ボディに化粧って必要? クリームと併用する時の正しい使い方

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-04-08 06:00
投稿日:2021-04-08 06:00
 毎日お風呂上がりにせっせとボディクリームを塗って乾燥対策をしているのに、膝や肘が乾燥してしまうことってありませんか? 実は、これにはきちんとした理由があるんです。そこで今回は、ボディにも化粧水が必要な理由や、乾燥知らずの「うるおいもちもちのマシュマロボディ」を作る化粧水+ボディクリームを使ったケア方法をご紹介しましょう♡

ボディクリームだけでは体の乾燥は防げない? その理由

お風呂あがりって乾燥してるんです(写真:iStock)
お風呂あがりって乾燥してるんです (写真:iStock)

 お風呂上がりに、ボディクリームを使っている人は多いでしょう。でも、スキンケアのように、クリームの前に化粧水を塗っているという人はかなり少ないのではないでしょうか? まずは、体の保湿がクリームだけでは不十分な理由から、チェックしていきましょう!

お風呂上がりは一番肌が乾燥するタイミング

 実はお風呂上がりは、1日の中で一番肌が乾燥するタイミングだと言われています。理由は、体を洗う時の摩擦によって肌の乾燥を防ぐ皮脂が洗い流されてバリア機能が低下すること、そして、お湯に浸かることで1つ1つの角質が膨張して間に隙間ができ、水分が蒸発しやすくなることにあります。

ボディクリームは水分補給には不十分かも

 ボディクリームは肌内部の水分の蒸発を防いでくれる役割がありますが、肌に水分を与えるものではありません。つまり、肌内部に水分が不足している状態でボディクリームを塗っても、表面が潤うだけで肌内部の水分は足りていない可能性があるということ。

 もちろん、オールインワン化粧品のように「水分を補う+油分で蒸発を防ぐ」ボディクリームもありますが、クリームだけで保湿不足を感じるのであれば、化粧水とクリームをセットで使ったほうが良い場合があるでしょう。

お風呂上がりに使いたい! ボディ用化粧水の選び方3選

大容量タイプはコスパ抜群(写真:iStock)
大容量タイプはコスパ抜群 (写真:iStock)

 続いては、どんな化粧水がボディ用としておすすめなのか、選び方をご紹介します。

1. コスパが良い大容量化粧水を選ぶ

 塗る範囲が広いボディに、高価で少量しか入っていない顔用のものはあまり向きません。おすすめは、安価で大容量なコスパのよい化粧水。「ボディ用化粧水」と謳われているものもあるので、チェックしてみましょう。惜しみなく使えるものを選ぶことも、保湿習慣を続けるポイントです。

2. 成分で選ぶ

 ボディ用化粧水に配合されている成分に注目して、選んでみても良いでしょう。乾燥やニキビなど肌の悩みがあるのであれば、対応する成分が配合されているものを選ぶと、よりボディケアの質がよくなります。

3. テクスチャで選ぶ

 ボディ用化粧水は使う範囲がとても広く、塗った後に洋服を着るので、べたつきがあると不快に感じる人も多いでしょう。クチコミやサンプルなどをチェックして、べたつき感がないかなど、テクスチャを調べておくと良いですね。

ボディ化粧水からボディクリームまで♡ 正しい使い方手順

10分以内に保湿を(写真:iStock)
10分以内に保湿を (写真:iStock)

 いよいよ、化粧水+クリームを使ったお風呂上がりのボディケア方法をチェックしていきましょう!

1. お風呂上がりの水気を拭き取っておく

 まず、お風呂から上がったら、体の水気をある程度拭き取っておきましょう。肌が濡れていると化粧水が薄まってしまうため、過度な水気がない状態で塗り始めることが大切です。

2. お風呂上がり10分以内にボディ用化粧水で保湿

 乾燥しやすいお風呂上がりには、できれば10分以内に保湿を開始しましょう。体全体や背中などに塗るのが難しければ、スプレーノズルを取り付けてスプレーすると、体全体に早く塗ることができますよ。

3. ボディ用化粧水は擦らず押し込むように体に塗る

 肌に化粧水を塗る時、ゴシゴシと擦ったりパンパンと叩くように塗る人もいるようですが、肌への負担となってしまうので要注意。化粧水は顔同様、優しく体に押し込むように塗っていきます。

4. 肌が手のひらにつくくらい浸透してからボディクリームを塗る

 水分を補給した後の肌に、油分の多いボディクリームを塗って蓋をしていきます。この時、しっかりと化粧水が浸透してから塗るのがポイント。乾いていない状態でクリームを塗っても肌の表面で混ざってしまい、肌内部の保湿が不十分になってしまいます。

ボディケアは化粧水+クリームをセットで!

うるうるもちもちになっているかも♡(写真:iStock)
うるうるもちもちになっているかも♡ (写真:iStock)

 保湿の基本は、「水分を補ってから、油分で蒸発しないように蓋をする」こと。体も顔と同じ肌なので、ぜひ今日から、化粧水+クリームのセットで、うるうるもちもちのマシュマロボディを目指してみてくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


間食をやめると得られるメリット&無理せずやめる5つの方法
 あなたは間食をしていますか? 特に、スイーツが好きな女性は、毎日のように間食をしているかもしれませんね。しかし、間食に...
清楚系メイクで彼の心を動かそう♡メイクポイント&やり方
 メイクと一言で言っても、さまざまな方法があります。中には、いつも同じマンネリメイクに飽きてきている人もいるでしょう。そ...
残念とは言わせない!3分でおさらい「くるりんぱ」のコツ♪
 SNSでヘアアレンジを検索すると、たくさんの「くるりんぱ」が出てきますよね。髪の毛を縛り、縛ったヘアゴムの上あたりに輪...
透明マスカラでナチュラルな目元に♡ 選び方のコツ&使い方
 透明マスカラは、別名「クリアマスカラ」とも呼ばれている“色の付かないマスカラ”のことを言います。透明マスカラは、マスカ...
ドーリーメイクで大人可愛い仕上がりに♡ポイントを徹底解析
 お人形さんのような“ドーリーメイク”に憧れていても、「若い女性がするメイクだし……」「似合う人が限られるから……」と、...
彼との濃密時間が増える♡お泊まりに便利なスキンケア製品3選
 お泊まりデートでは、丁寧なスキンケアをする時間が確保できないという問題にぶつかりやすいですよね。彼との時間を優先したい...
ノーズシャドウの上手な入れ方♡ もう団子鼻に悩まない!
 顔のパーツに関する悩みの中でも、“鼻の形”にコンプレックスを持っている人は多いようです。でも、整形するのはハードルが高...
キレイなネイルを長持ちさせる方法&おすすめデザイン4選♡
 女性にとって、ファッションに欠かせないアイテムの「ネイル」。サロンに通うとお金もかかりますし、セルフネイルでも塗り直す...
下着の買い替え時っていつ? 寿命の見極め方&正しい捨て方
 毎日必ず着用する下着ですが、いつ捨てたら良いのかタイミングが難しいと感じたことはありませんか? 着ようと思えば着られる...
美容家がレク! “ちょこっと白髪”に優秀ホームケア&裏ワザ
 アラサー・アラフォー世代になると、チラホラと出てくる「白髪」に悩む女性も増えますよね。今のご時世では、以前のように気軽...
“美髪”と言われる5つの絶対条件♡簡単なセルフケア方法も
 潤いがあるキレイな美髪は、女性にとって永遠の憧れ。しかし、そんな髪に憧れを抱いていても、「くせ毛だから……」「髪の毛が...
まるでスパ気分♡ご褒美バスタイムを叶えるプチプラ入浴剤6選
 その日の気分で使い分けられるように、入浴剤はいつも数種類ストックしています♪ 気分で選ベるのは楽しいので、バスタイムが...
仕上がりが変わる♡ ファンデーションの正しい切り替え時期
 みなさんは、ファンデーションを季節ごとに変えていますか?「面倒だから、ずっと同じのを使っている!」という人も多いでしょ...
買ってよかった「筋トレ器具」ベスト3を発表 2021.4.2(金)
 長引くコロナ禍で、テレワークはすっかり定着しつつありますよね。毎日座りっぱなしで、ひたすらパソコンに向かって仕事をして...
まさに女神♡ 韓国トレンド「ヨシンモリ」を5分で作る裏ワザ
 みなさんは「ヨシンモリ(女神ヘア)」をご存じですか? ヨシンモリは韓国で流行っている髪型で、もはや韓国では定番のスタイ...
痩せ見えコーデの5つのポイント♡太って見えるNGコーデも
 女性なら誰もが、痩せ見えコーデで少しでもスタイルを良く見せたいと思うもの。ダイエットで体重を減らすのは簡単ではありませ...