ナチュラルに盛れる♡ デカ目メイクの上手なやり方のコツ4選

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-12-31 06:00
投稿日:2021-12-31 06:00
 可愛い人や美人な人の多くは、やっぱり目が大きくて印象的♡ そのため、多くの女性がアイメイクに力を入れていますよね! でも、やっぱりメイクで目を大きくすると、どうしても不自然になったり、厚化粧に見えたりしてしまいがち……。そこで今回は、自然に見えるナチュラルデカ目メイクのやり方をご紹介します♡

気をつけて! デカ目メイクがナチュラルに見えない原因

ナチュラルにデカ目に見せる方法は?(写真:iStock)
ナチュラルにデカ目に見せる方法は? (写真:iStock)

 そもそも、デカ目メイクがナチュラルに見えないのは、以下のような原因が挙げられます。

・アイラインが目立ちすぎている
・アイシャドウの色が肌に馴染んでいない
・涙袋が不自然

 アイラインは確かにデカ目効果が大きいのですが、引き方によってはとても不自然になってしまうため、要注意。

 また、アイシャドウの色も重要です。特に日本人女性は青系のアイシャドウがあまり似合わないと言われていますが、顔のタイプ(イエベ・ブルベ)によっても浮いてしまう色があります。肌馴染みの悪い色を使うと、どうしても不自然に見えてしまうため、自分に合う色を知ることも大切かもしれません。

 さらに、最近流行りの涙袋も、ハイライト部分の色が肌に馴染んでいないと、昔のギャルのような印象になってしまうので気をつけたいポイントです。

ナチュラルに盛れる♡ デカ目メイクの上手なやり方のコツ4選

 それではさっそく、ナチュラルに見える「デカ目メイク」のやり方のコツをチェックしていきましょう!

1.「アイシャドウだけ」で作るやり方

アイシャドウでナチュラルに(写真:iStock)
アイシャドウでナチュラルに (写真:iStock)

 ナチュラルなデカ目を目指すなら、アイシャドウを使った方法がおすすめです。ぱきっとした色のアイライナーを使うよりも、自然で印象的な目に見せることができますよ。

 まず、ピンクゴールドやバーガンディのような、肌馴染みが良く薄すぎないアイシャドウを用意します。いつも使う淡い色のベースカラーをアイホール全体に塗ったら、用意したピンクゴールドやバーガンディのアイシャドウを「上まぶたのキワ」「下まぶたのキワ」に塗り、上下で囲みメイクをします。目の形が縦長になり、自然なデカ目になりますよ♡

2.「アイライナーの下まつ毛」で作るやり方

下まつ毛をアイライナーでちょい足し(写真:iStock)
下まつ毛をアイライナーでちょい足し (写真:iStock)

 まつ毛で目を大きくしたいけれど、まつ毛自体がない!という人におすすめなのが、アイライナーで描く下まつ毛テクです。ビューラーとマスカラでまつげを仕上げたら、下まつ毛で毛が足りないところに、細くアイライナーで下まつ毛を描いていきましょう。

 自然に見えるコツは、細いリキッドペンタイプのアイライナーを選び、ランダムに描いていくこと。5mm幅くらいで長めの下まつ毛を描いたら、間を短めのまつ毛で埋めていくようにしてみてください。本物の下まつ毛に見えますよ♡

3.「涙袋メイク」でデカ目にするやり方

 アイライナーやアイシャドウよりも厚化粧感がないのが、涙袋で作るデカ目メイクです。アイメイクを終わらせたら、涙袋のラインに沿って淡いピンクや微細なラメ、明るめのベージュなどのハイライトをほんのりのせていきます。

 続いて、薄い色味の細いアイライナーで黒目幅で涙袋の下にラインを引き、指で馴染ませたら完成です。ハイライトとアイライナーがセットになった便利な涙袋ライナーも販売されているので、ぜひチェックしてくださいね♡

4.「目頭切開風メイク」でデカ目にするやり方

目頭にラインを書き足して(写真:iStock)
目頭にラインを書き足して (写真:iStock)

 デカ目&キリッとした印象にしたいなら、目頭を切開したようなメイクもおすすめ。いつも通りのアイメイクが終わったら、最後の仕上げに目頭からさらに目頭の先端まで少しはみ出し気味にアイラインを引いてみましょう。

 そうすると、まるで目頭を切開したかのようなデカ目が作れます。ポイントは、ほんのりラインを書き足すこと。はみ出すラインが長くなるときつい印象になってしまうので、注意してくださいね!

ナチュラルなデカ目メイクをしたいなら肌馴染みを意識して

ナチュラルデカ目になれたかな?(写真:iStock)
ナチュラルデカ目になれたかな? (写真:iStock)

 自然なデカ目メイクをしたい人は、いかにそのメイクが「肌に馴染んでいるか」がポイントになります。ノーメイクの自分の顔と比較しながら、肌に馴染む色、肌に馴染むアイラインの引き方を意識して、自然なデカ目を手に入れてくださいね♡

ビューティー 新着一覧


韓国発タッセルカットが似合う人!タンバルモリとの違いは?
 今、韓国でじわじわと「タッセルカット」の人気が高まっています。でも、タッセルカットは個性的な髪型のため、自分の顔の形が...
胸が小さい=垂れる心配も少ない!“貧乳”こそのメリットあり
 体にまつわるコンプレックスは人それぞれ違います。中でも、胸の小ささをコンプレックスに感じている人は多いでしょう。でも、...
美肌を育てる!40代にぴったりな「ミニマルメイク」のすすめ
 40代を超えると、必要な物だけを厳選してシンプルに暮らしているミニマリストに憧れますよね! とはいえ、実際には生活の中...
美容院に行く前に読んで!夏のヘアカラーを長持ちさせるコツ
 夏場は髪色を明るく軽い色に変えたくなる人、実際に変えた人は多いのではないでしょうか。でも、そこで出てくる悩みが「ヘアカ...
コントロールカラーってなんぞ?メリット&選び方をおさらい
「コントロールカラーというアイテムは知っているけど、どうやって選んだらいいのかよくわからない……」と、購入を躊躇している...
【生理の腰痛】丸腰じゃ戦えない!自宅でできる腰痛の解決策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
日焼け止めの落とし方をおさらい 体もクレンジングするの?
 紫外線の強い季節に欠かせない日焼け止め。一日に何回も塗り直すわりには、クレンジングを適当にしてしまっている人も多いよう...
姑チェックは厳しいぞ! 帰省ネイルの注意点&好感度UPテク
 年末年始や夏休みになると、夫の実家に帰省する人も多いですよね。ここで意外と見落としがちなのが「帰省ネイル」。デザインに...
気を付けて! 令和版・ヤリモク男“ホイホイメイク”3つの特徴
「ヤリモク」とはその言葉の通り、最終的に“やる”のが目的の男の人のこと……。ちゃらちゃらした男をよく引き寄せてしまうとい...
拷問動画多すぎ!深夜の飯テロ対策5選、ドカ食いを回避せよ
 深夜に飯テロ番組や食欲をそそるようなSNSを見てしまい、空腹に悩まされた経験がある人は多いでしょう。ダイエット中の人に...
旅行で活躍の予感!雑誌の付録で「トラベルセット」まで完成
 雑誌の付録で、旅行セットが作れました♪  化粧水・乳液のセットはたっぷり使えるサイズで何泊でも使えそう。ヘアオイルと...
立派な二の腕をカバーする! 細見えノースリーブ着こなし5選
 夏の着こなしの定番アイテムといえば、涼しげに見えるノースリーブですよね。でも中には、「太い二の腕が気になるから、ノース...
ニオってる?夏の汗・皮脂が臭う原因と対策【部位別に解説】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
美容マニアも愛用!「炭酸パック」の魅力&使い方5ステップ
 女性はいくつになっても綺麗な肌に憧れるものですよね。年齢とともにすっぴんに自信を持てなくなる人は多いですが、でも、年齢...
自信過剰なの?すっぴん派が明かす「私がメイクしない理由」
 大人世代に突入して、若いころとは違って「メイクしないと出掛けられない」と感じ始めた女性が多いはず。  だからこそ、メ...
甘辛コーデは時代遅れ? おしゃれ女性が知ってるやり方はコレ
 キュートとクールを両立した甘辛コーデ。「何歳になってもかわいい服を楽しみたい」という女性にとって関心の高いスタイルでは...