ブーム到来!「オルソー」の台湾ワンタン♡ 2022.5.24(火)

コクハク編集部
更新日:2022-05-24 06:00
投稿日:2022-05-24 06:00

「台湾フード」ブーム、来てます

メニューに「青菜炒め」(右)があると頼まずにはいられません…(C)コクハク
メニューに「青菜炒め」(右)があると頼まずにはいられません… (C)コクハク

 台湾ブーム、本格到来!? 最近巷では、台湾フードの本格的な風が吹いているようです。

 台湾カステラの“元祖大本命”が日本に初上陸したと聞けば、心がざわつき、仕事が手につかず、行列に並ぶのも苦にならない食いしん坊です(30分以上並ぶ行列は、躊躇し出す軟弱なタイプではあります)。

 先だっては、よく行くベルギービールのお店で「Oさんって、ほんとミーハーだよね」と年下女子のSちゃんに鼻で笑われました。そうですよ、おねーさんはね、ミーハーな食いしん坊なのですよ。

 と開き直ったところで、前々から気になっていた東京・白山にある「also(オルソー)」に行ってまいりました。

台湾ワンタン、台湾ワンタン、台湾ワンタン!

「エビニラワンタン」はぷりっぷり(C)コクハク
「エビニラワンタン」はぷりっぷり (C)コクハク

 看板メニューは、台湾ワンタン。台湾ワンタン、なんて素敵な響きなのでしょう。何度でも言いたくなります、台湾ワンタン。

 ワンタンといえば、小さな具をお上品に包んで麺と一緒に、あるいはスープにひらひらと浮かんでいるイメージですが、こちらの台湾ワンタンはむっちり。どちらかといえば、水餃子に近いビジュアルで食べ応えがあります。

 まずオーダーしたのが、限定(!)の「エビニラワンタン」(4個680円=税別・以下同)。湯気が立つ、あっつあつが運ばれてきました。

 ふぅふぅーっと冷ましたところで、ひと口でパクッ(小さなお口の方だと、ひと口では難しいかもしれません)。

 うまみたっぷり、それでいて、ジューシー!

 東京メトロ江戸川橋駅近くにある水餃子がウリの“台湾ストリートフード”の店「フジ コミュニケーション」の姉妹店だけあって、飲茶のクオリティーは織り込み済み。ノーマルな「台湾ワンタン 豚肉」(4個550円)もぜひ注文して、食べ比べてみてください。

 なかでも、豚肉×黄ニラの「オリジナル水餃子」(6個790円)は必食したい一皿。水餃子はワンタンより皮が厚め。しょう油など調味料類はつけず、小麦粉の味わいと肉や素材の持ち味を、ああ十二分に味わってほしい……。

スナック感覚の台湾唐揚げ

「台湾クリスピー唐揚げ」現地のお総菜袋らしきものに入って登場。楽しい演出!(C)コクハク
「台湾クリスピー唐揚げ」現地のお総菜袋らしきものに入って登場。楽しい演出! (C)コクハク

 台湾ワンタンや水餃子以外の一品メニューも充実。たとえば、「台湾クリスピー唐揚げ」(700円)は台湾ワンタン同様、お店の売りの一つであるクラフトビールが進みます。カリッ、サクッと軽めの唐揚げで、五香粉の香りがまた食欲をそそること。

 この日は女性2人で訪れたのですが、ワンタン2種、水餃子1種、一品料理あれこれと、デザートまで“完走”。適度なポーションなので、いろいろ楽しめます。

 それでも心残りがひとつ。多くのテーブルでオーダーされていた「ビーフン炒め」(880円)は逃してしまい……次回、絶対に注文します!

使い勝手もグー

注文はQRコードから。コロナ以降、この手のオーダー増えてますよね。写真奥が「オリジナル水餃子」です(苦笑)/(C)コクハク
注文はQRコードから。コロナ以降、この手のオーダー増えてますよね。写真奥が「オリジナル水餃子」です(苦笑) /(C)コクハク

 客層は女性のひとり客、カップル、上司と中堅と若手らしき仕事帰りの男性グループなど、バラエティーに富んでいました。手頃な価格帯なので、使い勝手もグー。間違いなく、損はないお店です。自宅や会社近くにあると、間違いなく頼もしい……。

「ま、わざわざでも食べに来るんですけどねっ」と、再訪を心に誓い、お店をあとにしたのでした。

真似っこしたくなるテーブルセッティング(C)コクハク
真似っこしたくなるテーブルセッティング (C)コクハク

台湾ワンタン専門店&クラフトビール「also(オルソー)」
address:東京都文京区白山5-32-13

(編集O)

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

フード 新着一覧


ちょい面倒でも高野豆腐は必須!「高野豆腐の揚げ浸しと牛肉の治部煮」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座の「牛肉割烹 汐華」の五味誠治さんに、...
“366日”休肝日ナシでも悪酔いせず!鉄板の2日酔い対策~ワインプロ実践
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-05-22 06:00 フード
600円は高い?安い?実力派ジェラートを実食「1つだけ」気になったこと
 5月だというのに東京は24度…。ぽかぽか陽気の日はアイスが欲しくなりますよね。東京・阿佐ヶ谷に“行列のできるジェラート...
【ルポ】「ファミチキ おむすび」完食→無性にファミチキ食べたくなる謎
 ファミリーマートから新おむすびが爆誕しました!  その名も「サンドおむすび ファミチキ」。そう、みんな大好きファ...
デザート? ツマミ?絶妙なパルミジャーノが香るオトナのチーズケーキ♡
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・茅場町の「ギョバー茅場町店」の菊地博さんと...
下茹で2分、煮込み2分!「鶏レバーの甘辛煮」は火入れが命
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座の「牛肉割烹 汐華」の五味誠治さんに、...
値上げ前に買う【ワインプロ選】地上最強1000円台チリ産赤ワインはコレ
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-05-08 06:00 フード
BBQに憧れる40女、ほりにしコラボの日清焼そばU.F.O.に焦げ野菜をIN
 はい、GWも終わりましたね。なんですか、世間では10連休取れた方もいらっしゃるとか? 羨ましい限りですなあ。うん、普通...
コリコリじゃなくてムニュ!?「ピーマン砂肝炒め」は火加減がキモ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・富士見ヶ丘の「HONGKONG DININ...
レモンの風味が初夏にピッタリ「ヤム・プラームック」でビールをグビリ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「オールドタイランド」のウィラサック...
【新宿参戦】評判の餃子食べ放題&のみほ!40女達は2時間で何個平らげた
 今月からコクハク編集部に新しい仲間が増えました。記念すべき第1回作戦会議の場は、東京・新宿西口のネオン街。 「いい企...
揚げエビ×ニンニクは正義!「クンニム・ガティアム」辛みが苦手な人も◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「オールドタイランド」のウィラサック...
KALDIの特売白ワインが神旨!たまごサンドに合うワインってどんな味?
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-04-24 06:00 フード
JR新宿駅構内イイトルミネで大行列!「羅家 東京豚饅」は何十分並ぶ
 都内話題のグルメスポットといえば、ここ。4月17日にオープンしたばかり、JR新宿駅のエキナカ商業施設「イイトルミネ(E...
飲みながら作っちゃう? タイ版“酔っ払い炒め”こと「パッキーマオ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「オールドタイランド」のウィラサック...
タイ風鶏から揚げ「ガイ・ガティアム」ビールが止まらない!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「オールドタイランド」のウィラサック...