ブーム到来!「オルソー」の台湾ワンタン♡ 2022.5.24(火)

コクハク編集部
更新日:2022-05-24 06:00
投稿日:2022-05-24 06:00

「台湾フード」ブーム、来てます

メニューに「青菜炒め」(右)があると頼まずにはいられません…(C)コクハク
メニューに「青菜炒め」(右)があると頼まずにはいられません… (C)コクハク

 台湾ブーム、本格到来!? 最近巷では、台湾フードの本格的な風が吹いているようです。

 台湾カステラの“元祖大本命”が日本に初上陸したと聞けば、心がざわつき、仕事が手につかず、行列に並ぶのも苦にならない食いしん坊です(30分以上並ぶ行列は、躊躇し出す軟弱なタイプではあります)。

 先だっては、よく行くベルギービールのお店で「Oさんって、ほんとミーハーだよね」と年下女子のSちゃんに鼻で笑われました。そうですよ、おねーさんはね、ミーハーな食いしん坊なのですよ。

 と開き直ったところで、前々から気になっていた東京・白山にある「also(オルソー)」に行ってまいりました。

台湾ワンタン、台湾ワンタン、台湾ワンタン!

「エビニラワンタン」はぷりっぷり(C)コクハク
「エビニラワンタン」はぷりっぷり (C)コクハク

 看板メニューは、台湾ワンタン。台湾ワンタン、なんて素敵な響きなのでしょう。何度でも言いたくなります、台湾ワンタン。

 ワンタンといえば、小さな具をお上品に包んで麺と一緒に、あるいはスープにひらひらと浮かんでいるイメージですが、こちらの台湾ワンタンはむっちり。どちらかといえば、水餃子に近いビジュアルで食べ応えがあります。

 まずオーダーしたのが、限定(!)の「エビニラワンタン」(4個680円=税別・以下同)。湯気が立つ、あっつあつが運ばれてきました。

 ふぅふぅーっと冷ましたところで、ひと口でパクッ(小さなお口の方だと、ひと口では難しいかもしれません)。

 うまみたっぷり、それでいて、ジューシー!

 東京メトロ江戸川橋駅近くにある水餃子がウリの“台湾ストリートフード”の店「フジ コミュニケーション」の姉妹店だけあって、飲茶のクオリティーは織り込み済み。ノーマルな「台湾ワンタン 豚肉」(4個550円)もぜひ注文して、食べ比べてみてください。

 なかでも、豚肉×黄ニラの「オリジナル水餃子」(6個790円)は必食したい一皿。水餃子はワンタンより皮が厚め。しょう油など調味料類はつけず、小麦粉の味わいと肉や素材の持ち味を、ああ十二分に味わってほしい……。

スナック感覚の台湾唐揚げ

「台湾クリスピー唐揚げ」現地のお総菜袋らしきものに入って登場。楽しい演出!(C)コクハク
「台湾クリスピー唐揚げ」現地のお総菜袋らしきものに入って登場。楽しい演出! (C)コクハク

 台湾ワンタンや水餃子以外の一品メニューも充実。たとえば、「台湾クリスピー唐揚げ」(700円)は台湾ワンタン同様、お店の売りの一つであるクラフトビールが進みます。カリッ、サクッと軽めの唐揚げで、五香粉の香りがまた食欲をそそること。

 この日は女性2人で訪れたのですが、ワンタン2種、水餃子1種、一品料理あれこれと、デザートまで“完走”。適度なポーションなので、いろいろ楽しめます。

 それでも心残りがひとつ。多くのテーブルでオーダーされていた「ビーフン炒め」(880円)は逃してしまい……次回、絶対に注文します!

使い勝手もグー

注文はQRコードから。コロナ以降、この手のオーダー増えてますよね。写真奥が「オリジナル水餃子」です(苦笑)/(C)コクハク
注文はQRコードから。コロナ以降、この手のオーダー増えてますよね。写真奥が「オリジナル水餃子」です(苦笑) /(C)コクハク

 客層は女性のひとり客、カップル、上司と中堅と若手らしき仕事帰りの男性グループなど、バラエティーに富んでいました。手頃な価格帯なので、使い勝手もグー。間違いなく、損はないお店です。自宅や会社近くにあると、間違いなく頼もしい……。

「ま、わざわざでも食べに来るんですけどねっ」と、再訪を心に誓い、お店をあとにしたのでした。

真似っこしたくなるテーブルセッティング(C)コクハク
真似っこしたくなるテーブルセッティング (C)コクハク

台湾ワンタン専門店&クラフトビール「also(オルソー)」
address:東京都文京区白山5-32-13

(編集O)

関連キーワード

フード 新着一覧


【セブン】「明太子おむすび」の圧がすごい 2022.7.2(土)
 みなさん、おむすびで一番好きな具は何ですか? 筆者は断然、明太子! 食感と辛味が米によく合うんだな。そんな明太子好きに...
レモンとお酢でキレイになろう!美容やダイエットにもグー♪
 毎日の生活にレモンとお酢を取り入れて、ラクしてキレイになりましょう! 暑い日々になってからはホットドリンクではなく、冷...
canちゃん 2022-07-01 06:00 フード
「野菜のスープ 黒豚のしゃぶしゃぶのせ」ワンランク上の味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「フレンチ割烹ドミニク・コルビ」のド...
「さつま黒酢ブリとかぶのエミュルション」まるでお花畑!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「フレンチ割烹ドミニク・コルビ」のド...
「喜ばれるお菓子」の定義を考えてみた 2022.6.23(木)
 おいしいお菓子をいただきました(ありがたや~)。それからというもの、以前にも増して「贈り物上手」になりたいと考えるよう...
「霧島サーモンのマリネ」季節の野菜で作ったソースを添えて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「フレンチ割烹ドミニク・コルビ」のド...
ファミマの本気度すげえ!「ファミマ・ザ・クレープ」実食 2022.6.20(月)
 ファミリーマートが誇る、累計6200万食突破の大ヒット「ファミマ・ザ・シリーズ」から、待望の新作スイーツが登場します。...
「豆アジの丸ごとカルピオーネ」すし酢で超絶簡単に南蛮漬け
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・渋谷のイタリアン「Petalo」の酒匂駿佑...
「超簡単ポテトサラダ」NO作り置き!“5分で完成”時短レシピ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
超人気!ボンボローニを確実に購入するなら 2022.6.13(月)
「本日、完売となっております……」  ガーーーン! という冒頭から失礼をいたします。 「食」に限っては、流行...
「ジャガイモとアンディーブのグラタン」フランスの家庭料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・祖師ヶ谷大蔵のイタリアン・フレンチレストラ...
【フォカッチャ】初めてのパン作りに挑戦! 2022.6.7(火)
 最近、SNSでパン作りが流行っていますよね。ツヤツヤのパン種の動画を、ず~っと見ているとマネして作りたくなるもの。今回...
「季節の野菜のコンポテ」バターと野菜の甘みが溶けたスープ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・祖師ヶ谷大蔵のイタリアン・フレンチレストラ...
門前仲町のスーパーの屋上がビール天国な件 2022.6.4(土)
 いつの間にやら6月に。暑すぎず、寒すぎず、長かった花粉地獄も終わったこの季節が一番好きです。新緑も青空もキラキラまぶし...
「タルトフランベ風トースト」塗って焼くだけ!朝ごはんにも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・祖師ヶ谷大蔵のイタリアン・フレンチレストラ...
数量限定の気仙沼クリームサンドに出会った…2022.6.2(木)
「ご当地」と「数量限定」に心が躍る皆さま、情報を共有させてください!  秋葉原駅電気街口から徒歩1分、高架下にある...