恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-06-20 06:00
投稿日:2021-06-20 06:00
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり、遊び人だった場合、「都合の良い女」として見られてしまう可能性があります。恋愛で主導権を握るためには、テクニックを身につけておくことも必要! そこで今回は、恋愛の主導権を握る“寸止めテクニック”や、気を付けたい失敗ケースをご紹介します。

恋愛の主導権を握る♡ 男性を虜にする6つの寸止めテクニック

ハグはするけど、キスはまだ(写真:iStock)
ハグはするけど、キスはまだ (写真:iStock)

 女性は、男性から告白されることを理想だと思う人が多いはず。恋愛は愛されたもの勝ち! 恋愛主導権を握るためには、“寸止めテクニック”が効果的ですよ。

1. 軽いスキンシップをしてもキスはしない

 好意を抱いている男性とデートをしたら、少しずつ二人の距離感は縮まってくるでしょう。お互いに、「これは脈ありだな」と感じることもあるはずです。

 しかし、男性に「これはいける!」と思わせてしまえば、“簡単に手に入る女”になってしまいます。そうならないためには、軽いスキンシップをしてもキスはしないこと。当然、キス以上も交際するまではNGです。

2. 家には入れない

 気になる男性と食事や飲みに出かけた後、家まで送ってもらうこともあるでしょう。男性からすると、家に送るという行為は「心配だから」という気持ちもある一方で下心がある場合がほとんどです。

 しかし、ここで家に入れずに、寸止めするのがポイント。「今日は送ってくれてありがとう」と、別れることで「え、家に入れてくれないの?」とガッカリさせると同時に、男性の恋心に火をつけることができるでしょう。

3. プレゼントや驕りを断る

 男性の中には、プレゼントや食事をご馳走することで女性の心を掴もうと考えている人もいます。もちろん、こういった気持ちは嬉しいものですが、これを簡単に受けてしまえば「これで、彼女も落ちる」と思わせてしまいます。

 簡単に落ちない女になるためには、寸止めテクニックとしてプレゼントや驕りをいったん断ること。そうすることで、一筋縄ではいかない女性として、彼の心を掴むことができるでしょう。

4. 事あるごとに「彼氏じゃないから」と距離をつくる

 少しずつ仲良くなってくると、男性も距離を縮めようとしてくるでしょう。「今度、泊まりで温泉でも行かない?」なんて、気軽に誘ってくる人もいるかもしれません。

 好意がある男性であれば即OKしたいと思うかもしれませんが、ここでも寸止めテクニックの出番。「彼氏じゃない人と温泉なんて……」と、あえて距離を作ってみましょう。そうすることで、彼に告白をしてもらうきっかけを作ることができるかもしれません。

5. サプライズで好意があることを伝える

 寸止めは、あくまでも好意を抱いている相手でありながらも、「すぐに手に入らない」と思わせるためのテクニックです。

 そのため、あなたも好意を抱いていることを匂わせることが必要!「これって、俺に気があるのかなぁ?」と思わせるため、彼の誕生日や記念日などをサプライズでお祝いしましょう。そうすることで、大切な日を覚えているというアピールをすることができます。ただし、その際は"友達として"を強調することがポイントですよ。

6. LINEはすぐに返信しない

 好きな人からLINEが来れば、嬉しくてすぐに返信したいと思うものです。しかし、すぐに返信しないのも、王道の寸止めテクニック!

 連絡をすぐにチェックして返信してしまうと、「俺からの連絡を待っていたのかな?」と思わせてしまいます。男性は、簡単に手に入る女性よりも、手が届きそうで届かない存在の方が燃えるものなのです。

注意したい……寸止めテクニックの失敗ケース3選

断り切れずついつい一夜を…(写真:iStock)
断り切れずついつい一夜を… (写真:iStock)

 彼の心を掴もうと、さまざまなテクニックを駆使している女性もいるでしょう。しかし、中には「寸止めテクニックを使おう」と思って失敗し、都合の良い女にされてしまうケースも少なくないんですよ。

1. 連絡がきたらすぐに応じてしまう

 好きな男性から「これから会わない?」なんて連絡がきたら、嬉しくて「いいよ」と応じてしまう人が多いでしょう。もちろん、自分の素直な気持ちに従えば、それが正しい行動とも言えます。

 しかし、男性はすぐにOKしてくれる女性を追うことはありません。いつ連絡しても気軽についてくる女性は、遊び相手にされてしまう可能性もあるでしょう。

2. 気持ちが抑えきれず、自分から告白してしまう

 彼と一緒に過ごす時間が増えてくると、どんどん気持ちが大きくなるもの。中には「彼に告白させるぞ!」と意気込んでいたのに、我慢しきれずに自分から告白してしまう人もいるでしょう。もちろん、女性から告白するのは悪いことではありませんし、彼が本気であれば良い関係を築くことができるでしょう。

 しかし、まだ彼の気持ちが本気でない場合、あなたの好意を知ったら、「俺の言うことを何でも聞いてくれる相手」と思われ、利用されてしまうかもしれません。

3. 断り切れず、体の関係を持ってしまう

 女性の中には、好きな男性から迫られると断れなくなってしまう女性がいます。当然ですが、まだ交際に至っていない男性と体の関係を持ってしまえば、割り切った関係になってしまうかもしれません。

 本気で彼のことが好きで恋人としての関係を築いていきたいのであれば、交際するまでは体の関係を持たないことが大切です。

寸止めテクニックで恋愛主導権を握って彼を虜にさせよう♡

寸止めテクで彼を虜に(写真:iStock)
寸止めテクで彼を虜に (写真:iStock)

 好きな男性ができたら、積極的に自分からアプローチするのは決して悪いことではありません。しかし、彼がどんな人なのか、あなたに対してどこまで本気なのかを判断しないまま先に進んでしまうと、後悔することもあります。

 そうならないためには、まずは男性の心を掴み、虜にさせること! そのために、ぜひ寸止めテクニックを役立ててくださいね♪

関連キーワード

ラブ 新着一覧


女性からの告白は大アリ! 成功率を高めるシチュエーション
 気になるカレとデートを重ね、連絡のやりとりも続いているけど、進展しそうでなかなか進展しない時ってありますよね。「付き合...
若林杏樹 2021-08-04 06:00 ラブ
厄介…男性に近づく“相談女”の特徴&彼を狙われた時の対処法
 男性に相談を持ちかけて、無理に恋愛に持っていこうとする「相談女」。厄介な彼女たちには、どのような特徴があるのでしょうか...
恋バナ調査隊 2021-08-04 06:00 ラブ
離れたいのに離れられない男性の特徴5つ&関係を解消するには
 彼氏がいるからといって、誰もが幸せというわけではありません。中には、「彼氏と離れたいのに離れられない……」と、苦しんで...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
大人の恋愛がしたい…進め方の4つのコツ&避けるべきNG行動
 若い頃は、後先考えずに恋愛していた人も多いでしょう。しかし、大人になるにつれて、勢い任せで恋愛することって難しくなりま...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
悲しみから立ち直るために…自分を責めることをやめてみよう
 喪失のどん底にいるときって、ついつい自分を責めてしまいますよね。自分に自信がなくなって、耐えられない後悔に胸がちぎれそ...
七味さや 2021-08-02 06:00 ラブ
長続きの秘訣かも♡ 彼と“ちょうどいい関係”の作り方4つ
 恋愛での男女の距離感って、とても難しいですよね。好きだからこそもっと近くにいたいのに、求めれば求めるほど不安になったり...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:01 ラブ
本当にモテるのは性格美人な女性♡ 特徴&心がけるべきこと
 モテるために、外見を磨こうとする女性は多いですよね。でも、外見と内面を天秤にかけたら、最終的には内面が美しい女性が選ば...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:00 ラブ
告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ