毛穴レスな陶器肌に♡マットメイクのやり方のコツ&注意点

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-10-18 06:00
投稿日:2021-10-18 06:00
 光沢のないマットメイクは、ナチュラルなのに大人っぽい雰囲気が漂うメイク。でも、「やってみたいけどなんだか難しそう……」と、チャレンジを躊躇している人も多いそう。そこで今回は、マットメイクのやり方のコツと注意点をご紹介します!

【マットメイクのやり方】5つのコツを抑えよう!

秋はマットメイクに挑戦!(写真:iStock)
秋はマットメイクに挑戦! (写真:iStock)

 大人っぽい雰囲気を醸し出せるマットメイクですが、コツさえ掴めば誰でもキレイに仕上げることができるんですよ。まずはじめに、各パーツ別にマットメイクのやり方のコツを見ていきましょう!

1. ベースメイクのコツは肌悩みをカバーしておくこと

 マットメイクをキレイに仕上げるためには、ファンデーションを塗る前に「クマ・シミ・くすみ・毛穴の開き」などの肌悩みをしっかりカバーしておくことが大事なポイント。

 化粧下地を塗ったあとにコントロールカラーやコンシーラーで肌悩みをカバーしておけば、ファンデーションも薄塗りでキレイに仕上がりますよ。

2. ファンデーションはマットタイプを選んで

 マットな肌に仕上げるためには、パールやラメの入っていないマットタイプのファンデーションを選ぶ必要があります。

 マットタイプのファンデーションであれば、リキッドでもパウダーでも問題ありませんが、どちらも厚塗り感が出やすいので塗る際には注意が必要。スポンジを使って、ポンポンと軽く叩きこむように塗っていきましょう。

3. アイシャドウはメリハリのあるグラデーションを意識

 マットメイクでのアイシャドウは、まぶたのタイプを塗り方を変えるとそれぞれの良さが際立ちます。一重まぶたの人は単色カラーを、二重まぶたの人はメリハリのあるグラデーションを意識するとキレイに仕上がりますよ。

3. チークはナチュラルなカラーを

 チークは、できるだけナチュラルなカラーを選ぶようにしましょう。何色か混ぜて使えるパレットタイプのチークは、自分にピッタリの色に調節できるのでおすすめ。

 濃くなりすぎないように、全体を見ながら濃さを調節してください。

4. リップ&グロスでマット感を調節して

 マットメイクの仕上げは、リップ&グロス。濃いめカラーでマットに仕上げるのいいのですが、全体をマットに仕上げてしまうと顔の印象が強くなってしまうこともあるので、仕上がりを想像しながらマット感を調節しましょう。

 ピンク系の薄いカラーを選ぶと、ふんわりした優しい印象に。また、唇にグロスでツヤ感をプラスすると、立体感が出るのでおすすめですよ。

マットメイクをキレイに仕上げるための3つの注意点

保湿はしっかりと(写真:iStock)
保湿はしっかりと (写真:iStock)

 続いては、マットメイクをする際の3つの注意点をチェックしていきましょう!

1. 乾燥肌の人は保湿ケアを念入りに行う

 マットメイクに使用されるアイテムは、マットに仕上げるために油分が少なめに作られています。そのため、乾燥肌の人には不向きだと言われることも。

 しかし、メイク前の保湿ケアを念入りに行っていれば心配はいりません。乾燥が気になる人は、保湿ケアを見直してみましょう。

2. ファンデーションが厚塗りにならないようにする

 毛穴レスな陶器肌に憧れる気持ちはわかりますが、ファンデーションを塗りすぎてしまうと、マットメイクどころか単なる厚化粧に……。

 冒頭でもご紹介した通り、肌悩みはベースでしっかりカバーして、ファンデーションはできるだけ薄塗りにするようにしましょう。

3. ポイントメイクは発色をチェックしながら塗る

 マットタイプのポイントメイクは、パールやラメが入ったものよりも発色が良いので、注意しないと不自然になってしまいます。

 塗る際には、明るい場所で発色を確認しながら塗りましょう。

マットメイクをマスターして毛穴レスな陶器肌を目指そう♡

コツをマスターして「陶器肌」に(写真:iStock)
コツをマスターして「陶器肌」に (写真:iStock)

「難しそう」「失敗しそう」といった印象が強いマットメイクですが、コツさえ掴めば誰でも簡単に取り入れることができるメイクなんです! 今回ご紹介したマットメイクのコツをしっかりマスターして、毛穴レスな陶器肌を目指してみてくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


美肌を育てる!40代にぴったりな「ミニマルメイク」のすすめ
 40代を超えると、必要な物だけを厳選してシンプルに暮らしているミニマリストに憧れますよね! とはいえ、実際には生活の中...
美容院に行く前に読んで!夏のヘアカラーを長持ちさせるコツ
 夏場は髪色を明るく軽い色に変えたくなる人、実際に変えた人は多いのではないでしょうか。でも、そこで出てくる悩みが「ヘアカ...
コントロールカラーってなんぞ?メリット&選び方をおさらい
「コントロールカラーというアイテムは知っているけど、どうやって選んだらいいのかよくわからない……」と、購入を躊躇している...
【生理の腰痛】丸腰じゃ戦えない!自宅でできる腰痛の解決策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
日焼け止めの落とし方をおさらい 体もクレンジングするの?
 紫外線の強い季節に欠かせない日焼け止め。一日に何回も塗り直すわりには、クレンジングを適当にしてしまっている人も多いよう...
姑チェックは厳しいぞ! 帰省ネイルの注意点&好感度UPテク
 年末年始や夏休みになると、夫の実家に帰省する人も多いですよね。ここで意外と見落としがちなのが「帰省ネイル」。デザインに...
気を付けて! 令和版・ヤリモク男“ホイホイメイク”3つの特徴
「ヤリモク」とはその言葉の通り、最終的に“やる”のが目的の男の人のこと……。ちゃらちゃらした男をよく引き寄せてしまうとい...
拷問動画多すぎ!深夜の飯テロ対策5選、ドカ食いを回避せよ
 深夜に飯テロ番組や食欲をそそるようなSNSを見てしまい、空腹に悩まされた経験がある人は多いでしょう。ダイエット中の人に...
旅行で活躍の予感!雑誌の付録で「トラベルセット」まで完成
 雑誌の付録で、旅行セットが作れました♪  化粧水・乳液のセットはたっぷり使えるサイズで何泊でも使えそう。ヘアオイルと...
立派な二の腕をカバーする! 細見えノースリーブ着こなし5選
 夏の着こなしの定番アイテムといえば、涼しげに見えるノースリーブですよね。でも中には、「太い二の腕が気になるから、ノース...
ニオってる?夏の汗・皮脂が臭う原因と対策【部位別に解説】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
美容マニアも愛用!「炭酸パック」の魅力&使い方5ステップ
 女性はいくつになっても綺麗な肌に憧れるものですよね。年齢とともにすっぴんに自信を持てなくなる人は多いですが、でも、年齢...
自信過剰なの?すっぴん派が明かす「私がメイクしない理由」
 大人世代に突入して、若いころとは違って「メイクしないと出掛けられない」と感じ始めた女性が多いはず。  だからこそ、メ...
甘辛コーデは時代遅れ? おしゃれ女性が知ってるやり方はコレ
 キュートとクールを両立した甘辛コーデ。「何歳になってもかわいい服を楽しみたい」という女性にとって関心の高いスタイルでは...
ほんのり&抜け感で男ウケ抜群! あざといアイメイクの方法
 一見、男ウケを狙っていない感じなのに、しっかり可愛い「あざとい女性」たち。男性からすると、がっつりメイクで“ウケを狙っ...
美胸の秘訣を伝授!女が輝ける「美しいおっぱい」の3大要素
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...