タイ・韓国・中国・台湾…来季ブーム“アジアンコスメ”の魅力

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-06-29 06:07
投稿日:2021-06-29 06:00
 みなさんは、今、人気急上昇中の「アジアンコスメ」をもう使っていますか? アジアンコスメの代表といえば、タイ、韓国、中国、台湾など、美意識の高い国ばかり! 国の気候や文化も関係して、日本にはない優れた機能のコスメが充実しているんです!
 そこで今回は、アジアンコスメの魅力をたっぷりお伝えします♡ ぜひ、長引くマスク生活でメイク崩れに悩んでいる人、次のブームを一足早く取り入れたい人は、チェックしてみてくださいね!

次に来る! 大注目の「アジアンコスメ」の5つの魅力♡

高温多湿でも崩れない!アジアンコスメはマスク生活にも便利(写真:iStock)
高温多湿でも崩れない!アジアンコスメはマスク生活にも便利 (写真:iStock)

 まずは、アジアンコスメ全体に共通する5つの魅力からチェックしていきましょう!

1. パケ買いしちゃうほど「見た目が可愛い」

 アジアンコスメは、とにかく可愛いデザインのものが多いです。たとえば、小さな花や金箔が入った透明リップや、お菓子のような見た目のパッケージ、アンティークな絵柄など、見た目だけでパケ買いしてしまうほどインパクト大!

 日本にはないセンスのデザインも多く、毎朝の忙しいメイク時間も楽しいワクワクした時間になりそうですね♡

2. 高温多湿に強い「崩れにくさ&落ちにくさ」

 タイや台湾などは日本よりも日差しが強く、暑い日や雨季が長い高温多湿な気候のところもあります。そんな国で生まれたアジアンコスメは、とにかく「崩れにくく落ちにくい」のが最大の特徴。

 強い日差しにも対応できるUV機能が高く、汗や皮脂に強い微細なパウダーや、補正効果の高い下地が多く販売されています。汗をかきやすい高温多湿な状況下でも崩れないような仕様になっているため、マスク生活でメイク崩れにお悩みの人にもとてもおすすめですよ!

3. 絶妙な色合いが可愛い!「カラーバリエーション」が豊富

アジアンコスメは、カラーバリエーションが豊富なのも魅力です。リップやアイシャドウなどのアイテムは、15種類前後のカラーから選べるものがほとんど。ラメたっぷりのものや、それぞれの国ならではの絶妙なカラーで、今までにはない新しい可愛さを発見できそうですね♡

 また、マットやラメ入りなど、質感もさまざまなので、試したことのないメイクにも挑戦したくなるかもしれません。

4. 肌に優しいナチュラル成分の「オーガニックコスメ」が多い

 海外コスメというと、日本のコスメよりも少し強めの成分が使われているというイメージを持つ人もいるでしょう。でも、意外にもアジアンコスメは、オーガニックな成分を使ったコスメが多いんです。

 韓国の「素肌の健康を大切にする習慣」や、タイの伝統医療である「アーユルヴェーダの理念」なども関係しているようですが、ハーブエキスやフラワー成分などを使った無添加コスメをテーマに掲げたブランドもたくさん。肌が弱い人でも使えるコスメが多くあるので、要チェックですよ。

5. 機能性が高いのに「プチプラ」

アジアンコスメは、発色性や落ちにくさ、崩れにくさなど機能性が高いにも関わらず、プチプラアイテムを手に入れやすいのも特徴でしょう。高いクオリティーでコスパが良い理由は、生産国自体が原材料の一大産地であったり、人件費が安いといったことが関係しているようです。

 日本で購入するととても高価なアイテムが、アジアンコスメなら気軽な価格で手に入る点は、大きな魅力ですよね!

アジアンコスメを使った次なる「メイクブーム」は?

次のメイクブームは?(写真:iStock)
次のメイクブームは? (写真:iStock)

 同じアジアの国といっても、国ごとにメイクの流行りも違います。そこで、アジアで今、流行っているメイクをご紹介します! 新しいブームを先取りしてみてくださいね♡

中国の「チャイボーグメイク」

 ふんわりナチュラル系のメイクが人気の日本に対して、中国では完璧な美しさを表現した「チャイボーグメイク」が流行っています。「チャイニーズ」と「サイボーグ」を掛け合わせた造語で、人間離れした人形のような美しさが手に入ると人気です♡
ポイントは、陶器のようなマットな白肌、深い色味のアーチ眉に真っ赤なマットリップ。そして、赤みのあるアイシャドウに、跳ね上げたアイラインです。チークはあえて使わないことで、人間離れしたお人形感を醸し出しています。

韓国の「クアンクメイク」

 かつて流行った韓国のオルチャンメイクですが、今はさらに進化した「クアンクメイク」がブームのようです。「クアンク」とは、着飾っていないという意味。キメすぎず、雰囲気のある女性を演出できるのが特徴です。

 ポイントは、素肌感を大事にしたナチュラルなベースメイク、抜け感のあるヌーディーカラーのアイシャドウに、細くて長い繊細なまつげで透明感を出すこと。そして、自眉を生かしたナチュラル眉に、粘膜色のリップ、控えめなチークを足したら完成です。独特のニュアンスで、日本でも男性ウケしそうなメイクですね♡

アジアンコスメは高機能&プチプラで可愛いが叶う!

高機能&プチプラのアジアンコスメで美肌を手に入れて♪(写真:iStock)
高機能&プチプラのアジアンコスメで美肌を手に入れて♪ (写真:iStock)

 韓国コスメに続き、今、タイや台湾、中国からアジアンコスメが日本に続々と上陸しています。日本の気候からは生まれなかった高いカバー力と崩れ知らずのキープ力、低刺激でプチプラという夢のようなコスメを、この機会に試してみてはいかがでしょうか♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


ガードルって履くべき? 5つの必要性&よくある疑問を解消!
 若い頃は「ガードルなんて必要ない!」と、思っていた人が多いでしょう。しかし、年齢とともに体は変わるもの。変化してきた体...
プチプラ優秀コスメで時短美容!「肌悩み別」おすすめ3品
 季節の変わり目、マスク生活、高い湿度に強い紫外線……など、肌不調のもととなるようなストレスを感じやすい今は、スキンケア...
日本人の平均は“7頭身”って本当? 測り方&小顔に見せる方法
 スタイルの良いモデルさんを見て、「何頭身なんだろう!?」なんて会話をしたことがある人は多いでしょう。でも、意外にこの「...
実は男ウケ最悪…男性が嫌いな女性のファッション&注意点
 女性の間では流行っているファッションでも、男性には「下品」「ダサい」「軽そう」なんて思われていることがあるようです。そ...
マスクの汗どうしてる?今すぐ試せる対策4つ&役立つアイテム
 コロナ禍の現代、マスクは生活の必需品となりました。マスクは自分を守るための大事なアイテムですが、暑い季節は汗をかきやす...
口紅やリップはいつ交換する? タイミング&正しい保管方法
 化粧品は食料品と違って使用期限が記載されていないため、いつまで使えるのか知らない人も多いでしょう。特に、デリケートな唇...
夕方に毛穴が目立つのはなぜ? 5つの原因別対処法をご紹介
「朝、完璧にメイクしたつもりが、夕方になると毛穴が目立ってしまう……」そんなお悩みはありませんか? 今回は、そんな夕方に...
夏ビューティ♡ 雑誌付録で新スキンケア&限定ネイルが試せる
 美容雑誌の付録で、いろんなアイテムをお試し中! 気になっていたアイテムを気楽に試せるのは楽しいですし、しっかり試せるサ...
パフ&スポンジを水ありで使うとメイク持ちUP♡ 使い方のコツ
 ファンデーションには欠かせない、パフ&スポンジ。ファンデーション選びにはこだわっても、パフやスポンジは適当に使っている...
愛され女子に共通する6つの美習慣♡ 簡単な就寝前のケア方法
 女性から見て「素敵だな」と思える人は、男性にも魅力的に映り、愛される傾向にありますよね。中には「美人に生まれていいな」...
男ウケのいい“モテるネイル”のポイント5つ♡男性の本音も
 女性にとって、ネイルはおしゃれの一部。毎日いろいろな柄や色を楽しんでいる人は多いでしょう。でも、女性が可愛いと思うネイ...
真夏のドライヤー時間は短縮できる! おすすめ簡単時短術3選
 みなさんは、ドライヤーにどのくらいの時間をかけていますか? 夏はドライヤーをかけるだけで暑いので、ドライヤー自体を省い...
コンシーラーのメイク崩れを解消♡ 原因&ヨレない方法4つ
 コンシーラーはクマやシミ、くすみや毛穴などの肌トラブルをキレイに隠してくれる優れもののアイテム。でも、使い方を間違えて...
太ももを細くするための5つのポイント&簡単エクササイズ♪
 太ももは、多くの女性が「少しでも細くなりたい!」と思っている部位。しかし、一度脂肪が付いてしまうと、なかなか細くならな...
ボディスクラブで“うるツヤ肌”に♡4種類の特徴&正しい使い方
「ボディスクラブ」はクリームやジェルの中に細かい粒子が入っていて、マッサージすることで古い角質を落としてくれる優れたアイ...
“ダサい”は卒業!大人女性のスニーカーコーデのコツ&注意点
 近年、大人女性に大人気の「スニーカー」。なんといっても歩きやすいので、一度履くと手放せなくなってしまいますよね。とはい...