock)
いつもと違う自分に変身 (写真:iStock)

「大人フェミニン」と聞くとオシャレな女性を想像する人が多く、「やってみたいけど難しそう……」と思っている人も多いかもしれません。

 しかし、コツさえしっかりマスターできれば、誰でも簡単に甘すぎない大人フェミニンに仕上げることができます。ぜひあなたも、今回ご紹介した内容を参考に大人フェミニンコーデ&メイクにチャレンジしてみてくださいね♡

ビューティー 新着一覧


キレイな眉をキープする♡ 眉毛を整える頻度&お手入れ方法
 眉毛は、人の表情に大きな影響を与えるものですよね。細すぎるとキツい人に見えてしまったり、ぼさぼさだとだらしなく見えたり...
白髪染めの頻度はどれくらいが最適? 期間を伸ばすテクニック
 染めても染めても、すぐに目立ってしまう「白髪」。でも、髪へのダメージも気になってしまいますよね……。そこで今回は、白髪...
篠原涼子の凛とした透明感に憧れる! 美容家おすすめテク3選
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」と憧れる女性は多いもの。すべてのパーツを、...
前髪が決まらない人へ♡ 3つの原因&悩み別解決法をご紹介
 前髪は、顔の印象に大きな影響を与えるもの。朝、前髪が決まらないだけで全体的に残念な印象になってしまい、一日中気分が上が...
セルフネイルを長持ちさせる塗り方のコツ&お手入れポイント
 自宅で簡単にできてしまうセルフネイルは、ネイルサロンに通う時間やお金が節約できるし、何より手軽なのが魅力! 問題がある...
簡単にできる寝癖の直し方6選♡ “水なし”でもOKな方法も
 忙しい朝に私たちを悩ますのが「寝癖」。できるだけ早く直したい寝癖ですが、時には外出先で気づくこともありますよね……。そ...
時短で秋メイク♡ “アースカラー”の抜け感アイで誰でも旬顔に
 秋は「アースカラー」が映える時期です。洋服のコーディネートでも、カーキやブラウンといった、落ち着いた色合いのものを着る...
男ウケを狙うなら?メイクのポイント5つ♡ 部分別テクニック
 女性にとってメイクはひとつの武器。意中の男性を落とすために、メイクに力を入れている人もいるでしょう。でも、自分の好みや...
材料費1200円でスワロフスキー手作りピアス 2021.9.11(土)
 マスク生活となり、口元よりアイメークに力を入れるようになりましたね。アクセサリー類もリモートワークを意識した「オンライ...
透明感メイクで“肌美人”に♡ 綺麗に仕上げる8つのポイント
 肌の透明感は生まれつきのものだと思っている人も多いようですが、実は、コツさえマスターすればメイクでも作れるんですよ♡ ...
失敗しない!美容室でのヘアスタイルの頼み方6つのポイント
 理想のヘアスタイルを目指して美容室に足を運んだのに、「思っていたスタイルにならなかった……」と、後悔した経験がある人も...
田中みな実アイメイクを目指すなら?美容家が選ぶアイテム3選
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」と憧れる女性は多いもの。すべてのパーツをま...
ハイヒールで足が痛い…原因&知っておきたい簡単対処法4選
 女性のファッションの必須アイテムでもある、「ハイヒール」。おしゃれにスタイルアップができる反面、「足が痛い……」と、苦...
縮毛矯正の知っておきたいデメリット6つ&よくある疑問を解決
 くせ毛や髪の広がりが気になる人にとって、縮毛矯正は強い味方! ボリュームを抑え、髪の毛をまっすぐにしてくれるため、朝の...
ツヤとテカリの違いって?ツヤ肌を作るコツ&テカリの対処法
「ツヤ」と「テカリ」は似ているようで全く別物。二つの違いを理解していないと、ツヤ肌を作っているつもりが残念なテカリ肌に仕...
頭皮ブラッシングで美髪に♡ 正しいやり方&ケア時の注意点
 毎日のヘアケアで欠かせない、ブラッシング。実は、髪の毛だけではなく、頭皮もしっかりブラッシングすることが健康な髪の成長...