ブラトップはバストが垂れる? 原因&垂れないための予防法

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-08-09 06:00
投稿日:2021-08-09 06:00
「ブラトップ」は、ブラジャーとキャミソールがひとつになった便利なアイテム。着け心地が良く楽ちんなブラトップですが、「バストが垂れる」という噂もありますよね。そこで今回は、ブラトップでバストが垂れる3つの原因と対処法をご紹介します!

ブラトップでバストが垂れる!? 考えられる3つの原因

ブラトップでバストが垂れるって本当?(写真:iStock)
ブラトップでバストが垂れるって本当? (写真:iStock)

 それではさっそく、ブラトップでバストが垂れる3つの原因から見ていきましょう。

1. バストの形が崩れやすくなる

 最初にお伝えしておくと、ブラトップを使用したからといって、必ずしもバストが垂れるというわけではありません。ただ、ブラトップはブラジャーのようにワイヤーでバストを固定する機能がないものが多いため、重力や揺れでバストの形が崩れやすくなってしまうのは事実。

 ブラトップはとても便利なアイテムですが、綺麗なバストをキープしたいなら、ブラトップだけを毎日付け続けてしまうのは避けたほうが良いかもしれません。

2. 脇や背中に脂肪が流れてしまう

 バストはほとんどが脂肪でできているため、ブラジャーで固定していないと脇や背中に流れてしまいがち。もちろん、固定できるブラトップであれば良いですが、体に合わないサイズのものをつけていたり、サポート力が弱いものだと、バストはどうしても流れやすくなってしまいます。

 脂肪が脇や背中に流れてしまうと、そのぶんバストが小さくなったり、体型が崩れてしまう原因になってしまうので注意が必要です。

3. クーパー靭帯が伸びてしまう

 バストを支える役割を果たしている「クーパー靭帯」。クーパー靭帯は、飛んだり走ったりといった運動はもちろん、寝返りなどによっても傷んでしまうと言われています。そして、残念ながら、クーパー靭帯は一度伸びたり切れたりすると修復することができません。

 つまり、バストを固定する力が弱いブラトップを使っていると、動作をするたびにバストが動き、クーパー靭帯に負担がかかってしまい、結果的にバストの下垂の原因になることがあるのです。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


石原さとみの不動の“モテリップ”を叶えるプチプラコスメ3選♡
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」と憧れる女性は多いもの。すべてのパーツを、...
知らないと損する! 老け見え髪型&若見え髪型の共通点7つ
 髪は女の命といいますが、髪型でも美しさに関わる印象は大きく左右します。せっかく綺麗な髪の毛をしているのに、老け見えする...
キレイな眉をキープする♡ 眉毛を整える頻度&お手入れ方法
 眉毛は、人の表情に大きな影響を与えるものですよね。細すぎるとキツい人に見えてしまったり、ぼさぼさだとだらしなく見えたり...
白髪染めの頻度はどれくらいが最適? 期間を伸ばすテクニック
 染めても染めても、すぐに目立ってしまう「白髪」。でも、髪へのダメージも気になってしまいますよね……。そこで今回は、白髪...
篠原涼子の凛とした透明感に憧れる! 美容家おすすめテク3選
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」と憧れる女性は多いもの。すべてのパーツを、...
前髪が決まらない人へ♡ 3つの原因&悩み別解決法をご紹介
 前髪は、顔の印象に大きな影響を与えるもの。朝、前髪が決まらないだけで全体的に残念な印象になってしまい、一日中気分が上が...
セルフネイルを長持ちさせる塗り方のコツ&お手入れポイント
 自宅で簡単にできてしまうセルフネイルは、ネイルサロンに通う時間やお金が節約できるし、何より手軽なのが魅力! 問題がある...
簡単にできる寝癖の直し方6選♡ “水なし”でもOKな方法も
 忙しい朝に私たちを悩ますのが「寝癖」。できるだけ早く直したい寝癖ですが、時には外出先で気づくこともありますよね……。そ...
時短で秋メイク♡ “アースカラー”の抜け感アイで誰でも旬顔に
 秋は「アースカラー」が映える時期です。洋服のコーディネートでも、カーキやブラウンといった、落ち着いた色合いのものを着る...
男ウケを狙うなら?メイクのポイント5つ♡ 部分別テクニック
 女性にとってメイクはひとつの武器。意中の男性を落とすために、メイクに力を入れている人もいるでしょう。でも、自分の好みや...
材料費1200円でスワロフスキー手作りピアス 2021.9.11(土)
 マスク生活となり、口元よりアイメークに力を入れるようになりましたね。アクセサリー類もリモートワークを意識した「オンライ...
透明感メイクで“肌美人”に♡ 綺麗に仕上げる8つのポイント
 肌の透明感は生まれつきのものだと思っている人も多いようですが、実は、コツさえマスターすればメイクでも作れるんですよ♡ ...
失敗しない!美容室でのヘアスタイルの頼み方6つのポイント
 理想のヘアスタイルを目指して美容室に足を運んだのに、「思っていたスタイルにならなかった……」と、後悔した経験がある人も...
田中みな実アイメイクを目指すなら?美容家が選ぶアイテム3選
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」と憧れる女性は多いもの。すべてのパーツをま...
ハイヒールで足が痛い…原因&知っておきたい簡単対処法4選
 女性のファッションの必須アイテムでもある、「ハイヒール」。おしゃれにスタイルアップができる反面、「足が痛い……」と、苦...
縮毛矯正の知っておきたいデメリット6つ&よくある疑問を解決
 くせ毛や髪の広がりが気になる人にとって、縮毛矯正は強い味方! ボリュームを抑え、髪の毛をまっすぐにしてくれるため、朝の...