スチーマーで美肌を目指そう♡ 効果的な使い方&注意点

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-10-28 06:00
投稿日:2021-10-28 06:00
 コロナ禍で、おうち美容が見直されている今、美容家電の売れ行きが高まっているようです。中でも、美肌作りにぜひ手に入れたいのが「スチーマー」。肌に良い効果が期待できるので、活用しない手はありません! そこで今回は、スチーマーの効果的な使い方や使う時の注意点をご紹介します!

スチーマーが美肌作りに効果的な2つの理由

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 まずは、スチーマーが美肌作りに効果的である理由からチェックしてみましょう!

1. 蒸気のパワーで血行が促進されるから

 スチーマーは、暖かい蒸気の効果で顔全体に血行促進効果を与えてくれるアイテムです。血液の流れに乗って栄養が肌全体に行き渡るので、若々しい肌作りにも一役買ってくれるでしょう。また、血行が良くなることで、くすみなどの肌トラブルを解消させる効果にも期待できますね。

2. 毛穴の奥まで汚れ除去&化粧水が浸透するから

 スチーマーの蒸気を肌に当てると、毛穴が開きます。この状態でスキンケアをすれば、肌の奥の汚れまでしっかり除去できるほか、化粧水や美容液に含まれる成分を肌の奥に浸透させることができます。

最大限活用! スチーマーの効果的な使い方

シートマスクを使ってスペシャルケアを(写真:iStock)
シートマスクを使ってスペシャルケアを (写真:iStock)

 スチーマーの効果がわかったところで、続いては効果的な使い方についてチェックしていきましょう!

スチーマーを使うタイミング

 スチーマーは、使うタイミングによってさまざまな効果が得られるため、自分の肌の悩みに合わせて使うのがおすすめ。

・化粧ノリが悪い人は化粧前に使って「化粧ノリアップ」
・夜のスキンケア前に使って「ディープクレンジング」&「スキンケア効果アップ」
・肌の乾燥が気になる時に保湿クリームと一緒に使って「スペシャル保湿ケア」

 スチーマーの機種によってはアロマ機能があったり、化粧水やクレンジングウォーターをそのままミストとして顔に当てることができるタイプもあります。スチーマーの機能を最大限活用しながら、使ってみると良いでしょう。

スチーマーを使って効果的にクレンジングする方法

 スチーマーでディープクレンジングをしたい時は、しっかり毛穴が開いて肌全体が柔らかくなるまでスチーマーを当てていきます。続いて、クレンジング剤を馴染ませましょう。

 1分間程度、優しく肌と指の間でクレンジング剤を転がすように汚れを浮かせたら、37度前後のぬるま湯で優しくすすぎます。毛穴の奥の汚れや、古い角質が落としやすくなりますよ。

スチーマーを使って効果的にスキンケアする方法

 スチーマーでスキンケア効果を高めたい時は、クレンジングの後にしっかりと肌に蒸気を当てていきます。十分に肌が柔らかくなったら、化粧水、美容液、クリームの順番に塗っていきましょう。

 また、スペシャルケアとして、化粧水の染み込んだシートマスクをつけた上からスチーマーを当てるのもおすすめ。10分程度蒸気を当てて仕上げにしっかりクリームで蓋をすれば、もっちり潤った肌になっているでしょう。

使い方によっては肌に悪影響も…スチーマーの注意点

使い過ぎで乾燥してしまうなんてことも…(写真:iStock)
使い過ぎで乾燥してしまうなんてことも… (写真:iStock)

 スチーマーは以下のような使い方をしてしまうと、肌に悪影響を与えてしまうこともあります。

・蒸気を肌に近い距離で当てている……やけどが起こる可能性がある
・長時間肌に蒸気を当てている……ほてりや赤みの原因になる
・毎日何度もスチーマーを使っている……肌荒れや乾燥肌の原因になる

 スチーマーは、基本的に週に2〜3回の頻度で使うのが良いとされていますが、詳しい利用方法はメーカーによっても異なるため、取扱説明書をよく読んでから使用するようにしましょう。

スチーマーを効果的に使って美肌作りを始めよう♡

スチーマーを活用して美肌に♡(写真:iStock)
スチーマーを活用して美肌に♡ (写真:iStock)

 スチーマーの効果的な使い方をご紹介しました! スチーマーの種類は本当に豊富で、さまざまな機能がついているものが増えています。ぜひ、自分の肌に合った商品を選び、機能や効果的な使い方をマスターして、上手に肌ケアをしてくださいね♡

ビューティー 新着一覧


二枚爪コンプレックスに“補強&やすり”投入!2022.12.3(土)
 これから本格的に乾燥が気になる季節がやってきます。冬が誕生日の筆者は手がカサカサになりやすいタイプで、それを見かねた友...
超怖~い「40代の運動不足」老後のために今日からできること
 30代までは元気に過ごしていたけれど、40代になってから運動不足が顕著で、体力が激しく低下したと感じる人は多いですよね...
「NMN」配合化粧品で“若返り肌”も夢じゃない?【医師監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
篠原涼子完全プロデュース「ペルルセボン」は匂いがキツっ!
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
ノーパン生活の実態! 解放感と掃除面倒を天秤にかけたら…
 芸能人でも、ノーパン生活を公言している人は多いですよね。気が楽そうな気はしますが、やはり防犯面では心配なことも……。果...
まずは真似っこから! 綺麗な人が実践する8つの“ゼロ円”習慣
 年齢問わず、「綺麗だな」と思う女性に出会うと、「私も、あんなふうになりたいなぁ」と思うもの。けれど、実際に何をすればそ...
白髪が多く老け見え!これ以上増やしたくない【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!アラフォー女性の“残念アイライン”を画像で解説
 毎日のアイライン、どんな感じでメイクしていますか?  年齢を重ねていくと目元にしわが増えたり、たるんできたりもあ...
「食べても太れない」やせ型な人だけが分かる“あるある”7つ
 世の中には、太りやすい体質の人がいる中でいくら食べても太らない「やせ型」の人もいます。でも、さまざまなダイエット方法は...
腹巻きも愛用して♡「40代の温活」取り入れたい食事&グッズ
「冷えは万病のもと」といいますが、実際に体が冷えるといろいろと悪影響が現れます。免疫力も下がるので、風邪をひきやすくなっ...
「よもぎ温座パット」で心も体も温めよ♡ 2022.11.19(土)
 いつの間にやら、11月も半ばを過ぎ秋が深まってきました。冬に近づくにつれ、つらくなってくるのが、手足の冷え。「血、通っ...
古い下着は運気が下がる?「着用期限3年、処分時に感謝」を
 皆さんは、同じ下着を何年くらい使いますか? 半年で替える人もいれば、3年以上使っている人もいますよね。実は、風水では古...
数年後の自分のために…“美容モチベーション”を上げる5カ条
 美容に関して、モチベーションが高い女性は同性から見ても素敵に映りますよね。「私も、あんな女性になりたい」なんて気持ちは...
化粧ノリの悪さは便秘!?お通じ改善に「進化系オートミール」
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!残念なアラフォーリップメイクを画像で解説
 メイクは、リップの色や種類によってかなり顔の印象を変えてしまうもの。マットやティント、ツヤなど多くの種類があり、それぞ...
育児中の体の不調 のどの違和感と帯状疱疹 2022.11.15(火)
 妊娠と出産。そして、その先に待つ子育て――。ひとりの人間を育てるのはとても尊い行為だと思いますが、同時にハードで孤独な...