余り野菜がごちそうに「季節の野菜とベーコンのキッシュ風」

コクハク編集部
更新日:2019-06-06 20:19
投稿日:2019-05-22 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は北海道・札幌の居酒屋「澤」の西澤一暢さんに、野菜たっぷりで見た目もかわいい「季節の野菜とベーコンのキッシュ風」のレシピを教えていただきました。
合うお酒=スパークリングワイン(C)コクハク
合うお酒=スパークリングワイン (C)コクハク

「パイ生地やタルト生地を作る手間を省き、ベーコンスライスを代用としたキッシュ風料理。使うのは、冷蔵庫に眠っている野菜やキノコ類など、何でもオッケーです」

 北海道で採れるグリーンアスパラは、今が旬。香りと食味の良さが特徴的で、昼夜の寒暖差が甘さとうま味を増してくれるとのこと。牛乳と乳製品も、道内ブランドの代表格です。生乳生産量は全国シェア53%というだけあって、スイーツやデザート類も大人気。店内でもアイスクリームとパイ生地を使ったデザートは、食後に欠かせない一品になっています。

「焼き上がったら、適当にカットし、皿に盛り分けてください。これからの季節は、少し冷やしてもおいしいですよ」

 タルト型はレシピでは22センチ型を使いますが、100円ショップで購入できるものでもOK。ただし、分量には注意してくださいね。

 合わせるのは、スパークリングワイン。スペインのカヴァはコスパが最高。白ワインならフルーティーなシャルドネ、辛口の日本酒とも相性ばっちり。今やすっかり食中酒のハイボールもオススメ。炭酸のさわやかさと、ほんのりした甘味、苦味が絡み合って、料理を引き立ててくれます。一口飲むたびにリセット可能でお酒もお箸もすすむこと請け合いです。

【材料】

(4~5人前) 

(A)
・キャベツ 6分の1個
・アスパラ 2本
・ナス 1本
・しめじ 半株
・オリーブ油 適量
※タルト型(直径22センチ)1個

(B)
・ベーコンスライス 200グラム

(C)
卵液(クリームソース)
・生卵 2個
・生クリーム 1カップ
・牛乳 1カップ
・塩 少々
・ブラックペッパー 少々

<付け合わせ>
・セルフィーユ(チャービル) 適量
・ミニトマト 適量

【レシピ】

 

1. (A)のキャベツは太めに千切りし、アスパラは半分くらいから下の皮をピーラーですき、適当な大きさに斜め切りする。ナスは縦に割って厚めのハスに切る。しめじは根を切り、ほぐしておく。
2. (C)はボウルに卵を割りほぐし、生クリーム、牛乳を加えて泡立て器でよく混ぜ合わせる。塩、ブラックペッパーを加えて調味する。
3. タルトの型にオリーブ油を塗り、(B)のベーコンスライスを底と周りに円を描くように敷き詰め、①の野菜類をまんべんなく詰めながら盛り込む。
4. 3に2の卵液を流し入れ、180度に熱したオーブンで40分焼く。
5. 焼き上がりに付け合わせの野菜を飾れば完成。

本日のダンツマ達人…西澤一暢さん

▽にしざわ・かずまさ
 1978年、北海道旭川市生まれ。中学卒業後、料理好きな父親の影響もあり、この世界に飛び込む。北海道内のホテルや飲食店で17年間修業し、料理長、店長を経て独立。2012年5月11日、全国から舌の肥えた人間が集まるすすきのに「澤」をオープンした。日本料理の専門調理師および調理技能士(厚生労働省認定)の資格を持つ。

▼さわ
 修業中の店で出合ってほれ込んだSPF(特定病原体不在)ポークのオリジナルブランド「ひこま豚」(北海道森町産)を使って、25種類の料理を提供している。同店ソムリエの三上健太さんが、地元の旬な魚介類や野菜を使った料理に合わせ、ワインや日本酒、焼酎を厳選して用意。“ひこま豚とまごころ料理”を看板に、来客の笑みがこぼれ、かつ末永く愛される店を目指している。
札幌市中央区南三条西3―5―2 都ビル2階(地下鉄南北線すすきの駅徒歩2分)
℡011・219・8558
営業時間17~25時(24時LO)、日曜定休

(日刊ゲンダイ2018年5月30日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM