美味しい糖質オフ「厚揚げのカリカリ焼きネギじゃこソース」

コクハク編集部
更新日:2019-05-22 06:01
投稿日:2019-04-15 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋のドイツ料理が楽しめるワインバー「ワインセラー ローゼンタール」の島田由美子さんに、糖質オフでヘルシーなおつまみ「厚揚げのカリカリ焼きネギじゃこソース」のレシピを教えていただきました。

焼き色がつくまでじっと我慢

合うお酒=スパークリングワイン/(C)コクハク
合うお酒=スパークリングワイン /(C)コクハク

「最近ラジオでライザップのレシピ本の話を聞いて、やたらと厚揚げのメニューが出てくるんです。気にしてスーパーの売り場を見ていると、なんだかはやっているなあと。糖質オフ中の方にはオススメです」

 厚揚げと長ねぎ、ちりめんじゃこといえば、パパッと作れる簡単つまみというイメージがありますが、島田さんの場合は厚揚げを焼くのも、長ねぎを炒めるのも「弱火でじっくり気長に」がポイントです。

 厚揚げの全面にこんがり焼き色がつき、長ねぎの甘味がぐぐっと引き出されるまで、その香りをつまみに、スパークリングワインでも飲みながら、のんびり構えていればいいそう。

「材料に触れば触るだけおいしくなくなります。焼き色がつくまでじっと我慢。放っておくことが大事です。そのほうが圧倒的においしくなると思います」

 せいては事をし損じる。島田さんにとってつまみとは、「手をかけず、時間をかけるもの」だそうです。

「私にとって、料理を作ること自体が酒のつまみのようなもの。作るのも楽しみのひとつなので、手早く作る必然性を感じません。せっかく自分で作るのだから、ふしだらに飲みながら、作る過程から楽しんで作ればよいのでは」

【材料】

厚揚げ  2分の1枚
長ねぎ  4分の1本
ちりめんじゃこ  大さじ2
サラダ油  ひとたらし
ごま油  大さじ2
塩  ひとつまみ

【レシピ】

1. 厚揚げは6等分に切り分け、長ねぎは小口切りにする。
2. フライパンにサラダ油をひき、①の厚揚げを弱火でじっくり焼く。
3. 全面においしそうな焼き色がついたら、皿に盛りつける。
4. 2のフライパンにごま油とねぎを入れて弱火でじっくり炒め、香りが立ったらちりめんじゃこを加えて炒め、塩で調味して3の厚揚げにのせる。

本日のダンツマ達人…島田由美子さん

▽しまだ・ゆみこ 神奈川県相模原市出身。大学卒業後、出版社に2年間勤務の後、フランスに1年遊学。帰国後、ワイン雑誌の編集に3年間携わった後、2003年から「ワインセラー ローゼンタール」の店長となる。15年からオーナー。

▼「ワインセラー ローゼンタール」 JR新橋駅銀座口から徒歩7分。ドイツワインと、自家菜園から届く季節の野菜料理が楽しめる大人の気楽な談話室。季節のフェアや月に1度ワイン会も開催。10月はきのこやサンマ、栗などの「秋の味覚フェア」を開催。
東京都中央区銀座8―7―11 ソワレ・ド・銀座第2弥生ビル8階 営業時間18時半~23時 日曜・祝日定休 
℡03・3574・8758

(日刊ゲンダイ2017年10月21日付記事を編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「サワラと季節野菜のみぞれあん」野菜は生のままでOK!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「ポパイエッグ」ホウレンソウをソテーして卵で包むだけ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「豚肉のネギまみれ」ネギの辛味が豚肉のウマ味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
蔵前の出来立てほやほや名物! 2021.4.19(月)
「東京のブルックリン」などといわれる街、蔵前(台東区)。数年前からそう呼ばれることが多くなり、雑誌の街歩きやオシャレスポ...
「ホタルイカのふきのとう味噌」旬の素材爆発の究極のツマミ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
スーパーの安価なマグロが早変わり!「ねっとり漬けマグロ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「空豆のからすみはさみ揚げ」一品で2つの風味が味わえる!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「春かつおの梅しそ酒盗和え」季節感あるさっぱりした味わい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「レンコンの醤油焼き」味と香りとサクサク食感を楽しめる!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「ペヤング獄激辛カレー」を食べてみた 2021.4.10(土)
 今年の1月にまるか食品から“獄激辛シリーズ第2弾”として発売されて以来、SNSやYouTubeを賑わせている激辛のペヤ...
「フレッシュマッシュルームのサラダ」薄く切るほど美味しい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
「ほうれん草と卵のナムル」計量スプーンで手軽にタレ作り!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
市販のサラチキで簡単おつまみ「鶏むね肉のカチョエペペ風」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
「酒呑みのポテトサラダ」燻製たくあんとカレー粉を“後のせ”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
「やみつき白菜」塩昆布&ゴマ油&にんにくの“最強トリオ”で
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
スープストックタイリョー 2021.4.4(日)
 一人暮らしです、わびしいです。朝からせっせと食事を作る元気はありません。張り合いもありません。それでも、毎日朝はやって...