真夏のドライヤー時間は短縮できる! おすすめ簡単時短術3選

時短美容協会 一般社団法人
更新日:2021-07-22 06:00
投稿日:2021-07-22 06:00
 みなさんは、ドライヤーにどのくらいの時間をかけていますか? 夏はドライヤーをかけるだけで暑いので、ドライヤー自体を省いたり、途中で暑さを我慢できなくなってきちんと乾かさなかったりすることもあるのでは……!? (筆者はよくあります)。
 しかし、この行為……実はかなりNG。髪は、濡れている時にダメージを受けるからです! そこで、暑い夏に少しでもストレスを減らすべく、髪を早く乾かすために心がけたいことを、時短美容協会でヘアアレンジを担当している筆者が紹介します。

1.「夏用」として売られている季節製品を使う

<筆者私物。左:ハホニコ ヘアドライマイクロファイバータオル ピンク 中:ダイアンエクストラフレッシュ&リペア 右:ラピーネ クイックブローミスト<フルーティーシャボンの香り>>
<筆者私物。左:ハホニコ ヘアドライマイクロファイバータオル ピンク 中:ダイアンエクストラフレッシュ&リペア 右:ラピーネ クイックブローミスト<フルーティーシャボンの香り>>

 ヘアケアをするにあたって、ケアのベースになるのがシャンプーです。

 髪の汚れは、埃など表面につく汚れと皮脂など頭皮につく汚れに分けられます。埃などの表面の汚れは水で落ちますが、皮脂の汚れなどはシャンプーを使わないときれいに落ちません。そして、この皮脂汚れが溜まりやすい季節が夏なのです。

 夏は紫外線の影響を受けたり、汗をかくことで皮脂の分泌が増えます。こういった夏特有の髪の悩みを解決するように作られているのが、夏用のシャンプーやトリートメント。多くは、メントールなどの清涼成分が含まれているので、洗い上がりもさっぱりして重宝します。

 つまり、季節製品として売られているシャンプーやトリートメントを使うことで時短で髪をきれいにできますし、さらに速乾タイプのものを選ぶと、ヘアドライもスピーディーにすることができるのです。

 筆者はさらに、シャンプー後に速乾性ミストを使用しています。シャンプーと似た香りを選ぶと、香りがより長持ちしておすすめ。

2. タオルドライに工夫を

 タオルドライは、とにかく優しくしてください。強い力でタオルドライをすると髪とタオルの間に摩擦が生まれてしまい、キューティクルを剥がしかねません。ゴシゴシとするのではなく、タオルで髪をそっと挟み、揉むようにして髪の水分を取っていきましょう。

 タオルドライをする順番は、髪からではなく、まずは頭皮から。頭にタオルを被せ、優しく手で押さえながら水分を取ります。次に、髪の毛先と中間部分の髪をタオルで髪を挟み、優しくポンポンしながら水分を取りましょう。

 たったこれだけですが、余分な水分がしっかり取れて髪をいたわることができますし、さらにはドライヤーの使用時間を短くできる大切な作業です。

 また、マイクロファイバーで作られているヘアドライ用タオルを使うのも時短術。吸水力が高く、髪や頭皮の水分を早く取ることができます。ターバンタイプもあるので、用途によって使い分けてみてください。

3. ドライヤーは根本からかける

 ドライヤーで髪を乾かす順番は、タオルドライ同様、毛先ではなく根本からが鉄則です。毛先を先に乾かしても、根本から常に水分が流れてきてしまうので、根本を先に乾かしたほうが早く乾きます。

 さらに、毛先は傷みやすいので、ドライヤーの熱があまり当たらないように気をつけながら乾かすのが大事。

 注意点としては、ドライヤーの風を下から当てないこと。下から風を当てたほうが根元はすぐに乾くと思われがちですが、これだと髪が広がりやすくなり「天使の輪」と呼ばれるツヤが出ません。ドライヤーの風は上から当て、髪が熱くならないように手で髪を散らしながら乾かすのがベストです。

 ◇  ◇  ◇

 暑い夏には、1分でも早くドライヤーを使い終えたいですよね。ぜひ、暑い夏に時短で美髪を目指しましょう!

<文・社〉時短美容協会所属/鈴木 友香〉

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


ガードルって履くべき? 5つの必要性&よくある疑問を解消!
 若い頃は「ガードルなんて必要ない!」と、思っていた人が多いでしょう。しかし、年齢とともに体は変わるもの。変化してきた体...
プチプラ優秀コスメで時短美容!「肌悩み別」おすすめ3品
 季節の変わり目、マスク生活、高い湿度に強い紫外線……など、肌不調のもととなるようなストレスを感じやすい今は、スキンケア...
日本人の平均は“7頭身”って本当? 測り方&小顔に見せる方法
 スタイルの良いモデルさんを見て、「何頭身なんだろう!?」なんて会話をしたことがある人は多いでしょう。でも、意外にこの「...
実は男ウケ最悪…男性が嫌いな女性のファッション&注意点
 女性の間では流行っているファッションでも、男性には「下品」「ダサい」「軽そう」なんて思われていることがあるようです。そ...
マスクの汗どうしてる?今すぐ試せる対策4つ&役立つアイテム
 コロナ禍の現代、マスクは生活の必需品となりました。マスクは自分を守るための大事なアイテムですが、暑い季節は汗をかきやす...
口紅やリップはいつ交換する? タイミング&正しい保管方法
 化粧品は食料品と違って使用期限が記載されていないため、いつまで使えるのか知らない人も多いでしょう。特に、デリケートな唇...
夕方に毛穴が目立つのはなぜ? 5つの原因別対処法をご紹介
「朝、完璧にメイクしたつもりが、夕方になると毛穴が目立ってしまう……」そんなお悩みはありませんか? 今回は、そんな夕方に...
夏ビューティ♡ 雑誌付録で新スキンケア&限定ネイルが試せる
 美容雑誌の付録で、いろんなアイテムをお試し中! 気になっていたアイテムを気楽に試せるのは楽しいですし、しっかり試せるサ...
パフ&スポンジを水ありで使うとメイク持ちUP♡ 使い方のコツ
 ファンデーションには欠かせない、パフ&スポンジ。ファンデーション選びにはこだわっても、パフやスポンジは適当に使っている...
愛され女子に共通する6つの美習慣♡ 簡単な就寝前のケア方法
 女性から見て「素敵だな」と思える人は、男性にも魅力的に映り、愛される傾向にありますよね。中には「美人に生まれていいな」...
男ウケのいい“モテるネイル”のポイント5つ♡男性の本音も
 女性にとって、ネイルはおしゃれの一部。毎日いろいろな柄や色を楽しんでいる人は多いでしょう。でも、女性が可愛いと思うネイ...
コンシーラーのメイク崩れを解消♡ 原因&ヨレない方法4つ
 コンシーラーはクマやシミ、くすみや毛穴などの肌トラブルをキレイに隠してくれる優れもののアイテム。でも、使い方を間違えて...
太ももを細くするための5つのポイント&簡単エクササイズ♪
 太ももは、多くの女性が「少しでも細くなりたい!」と思っている部位。しかし、一度脂肪が付いてしまうと、なかなか細くならな...
ボディスクラブで“うるツヤ肌”に♡4種類の特徴&正しい使い方
「ボディスクラブ」はクリームやジェルの中に細かい粒子が入っていて、マッサージすることで古い角質を落としてくれる優れたアイ...
“ダサい”は卒業!大人女性のスニーカーコーデのコツ&注意点
 近年、大人女性に大人気の「スニーカー」。なんといっても歩きやすいので、一度履くと手放せなくなってしまいますよね。とはい...
ここが残念…! 見過ごしがちな“老け見えポイント”の克服法
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。老化の大敵であるシワやシミを意識してケアする女性は非常に多いのですが、優先順...