ナチュラルに盛れる♡ デカ目メイクの上手なやり方のコツ4選

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-12-31 06:00
投稿日:2021-12-31 06:00
 可愛い人や美人な人の多くは、やっぱり目が大きくて印象的♡ そのため、多くの女性がアイメイクに力を入れていますよね! でも、やっぱりメイクで目を大きくすると、どうしても不自然になったり、厚化粧に見えたりしてしまいがち……。そこで今回は、自然に見えるナチュラルデカ目メイクのやり方をご紹介します♡

気をつけて! デカ目メイクがナチュラルに見えない原因

ナチュラルにデカ目に見せる方法は?(写真:iStock)
ナチュラルにデカ目に見せる方法は? (写真:iStock)

 そもそも、デカ目メイクがナチュラルに見えないのは、以下のような原因が挙げられます。

・アイラインが目立ちすぎている
・アイシャドウの色が肌に馴染んでいない
・涙袋が不自然

 アイラインは確かにデカ目効果が大きいのですが、引き方によってはとても不自然になってしまうため、要注意。

 また、アイシャドウの色も重要です。特に日本人女性は青系のアイシャドウがあまり似合わないと言われていますが、顔のタイプ(イエベ・ブルベ)によっても浮いてしまう色があります。肌馴染みの悪い色を使うと、どうしても不自然に見えてしまうため、自分に合う色を知ることも大切かもしれません。

 さらに、最近流行りの涙袋も、ハイライト部分の色が肌に馴染んでいないと、昔のギャルのような印象になってしまうので気をつけたいポイントです。

ナチュラルに盛れる♡ デカ目メイクの上手なやり方のコツ4選

 それではさっそく、ナチュラルに見える「デカ目メイク」のやり方のコツをチェックしていきましょう!

1.「アイシャドウだけ」で作るやり方

アイシャドウでナチュラルに(写真:iStock)
アイシャドウでナチュラルに (写真:iStock)

 ナチュラルなデカ目を目指すなら、アイシャドウを使った方法がおすすめです。ぱきっとした色のアイライナーを使うよりも、自然で印象的な目に見せることができますよ。

 まず、ピンクゴールドやバーガンディのような、肌馴染みが良く薄すぎないアイシャドウを用意します。いつも使う淡い色のベースカラーをアイホール全体に塗ったら、用意したピンクゴールドやバーガンディのアイシャドウを「上まぶたのキワ」「下まぶたのキワ」に塗り、上下で囲みメイクをします。目の形が縦長になり、自然なデカ目になりますよ♡

2.「アイライナーの下まつ毛」で作るやり方

下まつ毛をアイライナーでちょい足し(写真:iStock)
下まつ毛をアイライナーでちょい足し (写真:iStock)

 まつ毛で目を大きくしたいけれど、まつ毛自体がない!という人におすすめなのが、アイライナーで描く下まつ毛テクです。ビューラーとマスカラでまつげを仕上げたら、下まつ毛で毛が足りないところに、細くアイライナーで下まつ毛を描いていきましょう。

 自然に見えるコツは、細いリキッドペンタイプのアイライナーを選び、ランダムに描いていくこと。5mm幅くらいで長めの下まつ毛を描いたら、間を短めのまつ毛で埋めていくようにしてみてください。本物の下まつ毛に見えますよ♡

3.「涙袋メイク」でデカ目にするやり方

 アイライナーやアイシャドウよりも厚化粧感がないのが、涙袋で作るデカ目メイクです。アイメイクを終わらせたら、涙袋のラインに沿って淡いピンクや微細なラメ、明るめのベージュなどのハイライトをほんのりのせていきます。

 続いて、薄い色味の細いアイライナーで黒目幅で涙袋の下にラインを引き、指で馴染ませたら完成です。ハイライトとアイライナーがセットになった便利な涙袋ライナーも販売されているので、ぜひチェックしてくださいね♡

4.「目頭切開風メイク」でデカ目にするやり方

目頭にラインを書き足して(写真:iStock)
目頭にラインを書き足して (写真:iStock)

 デカ目&キリッとした印象にしたいなら、目頭を切開したようなメイクもおすすめ。いつも通りのアイメイクが終わったら、最後の仕上げに目頭からさらに目頭の先端まで少しはみ出し気味にアイラインを引いてみましょう。

 そうすると、まるで目頭を切開したかのようなデカ目が作れます。ポイントは、ほんのりラインを書き足すこと。はみ出すラインが長くなるときつい印象になってしまうので、注意してくださいね!

ナチュラルなデカ目メイクをしたいなら肌馴染みを意識して

ナチュラルデカ目になれたかな?(写真:iStock)
ナチュラルデカ目になれたかな? (写真:iStock)

 自然なデカ目メイクをしたい人は、いかにそのメイクが「肌に馴染んでいるか」がポイントになります。ノーメイクの自分の顔と比較しながら、肌に馴染む色、肌に馴染むアイラインの引き方を意識して、自然なデカ目を手に入れてくださいね♡

ビューティー 新着一覧


指先まで潤う♡ 自宅でできるハンドケア&マッサージのやり方
 顔やボディのケアに比べて、つい後回しになってしまうのがハンドケア。しかし、手元は年齢が出やすい場所ですので、できること...
生理中でも快適♡不快感をなくす便利なおすすめアイテム5つ
 毎月やってくる生理は、女性にとって、とても憂鬱な期間ですよね……。でも、もしかしたらその不快な症状を軽減させることがで...
洗顔ブラシの嬉しい効果4つ♡ 正しい使い方や注意点も
 美容家の多くは「スキンケア用品を使う前に、しっかり肌の汚れを落とすことが大切」と言いますよね。でも、手で洗顔料を泡立て...
リモートワークで太るのはどうして? 原因&5つの対処方法
 コロナ禍をきっかけに、仕事形態は大きく変わってきていますよね。リモートワークが増えた人も多いのではないでしょうか。そん...
ぽっちゃりでも小顔に見える♡ 髪の長さ別おすすめ髪型9選
 ぽっちゃり体型で、「顔が大きく見えてしまう」ということに悩んでいる女性は多いですよね。でも実は、その悩み、髪型次第で解...
コスメの上手な収納術4選♡自宅でも外出先でもスッキリ快適
 一回のメイクで使うコスメの数って、結構ありますよね。しかも、ファンデーションやリップ、マスカラなど、サイズも長さも形状...
お正月はなぜ太る?原因&無理なくできるリセット方法4選♪
 お正月休みが終わると、「またこれから仕事か……」と思うと同時に、「制服が入るだろうか?」なんて心配になる人もいるのでは...
サロントリートメントの持続時間って? 長持ちさせるコツ♪
 トリートメントには、自宅で行うセルフトリートメントと、美容室で行うサロントリートメントがあります。サロントリートメント...
生理の日を快適に♪ おすすめデリケートゾーンケアグッズ3選
 身体も重く、気持ちも沈みがちになる生理期間……。少しでも楽になるように、と、アレコレ試してみて、気に入ったアイテムを3...
毛穴吸引器の正しい使い方のポイント!黒ずみ毛穴も綺麗に♡
 毛穴の黒ずみって嫌ですよね。だからといって、毛穴パックを繰り返してしまうと余計に毛穴が目立つという噂もあるし……。そん...
フェミニン系で大人可愛く♡3つの特徴&コーデのポイント♪
 流行りの「フェミニンコーデ」とは、女性らしい柔らかい印象のコーデのことを言います。可愛くなりすぎない大人フェミニンは、...
“ビッグカラーコーデ”ってダサい? 着こなしの6つのコツ♡
 2021年からじわじわブームが来ている、大きめの襟を使ったビッグカラーコーデ!「ダサいと思われそう」「私には着こなせな...
仲間由紀恵のような美髪に! ホームケア“格上げ”3アイテム
雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違った...
メイクで理想の顔に♡ 童顔の特徴&大人っぽく仕上げるコツ
 可愛らしい印象が強い童顔ですが、子供っぽく見られてしまうことをデメリットだと感じている人も多いよう。「童顔でも大人っぽ...
蒸しタオル美容を週1回のとっておきケアに♡ メリット&手順
 忙しい日々で、普段から美容に時間をかけられない人って多いですよね。でも、そんなあなたにぜひ、おすすめしたいのが「蒸しタ...
適度な運動の目安ってどのくらい?理想的な運動量&メリット
 健康維持やダイエットのために運動をはじめるとき、よく耳にするのが「適度な運動」という言葉。そもそも、適度な運動とは、い...