「カボチャの煮物」炊き込みご飯でリメーク 2022.3.30(水)

コクハク編集部
更新日:2022-03-30 06:00
投稿日:2022-03-30 06:00

カボチャの煮汁が残ってしまう問題

ごくごく飲むわけにもいかないし…(C)コクハク
ごくごく飲むわけにもいかないし… (C)コクハク

 多分に漏れず、「芋栗南瓜(いもくりなんきん)」が好きな女です。秋の味覚といわれるそれらの中でも、カボチャは一年中、スーパーに並んでいる頼もしいヤツ。国産のカボチャを見かけると買ってきては塩と砂糖と水でコトコト煮て、数日間かけてちまちまと食べるひとり暮らしの女です。

 そして、毎回おいしくいただくわけですが、実に悩ましいのが、煮汁。鍋や保存容器に残った煮汁を見るたびにもったいないなあと思うわけです。

炊き込みご飯にしよう!

カボチャはひと口大にカットして(C)コクハク
カボチャはひと口大にカットして (C)コクハク

 食材のうま味が出ている煮汁を洗い場で流してしまう暴挙は極力避けたい。かといって、そのまま飲むのは気が引ける。そんな煮汁問題に一石を投じたのが、炊き込みご飯です。

 炊き込みご飯は「魚介・肉・山菜などを入れ、味付けして炊いた御飯」(デジタル大辞泉)とあるようにとっても汎用性が高いのですが、具材の組み合わせは、一歩間違えると男女の相性のように大ゲンカとなり、修復不能になることも……。

 この日は冷蔵庫にベーコン、コーンの缶詰を見つけ、〈ととのった……〉とほくそ笑む筆者。

唯一気を付けるのは「水加減」

炊飯ジャーの蓋を開けるときのわくわくたるや…(C)コクハク
炊飯ジャーの蓋を開けるときのわくわくたるや… (C)コクハク

 カボチャ煮自体に水分を含んでいるので、煮汁+水の“合わせ汁”は、炊飯器のクセにもよりますが、白飯の時より気持ち控えめにし、米と合わせ汁を入れた炊飯ジャーの中に材料をポンポンと入れていくだけ。あとは、ポチッとスイッチのボタンを押せば、簡単でおいしい煮物リメークの炊き込みご飯のできあがりです。

 とはいえ。2合分の炊き込みご飯はさすがに食べきれません。1食分ずつ小分けにしてラップし、粗熱が取れたら冷凍庫へイン。数日間かけてちまちまとカボチャの煮物を食べた後、また数日間かけてちまちまとカボチャの煮物を使った炊き込みご飯をいただくひとり暮らしの女です。

 あー、幸せ。

(編集O)

カボチャの煮物を使った炊き込みご飯

こしょうを振りかけてもグー(C)コクハク
こしょうを振りかけてもグー (C)コクハク

【材料】
・米 2合
・カボチャの煮物 適量
・カボチャの煮汁+水 380㏄
・顆粒だし(洋風) 大さじ2分の1
・ベーコン…2枚
・コーン(缶詰) 60グラム
・お好みでバター (8グラム)

 ※詳しい作り方はこちらで掲載しています。

関連キーワード

フード 新着一覧


「干しダラのきんぴら」常備菜の代表格を酒好きが作ったら…
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「キノコ入りTKGと味噌汁」食感とコク、最強の卵かけご飯!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのピクルス」上品な酸味が白ワインと相性◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのカツ」サクサク&ジューシーの秘密は?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのラクレット焼き」きのこ×チーズ、最強!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「ひらひらマッシュルームサラダ」スライサーでアッという間
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
【KALDI】“ぬって焼いたらメロンパン” 実食 2022.5.6(金)
 世の中の食いしん坊のハートをがっちり掴んで離さない輸入食品店「カルディ」。色とりどりのおいしそうな食品たちに目を奪われ...
「あかね和牛モモ肉のビステッカ」トースターで焼くのがコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「真鯛のミラノ風カツレツ」溶き卵+粉チーで一気にプロ級!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「瀬戸内レモンのクリームソーススパゲティ」ゆで方は4分の3
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「新玉ネギと野菜のピクルス」最強常備菜、作るなら今でしょ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「牛タンの塩糀漬け」アレンジ無限大!驚くべき“こうじ”の力
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「モモ肉の昆布締め」特売品&冷蔵庫の片付けにもなるなんて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「自家製コンビーフ」脂っぽくない!ハーブと香味野菜がgood
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「おからのお好み焼き」にハマってます! 2022.4.26(火)
 あらゆるものが値上げとなり、ひーひー言っております。なんでも“食卓の優等生”であるもやしも、値上げの危機にさらされてい...
「真子ガレイのムニエル」ゴージャスな見た目でホムパにも◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は千葉・流山のフランス料理店「CONCERTO」の...