はじめての待ち合わせデート♡印象をアップさせる方法まとめ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-07-21 06:00
投稿日:2021-07-21 06:00
 大好きな彼と、はじめての待ち合わせデート♡ ウキウキドキドキしてしまいますよね! 「このデートを成功させて、絶対に恋を掴みたい!」と意気込む女性も多いでしょう。そこで今回は、待ち合わせデートで彼の印象を大きくアップさせるための方法をご紹介していきます。

印象がアップする♡ デートの待ち合わせ場所

カフェで少し距離を縮める(写真:iStock)
カフェで少し距離を縮める (写真:iStock)

 初めての待ち合わせデートでは、待ち合わせする場所も大きなポイントです。楽しいデートのはじまりとなる、おすすめの場所からチェックしていきましょう!

1. 「カフェ」で待ち合わせする

 待ち合わせ場所というと駅の改札を選ぶ人も多いですが、おすすめは断然、カフェです。あまり駅から遠すぎず、ゆったり過ごせるカフェがあれば良いですね。

 メリットとしては、もし遅れても、飲み物を飲んだり本を読んだりしてゆっくりできること。そして、デート前にお茶を飲みながら会話することで、緊張を解いて距離を縮めてからデートに行けるという点があります。

2. 「目的地」で待ち合わせする

 人見知りで緊張してしまう人は、予約しているお店や映画館など、目的地で直接待ち合わせするのもありです。待ち合わせから目的地まで歩いている間、何を話していいかわからずに緊張してしまうと、第一印象が微妙になってしまうことも。

 最初に目的地で待ち合わせることで、お互い共通の話題や感想を語り合ったりすることもできるため、会話が途切れるのを防ぐことができます。

3. 「本屋」で待ち合わせする

 本屋が近くにあるなら、そこで待ち合わせするのもおすすめです。どちらかが遅れても時間を潰すことができますし、トイレなどがあれば、早めに着いて身だしなみのチェックもできますね。

 また、デートする街の雑誌などを読むことでおすすめスポットを調べたり、会話の話題を仕入れることもできます。

彼の心を掴む! デートの待ち合わせ場所での最初の言葉

緊張していたら素直に伝える(写真:iStock)
緊張していたら素直に伝える (写真:iStock)

 付き合う前の最初のデートでは、待ち合わせ場所で会った時、どうやって声をかけたらいいのかわからない人も多いでしょう。「お疲れ様です」「こんにちは」と声をかけるよりも、はるかに彼の印象をアップさせる言葉をご紹介します。

1. 名前を呼ぶ

 デートの待ち合わせ場所では、最初に「◯◯くん!」と名前を呼ぶようにしましょう。挨拶をされるよりも、いきなり名前を呼ぶことで彼をドキっとさせることができます。

 また、心理学的にいうと、自分の名前は人混みでも特に聞き取りやすい言葉なのだとか。混雑した場所でも、スムーズに気づいてもらうことができますね。

2. 楽しみにしていたことを伝える

 名前を呼んで声をかけたら、まず最初に「今日をとても楽しみにしていた」ということを伝えましょう。そうすることで「相手も同じ気持ちだったんだ」と、彼も嬉しくなるはず。彼のやる気や気合いも、きっと変わってくるでしょう♡

3. 時間を作ってくれたことに感謝する

 初デートで「今日は時間を作ってくれてありがとう!」と、感謝の気持ちを伝えることも大切。謙虚で相手の気持ちがわかる女性なんだな、という印象を与えることができます。自分本位の女性よりも、低姿勢の女性のほうが男性は心を掴まれるようですよ。

4. 緊張していることを正直に話す

 デートが始まる前に、「実はちょっと緊張している」ということを正直に伝えるのも良いかもしれません。自分のことをありのままに話す姿勢を見て、男性は「可愛いな」と思うはず。印象がアップすること、間違いなしです!

 また、相手だって少なからず緊張はしているはず。「同じ気持ちなんだ!」と、一体感が生まれて場を和ませることができます。

待ち合わせデートで可愛い♡と思われるおすすめの服装

明るい色で露出が少ない服を選ぼう(写真:iStock)
明るい色で露出が少ない服を選ぼう (写真:iStock)

 初めての待ち合わせデートでは、見た目の第一印象がとても大切。特に、服装は大きく印象を左右します。そこで、男性が喜ぶデートにおすすめの服装をチェックしておきましょう!

1. 定番は「ワンピース」

 ワンピースは、女性らしさと可愛さを感じさせる男性に人気の服装です。アクティブなデートではないなら、ワンピースを選んでおくのが正解かもしれませんね。

 選ぶポイントは、とにかく清潔感があってシンプルなもの。年代に合わせて落ち着いた印象のカラーを選びましょう。

2. 清楚に見える「露出の少ない服」

 実は、男性の多くは露出の多い服をあまり好みません。男慣れしていそう、品がなさそう、軽い、という印象を与えてしまうようです。そのため、最初のデートは露出の少ない服を基準に選びましょう。大胆ではなく控えめな姿に、女性らしさを感じてくれるはずです。

3. 「明るくて清潔感のある色」を選ぶ

 男性は、清潔感のある服装がとても好きです。黒やグレーのような暗めの色を選ぶと第一印象も暗い印象になってしまうため、待ち合わせ場所でもパッと目に入るような色を選びましょう。明るくて清潔感のある白や青、パステルカラーのピンクなどがおすすめです。

はじめての待ち合わせデートは第一印象で決まる!

素敵な恋になりますように(写真:iStock)
素敵な恋になりますように (写真:iStock)

 大好きな彼との初デート。第一印象でデートの成功が決まるといっても、過言ではありません。待ち合わせ場所の工夫や、最初の言葉、服装を少し意識するだけで、デートの成功率がアップするはずですよ。素敵な恋愛に発展することを祈っています♡

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男「冗談はよしこちゃん」女「は?」年の差カップルはすれ違い日常茶飯事
 近年、10歳以上の年の差カップルが増えていますよね。年の差があると、相手を尊敬できたり、落ち着いて安定した恋愛ができた...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
肉体より精神的なつながりに“利”があるよね? 51歳経営者が女を選ぶ条件
「冷酷と激情のあいだvol.183〜女性編〜」では、夜の営みをしないことを条件にプロポーズをしてきた恋人・ジュンジさん(...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
性交渉一生ナシ?裕福な経営者から提示された結婚の条件に戸惑う47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
女に困らないチャラ男に聞いた! 本命に選ぶ女性の特徴3つ
 好きになった男性がチャラ男だったら「真面目に恋愛する気はないよね…」と落ち込むかもしれません。  でも、チャラ男だっ...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
女性から家デートに誘うのはアリなの? 超自然な誘い方と男性の本音
 なかなか家に呼んでくれない彼。もっと仲を深めたいけど「女性から家デートに誘うのはナシかも…」と悩んでいる人は多いはず。...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ
器が小さい男性の見極め方 交際後に幻滅&ストレスMAXエピソード3選
 器の大きい男は、豪快で頼りがいがあってかっこいいですよね! でも、残念ながら世の中には「器が小さい男」もたくさんいるの...
恋バナ調査隊 2024-02-20 06:00 ラブ
本命じゃない人と結婚したっていい…幸せのための5つの心得
 愛し合うカップルのゴールとされる、結婚。一方で、なかには「本命じゃない人と結婚することになった」と悩んでいる女性も存在...
恋バナ調査隊 2024-02-19 06:00 ラブ
美人の結婚が遅い3つの理由、男性の切ない本音を紐解くと…
 女性から羨ましがられる美人は、結婚も早いだろうと誰もが思いますよね。でも、実際に周囲を見回してみると、見た目は平均点の...
恋バナ調査隊 2024-02-19 06:00 ラブ
「性欲強めになったのは…」今カレにはナイショ!元カレの影響6選
「好きな人の口癖がうつっちゃった」なんて経験がある女性は、多いのではないでしょうか?  人は好意を持っている相手や長く...
恋バナ調査隊 2024-02-18 06:00 ラブ
男「日曜会えない?」独女「100人の部下が動いてて」残念あるあるLINE
 40代になっても独身を貫く人には、いくつかの共通点があります。  男性としては、独女特有の共通点を察知した途端、...
恋バナ調査隊 2024-02-18 06:00 ラブ