男性に大人気♡マシュマロボディになる4つの習慣&NG習慣

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-03-17 06:00
投稿日:2021-03-17 06:00
 男性が大好きな体型といえば、「マシュマロボディ」でしょう。マシュマロのようにふわふわで、思い切り抱きしめたくなると、とにかく人気。でも、肌のくすみが気になる人は、一体どうやってマシュマロボディになれるの?と思いますよね。
 そこで今回は、数年後に大きな差がつく、マシュマロボディを作る4つの習慣と、NG習慣をご紹介します!

そもそもマシュマロボディってどんなボディ?

マシュマロみたいな女の子になりたい(写真:iStock)
マシュマロみたいな女の子になりたい (写真:iStock)

 マシュマロボディは、マシュマロを連想させるような体型のこと。具体的な例を挙げると……

・ 白く透明感のある肌
・ 痩せすぎず、ふっくら丸みを帯びたボディライン
・ 吸い付くような滑らか肌
・ メリハリのある体

 といった特徴があります。これは、確かに女子力高いですよね。また、マシュマロボディは男性だけでなく、女性が憧れるボディでもあります。ちなみに、芸能人では元AKB48の小嶋陽菜さんや、綾瀬はるかさんなどがマシュマロボディとして人気です。

マシュマロボディに対する男性の意見は?

やわらかそうな体にドキドキ(写真:iStock)
やわらかそうな体にドキドキ (写真:iStock)

 では、世間の男性はマシュマロボディに対して、どんなイメージを持っているのでしょうか? 男性たちの意見を調査してみると、次のような意見が多いようでした。

・ スレンダーなモデル体型もいいけど、ふっくらしたほうが魅力的
・ ふわふわの体だと安心感や包容力を感じる
・ 触りたくなる
・ 抱き心地が良さそう

 女性側の意見からすると、きゅっと引き締まった筋肉質で脂肪の少ないモデル体型に憧れる人が多いのですが、男性にはやわらかくふっくらした体のほうが人気が高いようです。

数年後に大きな差♡ マシュマロボディを作る4つの習慣

水分補給が大事(写真:iStock)
水分補給が大事 (写真:iStock)

 それでは、どうすればマシュマロボディを手に入れられるのでしょうか? 数年後に大きな差がつく「マシュマロボディを作る4つ習慣」をチェックしてみましょう!

1. 水をたくさん飲む&保湿も欠かさない

 ふわふわもっちりした肌に、乾燥は大敵。保湿が欠かせないのは言うまでもありません。人間が1日の代謝で失われる水分量は約2.5リットルと言われています。体内の水分が不足しないように、1日1.5リットルは水分を摂取したいところですね。

 また、肌表面の乾燥を防ぐために、こまめな保湿も欠かせません。お風呂上がりや乾燥を感じた時など、化粧水で水分を補給したら、しっかり乳液などの油分でフタをしてくださいね。

2. 質の良い睡眠&バランスの取れた食事

 吸い付くような柔肌になるためには、睡眠が大切です。睡眠中に分泌されるホルモンは肌のターンオーバーを促進したり、水分保持量を増やすなど、美肌のためには欠かせないもの。寝る2〜3時間前には食事を終わらせ、1時間前には部屋の明かりを落として、スマホやPCなどを見ないようにしましょう。

 また、栄養バランスのとれた食事から健康的な肌を作ることも大切。おすすめは、「10品目群チェックシート」です。これは、10種類の食品群を量に関係なく日に一度でも摂取したら◯をつけていくという方法で、7種類以上を目指すことで、食事バランスが良くなるそうですよ。

3. 毎日湯船に浸かる&リンパを流す

 毎日湯船に浸かると、血行が促進されて肌の老廃物の排出を促すことができます。また、肌ツヤや血色が良くなり、くすみやクマの改善にも効果が実感できるはずです。できれば日々のお風呂はシャワーで済ませず、湯船にじっくり浸かるようにしましょう。

 また、意外に見落としがちなのが、リンパの流れ。マシュマロボディとは反対の「血色が悪く透明感のない肌色」は、皮膚の下の老廃物も原因のひとつです。バスタイムに膝や肘、太ももの付け根などの大きな関節部分を優しく撫でて、リンパを流しましょう。

4. 朝は日焼け止め&夜はナイトブラを習慣に

 マシュマロボディの中でも、特に力を入れてケアしたいのがバスト。夜寝ている間はバストが潰れたり、重力によって脇や背中にバストの肉が流れてしまいがちです。ナイトブラをつけて、寝ている間のバスト流れを防ぎ、ふっくらした美しいマシュマロバストを作りましょう。

 また、白い肌をキープするには紫外線対策が欠かせません。雨の日も冬でも、季節に関係なく一年中日焼け止めを塗れば、数年後の肌に大きな差が出るはずです。

マシュマロボディを遠ざけるNG習慣

筋トレのし過ぎには要注意(写真:iStock)
筋トレのし過ぎには要注意 (写真:iStock)

 どんなに日頃、肌や体に良い習慣を心がけていても、マシュマロボディには真逆の効果を与える習慣を減らさなければ努力が台無しです。以下のような行動は、極力減らすように気をつけましょう!

・ たばこを吸う
・ ストレスのある生活
・ 運動から程遠い生活
・ 筋トレのしすぎ

 これらは、マシュマロボディに不可欠な「白くて透明感のある肌」を、「くすんだ肌」にしてしまう行動です。また、筋トレのしすぎは体のふっくら感を減らしてしまう原因に。少しずつでも、マシュマロボディを目指せると良いですね。

睡眠・食事・入浴の見直しでマシュマロボディを手に入れて♡

丁寧な暮らしでマシュマロボディに(写真:iStock)
丁寧な暮らしでマシュマロボディに (写真:iStock)

 マシュマロボディを作りたいなら、まずは日々を丁寧に生きることが大切。肌のために良質な睡眠をよくとり、バランスのとれた栄養成分を摂取することで、体の中から透明感を感じる肌ができあがります。

 残念ながら、マシュマロボディは一晩で作ることはできません。でも、“美は1日してならず”と言われます。時間はかかるかもしれませんが、地道に続けていけば、いつか必ず結果が現れるはずですよ♡

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

ビューティー 新着一覧


BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
“スキンケア迷子”必見! 更年期のワガママ肌へのご自愛ブランド3選
 40代、50代と年齢を重ねるに従って、避けて通りにくいのが更年期のあれこれ。悲しいことにお肌の状態も、体調次第で左右さ...
鏡が恐怖!白髪染めの色落ちにゲンナリ、1日でも長持ちさせるセルフケア
 40代といえば、白髪が気になる年代。白髪は染めても数週間も経てばすぐに色落ちしてくるのでげんなりしますよね…。何回も繰...
「白Tシャツの捨て時わからない」問題ついに解決!黄ばみ&ヨレの改善法
 清潔感があり、いろいろなコーディネートに着回しができる白Tは、毎日の着こなしに重宝しますよね! でも、いつも迷ってしま...
これはバグですか?美STの付録価格がお得すぎ。6,200円→1,480円とな
『美ST』6月号 特別版の付録は「ラブミータッチ スキンバリアナノミルク」の現品と、話題の微弱電流マスク「GENiS イ...
Tバックを試したい!意外と知らない種類&男性からの好感度5つ星評価
 40代になったら一度は試してみたいTバック! Tバックは大人の女性の魅力を引き立てて、男性からの好感度をアップするだけ...
ザラのヘアスプレー、えっ不良品!?「ZARA HAIR」セクシー髪叶うのか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
生理前のめちゃ眠気はPMSが原因?【専門家監修】PMSの原因徹底解明
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代男性が“僭越ながら”大告白!アラフォー女性の3大「痛いメイク」
 メイクや髪型の変化にネイルなど、細かい部分は見ていないようで意外とチェックしているという男性たち。アラフォー女性に対し...
40代女性が嬉しかった褒め言葉 やっぱり「肌が綺麗」に勝るものなし?
 褒め上手な人は、人間関係もうまくいっている人が多いですよね。特に40代は子育てや仕事に忙しく、人と接する機会が増える世...
「運動したくないけど痩せたい!」は可能です。夢のようなダイエット術5選
 ダイエットといえば、「運動は不可欠」だと考えている人はたくさんいるはず。でも、中には運動が大の苦手という人もいますよね...
生理中、タンポンの経血モレは膣のゆるみを疑え?セルフチェック&膣トレ
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
入学式のママコーデ失敗談5つ 黒スーツ×黒ストッキングでまさかの赤っ恥
 今年も、たくさんの子供たちが入学式で新たな門出を迎えました。でも、華やかでおめでたい舞台の裏では、ママたちがどんな入学...
40女、ヒアルロン酸で若返る?12万円をほうれい線治療にブッ込んだら…
 40代の深いほうれい線を改善するために、美容クリニックを受診。カウンセリングで勧められたのは「ヒアルロン酸注入」でした...
その失敗、バレてます! 残念アイメイク&即席お直し術3選
 目元を彩るはずのアイメイクが、たまに「おや?」と思ってしまうような失敗メイクをしている方も…。 「このくらいなら...