その“抜け感”ダサいよ…勘違いファッションに見えないコツ

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-09-30 06:00
投稿日:2021-09-30 06:00
 ファッション用語で頻繁に聞く「抜け感」というワード。わかっているようでわかっていない人も結構多いかもしれません。そして中には「抜け感」を勘違いして、ダサいファッションになってしまっている人も……。そこで今回は、ダサいファッションと思われない抜け感のポイントをご紹介していきます!

ダサいファッションを回避したい!「抜け感」の意味って?

抜け感って難しいよね(写真:iStock)
抜け感って難しいよね (写真:iStock)

「抜け感」という言葉を勘違いしてダサいファッションをしないためにも、しっかりと正しい言葉の意味をおさらいしておきましょう!

「抜け感」とは?

 そもそも「抜け感」とは、“決めすぎずに程よく力の抜けた感じ”のことです。ファッションなら、程良く着崩したり、適度に肌を見せて隙を見せたりする方法がありますね。

 ほかにも、ヘアスタイルなら、おくれ毛を出して無造作な感じを出す、メイクなら、力を入れるパーツと一緒にどこかに力を抜いたナチュラル感を出すことで、抜け感の雰囲気を出すことができます。

似たような言葉の「こなれ感」とは?

 抜け感と似ている用語として「こなれ感」があります。よく「抜け感」と間違われがちですが、「こなれ感」とは“センスよく着こなして、おしゃれを自分のものにしている”ことをいい、抜け感とは根本的に意味が違うのです。

ダサいファッションになってる…勘違い抜け感コーデ

何か違う…(写真:iStock)
何か違う… (写真:iStock)

 まずは、多くの人が陥りがちな「勘違い抜け感」を取り入れてしまったダサいファッションからチェックしておきましょう。

ルーズに着崩しすぎた「だらしないコーデ」

 多く見られるのが、着崩して抜け感を出そうと頑張りすぎるあまりに、だらしないコーデになってしまっている人。

 たとえば、着崩しすぎてブラ紐が見えている、オーバーサイズ過ぎてメリハリがないなど……。これでは、ただだらしなく見え、着こなしに無頓着な人になってしまいますね。

肌見せをしすぎた「小学生コーデ」

 肌を見せることでも抜け感は出せますが、下手すると小学生のように見えてしまいます。たとえば、ジーンズのロールアップをふくらはぎまで上げすぎてやんちゃな子供のように見えてしまったり、大胆なノースリーブで肌見せしたら部活中のタンクトップの少年に見えてしまうなど……。抜け感ファッションには「さりげなさ」が大切なのです。

ダサいファッションは卒業♡ 上手な抜け感ファッションの3つのコツ

シルクのシャツで隙を作る(写真:iStock)
シルクのシャツで隙を作る (写真:iStock)

 失敗しがちな抜け感ファッションがわかったところで、続いてはおしゃれな着こなしをするためのポイントをチェックしていきましょう!

1. 「とろみ素材シャツ」で隙を作る

 簡単に抜け感を出せるのが「とろみ素材」のアイテムです。とろみ素材とは、滑らかで、てろんとした質感の布のこと。かっちりしたデザインのシャツでも、とろみ素材なら程よく肌に密着しながらラフな感じが出るので、簡単に“隙”を演出できるのです。

2. さりげなく肌見せするなら「透ける素材」を活用して

 肌見せすることで抜け感を出したい人も、着崩すとなるとハードルが一気に上がってしまいますよね。そんな時には、透ける素材がおすすめ! チュール素材などを取り入れることで、かっちりキメすぎずに軽い印象を与えることができます。

3. 「オーバーサイズで着崩す」ならどこかを締めて

 ラインを崩すことで抜け感を出したいなら、オーバーサイズトップスを取り入れるのもおすすめです。ただし、オーバーサイズトップスにダボっとしたボトムスを合わせてしまうと、全体に野暮ったくなってしまうため、ボトムスは締まったラインにする、差し色で引き締めるなど工夫すると良いでしょう。

ダサいファッションが嫌なら「さりげない」抜け感を意識して

抜け感おしゃれを楽しんで(写真:iStock)
抜け感おしゃれを楽しんで (写真:iStock)

 抜け感を上手に使いこなすには、「おしゃれでありながら力が抜けている」「すごくセンスがいいのにどこか隙がある」という感覚を掴むことが大切!

 そのためには「さりげなく」着崩したり、肌見せをするのがポイントです。ぜひ、この記事を参考に、ダサいファッションから抜け出してくださいね!

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

ビューティー 新着一覧


キャンメイクのアイライナーに盲点…苦手な40女が目元に引くとこうなる
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
【直撃】「死んだ方がマシ」がん患者の拒否で悲痛の決意! 東大医師が女性器形成に力を注ぐワケ
 名器整形など、下半身に特化した医院「ヴェアリークリニック」。前編では実際に受けた有名人のお話しや、手術の種類などについ...
【直撃】三上悠亜や有名女優を名器に!密かなブーム「下半身整形」気になるあれこれを人気医師に聞いた
 有名人のお顔や体の整形公表は今や珍しくはありませんが、いまだ公表を憚られるパーツ、それがデリケートゾーンではないでしょ...
「地味な顔だから似合う服」足して引いてパッと華やぐコーディネート術
 地味な顔立ちの人は自信を持てなかったり、自分の良さを上手に表現し切れなかったりすることがあります。でも実は、地味な顔に...
40代女性は口ヒゲ注意!? 案外見られている口周りのムダ毛処理法&注意点
 40代女性は仕事や家事、育児などに忙しい年代です。とはいえ、自分に使う時間が少なくても「最低限、ムダ毛処理くらいはちゃ...
化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...
小ジワもたるみも無問題!美容家ベタ惚れ“高発色”プチプラアイカラー3選
 40代、50代…と年齢を重ねるにつれ「アイシャドウの色がのらない…」と感じてはいませんか?  悲しいけれど大人世...
40代痩せたいなら背中を鍛える!見落としがちな「美スタイル」習慣3つ
 ダイエットをする際、お腹や足への成果を求めがちですが、ちょっと待って。40代で痩せたいと思うなら、見落としがちな「背中...
VIO脱毛のきっかけとメリット もじゃもじゃの自己処理から卒業したい!
 VIO脱毛は、ほかの部位と比べてハードルが高いと感じますよね。実際にVIOの脱毛をしてみたいけれど、なかなか勇気が出な...
湿気で髪が制御不能! 梅雨入り前に対策したい3つのこと&応急処置
 梅雨の季節の悩み事といえば、髪の毛のうねりや広がりですよね…。特に、癖っ毛や天然パーマ、猫っ毛の人は激しく共感している...
ファンデ不要?「プリマヴィスタの下地」だけ。40代10時間耐久の結果は
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
毛穴の黒ずみを抹殺したくてVOCEの付録にダイブ!高額美容液がめちゃ得
 毛穴が気になっていたので、VOCE7月号 通常版「毛穴ケア決定版BOX」の付録に飛びつきました! いろいろな種類のアイ...
雨の日のアホ毛どう封印? バックに忍ばせたいスティックと“最後”の対策
 梅雨の季節ですね…。湿気で髪の毛がうまくまとまらない日々が続くので、女性にとっては憂鬱なことこの上なし。特に、アホ毛に...
品薄なヴァセリンパック。試しにバームを直塗りしたら“ギョッ”な事態に…
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...