ヘアオイルがベタつくのはなぜ?原因&ベタついた時の対処法

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-08-05 06:00
投稿日:2021-08-05 06:00
 最近は、髪が濡れたようなウェットスタイルで仕上げるのが流やっているため、ヘアオイルを使う人が増えています。でも、ヘアオイルってつけ方を間違えると、髪がベタついて汚く見えてしまうことも……。そこで今回は、ヘアオイルがベタつく原因やつけ過ぎた時の対処法をご紹介します。あなたは間違ったつけ方、していませんか?

ここが違った…! ヘアオイルがベタつく5つの原因

なーんかベタつくんだよね(写真:iStock)
なーんかベタつくんだよね (写真:iStock)

 まずは、ヘアオイルがベタつく原因からチェックしていきましょう!

1. 適量を守れていない

 ベタついてしまう原因で一番多いのが、「ヘアオイルの適量」を守れていないこと。少なく感じるかもしれませんが、一般的には、ショートヘアで1〜2滴、ミディアムヘアで2〜3滴、ロングヘアで3〜4滴が目安です。

 ただし、ヘアオイルによっても適量は異なるので、使用前に用法を確認してから使うようにしましょう。

2. 使うタイミングが違う

 使うタイミングも、ヘアオイルがベタつく原因になります。ヘアオイルは、種類によって使うタイミングが違います。スタイリング剤としてのヘアオイルは、乾いた髪の仕上げに少量使うのがおすすめです。

 一方、アウトバスタイプの洗い流さないトリートメントタイプは、お風呂上がりのタオルドライ後など「多少髪が濡れている状態」に使うのが鉄則。つけた後にドライヤーで乾かすと、ベタつかずに仕上げることができますよ。

3. 手に馴染ませないで使っている

 ヘアオイルは数滴手のひらにとってから、手全体に均一に馴染ませてから使うのが鉄則。

 手のひら部分に軽く馴染ませただけで塗ってしまうと、一部だけにつき過ぎてしまい、ベタつきの原因になります。事前に指の間まで馴染ませると、手ぐしで適量をうまく馴染ませることができますよ。

4. 表面から塗っている

 ヘアオイルを塗る際に表面から塗り始めてしまうと、全体にベタベタした仕上がりになりがちです。ヘアオイルをつける時には、髪の内側に手をいれて馴染ませてから、毛先、そして最後、余った残りを表面につける程度にしましょう。

 また、ヘアオイルは髪の根元にはつけず、半分から毛先のみにつけるのもポイントです。

5. 髪質に合わないヘアオイルを使っている

 対策をしても、どうしてもベタつきが気になる場合、ヘアオイルが髪質に合っていないことが原因かもしれません。ヘアオイルには、重めや軽めなどのテクスチャーがあります。たとえば、猫っ毛の人が重めのヘアオイルを使ってしまうと、ボリュームがなくなりぺっとりした印象に。

 猫っ毛のような細めの髪の人は、軽めに仕上がるノンシリコンやホホバオイルなどの植物油を、髪が太い人ならしっとりまとまるシリコン入りのオイルやシアバター、椿オイルなどがおすすめです。

ベタつく…ヘアオイルをつけ過ぎてしまった時の3つの対処法

お団子にアレンジしちゃえ(写真:iStock)
お団子にアレンジしちゃえ (写真:iStock)

 では、ヘアオイルをつけ過ぎてしまった時にはどうしたら良いのでしょうか? ベタつく時の、3つの対処法をご紹介します。

1. ベビーパウダーを少量馴染ませる

 ヘアオイルをつけ過ぎてしまった時には、少量のベビーパウダーを髪に馴染ませることで、テカリやベタつきを軽減させることができます。

 やり方は簡単! 少量のパウダーを手に取ったら、少しずつ髪全体に含ませるだけです。つけすぎると白浮きしてしまうので、つけ過ぎには注意してくださいね。

2. 髪をアレンジする

 ゴムとピンがあるなら、髪をアレンジしてみましょう。お団子ヘアやシニヨンにアレンジすれば、オイルでまとまりが良いぶんアレンジしやすく、ベタつきも気になりません。髪をランダムに崩すことで、よりベタつき感をごまかすことができますよ。

3. ヘアアイテムでごまかす

 顔周りや前髪にヘアオイルをつけすぎてしまった時には、ヘアターバンもおすすめ。髪につけるだけで、顔周りのベタつきが完全に隠れます。また、おしゃれなヘアピンを使って前髪を留めてしまう方法も良いでしょう。

ベタつくヘアオイルも“正しい使い方”でおしゃれに♡

ヘアオイル使いをマスターしよう(写真:iStock)
ヘアオイル使いをマスターしよう (写真:iStock)

 使い方を間違えるとベタつくヘアオイルですが、正しく使えばツヤ効果や保湿効果も得られますし、流行りのおしゃれなウェットヘアに仕上げることも可能です。ぜひ、この記事を参考に、使い方をおさらいしてみてくださいね!

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


石原さとみの不動の“モテリップ”を叶えるプチプラコスメ3選♡
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」と憧れる女性は多いもの。すべてのパーツを、...
知らないと損する! 老け見え髪型&若見え髪型の共通点7つ
 髪は女の命といいますが、髪型でも美しさに関わる印象は大きく左右します。せっかく綺麗な髪の毛をしているのに、老け見えする...
キレイな眉をキープする♡ 眉毛を整える頻度&お手入れ方法
 眉毛は、人の表情に大きな影響を与えるものですよね。細すぎるとキツい人に見えてしまったり、ぼさぼさだとだらしなく見えたり...
白髪染めの頻度はどれくらいが最適? 期間を伸ばすテクニック
 染めても染めても、すぐに目立ってしまう「白髪」。でも、髪へのダメージも気になってしまいますよね……。そこで今回は、白髪...
篠原涼子の凛とした透明感に憧れる! 美容家おすすめテク3選
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」と憧れる女性は多いもの。すべてのパーツを、...
前髪が決まらない人へ♡ 3つの原因&悩み別解決法をご紹介
 前髪は、顔の印象に大きな影響を与えるもの。朝、前髪が決まらないだけで全体的に残念な印象になってしまい、一日中気分が上が...
セルフネイルを長持ちさせる塗り方のコツ&お手入れポイント
 自宅で簡単にできてしまうセルフネイルは、ネイルサロンに通う時間やお金が節約できるし、何より手軽なのが魅力! 問題がある...
簡単にできる寝癖の直し方6選♡ “水なし”でもOKな方法も
 忙しい朝に私たちを悩ますのが「寝癖」。できるだけ早く直したい寝癖ですが、時には外出先で気づくこともありますよね……。そ...
時短で秋メイク♡ “アースカラー”の抜け感アイで誰でも旬顔に
 秋は「アースカラー」が映える時期です。洋服のコーディネートでも、カーキやブラウンといった、落ち着いた色合いのものを着る...
男ウケを狙うなら?メイクのポイント5つ♡ 部分別テクニック
 女性にとってメイクはひとつの武器。意中の男性を落とすために、メイクに力を入れている人もいるでしょう。でも、自分の好みや...
材料費1200円でスワロフスキー手作りピアス 2021.9.11(土)
 マスク生活となり、口元よりアイメークに力を入れるようになりましたね。アクセサリー類もリモートワークを意識した「オンライ...
透明感メイクで“肌美人”に♡ 綺麗に仕上げる8つのポイント
 肌の透明感は生まれつきのものだと思っている人も多いようですが、実は、コツさえマスターすればメイクでも作れるんですよ♡ ...
失敗しない!美容室でのヘアスタイルの頼み方6つのポイント
 理想のヘアスタイルを目指して美容室に足を運んだのに、「思っていたスタイルにならなかった……」と、後悔した経験がある人も...
田中みな実アイメイクを目指すなら?美容家が選ぶアイテム3選
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」と憧れる女性は多いもの。すべてのパーツをま...
ハイヒールで足が痛い…原因&知っておきたい簡単対処法4選
 女性のファッションの必須アイテムでもある、「ハイヒール」。おしゃれにスタイルアップができる反面、「足が痛い……」と、苦...
縮毛矯正の知っておきたいデメリット6つ&よくある疑問を解決
 くせ毛や髪の広がりが気になる人にとって、縮毛矯正は強い味方! ボリュームを抑え、髪の毛をまっすぐにしてくれるため、朝の...