美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法

並木まき ライター・エディター
更新日:2022-05-03 06:00
投稿日:2022-05-03 06:00
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけに、美容ルーティンの見直しをしたいタイミングでもあります。
 この時期、筆者のもとにいただく質問には「忙しい毎日でも時短を意識しながら日常の美容をランクアップするためには、どうすれば?」というものも多いので、今回はそんな疑問をズバッと解決。自分で簡単にできる方法で、この時期の美容を格上げする方法をお話します。

1:「不足しそうなもの」はサプリメントで補う

<画像は左からオメガ3系脂肪酸を摂れる「エルベ・プランズ DHA・EPA含有加工食品」、オメガ3系脂肪酸に加えコラーゲン・プラセンタ・ビタミンC・L-シスチンなど美容成分も摂れる「ベルタ ベルタママリズム」、アミノ酸の一種であるリジンが摂れる「ドリームチーム L-リジン加工食品」>(C)コクハク
<画像は左からオメガ3系脂肪酸を摂れる「エルベ・プランズ DHA・EPA含有加工食品」、オメガ3系脂肪酸に加えコラーゲン・プラセンタ・ビタミンC・L-シスチンなど美容成分も摂れる「ベルタ ベルタママリズム」、アミノ酸の一種であるリジンが摂れる「ドリームチーム L-リジン加工食品」> (C)コクハク

 季節の変わり目のウジウジとした気分やちょっとした体調不良は、食生活によって改善が狙えることも多々!そこで筆者は、この時期には自分が「不足しそうなもの」をサプリメントで補うよう心がけています。

 サプリメントは「続けてこそ」の美習慣ですが、案外と即効性を実感できることも多く、とりあえず良さそうなものを直感で摂り入れるだけでも違いを感じています。

 オメガ3系脂肪酸は、もともと肌荒れ予防が目的でしたが、摂り始めてから体重も減りやすくなってご機嫌に。オメガ3系脂肪酸サプリメントは、美容効果をより高めたいときとシンプルに済ませたいときで使い分けています。

 リジン系サプリメントは、肌状態が不安定になったり疲れ顔を感じたりしたときに。食生活では補いきれない栄養を摂れているのか、こちらは生理前によく出ていた口角炎が出にくくなった気もしています。

2:美白コスメは「乳液タイプ」からスタート

<使用感がサラリとしていて春先に使いやすい乳液「ディオール プレステージ ホワイト リンクル エマルジョン ルミエール [医薬部外品]」>(C)コクハク
<使用感がサラリとしていて春先に使いやすい乳液「ディオール プレステージ ホワイト リンクル エマルジョン ルミエール [医薬部外品]」> (C)コクハク

 気温が上がると気になり始めるのが、美白ケア。美容液やクリームなどたくさんの商品がありますが、冬から春へ変わるタイミングでは、まだまだ寒かったり湿度が不安定だったりする日も多いため、美容液やクリームだと軽すぎたり重すぎたりすることも。そのため筆者はこの時期には、乳液タイプの美白コスメが重宝しています。

「ディオール プレステージ ホワイト リンクル エマルジョン ルミエール」は、クリームよりベタつきにくく美容液よりラップ効果が期待でき、美白(※メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと)、シワ改善、肌荒れ防止の3つの効能効果で医薬部外品の承認を受けている実力コスメ。使った直後から肌感が上がる気がしていて、こちらを摂り入れるだけでデイリースキンケアが一気に格上げされました。

 これから夏へと向かっていくにつれて、美白コスメを徐々に足していくのが筆者流です。

3:「くすみ」を飛ばすのにラメを活用

<左から深みのあるパープルが今っぽい「フーカルーア 9色アイシャドウパレット【#07タロパイ】」、デイリーユースしやすいピンクベージュの「ガールカルト 山海シリーズ 4色アイシャドウパレット【綿綺夢】」>(C)コクハク
<左から深みのあるパープルが今っぽい「フーカルーア 9色アイシャドウパレット【#07タロパイ】」、デイリーユースしやすいピンクベージュの「ガールカルト 山海シリーズ 4色アイシャドウパレット【綿綺夢】」> (C)コクハク

 どんなにスキンケアを頑張っても、日によっては顔に疲れや“くすみ”が見え隠れすることもありますよね。季節の変わり目には特に、顔色がすぐれなかったり目元が朝からぼんやりした印象だったりすることも多いと思います。

 筆者は、そんな日のメイクでは、目元に“ラメ”を取り入れてキラキラパワーで疲れた印象を払拭します。特に重宝しているのは中国コスメのラメ感。国内や欧米のコスメよりもラメの印象が強く、キラキラが出やすいのが便利です。

 天候や体調によっては、アイメイクをしたせいでかえって目元の疲れが強調されることもありますが、ラメをまぶたに加えると光のおかげでヘルシーかつ女性らしい目元に。春っぽい季節感も出しやすく、この時期のメイクには特に欠かせない存在になっています。

  ◇  ◇  ◇

 今のシーズンは、肌不調やメイクのりの悪さに悩む人も増えるタイミングです。エステティックサロンに行ってスペシャルケアをするのももちろん素敵だけれど、毎日の美容をちょっと見直すだけでも、季節の変わり目に負けない自分に。春らしい肌とメイクで、すこやかな毎日を過ごしたいですよね。

(※筆者注:掲載している画像、使っているコスメは筆者の私物です。文中の効果は、筆者の個人的な感想です。)

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


プレ更年期って何?デリケートゾーンが痒い!【薬剤師監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
痛くない&疲れないサンダルの選び方 試着時のポイント4つ
 夏になると履きたくなるのがサンダル! デザインも可愛いものが多いですし、なにより通気性が良いので涼しく夏を過ごせますよ...
話題のオールインワンサプリ「TRIPLE ONE(トリプル・ワン)」を試してみた♡ 魅力&最新レビュー
「もっとキレイになりたい」「いつまでも若々しくいたい」と、美を追求する世の女性たち。美肌、美髪を目指すのはもちろん、スタ...
地雷メイクで警官から職質された!? 盛りすぎ失敗エピソード
「私の顔に何か付いてる?」と、気になってトイレに駆け込むと、とんでもないメイクの状態になっていたー! なんて経験は誰しも...
本当に「白髪を抜く」のはNG?黒髪に戻る可能性ってあるの?
アラサー&アラフォー世代になると、目立ちはじめる白髪。世間では「白髪を抜くと増える」「白髪を抜いたら禿げる」なんて噂もあ...
“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...