ナイトブラと育乳ブラの違いは?昼と夜の使い分けがベスト♡

コクハク編集部
更新日:2020-12-07 06:00
投稿日:2020-12-07 06:00
 おしゃれなインスタグラマー御用達として、最近頻繁に見かけるようになった「ナイトブラ」や「育乳ブラ」。でも、この2つのアイテムの違いって、非常に紛らわしいですよね。この記事では、ナイトブラと育乳ブラの本来の役割について振り返りながら、両者の違いを掘り下げてみたいと思います!

ナイトブラと育乳ブラの違いは?特徴をチェック

今のあなたに必要なブラは?(写真:iStock)
今のあなたに必要なブラは? (写真:iStock)

「ナイトブラ」も「育乳ブラ」も、下着メーカーの商品名に使われる言葉なので、実は厳密な定義はありません。全体的な商品の傾向として、ナイトブラは“就寝時の使用に特化したラフな着け心地”のアイテムが多く、育乳ブラは“日中のアクティブな動きに適している補正力が強い”アイテムが多い印象です。

ナイトブラはバストの形を保持するアイテム

 ナイトブラは夜眠る時にバストの形を保持し、形が崩れるのを防ぐ効果のある下着です。なぜ、就寝時にナイトブラを着けたほうが良いかというと、バストの乳腺組織と脂肪を支えている「クーパー靭帯」を守る必要があるから。

 実は、クーパー靭帯は、寝返りなど重力の影響でバストが動くことで、伸びたり切れたりしてしまいます。これがいわゆる、「垂れ乳」などの原因に……。さらに厄介なことに、一度傷んだクーパー靭帯は二度と再生しないため、形崩れを防ぐには就寝時や日常生活の中でバストに負荷をかけないことが大切なんです。

 ナイトブラは寝転がった体勢時、横方向に脂肪が流れないようにホールドし、クーパー靭帯が伸びるのを防ぐ働きを持っています。ただ、縦揺れの振動には対応していない商品もあるので、日中用としてはあまり向かないでしょう。

 ちなみに、似たデザインのブラとして「スポーツブラ」もありますが、こちらは筋トレなどスポーツ時の振動に特化したアイテムになります。

育乳ブラは昼間に動き回る時の補正下着

 育乳ブラとは、いわゆる「補正下着」。ワイヤーやフロントベルトにより、バストが一番綺麗に見えるラインで固定してくれるアイテムです。分類的には「盛りブラ」と同じカテゴリーの商品ですね。

 また、育乳ブラは垂直方向の振動をホールドしてくれる効果もあります。たとえば階段を登る時や、駅まで走る時のような、縦の振動でクーパー靭帯が伸びてしまわないように、バストの位置をキープしてくれます。

 しかし、実際は「ナイトブラ」と「育乳ブラ」の2つにハッキリ分類される訳ではなく、両者の中間的な役割を担う商品もあります。夜に使えるタイプの育乳ブラもその1つ。昼間の補正力はそのままに、仰向きや横向きに寝た時の姿勢に対応しています。

豊胸効果はない? ナイトブラの正しい効果と選び方

ナイトブラにはバストの形崩れを防ぐ効果が(写真:iStock)
ナイトブラにはバストの形崩れを防ぐ効果が (写真:iStock)

「ナイトブラや育乳ブラを着けると元のバストが大きくなり豊胸できる」と勘違いしている人は多いです。しかし、人間の脂肪は下着の補正によって移動することは無いため、基本的に豊胸効果はないようです。つまり、下着を外すと、自然に本来のバストの形に戻ってしまうということ。

 ナイトブラは“就寝時にバストの型崩れを防ぐ効果、育乳ブラは“補正によりバストを大きく見せる効果”のある商品なので、正しく理解した上で用いるようにしましょう。

 さて、まずはここまでをまとめましょう。ブラを選ぶ時は以下のポイントを押さえてください。

・寝る時にバストの形崩れを防ぎたい場合:仰向きに対応したナイトブラ
・昼間にバストアップして見せたい場合:補正力のある育乳ブラ
・夜のお泊まりデートの場合:おしゃれな育乳補正タイプのナイトブラ
・筋トレの時に使いたい場合:スポーツタイプのブラ
・バスト本来の大きさをUP(豊胸)したい場合:下着に頼るのではなく美容外科に相談

 自分の生活に応じて、一番適した形でアイテムを使っていきましょう♡

デート前にナイトブラを仕込んで美乳彼女に♡

自分にぴったりのブラを見つけて♪(写真:iStock)
自分にぴったりのブラを見つけて♪ (写真:iStock)

 この記事では、ナイトブラと育乳ブラの違いをじっくり掘り下げてみました。バストは女性にとってかけがえの無いボディパーツなので、用途に合った商品を選ぶことが大切です。

 彼とのデートの前に育乳タイプのナイトブラを仕込んでおけば、魅力が倍増されてロマンチックな時間を過ごせるかも♡ ぜひ、あなたも今日からバストをケアしてみませんか?

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

ビューティー 新着一覧


鏡が恐怖!白髪染めの色落ちにゲンナリ、1日でも長持ちさせるセルフケア
 40代といえば、白髪が気になる年代。白髪は染めても数週間も経てばすぐに色落ちしてくるのでげんなりしますよね…。何回も繰...
「白Tシャツの捨て時わからない」問題ついに解決!黄ばみ&ヨレの改善法
 清潔感があり、いろいろなコーディネートに着回しができる白Tは、毎日の着こなしに重宝しますよね! でも、いつも迷ってしま...
これはバグですか?美STの付録価格がお得すぎ。6,200円→1,480円とな
『美ST』6月号 特別版の付録は「ラブミータッチ スキンバリアナノミルク」の現品と、話題の微弱電流マスク「GENiS イ...
Tバックを試したい!意外と知らない種類&男性からの好感度5つ星評価
 40代になったら一度は試してみたいTバック! Tバックは大人の女性の魅力を引き立てて、男性からの好感度をアップするだけ...
ザラのヘアスプレー、えっ不良品!?「ZARA HAIR」セクシー髪叶うのか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
生理前のめちゃ眠気はPMSが原因?【専門家監修】PMSの原因徹底解明
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代男性が“僭越ながら”大告白!アラフォー女性の3大「痛いメイク」
 メイクや髪型の変化にネイルなど、細かい部分は見ていないようで意外とチェックしているという男性たち。アラフォー女性に対し...
40代女性が嬉しかった褒め言葉 やっぱり「肌が綺麗」に勝るものなし?
 褒め上手な人は、人間関係もうまくいっている人が多いですよね。特に40代は子育てや仕事に忙しく、人と接する機会が増える世...
「運動したくないけど痩せたい!」は可能です。夢のようなダイエット術5選
 ダイエットといえば、「運動は不可欠」だと考えている人はたくさんいるはず。でも、中には運動が大の苦手という人もいますよね...
生理中、タンポンの経血モレは膣のゆるみを疑え?セルフチェック&膣トレ
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
入学式のママコーデ失敗談5つ 黒スーツ×黒ストッキングでまさかの赤っ恥
 今年も、たくさんの子供たちが入学式で新たな門出を迎えました。でも、華やかでおめでたい舞台の裏では、ママたちがどんな入学...
40女、ヒアルロン酸で若返る?12万円をほうれい線治療にブッ込んだら…
 40代の深いほうれい線を改善するために、美容クリニックを受診。カウンセリングで勧められたのは「ヒアルロン酸注入」でした...
その失敗、バレてます! 残念アイメイク&即席お直し術3選
 目元を彩るはずのアイメイクが、たまに「おや?」と思ってしまうような失敗メイクをしている方も…。 「このくらいなら...
生理じゃないのに乳房痛い…乳がんの可能性は?【専門家監修】原因と対処
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
肉と納豆とキムチ常備! 空腹よりめんどいが勝つズボラダイエットの極意
「毎日の運動もストレッチもめんどくさい! ズボラでダイエットが続かない」と悩んでいる女性、必見! 今回は、ズボラさんだか...
40女、深いほうれい線とおさらば希望! 東大卒含む美容医療3軒はしご
 加齢が気になる40代、ほうれい線を改善するために美容クリニックの門を叩きました。人生初の美容医療、ヒアルロン酸を注入す...