ボディスクラブで“うるツヤ肌”に♡4種類の特徴&正しい使い方

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-07-19 06:00
投稿日:2021-07-19 06:00
「ボディスクラブ」はクリームやジェルの中に細かい粒子が入っていて、マッサージすることで古い角質を落としてくれる優れたアイテム。実は、ボディスクラブにはいくつかの種類があり、それぞれ使い方が違ってきます。そこで今回は、ボディスクラブの種類や、正しい使い方をご紹介します。

【基礎知識】ボディスクラブは4種類! まずは特徴を知ろう

ボディスクラブってどんな種類があるの?(写真:iStock)
ボディスクラブってどんな種類があるの? (写真:iStock)

 ボディスクラブはスキンケアとして直接肌に使用するものなので、できるだけ自分の肌に合ったものを選びたいですよね。まずはじめに、ボディスクラブの種類をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

1. ソルトスクラブ

 ボディスクラブの中でもっとも有名なのが、塩を使用した「ソルトスクラブ」。粒子が大きめで、古い角質や毛穴の汚れをしっかり落とせますが、力を入れすぎてしまうと肌を傷めてしまう場合があるので注意が必要。

 さっぱりした洗い上がりが特徴で、使用後は肌がツルツルに。敏感肌や乾燥肌の人が使用するときには、保湿ケアを念入りに行うようにしましょう。

2. シュガースクラブ

 砂糖を使用した「シュガースクラブ」は、ソルトスクラブに比べて粒子が細かく、使い心地が柔らかいのが特徴です。砂糖には保湿効果があると言われていますが、洗い上がりはしっとりモチモチの肌になります。

 刺激が少ないので、体だけでなく顔にも安心して使用できるのがメリット。製品にもよりますが、シュガースクラブは使用後すぐに洗い流さずに少し放置すると、さらにモチモチ感がアップしますよ。

3. 重曹スクラブ

 炭酸水素ナトリウムを使用している「重曹スクラブ」は、洗浄力が高いのが特徴のボディスクラブです。おもに、膝やひじ、かかとなどの角質が硬くなりやすい部分に使用します。

 粒子が大きいので、顔などの皮膚が薄い部分のケアには適していません。特に敏感肌や乾燥肌の人が使用する際には、肌に負担がかからないように十分に注意しましょう。

4. ナチュラルシードスクラブ

「ナチュラルシードスクラブ」は、フルーツや野菜の種子から作られている自然派のボディスクラブです。選ぶフルーツや野菜によって効果も異なるので、自分の肌悩みに合ったものを選びましょう。

 シュガースクラブよりもさらに粒子が小さいものがほとんどなので、敏感肌の人でも安心して使用できるのがメリットです。

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


便秘下痢便秘下痢…つらループ!おなかの弱い“ご自愛”ケア【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
国産プチプラコスメで完成!今っぽ「韓国風メイク」の化け方
 近年韓国ブームもあって、10代20代の若者を中心に韓国メイクが流行しています。有名どころでは「オルチャンメイク」や、韓...
今夏は「うっかり日焼け」がないように…“ベスト肌”への戻し方4STEP
 女性にとって、紫外線は美しさや若さの最大の敵ですよね。ですが、毎日日焼け止めを塗っているつもりでも、ついうっかり日焼け...
爪の形コンプレックスに朗報です 自分で矯正できる美爪4STEP
 お手入れの行き届いた綺麗な爪って、憧れますよね! でも、人によっては自分の「爪の形」にコンプレックスを感じている人も…...
泣いた翌日の目の腫れがヤバ まぶたパンパンを解消する方法
 大人になったって、泣きたい日はあるもの。恋人と喧嘩したり、何かを失ったり、つらい時には思う存分泣いて自分を癒す時間も大...
老眼鏡応用できる!40代女性「老けて見えないメガネ選び」5つの極意
 40代に入ってくると老眼がはじまり、老眼鏡が手放せなくなる人が増えます。中には、メガネをかけた自分の姿に「老けた……!...
おならが超クサイ…ニオイの改善策と専門医“お墨付き”の漢方薬3つ
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
楽天売れ筋1位のナイトブラで“美胸”になれるか?【10日間着用ルポ】
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
インナーケアってなに? カラダの内側から美しくなる方法5つ
 誰だって、若々しい肌を保ちたいもの。そのためには外側からのケアだけではなく、インナーケアが欠かせません。あなたはインナ...
ほうれい線はコンシーラーの入れ方次第! あるあるNG&若見えテク3選
 お肌のくすみやたるみ、しわ、シミ、ほうれい線は、コンシーラーを使って悩みをうまくカバーしたいのに、なかなかうまくいかな...
40代は迷わずやっとこ!今から始める「顔の角質ケア」で目指せ透明肌♡
「40代になってから、肌がくすんで透明感がなくなった気がする」と感じている女性は多いのでは? その原因は、肌に古い角質が...
万年腰痛、諦めるな!苦痛から解き放たれるセルフケア3選【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
汗かく入浴剤3選 体を芯から温めてカラダもココロもスッキリ
 バスタイムは、日々の疲れを癒す大切な時間です。入浴剤を使えば香りによって、よりリラックスした入浴ができます。  そし...
鏡よ鏡、40代の「パール&ラメ」メイクで“痛い女回避”のコツを教えて
 40代を超えると、だんだんと顔のハリや華やかさ、瑞々しさがなくなってきますよね。でも、安易にラメやパールで輝きを取り入...
元アムラーは眉毛に注意!「老け見えメイク」で+10歳に見えるキケン
 しみや毛穴、くまなど、年を重ねると隠したい部分が多くなり、とにかくアラをカバーすることを意識してメイクをするようになり...
“ながら”美容ローラーちょっと待って! やってはいけない8つの美容習慣
 年齢とともに、肌や身体の変化を感じながらも「いつまでも若々しくいたい!」と抗ってしまうのが女ゴコロ。自分なりの美容習慣...