ナイトブラと育乳ブラの違いは?昼と夜の使い分けがベスト♡

コクハク編集部
更新日:2020-12-07 06:00
投稿日:2020-12-07 06:00
 おしゃれなインスタグラマー御用達として、最近頻繁に見かけるようになった「ナイトブラ」や「育乳ブラ」。でも、この2つのアイテムの違いって、非常に紛らわしいですよね。この記事では、ナイトブラと育乳ブラの本来の役割について振り返りながら、両者の違いを掘り下げてみたいと思います!

ナイトブラと育乳ブラの違いは?特徴をチェック

今のあなたに必要なブラは?(写真:iStock)
今のあなたに必要なブラは? (写真:iStock)

「ナイトブラ」も「育乳ブラ」も、下着メーカーの商品名に使われる言葉なので、実は厳密な定義はありません。全体的な商品の傾向として、ナイトブラは“就寝時の使用に特化したラフな着け心地”のアイテムが多く、育乳ブラは“日中のアクティブな動きに適している補正力が強い”アイテムが多い印象です。

ナイトブラはバストの形を保持するアイテム

 ナイトブラは夜眠る時にバストの形を保持し、形が崩れるのを防ぐ効果のある下着です。なぜ、就寝時にナイトブラを着けたほうが良いかというと、バストの乳腺組織と脂肪を支えている「クーパー靭帯」を守る必要があるから。

 実は、クーパー靭帯は、寝返りなど重力の影響でバストが動くことで、伸びたり切れたりしてしまいます。これがいわゆる、「垂れ乳」などの原因に……。さらに厄介なことに、一度傷んだクーパー靭帯は二度と再生しないため、形崩れを防ぐには就寝時や日常生活の中でバストに負荷をかけないことが大切なんです。

 ナイトブラは寝転がった体勢時、横方向に脂肪が流れないようにホールドし、クーパー靭帯が伸びるのを防ぐ働きを持っています。ただ、縦揺れの振動には対応していない商品もあるので、日中用としてはあまり向かないでしょう。

 ちなみに、似たデザインのブラとして「スポーツブラ」もありますが、こちらは筋トレなどスポーツ時の振動に特化したアイテムになります。

育乳ブラは昼間に動き回る時の補正下着

 育乳ブラとは、いわゆる「補正下着」。ワイヤーやフロントベルトにより、バストが一番綺麗に見えるラインで固定してくれるアイテムです。分類的には「盛りブラ」と同じカテゴリーの商品ですね。

 また、育乳ブラは垂直方向の振動をホールドしてくれる効果もあります。たとえば階段を登る時や、駅まで走る時のような、縦の振動でクーパー靭帯が伸びてしまわないように、バストの位置をキープしてくれます。

 しかし、実際は「ナイトブラ」と「育乳ブラ」の2つにハッキリ分類される訳ではなく、両者の中間的な役割を担う商品もあります。夜に使えるタイプの育乳ブラもその1つ。昼間の補正力はそのままに、仰向きや横向きに寝た時の姿勢に対応しています。

豊胸効果はない? ナイトブラの正しい効果と選び方

ナイトブラにはバストの形崩れを防ぐ効果が(写真:iStock)
ナイトブラにはバストの形崩れを防ぐ効果が (写真:iStock)

「ナイトブラや育乳ブラを着けると元のバストが大きくなり豊胸できる」と勘違いしている人は多いです。しかし、人間の脂肪は下着の補正によって移動することは無いため、基本的に豊胸効果はないようです。つまり、下着を外すと、自然に本来のバストの形に戻ってしまうということ。

 ナイトブラは“就寝時にバストの型崩れを防ぐ効果、育乳ブラは“補正によりバストを大きく見せる効果”のある商品なので、正しく理解した上で用いるようにしましょう。

 さて、まずはここまでをまとめましょう。ブラを選ぶ時は以下のポイントを押さえてください。

・寝る時にバストの形崩れを防ぎたい場合:仰向きに対応したナイトブラ
・昼間にバストアップして見せたい場合:補正力のある育乳ブラ
・夜のお泊まりデートの場合:おしゃれな育乳補正タイプのナイトブラ
・筋トレの時に使いたい場合:スポーツタイプのブラ
・バスト本来の大きさをUP(豊胸)したい場合:下着に頼るのではなく美容外科に相談

 自分の生活に応じて、一番適した形でアイテムを使っていきましょう♡

デート前にナイトブラを仕込んで美乳彼女に♡

自分にぴったりのブラを見つけて♪(写真:iStock)
自分にぴったりのブラを見つけて♪ (写真:iStock)

 この記事では、ナイトブラと育乳ブラの違いをじっくり掘り下げてみました。バストは女性にとってかけがえの無いボディパーツなので、用途に合った商品を選ぶことが大切です。

 彼とのデートの前に育乳タイプのナイトブラを仕込んでおけば、魅力が倍増されてロマンチックな時間を過ごせるかも♡ ぜひ、あなたも今日からバストをケアしてみませんか?

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...
流行りの「キレイ色」多すぎ…大人だから似合うおすすめは?
 暗めの色がしっくりくる秋冬が終わり、いよいよ春に向けてコーディネートも変えていきたい気分♡ でも、大人女子になると、た...