親近感&血色感がポイント♪ アラフォー世代の可愛げメイク術

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-06-17 06:00
投稿日:2021-06-17 06:00
 アラフォーになっても20代のメイクのままの人、シミやシワを隠しすぎて濃いメイクになっている人は、意外と多いのではないでしょうか? そこで今回は、親近感と血色感で、アラフォー女性の魅力を最大限に高める「可愛げメイク術」をご紹介します!
 使うのは、基本的なアイテムばかり。足し算ではなく、引き算で叶える新しいメイクをぜひ試してみてくださいね!

親近感を感じる♡ 大人のメイクにこそ“可愛げ”が必要!

アラフォーになると色々あるんです…(写真:iStock)
アラフォーになると色々あるんです… (写真:iStock)

アラフォーになってくると、笑いジワや肌のくすみ、肝斑など、いろいろと隠したいものが出てきますよね。でも、実はそこが落とし穴。隠そうとすればするほど“不自然”になり、余計に年齢を感じさせてしまうのです。

 アラフォー世代に大切なのは、「引き算」でメイクをしていくこと。そして、素の自分の魅力を引き立てて親近感を持ってもらうことが、「大人の可愛さ」につながるのです。

親近感と血色感がポイント! アラフォー世代の可愛げメイク術

 それではさっそく、アラフォー世代におすすめしたい可愛げメイク術をチェックしていきましょう!

【ベースメイク】肌にツヤを仕込んでからファンデを薄づきに

リキッドファンデは薄づきで!(写真:iStock)
リキッドファンデは薄づきで! (写真:iStock)

 大人の可愛げメイクでは、作られたツヤではなく「肌から自然に発するツヤ」が欲しいところ。そこで、メイクの前にしっかり化粧水&乳液を使って保湿し、ツヤを仕込みましょう。

 そして、ピンクかパープルのコントロールカラーを薄く塗って、全体のくすみを飛ばします。最後にリキッドファンデをほんの少し、全体に薄づきでつけていきましょう。

 作り込みすぎない素肌感が、自分を解放しているように見えて、相手に「親近感」を感じさせることができますよ。

【眉メイク】ふんわりストレート気味に

 親近感のある落ち着いた優しい雰囲気を出すために、眉メイクはパウダーを使ってふんわりストレート気味に描いていきます。眉毛をスクリューブラシでとかしてから、チップを使ってブラウンのパウダーをのせていきましょう。

 目頭は、チップについた残りのパウダーだけを使って、薄く描くのがポイント。最初に眉メイクをしっかりすると、その後のアイメイクが濃くなるのを防ぐ効果もありますよ。

【チーク】血色感は幅広チークで叶えて

レッド系のチークでしっかり血色を!(写真:iStock)
レッド系のチークでしっかり血色を! (写真:iStock)

 どんなに親近感があっても、「くすみ」があると、明るく楽しい印象を与えられないかもしれません。だからこそ、血色感はこだわりポイント! ピンク系ではなく、レッド系のチークを使って、しっかりと内側から血色感を出していきましょう。

 ポイントは、チークを横長に幅広く伸ばすこと。チークをほんのりのせたら、最後に粉を完全に落としたブラシで全体に馴染ませていきます。こうすることで、より自然に赤みがさしたように見せることができますよ。

【アイメイク】ブラウンを基調に優しげな目元を

 アラフォー世代の女性の目元に黒のアイラインは少し強すぎてしまうので、基本はブラウンを基調として作っていくのがおすすめです。まつげの隙間を埋めるようにブラウンのアイラインをひき、ブラウンのマスカラをさらっと塗って優しげな雰囲気を作ります。

 アイシャドウは、落ち着いたブラウン系や血色感の出るオレンジ系、落ち着いたローズピンク系が◎。全体のコーディネートに合わせて色を選ぶと良いでしょう。

【リップ】ツヤのあるレッドブラウンで落ち着いた大人の唇に

レッドブラウンのリップでこなれ感を(写真:iStock)
レッドブラウンのリップでこなれ感を (写真:iStock)

 血色感を出すもうひとつのポイントが、リップです。こなれ感を出したいアラフォーメイクには、深く落ち着いたレッドブラウンがおすすめ! 凜とした雰囲気や血色感、可愛げが絶妙に混ざり合った色なので、ぴったりなんですよ。

 リップは、マットタイプよりも、ほどよいツヤ感のあるタイプのほうが、生き生きとした可愛さを表現できるので、おすすめです。

メイク前に「親近感&血色感」をUPさせるマッサージ♡

毎日のマッサージでくすみ知らず(写真:iStock)
毎日のマッサージでくすみ知らず (写真:iStock)

 メイクをする前に顔のマッサージをすると、肌の血行が良くなり、メイクノリがアップします。そこで、アラフォー世代のくすみをなくす、おすすめのマッサージを2つご紹介します。

目元がくすまない「アイマッサージ」

1. 乳液などを、目の周りに薄く塗ります。
2. 両手をグーにしてから、人差し指だけを第二関節で曲げてカギ型を作ります。
3. 目頭、目の下、目尻の順に指で優しくなぞり、最後にこめかみを押します。
4. さらに、眉毛の骨の上を眉頭から眉尻までなぞり、3と同じく、最後にこめかみを押します。
5. ここまでを5回繰り返しましょう。

簡単! 撫でるだけ「リンパマッサージ」

1. 手のひらを肌の上に軽く触れる程度の力で、生え際の真ん中から顔の輪郭に沿って撫でます。
2. 次に、優しく首の経絡(筋の部分)を下に向かって撫でます。
3. 続いて、鎖骨の上から肩に向かって撫でます。
4. 最後に、胸の上部から脇に向かって撫でます。
5. ここまでを5回繰り返しましょう。

 全体で2分程度ですが、目元のくすみを飛ばす有効なテクニックです。リンパを流してからメイクをするだけで、血色や肌の明るさが変わってきますよ。ぜひ、試してみてくださいね!

アラフォー世代のメイクは親近感と血色感で素の魅力を活かして♡

自分らしくハッピーに(写真:iStock)
自分らしくハッピーに (写真:iStock)

どんなに若い人でも、いつかは歳をとります。その時、自分を隠していくのか、ありのままを活かしていくのかで、人生は大きく変わっていくはず。それは、メイクでも同じことがいえるのです。

 ぜひ、自分の魅力を再確認しながら、大人だからこそできる可愛げメイクで、毎日をよりハッピーに過ごしていきましょう!

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


令和の最新オルチャンメイク大公開♡ やり方&5つのポイント
 少し前に大流行した韓国の「オルチャンメイク」。真っ赤なリップに太めの平行眉で美少女を演出したのは昔の話……と思いきや、...
クラシカルもカジュアルもOK♡万能サイドゴアブーツコーデ
 肌寒い季節になってきましたね! 春夏に重宝したスニーカーやパンプスよりも、もう少し足元を暖かくおしゃれしたい気分♡とい...
一年中しっとりボディ♡ 美肌の作り方&心がけるべき生活習慣
 しっとりしていてツヤのある乾燥知らずのボディを手に入れるためには、日々のケアや生活習慣が重要なポイントになります。そこ...
ネイルあるある8選!笑いも失敗も全部“おしゃれ”に変えて♡
 多くの女性がハマっているネイル♡ そんなおしゃれの影には、誰もが体験しているあるあるネタがいっぱい! そこで今回は、ネ...
計るだけダイエットのやり方5STEP!成功させるポイント
 ダイエットにはさまざまな方法がありますが、「どんなに効果がある」と言われる方法でも辛ければ続きません。無理のないダイエ...
くせ毛を活かすアレンジ方法4選!やっかいな髪質を味方に♡
 やっかいなくせ毛。広がってしまったり、いつも同じ方向に流れてしまったりと、悩みは尽きませんよね……。でも、そんなくせ毛...
体重が増えた…太った体をすぐに戻す方法&成功させるコツ♪
「何だか体が重い……」と、久しぶりに体重計に乗ってみると、思ったよりも太っていてビックリ!なんて経験がある人もいるでしょ...
似合う髪型がわからない人必見! オーダーのポイント&注意点
 何年も同じ髪型をしていると、「そろそろ飽きてきたな」と思いながらも自分に似合う髪型が分からず、結局、同じスタイルになっ...
デリケートゾーンのニオイが気になる…おりものにも関係があった
「デリケートゾーンがなんだか臭う……」「周りにバレないかな……」そんな悩みを抱えている女性は少なくありません。デリケート...
私だけじゃない!メイク失敗あるある5選&失敗しないメイク術
 メイクが上手にできなくて、「自信がない」「もうノーメイクでいいや」と諦めていませんか? でも実は、メイク上手に見える女...
ニットが太って見える原因&細見えさせるテクニック3選♡
 寒くなってくると、ニットを着る人が増えてきます。ニットは見る人に暖かい印象を与えるだけでなく、季節に合ったファッション...
紗栄子風"ふんわりいい香りがしそう”な女を目指す3アイテム
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違っ...
男性が好きな服ってどんな服?選ぶポイント&季節別コーデ例
 男性とのデートが決まったら「どんな服を着ていこう?」と、悩む女性は多いでしょう。洋服によって彼に与える印象も変わってき...
非常時用に備えて安心♡ プチプラビューティアイテム3選!
 先月、大きな地震があった後、お風呂に溜めた水が濁っていてびっくり! ネットで調べたら、近所でマンホールから水が溢れてい...
前髪を切りすぎた時のお直し方法&可愛く乗り切る対処法5選
 セルフカットで切った前髪。左右のバランスを整えているうちに、どんどん短くなってしまった経験はありませんか? そこで今回...
パックは毎日したらダメなの? 正しく効果的な使い方4選♡
 お肌のケアが簡単にできる「パック」。毎日の夜のお手入れに取り入れている人も多いでしょう。でも「パックって毎日使ったらダ...