辛い冷え性に効くツボ6選!手軽なストレッチやマッサージも

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-11-25 06:00
投稿日:2020-11-25 06:00
 女性に多い「冷え性」。本当に辛いですよね。冷え性になると、冷え以外にも肩こりや頭痛、頻尿、不眠など、さまざまな症状を併発してしまうことがあります。そこで今回は、冷え性に効果的なツボやストレッチ、マッサージなどをご紹介します。ぜひ、チェックしてみてくださいね!

【基礎知識】知っておきたい冷え性のおもな原因

冷え性には辛い季節がやってきました(写真:iStock)
冷え性には辛い季節がやってきました (写真:iStock)

 冷え性と一口にいっても、その原因はさまざまです。まずは原因を知って、冷え性対策を行いましょう。

1. 自律神経の乱れが原因

 冷え性の原因で一番多いのが、自律神経の乱れによるものだと言われています。自律神経とは自分の意思とは無関係に1日中働き続けてくれている神経で、呼吸や体温調節、排泄などを調整しています。

 自律神経には交感神経と副交感神経という2つの神経がありますが、このバランスが崩れると体温調節の仕組みが上手く働かずに、手足の抹消血管まで血液を送ることができなくなり、手足が冷えてしまいます。

2. 低血圧&貧血が原因

 体の血液を全身に送る力が弱い「低血圧」の人や、血液の量が少ない「貧血」で血流が悪くなっている人も、冷え性になりやすい傾向にあるそうです。温かい血液を全身に送ることができないことで、体の末端が冷えてきます。

3. ホルモンバランスの乱れが原因

 女性ホルモンにはプロゲステロンとエストロゲンという2種類がありますが、思春期や妊娠・出産、更年期には、このホルモンのバランスが崩れやすく、冷え性になりやすいと言われています。特に、更年期には冷えとともにほてりを感じるのが特徴です。

 また、ホルモンバランスは、ストレスや不規則な生活によっても乱れやすいので注意が必要です。

即効性あり! 手で押せる冷え性のツボ3選

手のツボを刺激して足のひえを撃退!(写真:iStock)
手のツボを刺激して足のひえを撃退! (写真:iStock)

 それではさっそく、冷えに効くツボをご紹介しましょう! まずは、簡単に手で押せるツボからです。指でツボを押す時には、痛気持ちいいくらいの力加減で7秒かけてゆっくり押して離すのが基本。3〜5回程度、繰り返すと良いですよ。

1. 足腰の冷えに効くツボ「太谿(たいけい)」

【場所】「太谿」は、内くるぶしとアキレス腱の間にあるツボです。指を少しずつずらすと指が収まる窪みがあるので、探してみましょう。

【効果】足腰など、下半身の冷えに効果があります。また、若さを保つツボともいわれています。ほかにも、腎臓の機能を高める効果や、生理痛、生理不順の改善も期待できるでしょう。

2. 足の冷えに効くツボ「虎口(ここう)」

【場所】手の親指と人差し指の付け根、間にあるツボです。

【効果】足の冷えに効果的な「虎口」は自律神経を整えて血行を良くし、手足の冷えを改善する効果があります。不眠にも効果的なので、毎晩の習慣にすると良いですね。

3. 内臓の冷えに効くツボ「関元(かんげん)」

【場所】「関元」は、お腹の中心を縦になぞった線の上にあります。おへそから指4本分下のポイントを、ゆっくり押してみましょう。

【効果】体全身を温める効果があります。また冷え以外にも、月経不順や月経痛、頻尿や下腹部のハリなどにも効果的です。

お灸で本格的に刺激する冷え性のツボ3つ

お灸もおススメ(写真:iStock)
お灸もおススメ (写真:iStock)

 続いては、お灸を使って本格的に刺激する時におすすめのツボをご紹介します。お灸は、薬局などで買えるものを使うと便利。香りのするものや熱さの少ないものなど、いろいろな種類があります。

 一度に刺激するのは2〜3つくらいにして、深い熱さを感じたらすぐ外すようにしましょう。

血流から冷えを改善するツボ「太衝(たいしょう)」

【場所】「太衝」は、足の甲にあるツボです。足の親指と人差し指の間を甲のほうに撫でていくと、骨が交差する部分があります。そのあたりで、押すと痛いところが「太衝」です。

【効果】このツボは、血流を促しながら冷えを解消してくれるツボです。眼精疲労や肉体疲労、肝臓の疲れやストレスにも効果的です。ストレスによって、ホルモンバランスが乱れている人にもおすすめですよ。

ホルモンバランスや冷えに効くツボ「三陰交(さんいんこう)」

【場所】足の内くるぶしの骨から指4本文上にある、すねの骨のキワです。

【効果】「三陰交」は、婦人科系の万能のツボとも呼ばれています。冷えやむくみ改善、血流アップなど、婦人科系に役立つ嬉しい効果がたくさんあります。

全身の冷えに効くツボ「気海(きかい)」

【場所】「気海」は、おへそから指1本半下にあるツボです。

【効果】全身の冷えだけでなく、腰痛、生理痛、生理不順や便秘解消にも効果的です。両手の人指し指と中指の腹を添えて、ゆっくりじんわりと押し込みましょう。

ツボ以外にも! 冷えに効くマッサージ&ストレッチ

つま先立ちでふくらはぎの筋肉に刺激を(写真:iStock)
つま先立ちでふくらはぎの筋肉に刺激を (写真:iStock)

 最後に、冷えに効くマッサージ&ストレッチをご紹介します。どこでも簡単にできるので、覚えておくと役立ちますよ。

指組みマッサージ

 両手の親指以外の指を、第一関節のところで合わせます。そのまま親指を重ねてぎゅっと力を入れながら刺激しましょう。指先の血流がよくなると全身に血液が流れるため、体がポカポカしてきますよ。

つま先立ちストレッチ

 壁に両手を添えた状態で立ちます。かかとを上げてつま先立ちをしたら、10秒間キープして下ろしましょう。5回程度やるだけでふくらはぎの筋肉が収縮し、血液をポンプで送り出す力をアップします。

いつでも簡単! 手軽にできるツボ押しで冷えを解消♪

冷えを改善して冬に備えよう(写真:iStock)
冷えを改善して冬に備えよう (写真:iStock)

 ツボ押しは、仕事中や移動中、人と会話している時でもどこでも手軽にできるのが魅力です。ぜひ、普段の習慣にして、辛い冷えを改善してくださいね!

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


美容院に行く前に読んで!夏のヘアカラーを長持ちさせるコツ
 夏場は髪色を明るく軽い色に変えたくなる人、実際に変えた人は多いのではないでしょうか。でも、そこで出てくる悩みが「ヘアカ...
コントロールカラーってなんぞ?メリット&選び方をおさらい
「コントロールカラーというアイテムは知っているけど、どうやって選んだらいいのかよくわからない……」と、購入を躊躇している...
【生理の腰痛】丸腰じゃ戦えない!自宅でできる腰痛の解決策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
日焼け止めの落とし方をおさらい 体もクレンジングするの?
 紫外線の強い季節に欠かせない日焼け止め。一日に何回も塗り直すわりには、クレンジングを適当にしてしまっている人も多いよう...
姑チェックは厳しいぞ! 帰省ネイルの注意点&好感度UPテク
 年末年始や夏休みになると、夫の実家に帰省する人も多いですよね。ここで意外と見落としがちなのが「帰省ネイル」。デザインに...
気を付けて! 令和版・ヤリモク男“ホイホイメイク”3つの特徴
「ヤリモク」とはその言葉の通り、最終的に“やる”のが目的の男の人のこと……。ちゃらちゃらした男をよく引き寄せてしまうとい...
拷問動画多すぎ!深夜の飯テロ対策5選、ドカ食いを回避せよ
 深夜に飯テロ番組や食欲をそそるようなSNSを見てしまい、空腹に悩まされた経験がある人は多いでしょう。ダイエット中の人に...
旅行で活躍の予感!雑誌の付録で「トラベルセット」まで完成
 雑誌の付録で、旅行セットが作れました♪  化粧水・乳液のセットはたっぷり使えるサイズで何泊でも使えそう。ヘアオイルと...
立派な二の腕をカバーする! 細見えノースリーブ着こなし5選
 夏の着こなしの定番アイテムといえば、涼しげに見えるノースリーブですよね。でも中には、「太い二の腕が気になるから、ノース...
ニオってる?夏の汗・皮脂が臭う原因と対策【部位別に解説】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
美容マニアも愛用!「炭酸パック」の魅力&使い方5ステップ
 女性はいくつになっても綺麗な肌に憧れるものですよね。年齢とともにすっぴんに自信を持てなくなる人は多いですが、でも、年齢...
自信過剰なの?すっぴん派が明かす「私がメイクしない理由」
 大人世代に突入して、若いころとは違って「メイクしないと出掛けられない」と感じ始めた女性が多いはず。  だからこそ、メ...
甘辛コーデは時代遅れ? おしゃれ女性が知ってるやり方はコレ
 キュートとクールを両立した甘辛コーデ。「何歳になってもかわいい服を楽しみたい」という女性にとって関心の高いスタイルでは...
ほんのり&抜け感で男ウケ抜群! あざといアイメイクの方法
 一見、男ウケを狙っていない感じなのに、しっかり可愛い「あざとい女性」たち。男性からすると、がっつりメイクで“ウケを狙っ...
美胸の秘訣を伝授!女が輝ける「美しいおっぱい」の3大要素
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
女性ウケとは別なんです!“夫ウケメイク”で夫婦円満に
 頑張ってメイクをしているのに「夫に褒めてもらえない」と、不満を抱いている妻たちは多いようです。でも、もしかするとその原...