欲望のままにスイカを食べつくしてみた 2021.8.18(水)

コクハク編集部
更新日:2021-08-18 06:00
投稿日:2021-08-18 06:00

無人販売所で運命の出会い

ラスト1でした。お隣にはナスがいます(C)コクハク
ラスト1でした。お隣にはナスがいます (C)コクハク

 いつものようにランニング中に立ち寄った無人販売所で、見つけちゃいましたよ。夏の風物詩のスイカ!

 自粛、自粛で夏らしいことが何一つできない私に、神が授けてくれたプレゼントに違いない。しかも100円です。即行お買い上げしました。

 袋を持っていなかったので、小脇に抱えて家まで走って帰りました。ぱっと見スイカ泥棒ですね。職質待ったなし。

スイカLOVE♡

ビールも冷えてるよ(C)コクハク
ビールも冷えてるよ (C)コクハク

 何を隠そう、果物の中では一番スイカが好きなんです。

 もう、毎日食べたい。一年通じて毎日食べたい。「私の血はスイカで出来てるの」とか言いたい。

 すぐに食べたい気持ちをぐっとこらえて、冷蔵庫で一晩冷やします。「スイカが冷えている」というだけで、冷蔵庫がパワースポットのように思えてきます。なんか元気が出る。頑張ろうって思える。

夢の「丸ごと食い」にチャレンジ

ちょっと、いびつだけど気にしない(C)コクハク
ちょっと、いびつだけど気にしない (C)コクハク

 今回購入したスイカは、直径14センチほどの小ぶりサイズ。

 なので、思い切って夢だった「スイカ丸ごと食い」しちゃいます。

そんな顔してもあげないよ(C)コクハク
そんな顔してもあげないよ (C)コクハク

「夜トイレ行きたくなるからスイカは一切れしか食べちゃダメ」

 そんな大人たちの言葉を恨めしく聞いていた子ども頃の私よ。夢は諦めなければ叶うのですよ。いやっほぅ! スイカを独り占めだぜ!!

 浮かれた私に、愛猫もん様も不審顔です。

スイカに塩は欠かせない

ペンギンがかわいい我が家の塩(C)コクハク
ペンギンがかわいい我が家の塩 (C)コクハク

 スイカに塩を振りかける派ですか?

 私は俄然、振りかける派です。しょっぱさが甘さをより引き立てて、うーん美味。

 この現象「味の対比効果」というちゃんとした名前があるそうです。なるほどー。

欲望は止むことなく

アイスクリームディッシャーは100均で売ってました(C)コクハク
アイスクリームディッシャーは100均で売ってました (C)コクハク

 なぜど真ん中から食べてるかというと……。

 実はこっそり、こんなものを用意してたりして。

急げ急げ!(C)コクハク
急げ急げ! (C)コクハク

 これを、

ドキドキ…(C)コクハク
ドキドキ… (C)コクハク

 こうして、

アイスちょっと足りなかったな(C)コクハク
アイスちょっと足りなかったな (C)コクハク

 ドーン!!

 スイカ&アイスの夢の競演です。これこれ、これがやりたかったの!

 赤と白のコントラストが素敵……。

 スイカの爽やかな甘さと、ハーゲンダッツバニラの濃厚な甘さがたまりません。炭酸水とストローを買ってスイカソーダにしてもよかったかも。

ごちそうさまでした!

ギリギリまで食べるタイプです(C)コクハク
ギリギリまで食べるタイプです (C)コクハク

 完食! おいしゅうございました。

 小ぶりサイズとはいえ結構食べ応えがありました。まあ、アイスも追加したしね。

 なんだか、ほんのり達成感。

 この日は東京でも35度を超える猛暑日。溶けていくアイスに焦ってガツガツ食べてしまったことが悔やまれます。

 もっとゆっくり食べたかったけども、これも夏の醍醐味ってことで。

スイカの皮だって食べちゃいます

きれいな緑色(C)コクハク
きれいな緑色 (C)コクハク

 食べ終わったスイカの皮をぬか漬けにしてみました。

 こちらもおいしい。キュウリっぽいんだけど、ほんのりスイカの風味が残っています。

 ほのかな甘さがぬかの塩気と相まってビールにピッタリでした。幸せ!

(編集K)

関連キーワード

フード 新着一覧


ふんわりホットケーキの作り方  2021.9.19(日)
 毎回なんとなーく焼いてしまっているホットケーキ。ふと、メーカーの最新レシピを読んでみると、いつもの焼き方がすでに古くな...
子供にも人気「牛肉の甘辛煮」弱火で30分煮込んでトロトロに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
辛さ再び! ペヤング「獄激辛麻婆」を実食 2021.9.17(金)
 まるか食品さんがまたやってくれました。今回の「極激辛シリーズ」は「麻婆やきそば」です。9月に入ってなんだか急に肌寒くな...
「ガーリックライス」最後に特性ソースでジュジュジューッと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「チキングリル」面倒でも料理酒か白ワインで蒸すのが大事!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
サシがとろり「リブステーキ」 焼く前に常温で20〜30分置く
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
ひき肉だけで作る「つなぎなしハンバーグ」 ソースが絶妙!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「柴漬けアーリオ・オーリオ」ワインに合う人気賄いメニュー
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
自家製「鶏ハム」超簡単なのにしっとり&うま味じんわり!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「タコとオクラのマリネ」イタリア魚醤で味の輪郭くっきり
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「きゅうりのバルサミコ酢マリネ」うま味と歯ごたえが絶品!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「ピーマンとツナのサラダ」ピーマンのしんなり加減はお好みで
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「イチジクのコンポート」コツはイチジクの赤さを残すこと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...
「あん肝の奈良漬け添え」まるでムース…奈良漬と相性抜群!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...
うま味が濃厚!「煮帆立」帆立てとはまぐりのマリアージュ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...
江戸前寿司の象徴「煮はまぐり」 余熱でふんわり軟らかく
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...