一年中しっとりボディ♡ 美肌の作り方&心がけるべき生活習慣

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-11-25 06:00
投稿日:2021-11-25 06:00
 しっとりしていてツヤのある乾燥知らずのボディを手に入れるためには、日々のケアや生活習慣が重要なポイントになります。そこで今回は、しっとりボディの作り方を、「外側」からのケアと「内側」からのケアに分けてご紹介していきます!

一年中しっとりボディに♡ 美肌の作り方4選

美肌は一日にしてならず!(写真:iStock)
美肌は一日にしてならず! (写真:iStock)

 まずはじめに、一年中しっとりボディを保つための外側からのケアから、詳しく見ていきましょう。

1. 入浴して毛穴の奥まで綺麗にする

 湯船に浸かると体が芯まで温まるのはもちろん、スチーム効果で毛穴が開くため、毛穴の奥の汚れをしっかり綺麗にすることができます。

 毛穴の奥に汚れが残ったままだと、肌トラブルや乾燥の原因になってしまうこともあるので、時間があるときはできるだけ湯船にしっかり浸かるようにしましょう。

2. 定期的に角質ケアをする

 人間の肌はターンオーバーと呼ばれる新陳代謝を繰り返し、古い角質は自然と剥がれ落ちていく仕組みになっています。しかし、このターンオーバーがうまくいかないと、古い角質が肌に残ってしまうことも。

 古い角質が残ったままだと、肌が硬くなってゴワついてしまったり、肌色がくすんで見えたりします。しっとりボディを手に入れるためには、スクラブなどを使って定期的に角質ケアすることも必要でしょう。

3. お風呂上がりは念入りに保湿ケア

 しっとりボディを作るうえでもっとも重要なのは、お風呂上りの保湿ケア。気が向いたときだけでは、しっとりツヤのある美肌を手に入れることはできません。

 伸びの良い乳液タイプが一般的ですが、乾燥が気になる人にはクリームタイプがおすすめ。香りの種類も豊富なので、自分の好きな香りを選んでリラックスタイムを楽しみましょう。

4. 特に乾燥する場所はオイルで保湿

 膝や肘、かかとやくるぶしなど、特に乾燥する場所には、ボディケアのあとにオイルをプラスするのがおすすめです。

 乾燥する場所は硬くなりやすいので、ほかの場所よりも念入りにケアする必要があります。

しっとりボディを作るために心がけるべき3つの生活習慣

バランスのいい食事で内側からキレイになろう(写真:iStock)
バランスのいい食事で内側からキレイになろう (写真:iStock)

 しっとりボディを作るためには、外側からのケアだけでなく、内側からのケアも重要です。続いては、心がけるべき生活習慣をご紹介します。

1. しっかり水分を取る

 ツヤのあるしっとりボディを作るためには、外側からの保湿ケアに水分補給をプラスしましょう。

 どんなに外側からケアしても、内側が乾燥していては肌も乾燥してしまいます。一日数回に分けて、自分に合った量の水分をしっかり摂取するようにしてくださいね。

2. バランスの良い食事と規則正しい生活をする

 栄養バランスの良い食事と規則正しい生活も、美肌を作るうえで大事なこと。栄養の偏った食事や睡眠不足など、不規則な生活を送っていると、肌トラブルの原因になってしまいます。

 この機会に、自分の生活習慣を見直してみましょう。

3. ストレスを溜め込まない

「美肌作り」と聞くと肌のケアを考える人も多いと思いますが、ストレスを溜め込まないことも大切です。

 精神的に不安定になると体のバランスも崩れやすくなってしまうため、肌の調子も悪くなりがちに。ストレスが溜まったら、自分に合った方法でリフレッシュするように心がけましょう。

正しくケアして一年中乾燥知らずのしっとりボディを手に入れよう♡

一年中しっとりボディに(写真:iStock)
一年中しっとりボディに (写真:iStock)

 ツヤのあるしっとりボディを手に入れるためには、それなりの努力が必要です。正しい作り方をしっかりマスターして、一年中乾燥知らずのツヤのあるしっとりボディを手に入れましょう♡

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


実践済み!アラフォー以上の使用満足度爆騰「美容家激推し」ブランド2選
 アラフォーやアラフィフと呼ばれる年代になって、これまで愛用していたコスメブランドの商品が「なんとなく合わない」と感じる...
臭った足で部屋に入る彼…【専門家監修】臭いの原因は2つ!日頃のケアは
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
キャプスタイルの前髪のしまい方は? “張り付いた海苔”を回避するテク6選
 キャップをかぶるときに悩むのが、前髪のしまい方。「なんだかモサっとしてしまう…」「前髪がぺちゃんこにつぶれて張り付いた...
その定番アイメイク、やらかしてます…今すぐアプデしたいダサ見え5選
 定番アイメイクテクニックには、今の時代にそぐわず、古くさくてダサい印象になるアイメイクも…。目元を華やかに見せ...
一度でもいいから足首が細くなりたい…太くなる原因&簡単対策方法3つ
 細く引き締まった足首は、女性の憧れですよね。でも、時には足がむくんで象のような足首になる人も…。  今回は足首を細く...
「綺麗なおばさんになりたい」って変ですか? 今すぐ真似したい6つの習慣
 二十歳を過ぎたらあらゆることは自己責任ですが、それは「見た目の美しさ」に関しても同じ。実際に、自分の外見や内面を磨いて...
永久脱毛って本当にずーっと生えてこない? 気になる“その後”の体験談
 最近では、一般的になってきた永久脱毛ですが、中には「まだ自己処理をしている」「痛みや信頼性が不安で永久脱毛した経験がな...
座りっぱで気づけば、おしりの汗!女性向け3つの対策と便利グッズ
 暑い夏場や座りっぱなしで過ごしている時、おしりに汗をかいてしまい「臭いやムレが気になる」と悩んでいませんか?  洋服...
彼氏やペットとの生活が幸せすぎて怖い…要因はホルモン?【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
10回分191円の激安!SHEINの「眉毛ステッカー」張るだけで美眉なるか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
眉毛の形、古いです! 20代女が思うアラフォー女の老け見え残念眉メイク
 眉毛メイクは時代によって流行が変わりやすいですよね。当時は流行していて老け見えを感じさせないメイクでも、今だと...
バレッタで留めてたのに鏡見たら、落ち武者!落ちない方法とアレンジテク
 最近、ヘアアクセサリーでバレッタを使うアレンジが流行していますね。でも、実際にバレッタを使ってみると、すぐに落ちてきた...
目尻のシワは隠しすな!隠れたモテポイント♡男性が「可愛い」と思うワケ
 女性の肌悩みの一つ、目尻のシワ。でも、実は目尻のシワは意外と男性ウケがいいのをご存知でしたか?  今回は目尻のシワが...
美的3月号“完売ポーチ”実力は?コスメデコルテの美容液はありがたすぎる
 3月号の美容雑誌は豪華付録だらけ。  MAQUIA3月号通常版は現品サイズの「リリミュウ 春色リップパピーレッド...
「髪の毛の分け目」どっちにする問題 意外と知らない似合うほうの決め方
 毎朝、髪の毛をスタイリングする時に「左右、どっちの分け目にしたらいいんだろう?」と困ることがありますよね。実際には、な...
美肌の40女性に聞いた!加齢の鼻の周りの赤み対策に“ちょい足し”3品
 年齢サインが出るのは鼻の周りの赤みだよねーー。20歳の頃にアルバイト先のお姉様にそう言われてから、早10年。鼻の周りの...