ボディに化粧水って必要? クリームと併用する時の正しい使い方

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-04-25 07:54
投稿日:2021-04-08 06:00
 毎日お風呂上がりにせっせとボディクリームを塗って乾燥対策をしているのに、膝や肘が乾燥してしまうことってありませんか? 実は、これにはきちんとした理由があるんです。そこで今回は、ボディにも化粧水が必要な理由や、乾燥知らずの「うるおいもちもちのマシュマロボディ」を作る化粧水+ボディクリームを使ったケア方法をご紹介しましょう♡

ボディクリームだけでは体の乾燥は防げない? その理由

お風呂あがりって乾燥してるんです(写真:iStock)
お風呂あがりって乾燥してるんです (写真:iStock)

 お風呂上がりに、ボディクリームを使っている人は多いでしょう。でも、スキンケアのように、クリームの前に化粧水を塗っているという人はかなり少ないのではないでしょうか? まずは、体の保湿がクリームだけでは不十分な理由から、チェックしていきましょう!

お風呂上がりは一番肌が乾燥するタイミング

 実はお風呂上がりは、1日の中で一番肌が乾燥するタイミングだと言われています。理由は、体を洗う時の摩擦によって肌の乾燥を防ぐ皮脂が洗い流されてバリア機能が低下すること、そして、お湯に浸かることで1つ1つの角質が膨張して間に隙間ができ、水分が蒸発しやすくなることにあります。

ボディクリームは水分補給には不十分かも

 ボディクリームは肌内部の水分の蒸発を防いでくれる役割がありますが、肌に水分を与えるものではありません。つまり、肌内部に水分が不足している状態でボディクリームを塗っても、表面が潤うだけで肌内部の水分は足りていない可能性があるということ。

 もちろん、オールインワン化粧品のように「水分を補う+油分で蒸発を防ぐ」ボディクリームもありますが、クリームだけで保湿不足を感じるのであれば、化粧水とクリームをセットで使ったほうが良い場合があるでしょう。

お風呂上がりに使いたい! ボディ用化粧水の選び方3選

大容量タイプはコスパ抜群(写真:iStock)
大容量タイプはコスパ抜群 (写真:iStock)

 続いては、どんな化粧水がボディ用としておすすめなのか、選び方をご紹介します。

1. コスパが良い大容量化粧水を選ぶ

 塗る範囲が広いボディに、高価で少量しか入っていない顔用のものはあまり向きません。おすすめは、安価で大容量なコスパのよい化粧水。「ボディ用化粧水」と謳われているものもあるので、チェックしてみましょう。惜しみなく使えるものを選ぶことも、保湿習慣を続けるポイントです。

2. 成分で選ぶ

 ボディ用化粧水に配合されている成分に注目して、選んでみても良いでしょう。乾燥やニキビなど肌の悩みがあるのであれば、対応する成分が配合されているものを選ぶと、よりボディケアの質がよくなります。

3. テクスチャで選ぶ

 ボディ用化粧水は使う範囲がとても広く、塗った後に洋服を着るので、べたつきがあると不快に感じる人も多いでしょう。クチコミやサンプルなどをチェックして、べたつき感がないかなど、テクスチャを調べておくと良いですね。

ボディ化粧水からボディクリームまで♡ 正しい使い方手順

10分以内に保湿を(写真:iStock)
10分以内に保湿を (写真:iStock)

 いよいよ、化粧水+クリームを使ったお風呂上がりのボディケア方法をチェックしていきましょう!

1. お風呂上がりの水気を拭き取っておく

 まず、お風呂から上がったら、体の水気をある程度拭き取っておきましょう。肌が濡れていると化粧水が薄まってしまうため、過度な水気がない状態で塗り始めることが大切です。

2. お風呂上がり10分以内にボディ用化粧水で保湿

 乾燥しやすいお風呂上がりには、できれば10分以内に保湿を開始しましょう。体全体や背中などに塗るのが難しければ、スプレーノズルを取り付けてスプレーすると、体全体に早く塗ることができますよ。

3. ボディ用化粧水は擦らず押し込むように体に塗る

 肌に化粧水を塗る時、ゴシゴシと擦ったりパンパンと叩くように塗る人もいるようですが、肌への負担となってしまうので要注意。化粧水は顔同様、優しく体に押し込むように塗っていきます。

4. 肌が手のひらにつくくらい浸透してからボディクリームを塗る

 水分を補給した後の肌に、油分の多いボディクリームを塗って蓋をしていきます。この時、しっかりと化粧水が浸透してから塗るのがポイント。乾いていない状態でクリームを塗っても肌の表面で混ざってしまい、肌内部の保湿が不十分になってしまいます。

ボディケアは化粧水+クリームをセットで!

うるうるもちもちになっているかも♡(写真:iStock)
うるうるもちもちになっているかも♡ (写真:iStock)

 保湿の基本は、「水分を補ってから、油分で蒸発しないように蓋をする」こと。体も顔と同じ肌なので、ぜひ今日から、化粧水+クリームのセットで、うるうるもちもちのマシュマロボディを目指してみてくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


パフ&スポンジを水ありで使うとメイク持ちUP♡ 使い方のコツ
 ファンデーションには欠かせない、パフ&スポンジ。ファンデーション選びにはこだわっても、パフやスポンジは適当に使っている...
愛され女子に共通する6つの美習慣♡ 簡単な就寝前のケア方法
 女性から見て「素敵だな」と思える人は、男性にも魅力的に映り、愛される傾向にありますよね。中には「美人に生まれていいな」...
男ウケのいい“モテるネイル”のポイント5つ♡男性の本音も
 女性にとって、ネイルはおしゃれの一部。毎日いろいろな柄や色を楽しんでいる人は多いでしょう。でも、女性が可愛いと思うネイ...
真夏のドライヤー時間は短縮できる! おすすめ簡単時短術3選
 みなさんは、ドライヤーにどのくらいの時間をかけていますか? 夏はドライヤーをかけるだけで暑いので、ドライヤー自体を省い...
コンシーラーのメイク崩れを解消♡ 原因&ヨレない方法4つ
 コンシーラーはクマやシミ、くすみや毛穴などの肌トラブルをキレイに隠してくれる優れもののアイテム。でも、使い方を間違えて...
太ももを細くするための5つのポイント&簡単エクササイズ♪
 太ももは、多くの女性が「少しでも細くなりたい!」と思っている部位。しかし、一度脂肪が付いてしまうと、なかなか細くならな...
ボディスクラブで“うるツヤ肌”に♡4種類の特徴&正しい使い方
「ボディスクラブ」はクリームやジェルの中に細かい粒子が入っていて、マッサージすることで古い角質を落としてくれる優れたアイ...
“ダサい”は卒業!大人女性のスニーカーコーデのコツ&注意点
 近年、大人女性に大人気の「スニーカー」。なんといっても歩きやすいので、一度履くと手放せなくなってしまいますよね。とはい...
ここが残念…! 見過ごしがちな“老け見えポイント”の克服法
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。老化の大敵であるシワやシミを意識してケアする女性は非常に多いのですが、優先順...
化粧品サンプルの使用期限はいつ?上手に使い切る11個の方法
 雑誌の付録や、デパートの化粧品売り場でなどでもらえる「化粧品サンプル」。使いそびれて、ついつい溜まっていませんか? 実...
「コスメキッチン」の優秀アイテム3選♪肌レベルアップを実感
 人気急上昇中のコスメショップ「コスメキッチン」のアイテムで、肌レベルをアップさせてみてはいかがでしょうか♪ 肌の変化を...
これぞ究極の時短!面倒な美容も10秒で終わるミストコスメ3選
 夏場の時短美容では、ミストを活用するのが王道。クイックに狙いどおりの使用感を得やすく、出先などで手早くケアをするのに最...
大胸さん必見!胸を小さく見せる洋服の選び方6つのポイント
 胸に関するコンプレックスは人それぞれ。「貧乳をどうにかしたい!」と悩む女性もいれば、「胸をどうにか小さく見せたい!」と...
すぐに実践♡ 簡単イメチェン方法4つ&失敗しないポイント
 失恋した時や季節の変わり目、環境が変化した時など、女性にはそれぞれイメチェンしたいと思う時がありますよね。中には、「簡...
女性にプレゼントならこれ♡ 王道ビューティーギフト&選び方
 誕生日やちょっとしたお礼、お祝いなどで、女性へプレゼントを送る機会って意外と多いもの。中でも、人気なのが「ビューティー...
体型カバーコーデで簡単痩せ見え効果♡ 着こなしの8つのコツ
 女性であれば誰もが、実際のスタイルよりも華奢に見せたいと思っているはず。そこで今回は、痩せ見えする体型カバーコーデの8...