男性に大人気♡マシュマロボディになる4つの習慣&NG習慣

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-03-17 06:00
投稿日:2021-03-17 06:00
 男性が大好きな体型といえば、「マシュマロボディ」でしょう。マシュマロのようにふわふわで、思い切り抱きしめたくなると、とにかく人気。でも、肌のくすみが気になる人は、一体どうやってマシュマロボディになれるの?と思いますよね。
 そこで今回は、数年後に大きな差がつく、マシュマロボディを作る4つの習慣と、NG習慣をご紹介します!

そもそもマシュマロボディってどんなボディ?

マシュマロみたいな女の子になりたい(写真:iStock)
マシュマロみたいな女の子になりたい (写真:iStock)

 マシュマロボディは、マシュマロを連想させるような体型のこと。具体的な例を挙げると……

・ 白く透明感のある肌
・ 痩せすぎず、ふっくら丸みを帯びたボディライン
・ 吸い付くような滑らか肌
・ メリハリのある体

 といった特徴があります。これは、確かに女子力高いですよね。また、マシュマロボディは男性だけでなく、女性が憧れるボディでもあります。ちなみに、芸能人では元AKB48の小嶋陽菜さんや、綾瀬はるかさんなどがマシュマロボディとして人気です。

マシュマロボディに対する男性の意見は?

やわらかそうな体にドキドキ(写真:iStock)
やわらかそうな体にドキドキ (写真:iStock)

 では、世間の男性はマシュマロボディに対して、どんなイメージを持っているのでしょうか? 男性たちの意見を調査してみると、次のような意見が多いようでした。

・ スレンダーなモデル体型もいいけど、ふっくらしたほうが魅力的
・ ふわふわの体だと安心感や包容力を感じる
・ 触りたくなる
・ 抱き心地が良さそう

 女性側の意見からすると、きゅっと引き締まった筋肉質で脂肪の少ないモデル体型に憧れる人が多いのですが、男性にはやわらかくふっくらした体のほうが人気が高いようです。

数年後に大きな差♡ マシュマロボディを作る4つの習慣

水分補給が大事(写真:iStock)
水分補給が大事 (写真:iStock)

 それでは、どうすればマシュマロボディを手に入れられるのでしょうか? 数年後に大きな差がつく「マシュマロボディを作る4つ習慣」をチェックしてみましょう!

1. 水をたくさん飲む&保湿も欠かさない

 ふわふわもっちりした肌に、乾燥は大敵。保湿が欠かせないのは言うまでもありません。人間が1日の代謝で失われる水分量は約2.5リットルと言われています。体内の水分が不足しないように、1日1.5リットルは水分を摂取したいところですね。

 また、肌表面の乾燥を防ぐために、こまめな保湿も欠かせません。お風呂上がりや乾燥を感じた時など、化粧水で水分を補給したら、しっかり乳液などの油分でフタをしてくださいね。

2. 質の良い睡眠&バランスの取れた食事

 吸い付くような柔肌になるためには、睡眠が大切です。睡眠中に分泌されるホルモンは肌のターンオーバーを促進したり、水分保持量を増やすなど、美肌のためには欠かせないもの。寝る2〜3時間前には食事を終わらせ、1時間前には部屋の明かりを落として、スマホやPCなどを見ないようにしましょう。

 また、栄養バランスのとれた食事から健康的な肌を作ることも大切。おすすめは、「10品目群チェックシート」です。これは、10種類の食品群を量に関係なく日に一度でも摂取したら◯をつけていくという方法で、7種類以上を目指すことで、食事バランスが良くなるそうですよ。

3. 毎日湯船に浸かる&リンパを流す

 毎日湯船に浸かると、血行が促進されて肌の老廃物の排出を促すことができます。また、肌ツヤや血色が良くなり、くすみやクマの改善にも効果が実感できるはずです。できれば日々のお風呂はシャワーで済ませず、湯船にじっくり浸かるようにしましょう。

 また、意外に見落としがちなのが、リンパの流れ。マシュマロボディとは反対の「血色が悪く透明感のない肌色」は、皮膚の下の老廃物も原因のひとつです。バスタイムに膝や肘、太ももの付け根などの大きな関節部分を優しく撫でて、リンパを流しましょう。

4. 朝は日焼け止め&夜はナイトブラを習慣に

 マシュマロボディの中でも、特に力を入れてケアしたいのがバスト。夜寝ている間はバストが潰れたり、重力によって脇や背中にバストの肉が流れてしまいがちです。ナイトブラをつけて、寝ている間のバスト流れを防ぎ、ふっくらした美しいマシュマロバストを作りましょう。

 また、白い肌をキープするには紫外線対策が欠かせません。雨の日も冬でも、季節に関係なく一年中日焼け止めを塗れば、数年後の肌に大きな差が出るはずです。

マシュマロボディを遠ざけるNG習慣

筋トレのし過ぎには要注意(写真:iStock)
筋トレのし過ぎには要注意 (写真:iStock)

 どんなに日頃、肌や体に良い習慣を心がけていても、マシュマロボディには真逆の効果を与える習慣を減らさなければ努力が台無しです。以下のような行動は、極力減らすように気をつけましょう!

・ たばこを吸う
・ ストレスのある生活
・ 運動から程遠い生活
・ 筋トレのしすぎ

 これらは、マシュマロボディに不可欠な「白くて透明感のある肌」を、「くすんだ肌」にしてしまう行動です。また、筋トレのしすぎは体のふっくら感を減らしてしまう原因に。少しずつでも、マシュマロボディを目指せると良いですね。

睡眠・食事・入浴の見直しでマシュマロボディを手に入れて♡

丁寧な暮らしでマシュマロボディに(写真:iStock)
丁寧な暮らしでマシュマロボディに (写真:iStock)

 マシュマロボディを作りたいなら、まずは日々を丁寧に生きることが大切。肌のために良質な睡眠をよくとり、バランスのとれた栄養成分を摂取することで、体の中から透明感を感じる肌ができあがります。

 残念ながら、マシュマロボディは一晩で作ることはできません。でも、“美は1日してならず”と言われます。時間はかかるかもしれませんが、地道に続けていけば、いつか必ず結果が現れるはずですよ♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


“スモーキーメイク”のやり方&アイシャドウの色選びのコツ♡
 トレンドに敏感な女性たちの間では、すっかりお馴染みの「スモーキーメイク」。「取り入れてみたいけど、やり方がわからない…...
“色気メイク”で彼の心を掴もう♡ポイント&パーツ別メイク法
 女性らしい魅力を引き出すことができる「色気メイク」は、大人の女性にとって、理想的なメイクと言えるかもしれません。そこで...
新垣結衣さんの“すっぴん美肌”を目指せるプチプラコスメ3選♡
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違っ...
毛穴レスな陶器肌に♡マットメイクのやり方のコツ&注意点
 光沢のないマットメイクは、ナチュラルなのに大人っぽい雰囲気が漂うメイク。でも、「やってみたいけどなんだか難しそう……」...
ゾンビに傷あと…簡単で可愛い♡ハロウィンメイク&アイテム
 今年も、ハロウィンの季節がやってきましたね♡ 今回は、ハロウィンパーティーに大活躍するハロウィンメイクのアイディアをご...
バズり靴下「ファミマソックス」に「am/pm」柄が新登場!2021.10.14(木)
 今年の夏、SNSでバズった“ファミマの靴下”。一部の店舗で、売り切れが続出しましたが、最近また見かけるようになりました...
ミストは乾燥するって本当?正しい使い方&3つの注意点♪
 ミストタイプの化粧水は、出先でも簡単に肌の水分補給ができる便利なアイテム。でも、使い方を間違えてしまうと乾燥の原因にな...
男性ウケ抜群のモテ顔に♡ デートメイクのコツ&NGメイクも
 デートの際、気合いが入ってついメイクが濃くなってしまう人もいるでしょう。しかし、男性は盛りすぎメイクよりも、ナチュラル...
マツエクはもう時代遅れ? 初期&最新のトレンドを徹底比較♪
 つけまつ毛をつけているようなパッチリした目元を叶えてくれる「マツエク」は、美容に敏感な女性たちの中ではすっかり定番のア...
実は美人が多い♡ “ゴリラ顔の特徴&似合う髪型を選ぶコツ
「可愛い」というより「ワイルド」なイメージが強いゴリラ顔。“ゴリラ顔”と聞くだけでネガティブなイメージが先行してしまいま...
壇蜜のような“ふわとろ色気ボディ”を狙うおすすめグッズ3選
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違っ...
雑誌の豪華付録で美容家電をゲット♡ 眉毛シェーバーが優秀♪
 雑誌の付録をチェックするのが、ひそかな楽しみになっている私です。発売直後の新アイテムが試せたり、美容家電が付録になって...
ベリーショートは男ウケが悪い? 意外な事実&似合う人の特徴
 ベリーショートが似合う女性って、魅力的に見えて素敵ですよね。でも、ベリーショートは「男ウケが悪い」というのが、多くの女...
顔の産毛が濃いのが気になる…すべすべ肌を目指す5つの方法
 女性にとって、顔の産毛は厄介なもの。顔の産毛が濃くなると肌のトーンダウンにも影響してしまいますし、人から指摘されること...
“地雷系メイク”の特徴♡ 病みかわいく仕上げる部分別ポイント
 女性にとって、メイクは個性を発揮する手段のひとつ。「今のメイクに飽きてきた」という人は、「地雷系メイク」にチャレンジし...
その“抜け感”ダサいよ…勘違いファッションに見えないコツ
 ファッション用語で頻繁に聞く「抜け感」というワード。わかっているようでわかっていない人も結構多いかもしれません。そして...