大胸さん必見!胸を小さく見せる洋服の選び方6つのポイント

コクハク編集部
更新日:2021-07-12 06:00
投稿日:2021-07-12 06:00
 胸に関するコンプレックスは人それぞれ。「貧乳をどうにかしたい!」と悩む女性もいれば、「胸をどうにか小さく見せたい!」と、奮闘している女性も少なくありません。そんな今回は、大きな胸に悩む女性に照準を絞って、胸を小さく見せる方法をお届けしたいと思います。

胸が大きくて嫌…大胸さんにありがちな悩み

大きな胸がストレスになることも……(写真:iStock)
大きな胸がストレスになることも…… (写真:iStock)

「胸が大きくて嫌……」という悩みは、なかなか理解してもらえないでしょう。でも、大胸さんには、意外な苦労があるようです。

太って見える

 会話をする時には、相手の上半身に視線がいくもの。胸にボリュームがあると、どうしても太って見えてしまうため、友達同士で写真を撮る時には猫背になったり、後ろのほうで写って胸を小さく見せようと、ひそかに試行錯誤している女性もいるようです。

下着選びが難しい

 下着選びが難しいのも、胸が大きい女性の悩みの1つ。気に入ったデザインのブラジャーを見つけてもサイズがなかったり、3段ホックで無駄に値段が高くなってしまったり、と、大きな胸であることで損をしていると感じている女性もいます。

男性の視線が気になる

 男性から無駄に熱い視線を受けてしまうのも、大胸さんの悩みでしょう。これが原因で猫背になったり、好きなファッションができなくて困っている女性もいます。また、同性からは「胸をアピールしてる!」なんて、マイナスイメージに捉えられてしまうこともあるでしょう。

着る服が限られる

 大きな胸に悩む女性は、胸が目立つ前ボタンのシャツや、ぴったりしたワンピースなどを避ける傾向にあります。このように、着る服が限られるのも大胸さん特有の悩み。好きな服を着られないのは、大きなストレスになってしまいますね。

胸を小さく見せる洋服の選び方! 6つのポイント

胸を小さく見せるには?(写真:iStock)
胸を小さく見せるには? (写真:iStock)

 体型を変えるのは大変ですが、胸を小さく見せるのは意外と簡単! まずは、ファッションで工夫をしてみましょう。

1. 引き締め効果のある暗めの色がおすすめ

 黒や紺などの引き締め色には着痩せ効果がありますが、胸を小さく見せたい時にもおすすめ。全身暗めの色にしてしまうと地味になってしまうので、スカートやパンツには明るめの色や柄を選ぶことがポイントです。

 ワンカラーのワンピースの場合には、派手な靴やバッグなどを選ぶことで、バランスよく仕上がりますよ。

2. 柄物は縦ラインが強調されるものor大柄を選ぶ

「トップスが暗めの色ばかりではつまらない」と思うのであれば、柄で工夫しましょう。縦ラインが強調されるor大柄なデザインのものを選ぶと、胸の大きさをカバーしやすいです。

 また、胸あたりにフリルなどの飾りがついている服屋、細かい横ボーダーは胸の大きさが目立ちやすいので、避けたほうが無難でしょう。

3. 薄手で伸びない生地を選ぶ

 薄手で伸びない生地を選ぶのも、大胸さんの服選びのポイント。柔らかく伸縮性のある生地、ざっくりニットなどの厚い生地はどうしても伸びやすく、胸がさらに強調されたり、太って見えてしまうのでNGです。

4. カーディガンなどの羽織ものは万能

 カーディガンなどの羽織ものは、大きな胸を隠す優秀アイテム。ただし、体にぴったりとしていて前ボタンを止めないと不自然に見えるようなデザインのものは、逆に胸が目立ってしまうので要注意。カーディガンなら、ふわりと着られるような余裕のあるデザインのものがおすすめです。

5. サイズ感はジャストサイズを選ぶ

 パツパツのきつめの洋服を着ると、どうしても胸の部分の生地が伸びたり、柄が歪んで胸が強調されてしまうため、サイズ感はジャストサイズのものがベストです。

 また、大きめのサイズだと胸の大きさはカバーできても太って見えてしまうため、できるだけ自分の体型に合うものを選ぶようにしましょう。

6. ストールやネックレスなど小物を利用する

 ストールなどの巻物も大胸さんの強い味方。大きな胸を隠したいとトップスに暗めの色ばかり選んでしまう女性は多いですが、ストールなら少々派手な色や柄でもアクセントとして使うことができます。

 また、存在感のあるネックレスやチョーカーなどで、胸から視線をそらすのも、ひとつのテクニック。ただし、長めのチェーンのものは胸のあたりに視線がいってしまうので、注意しましょう。

胸を小さく見せるのは簡単! もう猫背にならないで♡

自分らしく堂々と♪(写真:iStock)
自分らしく堂々と♪ (写真:iStock)

 大きな胸に悩んで、胸自体を小さくさせる方法を探している女性も多いでしょう。でも、正直、胸を簡単に小さくする方法なんて、なかなかないのが現状。脂肪燃焼クリームを塗ったり、ダイエットをする人もいますが、体に負担がかかってしまっては元も子もありません!

 でも、今回ご紹介したように、洋服で胸を小さく見せるのは意外と簡単です。着痩せ効果も狙えるので、一石二鳥ですよ♪ 自分らしく堂々といられるファッションを、ぜひこの機会に見つけてみてくださいね。

ビューティー 新着一覧


メイクアイテムの正しい使用期限、知ってる? 目元は要注意
 メイクポーチの中を定期的に掃除していますか? よく見ると、中には使用期限を過ぎている古いアイテムが入っている人も……。...
朝だけじゃダメ! 日焼け止めをメイクの上から塗り直す方法
 日焼け止めはこまめな塗り直しをすることではじめて、十分な効果を得られます。でも、メイクをしてしまったら「どうやってメイ...
おフェロ度UP「モーヴ色」メイクで40代の大人可愛いを実現!
 今、大注目の「モーヴ色」を使ったメイク。もう試しましたか? モーヴ色は、使う人を選ばない色として人気ですが、加えて40...
【0円で復活】ディオールの口紅が折れた!2022.6.30(木)
 ポッキーン。ゲットして間もないディオールの口紅が、折れてしまいました。ショック過ぎる……。  このままポイする選...
「おばさん体型」疑惑!特徴は?スリムな40代に近づく対処法
 40代を超えたあたりから、体がだんだんと「おばさん体型」になってきていると感じたことはありませんか? 今回は、おばさん...
「夏の涼しいコーデ4選」見た目&着心地グーな楽ちんスタイル
 暑い夏でも、涼しいコーデをして軽やかに過ごしたいと思いませんか? でも、単純に肌の露出を増やすのは、体型に自信がない人...
「白髪染め」失敗した! 楽しみながら戻すにはどうする?
 染めても繰り返し生えてくる白髪に、白髪染めを使っている人は多いですよね。でも、真っ黒になりすぎてしまったり、明るくした...
人に言えない「尿漏れ」問題 大きな声で笑ったら“じゅん”!
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「夏の汗対策」汗っかきさんは“冷却ポイント5つ”を覚えて!
 暑い夏、汗による悩みは尽きませんよね。メイク崩れやニオイ、汗染みなど、困っている人も多いはず。そこで今回は、悩み別に4...
「オフィスカジュアル」でデニム着用 アリorナシ線引きは?
 近年、働き方の幅が広がり「オフィスカジュアルOK」の会社も増えてきていますよね。そこで毎回のように議論になるのが「デニ...
痛くないよね?40代でも「背中開きトップス」が着たいんです
 ヘルシーで涼しげなムードが魅力的な、背中開きトップス。夏のコーデに取り入れたい気持ちがある反面「大人の女性が着るのは痛...
【基本のスキンケア】物価高でケチる前に0円で見直せること
 物価高が家計に重くのしかかってきていて、日々の美容ではなるべく節約したい人も増えているよう。一方、梅雨になると「肌の調...
おうちパックで蘇る! エステ&サロン級のうるツヤ肌と髪
 人と会う機会が増え、久しぶりに再会した人から老けたと思われたくないと、肌と髪の手入れを大急ぎでしています。  エステ...
【生理中の嫌なニオイ】やば!気付かれた?対処法を入手して
 生理中のニオイって、本当に気になりますよね。実際、多くの女性が生理中のニオイを気にしているようです。  今回はニオイ...
今さら聞けない「インバスケア」40代から始める美容習慣4つ
 40代になると、髪や肌に関する悩みが増えてきますよね。だからといって、仕事や家事が忙しくエステに通う余裕はない……。そ...