せっかくのメイクがパンダ目に…5つの原因&直し方の手順♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-10-31 06:00
投稿日:2021-10-31 06:00
 朝、完璧にメイクしたつもりだったのに、鏡を見たら目の下が真っ黒のパンダ目になっていた……という経験がある人は多いでしょう。そこで今回は、パンダ目になってしまうの原因や、簡単な直し方の手順をご紹介します!

アイメイクがパンダ目になってしまうのはなぜ? 5つの原因

大惨事!(写真:iStock)
大惨事! (写真:iStock)

 まずはじめに、完璧だったアイメイクが残念なパンダ目になってしまう5つの原因から見ていきましょう!

1. 汗や涙などの水分

 アイメイクがパンダ目になる一番の原因が、汗や涙などの水分です。汗をかきやすい夏場は、パンダ目が特に気になる季節でしょう。

 また、涙が出やすい人やアレルギーやコンタクトなどで頻繫に目薬をさす人も、パンダ目になりやすいです。

2. 皮脂やコスメの油分

 スキンケアで使用する乳液やクリーム、メイクで使用するファンデーションなどのコスメ類には、すべて油分が含まれています。

 目の周りに皮脂やコスメの油分が残ったままだとアイメイクが崩れやすく、パンダ目の原因に。アイメイクをする際には、目元の皮脂や油分に注意が必要です。

3. もともとの目の形

 もともとの目の形とアイメイクの仕方が合っていないことも、パンダ目の原因でしょう。

 一重まぶたの場合は、アイラインやマスカラがまぶたにかかってしまうことでメイクが落ちやすくなってしまいます。

 また、奥二重の場合はまぶたが重なる目頭の部分が滲みやすく、二重の場合は上まぶたの二重部分のメイクが崩れやすいため、それぞれの対策が必要です。

4. 滲みやすいコスメを選んでいる

 滲みやすいコスメも、パンダ目の原因のひとつ。たとえば、リキッドよりもペンシルのアイライナー、パウダーよりもクリームのアイシャドウのほうが滲みやすいそうですよ。

 ただでさえ、アイメイクはメイク崩れが起こりやすい場所。コスメを選ぶ時には、滲みやすいかどうかをチェックすることが肝心です。

5. インラインを入れている

 目元をハッキリ見せるために定番のインラインですが、このインラインがパンダ目の原因になってしまうこともあるようです。

 インラインは通常、まつげとまつげの間を埋めるように描いていくのですが、アイラインが目の粘膜の部分にはみ出してしまうと、どうしても滲みやすくなってしまいます。

パンダ目をキレイに直したい人必見♡ 直し方の3つのSTEP

 もしもパンダ目になってしまったとしても、キレイに直す方法を知っていれば安心ですよね! 次の、3つのSTEPを試してみてくださいね。

【STEP1】 滲んだメイクを綿棒でキレイに拭き取る

綿棒でキレイに拭き取って(写真:iStock)
綿棒でキレイに拭き取って (写真:iStock)

 パンダ目になってしまった際、滲んだ部分を指で取ろうとすると黒い部分が広がり、かえってメイクが崩れてしまうことも。

 そのため、まずは、滲んでしまったメイクを綿棒でキレイに拭き取りましょう。綿棒の先に乳液やクリームをつけると、キレイに拭き取れるのでおすすめです。最後にティッシュで油分をしっかり拭き取ります。

【STEP2】崩れてしまった部分のメイクを直す

 次に、崩れてしまった部分のメイクを直していきます。まずはじめに、アイラインから直していきましょう。

 続いて、アイシャドウ、マスカラの手順でメイクを直していきます。このときも、目の際に油分が残っていないか、しっかりチェックしてくださいね。

【STEP3】フェイスパウダーで仕上げをする

パウダーで仕上げ(写真:iStock)
パウダーで仕上げ (写真:iStock)

 最後に、フェイスパウダーで仕上げをしていきます。メイク直しした目元を中心に、顔全体に馴染ませていきましょう。

 出先でフェイスパウダーがない場合は、パウダーファンデーションでもOK。ムラにならないように、顔全体に均一につけていきましょう。

パンダ目の直し方をマスターして1日中キレイな目元に♡

パンダ目知らず♡(写真:iStock)
パンダ目知らず♡ (写真:iStock)

 パンダ目の原因をしっかり理解していれば、朝のメイクの段階で予防することも可能ですね。また、もしもパンダ目になってしまっても、正しい直し方を知っていれば、出先でもキレイにメイク直しができるはずです。

 パンダ目の直し方をしっかりマスターして、1日中キレイな目元をキープしましょう♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


美肌を育てる!40代にぴったりな「ミニマルメイク」のすすめ
 40代を超えると、必要な物だけを厳選してシンプルに暮らしているミニマリストに憧れますよね! とはいえ、実際には生活の中...
美容院に行く前に読んで!夏のヘアカラーを長持ちさせるコツ
 夏場は髪色を明るく軽い色に変えたくなる人、実際に変えた人は多いのではないでしょうか。でも、そこで出てくる悩みが「ヘアカ...
コントロールカラーってなんぞ?メリット&選び方をおさらい
「コントロールカラーというアイテムは知っているけど、どうやって選んだらいいのかよくわからない……」と、購入を躊躇している...
【生理の腰痛】丸腰じゃ戦えない!自宅でできる腰痛の解決策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
日焼け止めの落とし方をおさらい 体もクレンジングするの?
 紫外線の強い季節に欠かせない日焼け止め。一日に何回も塗り直すわりには、クレンジングを適当にしてしまっている人も多いよう...
姑チェックは厳しいぞ! 帰省ネイルの注意点&好感度UPテク
 年末年始や夏休みになると、夫の実家に帰省する人も多いですよね。ここで意外と見落としがちなのが「帰省ネイル」。デザインに...
気を付けて! 令和版・ヤリモク男“ホイホイメイク”3つの特徴
「ヤリモク」とはその言葉の通り、最終的に“やる”のが目的の男の人のこと……。ちゃらちゃらした男をよく引き寄せてしまうとい...
拷問動画多すぎ!深夜の飯テロ対策5選、ドカ食いを回避せよ
 深夜に飯テロ番組や食欲をそそるようなSNSを見てしまい、空腹に悩まされた経験がある人は多いでしょう。ダイエット中の人に...
旅行で活躍の予感!雑誌の付録で「トラベルセット」まで完成
 雑誌の付録で、旅行セットが作れました♪  化粧水・乳液のセットはたっぷり使えるサイズで何泊でも使えそう。ヘアオイルと...
立派な二の腕をカバーする! 細見えノースリーブ着こなし5選
 夏の着こなしの定番アイテムといえば、涼しげに見えるノースリーブですよね。でも中には、「太い二の腕が気になるから、ノース...
ニオってる?夏の汗・皮脂が臭う原因と対策【部位別に解説】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
美容マニアも愛用!「炭酸パック」の魅力&使い方5ステップ
 女性はいくつになっても綺麗な肌に憧れるものですよね。年齢とともにすっぴんに自信を持てなくなる人は多いですが、でも、年齢...
自信過剰なの?すっぴん派が明かす「私がメイクしない理由」
 大人世代に突入して、若いころとは違って「メイクしないと出掛けられない」と感じ始めた女性が多いはず。  だからこそ、メ...
甘辛コーデは時代遅れ? おしゃれ女性が知ってるやり方はコレ
 キュートとクールを両立した甘辛コーデ。「何歳になってもかわいい服を楽しみたい」という女性にとって関心の高いスタイルでは...
ほんのり&抜け感で男ウケ抜群! あざといアイメイクの方法
 一見、男ウケを狙っていない感じなのに、しっかり可愛い「あざとい女性」たち。男性からすると、がっつりメイクで“ウケを狙っ...
美胸の秘訣を伝授!女が輝ける「美しいおっぱい」の3大要素
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...