タイ・韓国・中国・台湾…来季ブーム“アジアンコスメ”の魅力

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-06-29 06:07
投稿日:2021-06-29 06:00
 みなさんは、今、人気急上昇中の「アジアンコスメ」をもう使っていますか? アジアンコスメの代表といえば、タイ、韓国、中国、台湾など、美意識の高い国ばかり! 国の気候や文化も関係して、日本にはない優れた機能のコスメが充実しているんです!
 そこで今回は、アジアンコスメの魅力をたっぷりお伝えします♡ ぜひ、長引くマスク生活でメイク崩れに悩んでいる人、次のブームを一足早く取り入れたい人は、チェックしてみてくださいね!

次に来る! 大注目の「アジアンコスメ」の5つの魅力♡

 まずは、アジアンコスメ全体に共通する5つの魅力からチェックしていきましょう!

1. パケ買いしちゃうほど「見た目が可愛い」

 アジアンコスメは、とにかく可愛いデザインのものが多いです。たとえば、小さな花や金箔が入った透明リップや、お菓子のような見た目のパッケージ、アンティークな絵柄など、見た目だけでパケ買いしてしまうほどインパクト大!

 日本にはないセンスのデザインも多く、毎朝の忙しいメイク時間も楽しいワクワクした時間になりそうですね♡

2. 高温多湿に強い「崩れにくさ&落ちにくさ」

 タイや台湾などは日本よりも日差しが強く、暑い日や雨季が長い高温多湿な気候のところもあります。そんな国で生まれたアジアンコスメは、とにかく「崩れにくく落ちにくい」のが最大の特徴。

 強い日差しにも対応できるUV機能が高く、汗や皮脂に強い微細なパウダーや、補正効果の高い下地が多く販売されています。汗をかきやすい高温多湿な状況下でも崩れないような仕様になっているため、マスク生活でメイク崩れにお悩みの人にもとてもおすすめですよ!

3. 絶妙な色合いが可愛い!「カラーバリエーション」が豊富

アジアンコスメは、カラーバリエーションが豊富なのも魅力です。リップやアイシャドウなどのアイテムは、15種類前後のカラーから選べるものがほとんど。ラメたっぷりのものや、それぞれの国ならではの絶妙なカラーで、今までにはない新しい可愛さを発見できそうですね♡

 また、マットやラメ入りなど、質感もさまざまなので、試したことのないメイクにも挑戦したくなるかもしれません。

4. 肌に優しいナチュラル成分の「オーガニックコスメ」が多い

 海外コスメというと、日本のコスメよりも少し強めの成分が使われているというイメージを持つ人もいるでしょう。でも、意外にもアジアンコスメは、オーガニックな成分を使ったコスメが多いんです。

 韓国の「素肌の健康を大切にする習慣」や、タイの伝統医療である「アーユルヴェーダの理念」なども関係しているようですが、ハーブエキスやフラワー成分などを使った無添加コスメをテーマに掲げたブランドもたくさん。肌が弱い人でも使えるコスメが多くあるので、要チェックですよ。

5. 機能性が高いのに「プチプラ」

アジアンコスメは、発色性や落ちにくさ、崩れにくさなど機能性が高いにも関わらず、プチプラアイテムを手に入れやすいのも特徴でしょう。高いクオリティーでコスパが良い理由は、生産国自体が原材料の一大産地であったり、人件費が安いといったことが関係しているようです。

 日本で購入するととても高価なアイテムが、アジアンコスメなら気軽な価格で手に入る点は、大きな魅力ですよね!

アジアンコスメを使った次なる「メイクブーム」は?

 同じアジアの国といっても、国ごとにメイクの流行りも違います。そこで、アジアで今、流行っているメイクをご紹介します! 新しいブームを先取りしてみてくださいね♡

中国の「チャイボーグメイク」

 ふんわりナチュラル系のメイクが人気の日本に対して、中国では完璧な美しさを表現した「チャイボーグメイク」が流行っています。「チャイニーズ」と「サイボーグ」を掛け合わせた造語で、人間離れした人形のような美しさが手に入ると人気です♡
ポイントは、陶器のようなマットな白肌、深い色味のアーチ眉に真っ赤なマットリップ。そして、赤みのあるアイシャドウに、跳ね上げたアイラインです。チークはあえて使わないことで、人間離れしたお人形感を醸し出しています。

韓国の「クアンクメイク」

 かつて流行った韓国のオルチャンメイクですが、今はさらに進化した「クアンクメイク」がブームのようです。「クアンク」とは、着飾っていないという意味。キメすぎず、雰囲気のある女性を演出できるのが特徴です。

 ポイントは、素肌感を大事にしたナチュラルなベースメイク、抜け感のあるヌーディーカラーのアイシャドウに、細くて長い繊細なまつげで透明感を出すこと。そして、自眉を生かしたナチュラル眉に、粘膜色のリップ、控えめなチークを足したら完成です。独特のニュアンスで、日本でも男性ウケしそうなメイクですね♡

アジアンコスメは高機能&プチプラで可愛いが叶う!

 韓国コスメに続き、今、タイや台湾、中国からアジアンコスメが日本に続々と上陸しています。日本の気候からは生まれなかった高いカバー力と崩れ知らずのキープ力、低刺激でプチプラという夢のようなコスメを、この機会に試してみてはいかがでしょうか♡

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

ビューティー 新着一覧


ユニクロ「リブスクエアネックブラT」の理想と現実。鏡の前でボー然!
 梅雨も明け、いよいよ夏本番! 旅行の計画を立てている人も多いのでは? 筆者もこの原稿が公開される頃には、ハッピーなサマ...
美容医療は不要かも!40代美容家の肌悩みを救う“夏ガチ愛用コスメ”3選
 毎年、梅雨入り前後から「毛穴」「くすみ」「部分テカリ」の三重苦に悩む私は、夏本番に備え、デイリーコスメを見直しています...
遠心顔さんも大人っぽく…!コンプレックスを解消する4つのメイクテク
 第一印象の決め手となる顔は、パーツの特徴や位置で大きく雰囲気が変わりますよね。でも、大人っぽく見える「求心顔」や幼く見...
生理が来ない47歳女、婦人科で「閉経診断」。更年期の揺らぎって何?
 今年に入って生理が来ない月が増え(どちらかといえば順調に来ているほうでした)、婦人科クリニックで血液検査を行ったところ...
夏こそボディクリームを塗るべき理由 暑くてパス→肌の砂漠化待ったなし
 夏、部屋のクーラーはもちろんつけているのにお風呂上がりに吹き出す汗…。そんな状態でボディクリームを塗るのには、なんとな...
【薬剤師監修】Q.性交中の出血が不安です。原因とセルフチェック法は?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
40代、体のライン崩壊! 自然にごまかせる水着のデザイン&選び方3カ条
 40代になると代謝が下がりがちになり、体型に自信がなくなる人が増えますよね。でも、子育て世代の40代は、プールや海水浴...
ぐっしょり…夏の大敵「汗染み対策」脇汗滝汗でも目立たない色や素材は?
 最近暑さが増してきて、もう夏は目の前。夏のお悩みといえば、洋服の汗染みですよね。外をちょっと歩いただけで、脇や背中がぐ...
1本660円~でぷっくり唇!40代美容家も“質感”納得、プチプラリップ3選
 口紅は毎日使うものだからこそ、自分に似合う色を選びたいだけでなく、トレンドを意識したテクスチャーにも注目したいところ。...
【まつ育ルポ】まつ毛にも老化の波…40代お疲れ目元をどうにかしたい!
 まつ毛のカールに欠かせないビューラー。くいくいっと動かした後、ビューラーのゴム部分を見ると大事なまつ毛1本、2本と付着...
キャンメイクのアイライナーに盲点…苦手な40女が目元に引くとこうなる
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
【直撃】「死んだ方がマシ」がん患者の拒否で悲痛の決意! 東大医師が女性器形成に力を注ぐワケ
 名器整形など、下半身に特化した医院「ヴェアリークリニック」。前編では実際に受けた有名人のお話しや、手術の種類などについ...
【直撃】三上悠亜や有名女優を名器に!密かなブーム「下半身整形」気になるあれこれを人気医師に聞いた
 有名人のお顔や体の整形公表は今や珍しくはありませんが、いまだ公表を憚られるパーツ、それがデリケートゾーンではないでしょ...
「地味な顔だから似合う服」足して引いてパッと華やぐコーディネート術
 地味な顔立ちの人は自信を持てなかったり、自分の良さを上手に表現し切れなかったりすることがあります。でも実は、地味な顔に...
40代女性は口ヒゲ注意!? 案外見られている口周りのムダ毛処理法&注意点
 40代女性は仕事や家事、育児などに忙しい年代です。とはいえ、自分に使う時間が少なくても「最低限、ムダ毛処理くらいはちゃ...
化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...