真夏のドライヤー時間は短縮できる! おすすめ簡単時短術3選

時短美容協会 一般社団法人
更新日:2021-07-22 06:00
投稿日:2021-07-22 06:00
 みなさんは、ドライヤーにどのくらいの時間をかけていますか? 夏はドライヤーをかけるだけで暑いので、ドライヤー自体を省いたり、途中で暑さを我慢できなくなってきちんと乾かさなかったりすることもあるのでは……!? (筆者はよくあります)。
 しかし、この行為……実はかなりNG。髪は、濡れている時にダメージを受けるからです! そこで、暑い夏に少しでもストレスを減らすべく、髪を早く乾かすために心がけたいことを、時短美容協会でヘアアレンジを担当している筆者が紹介します。

1.「夏用」として売られている季節製品を使う

<筆者私物。左:ハホニコ ヘアドライマイクロファイバータオル ピンク 中:ダイアンエクストラフレッシュ&リペア 右:ラピーネ クイックブローミスト<フルーティーシャボンの香り>>
<筆者私物。左:ハホニコ ヘアドライマイクロファイバータオル ピンク 中:ダイアンエクストラフレッシュ&リペア 右:ラピーネ クイックブローミスト<フルーティーシャボンの香り>>

 ヘアケアをするにあたって、ケアのベースになるのがシャンプーです。

 髪の汚れは、埃など表面につく汚れと皮脂など頭皮につく汚れに分けられます。埃などの表面の汚れは水で落ちますが、皮脂の汚れなどはシャンプーを使わないときれいに落ちません。そして、この皮脂汚れが溜まりやすい季節が夏なのです。

 夏は紫外線の影響を受けたり、汗をかくことで皮脂の分泌が増えます。こういった夏特有の髪の悩みを解決するように作られているのが、夏用のシャンプーやトリートメント。多くは、メントールなどの清涼成分が含まれているので、洗い上がりもさっぱりして重宝します。

 つまり、季節製品として売られているシャンプーやトリートメントを使うことで時短で髪をきれいにできますし、さらに速乾タイプのものを選ぶと、ヘアドライもスピーディーにすることができるのです。

 筆者はさらに、シャンプー後に速乾性ミストを使用しています。シャンプーと似た香りを選ぶと、香りがより長持ちしておすすめ。

2. タオルドライに工夫を

 タオルドライは、とにかく優しくしてください。強い力でタオルドライをすると髪とタオルの間に摩擦が生まれてしまい、キューティクルを剥がしかねません。ゴシゴシとするのではなく、タオルで髪をそっと挟み、揉むようにして髪の水分を取っていきましょう。

 タオルドライをする順番は、髪からではなく、まずは頭皮から。頭にタオルを被せ、優しく手で押さえながら水分を取ります。次に、髪の毛先と中間部分の髪をタオルで髪を挟み、優しくポンポンしながら水分を取りましょう。

 たったこれだけですが、余分な水分がしっかり取れて髪をいたわることができますし、さらにはドライヤーの使用時間を短くできる大切な作業です。

 また、マイクロファイバーで作られているヘアドライ用タオルを使うのも時短術。吸水力が高く、髪や頭皮の水分を早く取ることができます。ターバンタイプもあるので、用途によって使い分けてみてください。

3. ドライヤーは根本からかける

 ドライヤーで髪を乾かす順番は、タオルドライ同様、毛先ではなく根本からが鉄則です。毛先を先に乾かしても、根本から常に水分が流れてきてしまうので、根本を先に乾かしたほうが早く乾きます。

 さらに、毛先は傷みやすいので、ドライヤーの熱があまり当たらないように気をつけながら乾かすのが大事。

 注意点としては、ドライヤーの風を下から当てないこと。下から風を当てたほうが根元はすぐに乾くと思われがちですが、これだと髪が広がりやすくなり「天使の輪」と呼ばれるツヤが出ません。ドライヤーの風は上から当て、髪が熱くならないように手で髪を散らしながら乾かすのがベストです。

 ◇  ◇  ◇

 暑い夏には、1分でも早くドライヤーを使い終えたいですよね。ぜひ、暑い夏に時短で美髪を目指しましょう!

<文・社〉時短美容協会所属/鈴木 友香〉

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


メイクアイテムの正しい使用期限、知ってる? 目元は要注意
 メイクポーチの中を定期的に掃除していますか? よく見ると、中には使用期限を過ぎている古いアイテムが入っている人も……。...
朝だけじゃダメ! 日焼け止めをメイクの上から塗り直す方法
 日焼け止めはこまめな塗り直しをすることではじめて、十分な効果を得られます。でも、メイクをしてしまったら「どうやってメイ...
おフェロ度UP「モーヴ色」メイクで40代の大人可愛いを実現!
 今、大注目の「モーヴ色」を使ったメイク。もう試しましたか? モーヴ色は、使う人を選ばない色として人気ですが、加えて40...
【0円で復活】ディオールの口紅が折れた!2022.6.30(木)
 ポッキーン。ゲットして間もないディオールの口紅が、折れてしまいました。ショック過ぎる……。  このままポイする選...
「おばさん体型」疑惑!特徴は?スリムな40代に近づく対処法
 40代を超えたあたりから、体がだんだんと「おばさん体型」になってきていると感じたことはありませんか? 今回は、おばさん...
「夏の涼しいコーデ4選」見た目&着心地グーな楽ちんスタイル
 暑い夏でも、涼しいコーデをして軽やかに過ごしたいと思いませんか? でも、単純に肌の露出を増やすのは、体型に自信がない人...
「白髪染め」失敗した! 楽しみながら戻すにはどうする?
 染めても繰り返し生えてくる白髪に、白髪染めを使っている人は多いですよね。でも、真っ黒になりすぎてしまったり、明るくした...
人に言えない「尿漏れ」問題 大きな声で笑ったら“じゅん”!
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「夏の汗対策」汗っかきさんは“冷却ポイント5つ”を覚えて!
 暑い夏、汗による悩みは尽きませんよね。メイク崩れやニオイ、汗染みなど、困っている人も多いはず。そこで今回は、悩み別に4...
「オフィスカジュアル」でデニム着用 アリorナシ線引きは?
 近年、働き方の幅が広がり「オフィスカジュアルOK」の会社も増えてきていますよね。そこで毎回のように議論になるのが「デニ...
痛くないよね?40代でも「背中開きトップス」が着たいんです
 ヘルシーで涼しげなムードが魅力的な、背中開きトップス。夏のコーデに取り入れたい気持ちがある反面「大人の女性が着るのは痛...
【基本のスキンケア】物価高でケチる前に0円で見直せること
 物価高が家計に重くのしかかってきていて、日々の美容ではなるべく節約したい人も増えているよう。一方、梅雨になると「肌の調...
おうちパックで蘇る! エステ&サロン級のうるツヤ肌と髪
 人と会う機会が増え、久しぶりに再会した人から老けたと思われたくないと、肌と髪の手入れを大急ぎでしています。  エステ...
【生理中の嫌なニオイ】やば!気付かれた?対処法を入手して
 生理中のニオイって、本当に気になりますよね。実際、多くの女性が生理中のニオイを気にしているようです。  今回はニオイ...
今さら聞けない「インバスケア」40代から始める美容習慣4つ
 40代になると、髪や肌に関する悩みが増えてきますよね。だからといって、仕事や家事が忙しくエステに通う余裕はない……。そ...