パンプスで足が冷える…温める方法&おすすめアイテム4選

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2022-02-10 06:00
投稿日:2022-02-10 06:00
 パンプスは、女性にとってファッションに欠かせないアイテムのひとつです。しかし、長時間パンプスを履くと足が冷える……と悩んでいる人も多いそう。そこで今回は、体を温める方法や、パンプスで足が冷える人に役立つアイテムをご紹介します。

パンプスで足が冷える…体を温める4つの方法をチェック!

おうちではレッグウォーマーを使おう(写真:iStock)
おうちではレッグウォーマーを使おう (写真:iStock)

 体の中で、冷えを感じやすい「足元」。足元の冷えを解消するためには、体を温めることが大事なポイントになります。まずはじめに、足元を温める4つの方法をチェックしていきましょう!

1.「3つの首」を温める

 体の冷えを感じたとき、効果的な対策のひとつに、首・手首・足首の「3つの首」を温めるという方法があります。

 3つの首には血管が集中しているため、その部分をしっかり温めれば体全体がポカポカとしてきます。冷えを感じたときは、3カ所同時に温めるのが効果的ですよ。アームウォーマーやレッグウォーマーを活用してみましょう。

2. シャワーだけではなく湯船に浸かる

 忙しいと、ついシャワーだけで入浴を済ませてしまう日もあるでしょう。しかし、毎日シャワーだけの生活だと、体が冷えやすい状態に……。

 そのため、入浴をする際には、湯船に浸かってしっかり体の芯まで温めるのが◎ 特に冷えを感じた日は、湯船の中で足首をゆっくり回したり、足の指を動かしてみると、より効果を実感できるはずです。

3. 体を温めるメニューをチョイスする

 食べ物で体を温めるのも、足元の冷えに効果的な方法です。体を温めたいときには、温かい食べ物や飲み物をチョイスしましょう。料理に少量のスパイスを入れるのも効果的です。

 暑い季節にはつい冷たいものを摂りたくなってしまいますが、一年を通して体を温めるメニューを選ぶようにしましょう。

4. 運動で体を温める

 運動を習慣にすることも、足元の冷えを予防する対策です。足元が冷えてしまう原因のひとつが、血行不良だと言われています。

 定期的な運動によって、全身の血行が良くなり、足元が冷えにくい体に。中でも下半身の筋肉を鍛えるスクワットは足元の冷えに効果的なので、ぜひ試してみてくださいね。

パンプスで足元が冷える人必見! おすすめアイテム4選♡

見えないところで冷え防止!(写真:iStock)
見えないところで冷え防止! (写真:iStock)

 パンプスで足が冷える……と悩んでいる人に、ぜひ試していただきたいのが、足元の冷え対策アイテム。続いては、役立つ冷え対策アイテムをご紹介します。

1. つま先専用のインナーソックス

 「つま先専用のインナーソックス」は、その名の通り“つま先にかぶせるだけ”の不思議なソックスです。

 フィット感があり、ズレにくいのがこのアイテムの魅力のひとつ。とても薄いので、パンプスの際にも違和感なく使用できます。一枚プラスして履くと、足元の冷えを予防できますよ。

2. ボア付きフットカバー

 パンプスを履く際にフットカバーを使用している人も多いと思いますが、薄手のフットカバーでは足が冷えやすくなってしまいますよね。

 パンプスで足が冷える人は、足底にボアが付いている「ボア付フットカバー」を試してみてください。足の裏からじんわり温めてくれるので、冷えを気にせずパンプスを楽しめます。

3. 発熱タイツ

「発熱タイツ」は、寒さが厳しい冬場でもパンプスでファッションを楽しみたい人に嬉しいアイテムです。

 冷えやすい足元にはパイル生地が使用されているものが多く、足の冷えをしっかり予防してくれます。冬場のファッションに欠かせないアイテムのひとつになるはずですよ。

4. ルームブーツ&レッグウォーマー

 自宅にいるときには、くるぶしまであるルームブーツやレッグウォーマーでしっかり足元を温めましょう。

 普段からしっかり足元を温めておけば、冷えの防止にもつながりますよ。

パンプスで“足が冷える”と感じたらすぐに対策を!

一日頑張った足にはご褒美を♡(写真:iStock)
一日頑張った足にはご褒美を♡ (写真:iStock)

 冷えの対策は季節に関係なく、冷えを感じたときに行うものです。パンプスを履いているときに「足が冷える……」と感じたら、そのまま放置せず、すぐに今回ご紹介した対策法を試してみてくださいね!

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


プレ更年期って何?デリケートゾーンが痒い!【薬剤師監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
痛くない&疲れないサンダルの選び方 試着時のポイント4つ
 夏になると履きたくなるのがサンダル! デザインも可愛いものが多いですし、なにより通気性が良いので涼しく夏を過ごせますよ...
話題のオールインワンサプリ「TRIPLE ONE(トリプル・ワン)」を試してみた♡ 魅力&最新レビュー
「もっとキレイになりたい」「いつまでも若々しくいたい」と、美を追求する世の女性たち。美肌、美髪を目指すのはもちろん、スタ...
地雷メイクで警官から職質された!? 盛りすぎ失敗エピソード
「私の顔に何か付いてる?」と、気になってトイレに駆け込むと、とんでもないメイクの状態になっていたー! なんて経験は誰しも...
本当に「白髪を抜く」のはNG?黒髪に戻る可能性ってあるの?
アラサー&アラフォー世代になると、目立ちはじめる白髪。世間では「白髪を抜くと増える」「白髪を抜いたら禿げる」なんて噂もあ...
“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...