親近感&血色感がポイント♪ アラフォー世代の可愛げメイク術

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-06-17 06:00
投稿日:2021-06-17 06:00
 アラフォーになっても20代のメイクのままの人、シミやシワを隠しすぎて濃いメイクになっている人は、意外と多いのではないでしょうか? そこで今回は、親近感と血色感で、アラフォー女性の魅力を最大限に高める「可愛げメイク術」をご紹介します!
 使うのは、基本的なアイテムばかり。足し算ではなく、引き算で叶える新しいメイクをぜひ試してみてくださいね!

親近感を感じる♡ 大人のメイクにこそ“可愛げ”が必要!

アラフォーになると色々あるんです…(写真:iStock)
アラフォーになると色々あるんです… (写真:iStock)

アラフォーになってくると、笑いジワや肌のくすみ、肝斑など、いろいろと隠したいものが出てきますよね。でも、実はそこが落とし穴。隠そうとすればするほど“不自然”になり、余計に年齢を感じさせてしまうのです。

 アラフォー世代に大切なのは、「引き算」でメイクをしていくこと。そして、素の自分の魅力を引き立てて親近感を持ってもらうことが、「大人の可愛さ」につながるのです。

親近感と血色感がポイント! アラフォー世代の可愛げメイク術

 それではさっそく、アラフォー世代におすすめしたい可愛げメイク術をチェックしていきましょう!

【ベースメイク】肌にツヤを仕込んでからファンデを薄づきに

リキッドファンデは薄づきで!(写真:iStock)
リキッドファンデは薄づきで! (写真:iStock)

 大人の可愛げメイクでは、作られたツヤではなく「肌から自然に発するツヤ」が欲しいところ。そこで、メイクの前にしっかり化粧水&乳液を使って保湿し、ツヤを仕込みましょう。

 そして、ピンクかパープルのコントロールカラーを薄く塗って、全体のくすみを飛ばします。最後にリキッドファンデをほんの少し、全体に薄づきでつけていきましょう。

 作り込みすぎない素肌感が、自分を解放しているように見えて、相手に「親近感」を感じさせることができますよ。

【眉メイク】ふんわりストレート気味に

 親近感のある落ち着いた優しい雰囲気を出すために、眉メイクはパウダーを使ってふんわりストレート気味に描いていきます。眉毛をスクリューブラシでとかしてから、チップを使ってブラウンのパウダーをのせていきましょう。

 目頭は、チップについた残りのパウダーだけを使って、薄く描くのがポイント。最初に眉メイクをしっかりすると、その後のアイメイクが濃くなるのを防ぐ効果もありますよ。

【チーク】血色感は幅広チークで叶えて

レッド系のチークでしっかり血色を!(写真:iStock)
レッド系のチークでしっかり血色を! (写真:iStock)

 どんなに親近感があっても、「くすみ」があると、明るく楽しい印象を与えられないかもしれません。だからこそ、血色感はこだわりポイント! ピンク系ではなく、レッド系のチークを使って、しっかりと内側から血色感を出していきましょう。

 ポイントは、チークを横長に幅広く伸ばすこと。チークをほんのりのせたら、最後に粉を完全に落としたブラシで全体に馴染ませていきます。こうすることで、より自然に赤みがさしたように見せることができますよ。

【アイメイク】ブラウンを基調に優しげな目元を

 アラフォー世代の女性の目元に黒のアイラインは少し強すぎてしまうので、基本はブラウンを基調として作っていくのがおすすめです。まつげの隙間を埋めるようにブラウンのアイラインをひき、ブラウンのマスカラをさらっと塗って優しげな雰囲気を作ります。

 アイシャドウは、落ち着いたブラウン系や血色感の出るオレンジ系、落ち着いたローズピンク系が◎。全体のコーディネートに合わせて色を選ぶと良いでしょう。

【リップ】ツヤのあるレッドブラウンで落ち着いた大人の唇に

レッドブラウンのリップでこなれ感を(写真:iStock)
レッドブラウンのリップでこなれ感を (写真:iStock)

 血色感を出すもうひとつのポイントが、リップです。こなれ感を出したいアラフォーメイクには、深く落ち着いたレッドブラウンがおすすめ! 凜とした雰囲気や血色感、可愛げが絶妙に混ざり合った色なので、ぴったりなんですよ。

 リップは、マットタイプよりも、ほどよいツヤ感のあるタイプのほうが、生き生きとした可愛さを表現できるので、おすすめです。

メイク前に「親近感&血色感」をUPさせるマッサージ♡

毎日のマッサージでくすみ知らず(写真:iStock)
毎日のマッサージでくすみ知らず (写真:iStock)

 メイクをする前に顔のマッサージをすると、肌の血行が良くなり、メイクノリがアップします。そこで、アラフォー世代のくすみをなくす、おすすめのマッサージを2つご紹介します。

目元がくすまない「アイマッサージ」

1. 乳液などを、目の周りに薄く塗ります。
2. 両手をグーにしてから、人差し指だけを第二関節で曲げてカギ型を作ります。
3. 目頭、目の下、目尻の順に指で優しくなぞり、最後にこめかみを押します。
4. さらに、眉毛の骨の上を眉頭から眉尻までなぞり、3と同じく、最後にこめかみを押します。
5. ここまでを5回繰り返しましょう。

簡単! 撫でるだけ「リンパマッサージ」

1. 手のひらを肌の上に軽く触れる程度の力で、生え際の真ん中から顔の輪郭に沿って撫でます。
2. 次に、優しく首の経絡(筋の部分)を下に向かって撫でます。
3. 続いて、鎖骨の上から肩に向かって撫でます。
4. 最後に、胸の上部から脇に向かって撫でます。
5. ここまでを5回繰り返しましょう。

 全体で2分程度ですが、目元のくすみを飛ばす有効なテクニックです。リンパを流してからメイクをするだけで、血色や肌の明るさが変わってきますよ。ぜひ、試してみてくださいね!

アラフォー世代のメイクは親近感と血色感で素の魅力を活かして♡

自分らしくハッピーに(写真:iStock)
自分らしくハッピーに (写真:iStock)

どんなに若い人でも、いつかは歳をとります。その時、自分を隠していくのか、ありのままを活かしていくのかで、人生は大きく変わっていくはず。それは、メイクでも同じことがいえるのです。

 ぜひ、自分の魅力を再確認しながら、大人だからこそできる可愛げメイクで、毎日をよりハッピーに過ごしていきましょう!

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


【涙活】即実践!ガッツリ泣いた後に目が腫れないテク5つ
 失恋したり、感動するドラマを見たりして大泣き……そんな日もありますよね。とはいえ、翌朝鏡を見たら、目がパンパンに腫れて...
40代が似合う「くすみを隠すメイク」ファンデに頼りすぎない
 40代になると目立ってくる「くすみ」。隠そうとして厚塗りにすると崩れるし、薄くつけても全然隠れない……。そんな悩みを抱...
マスクにメイクが付いちゃった! ぶっちゃけ変える頻度は?
 コロナ禍ではじまったマスク生活。女性にとっての一番の悩みは、メイクの汚れが付いてしまうことではないでしょうか。マスクを...
メイクアイテムの正しい使用期限、知ってる? 目元は要注意
 メイクポーチの中を定期的に掃除していますか? よく見ると、中には使用期限を過ぎている古いアイテムが入っている人も……。...
朝だけじゃダメ! 日焼け止めをメイクの上から塗り直す方法
 日焼け止めはこまめな塗り直しをすることではじめて、十分な効果を得られます。でも、メイクをしてしまったら「どうやってメイ...
おフェロ度UP「モーヴ色」メイクで40代の大人可愛いを実現!
 今、大注目の「モーヴ色」を使ったメイク。もう試しましたか? モーヴ色は、使う人を選ばない色として人気ですが、加えて40...
【0円で復活】ディオールの口紅が折れた!2022.6.30(木)
 ポッキーン。ゲットして間もないディオールの口紅が、折れてしまいました。ショック過ぎる……。  このままポイする選...
「おばさん体型」疑惑!特徴は?スリムな40代に近づく対処法
 40代を超えたあたりから、体がだんだんと「おばさん体型」になってきていると感じたことはありませんか? 今回は、おばさん...
「夏の涼しいコーデ4選」見た目&着心地グーな楽ちんスタイル
 暑い夏でも、涼しいコーデをして軽やかに過ごしたいと思いませんか? でも、単純に肌の露出を増やすのは、体型に自信がない人...
「白髪染め」失敗した! 楽しみながら戻すにはどうする?
 染めても繰り返し生えてくる白髪に、白髪染めを使っている人は多いですよね。でも、真っ黒になりすぎてしまったり、明るくした...
人に言えない「尿漏れ」問題 大きな声で笑ったら“じゅん”!
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「夏の汗対策」汗っかきさんは“冷却ポイント5つ”を覚えて!
 暑い夏、汗による悩みは尽きませんよね。メイク崩れやニオイ、汗染みなど、困っている人も多いはず。そこで今回は、悩み別に4...
「オフィスカジュアル」でデニム着用 アリorナシ線引きは?
 近年、働き方の幅が広がり「オフィスカジュアルOK」の会社も増えてきていますよね。そこで毎回のように議論になるのが「デニ...
痛くないよね?40代でも「背中開きトップス」が着たいんです
 ヘルシーで涼しげなムードが魅力的な、背中開きトップス。夏のコーデに取り入れたい気持ちがある反面「大人の女性が着るのは痛...
【基本のスキンケア】物価高でケチる前に0円で見直せること
 物価高が家計に重くのしかかってきていて、日々の美容ではなるべく節約したい人も増えているよう。一方、梅雨になると「肌の調...