諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2022-04-30 06:00
投稿日:2022-04-30 06:00
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女性を色っぽく魅力的に見せてくれるため、気になりますよね! ……とはいえ、主張の強い赤を使いこなすのは難しいと諦めている人もいるのではないでしょうか。
 今回はそんな女性のために、赤メイクを自然に仕上げるやり方をご紹介します!

やり方の前に…赤メイクは大人女子でも似合う?

艶っぽ赤メイクに挑戦(写真:iStock)
艶っぽ赤メイクに挑戦 (写真:iStock)

 赤メイクが気になってはいるけど、アラサー&アラフォー世代になって赤メイクをするのは「痛いかも?」なんて思っていませんか。結論からいえば、まったくそんなことはありません!

 むしろ、赤メイクは、上手にメイクすれば大人女子の色気や魅力、透明感を最大限活かしてくれる色といっていいでしょう。さらに、マスクで目元から下が隠されている今、血色感を見せるのに目元の赤色はとても役立つんです! ぜひ大人女子こそ、挑戦してみてくださいね。

【アイシャドウ編】自然な色気を出せる! 赤メイクのやり方

 それではさっそく、赤メイクのやり方をチェックしていきましょう! まずは、アイシャドウに赤メイクを取り入れる際のやり方とコツからご紹介します。

色は「赤みブラウン」を使う

赤みブラウンをチョイス(写真:iStock)
赤みブラウンをチョイス (写真:iStock)

 今までなかなか赤メイクにトライできなかった人は、鮮やかな赤のアイシャドウではなく「赤みブラウン」を選んでみましょう。深みのある赤なので、奇抜に浮き過ぎずに赤メイクが自然に仕上がります。

アイシャドウは「アイホール全体」には塗らない

アイホール全体に塗るのはNG(写真:iStock)
アイホール全体に塗るのはNG (写真:iStock)

 赤メイクで失敗してしまう人の多くは、赤いアイシャドウをアイホール全体に塗ってしまうようですが、これはNG。赤という色の特徴から、どうしても殴られて腫れたような印象になってしまいます。

 一重の人はどうしても腫れぼったく見えてしまうため、基本的に目尻のみに塗るのがポイントです。また、二重の人は目頭は薄く目尻を濃くグラデーションにしながら、二重幅のみに塗るようにしましょう。

「赤アイライナー」と「赤マスカラ」からはじめる

まずはマスカラから(写真:iStock)
まずはマスカラから (写真:iStock)

 どうしても赤いアイシャドウに抵抗がある人は、アイライナーやマスカラで赤を取り入れるのもコツのひとつ。

 アイシャドウは使い慣れたピンクやベージュなど肌馴染みの良い色を使っていても、アイライナーとマスカラで赤をチョイスするだけで立派な赤メイクになります。雰囲気も変わるので、ぜひここから挑戦してみるといいかもしれませんね。

ビューティー 新着一覧


あざとい女からメイクテクだけ拝借!“全パーツ”勉強になるわ
 みなさんの周りには計算し尽くされたあざとい女性はいませんか? メイクやファッションだけでなく喋り方や振る舞いまで、あざ...
40代女の“低身長”は武器にもなる! 悩み克服コーデ鉄則5カ条
 低身長な40代女性は、「自分に自信が持てない」「似合う服がなかなか見つからない」と悩みを抱えている人が多いようです。で...
「オバ見え」警報発令中! いまさら聞けない服選びの注意点
 鏡の中の自分の姿を見て「前より老けて見えるかも……」と感じたことがある人も多いのではないでしょうか。今回は、オバ見えフ...
【洗面台問題】歯磨きグッズの見直しでシンプルに格上げ♪
 シンプルでスッキリとした洗面台に憧れているのですが、どうすればオシャレに見えるのでしょうか?  備え付けの洗面台を交...
シミ!シワ!鏡見て溜息…老化を予防するアスタキサンチン!?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
ドライシャンプーは毎日使ってOK?意外なデメリットを解説
 入院中や災害時に役立つ「ドライシャンプー」は、汗をかく仕事の人や多忙を極める人に「とても便利!」と大人気ですよね。でも...
年間100種類超を使用!時短美容家「ガチ推し」シャントリ3選
 おさまらない物価高への悲鳴が、あちらこちらから聞こえている昨今。日用品に、これまで以上の節約意識を向けている人も少なく...
こんなご時世こそ…40代必見「お金をかけない美容法」総点検
 40代女性は、仕事、家事、育児と本当に多忙ですよね。エステに行く時間もないので、気がつけば自分の美容なんてほったらかし...
今こそ一点投入!アラフォーに推す「刺激少なめコスメ」2品
 気候が安定しないと、お肌の調子も狂いますよね。大事な予定を控えているのに肌荒れやくすみが消えないままだとテンションもダ...
自分のカラダを「がん」から守るために正しい情報を知ること、備えること、できていますか?~10.25(火)乳がんオンラインイベント開催
 日本人女性が生涯に患う最も多いがんは何だと思いますか。「乳がん」です。2018年には新たに約9万4000人が罹患し、全...
そりゃ痩せないわ! ダイエット失敗談から学ぶ「2つの原因」
「ダイエットをしても、いつも必ず失敗してしまう」と、痩せられないことに悩んでいる人は多いようです。なぜ、みんななかなか痩...
体臭・香水など職場のスメハラ問題 賢く解消する4つの対策
 〇〇ハラスメントという言葉が流行っていますが、中でも臭いで周囲を不快にさせる「スメルハラスメント」は、センシティブな内...
「前髪切りたい」衝動の理由…伸ばしたい人必見“対処法”4選
 前髪をある日突然、切りたくなる人って案外多いと思います。伸ばしかけていたとしても、計画的ではなく「衝動的」に切ってしま...
夫が求めても無理!倦怠感をなくす更年期の心得~専門家監修
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
適当接客にイラッ…美容院を変えたいけどメリットはある?
 長年、同じ美容院に通っている人は多いですよね。でも、中にはだんだん違和感や不満を感じて美容院を変えたいと考えるようにな...
「写真が苦手」を克服!デジタル時代を生き抜くちょい盛りメイク術
 デジタルが進化した今の時代、写真撮影はとても身近になっています。でも中には、「いつも写真写りが悪い」「顔に自信がないか...