長湯で肌がガサガサに? お風呂あがりも潤いを保つ3つの方法

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2023-03-05 06:00
投稿日:2023-03-05 06:00
 長湯をした後に肌を触ったらガサガサと乾燥している......そんな経験をしたことはありませんか? 肌にいいイメージがあるお風呂ですが、実は長湯は肌を乾燥させる原因の一つなんだとか。
 今回は、長湯で肌が乾燥する理由と乾燥を防ぐ方法を紹介します。

長湯で肌が乾燥するのはなぜ?

お風呂上がりの肌に悩みあり?(写真:iStock)
お風呂上がりの肌に悩みあり? (写真:iStock)

 お風呂に長く浸かると、体の芯まで温まり肌の血色がよくなるので、なんとなく「長湯=肌にいい」という印象がありますよね。その一方で「長湯をした後は肌が乾燥してる気が......」と悩む女性も少なくないのではないでしょうか。

 皆さんが感じている通り、実は長湯は肌を乾燥させるといわれています。長時間熱いお湯に浸かっていると、肌の角質層にある保湿成分が溶けて流出してしまうからです。

「肌にいいから......」と思ってやっていた長湯は、肌の乾燥の原因になっている可能性があるとはいえ、お風呂は仕事や家事などで疲れた女性にとっての癒しであり、「のんびり浸かっていたい!」と思う日もありますよね。

 そんなときはちょっとした工夫をして、長湯後もしっとりと潤った肌を保てるようにしましょう。

 次からは、長湯による肌の乾燥を防ぐ方法を紹介するので、お風呂好きの女性は要チェックですよ♡

長湯による肌の乾燥を防ぐ方法

 ここでは、長湯による肌の乾燥を防ぐ方法を紹介していきます。

1.お風呂の温度は40度以下に設定

熱すぎる温度設定に要注意!(写真:iStock)
熱すぎる温度設定に要注意! (写真:iStock)

「今日はお風呂に長く浸かってリフレッシュするぞ〜!」という日は、いつもよりお風呂の温度を下げるようにしましょう。

 できれば40度以下に設定するのがおすすめです。お湯が熱いほど、皮膚の角質層にある保湿成分が溶けて流出しやすくなってしまうからです。

 お風呂の温度は、体温より少し高い38度〜40度に設定するのがベストだといわれています。特に長湯をするのであれば、「ちょっとぬるいかな?」と思う温度で十分です。

2.保湿成分配合の入浴剤を使う

お気に入りの入浴剤を探してみて(写真:iStock)
お気に入りの入浴剤を探してみて (写真:iStock)

 入浴剤には、炭酸ガス系や無機塩類系など様々なタイプがありますが、乾燥を防ぎたいなら保湿成分配合のスキンケアタイプのものを。お風呂に浸かりながら肌に潤いを与えられるので、長湯による肌の乾燥の緩和を期待できます。

普段の保湿ケアだけでは物足りない方や、ボディの保湿ケアをついついサボってしまうという方にもおすすめです。

3.濡れた肌にも使えるアイテムで保湿ケア

お風呂上がりのスキンケアは時間との勝負(写真:iStock)
お風呂上がりのスキンケアは時間との勝負 (写真:iStock)

 お風呂から上がった後は、すぐに保湿をしないと肌は乾燥状態に。時間が経つにつれて乾燥は進んでいくので、お風呂後はすぐに肌の保湿をすることがポイントです。

 お風呂後にスピーディーに肌を保湿するには、濡れた肌にも使える保湿アイテムを活用するのがおすすめ。お風呂から上がった直後、体を拭く前に浴室内でパパッと保湿をすることができます。長湯をしすぎて体がなんとなくダルいときでも、手軽に保湿できるのが嬉しいポイントです。

 とにかく時間が勝負、目につきやすく、また手に取りやすい場所に保管しておく工夫もぜひ。乳液タイプやオイルタイプなどいろいろなタイプがあるので、自分が使いやすいものを試してみてはいかがでしょうか。

長湯をするときは肌の乾燥を防ぐ工夫を

 今回は、長湯で肌が乾燥する理由や、長湯による肌の乾燥を防ぐ方法を紹介しました。長湯をすると肌の角質層にある保湿成分が溶け出し、肌は乾燥してしまいます。

 長湯をする際は、今回紹介した肌の乾燥を防ぐ方法を試して、しっとり潤いのある肌を保てるようにしましょう♡

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


初めての海外ランジェリー選び 40代の新しい魅力が開花されるかも
 海外のランジェリーは、おしゃれでデザインが豊富ですよね! 日本のランジェリーも良いけれど、40代になってワンランク上の...
吸水ショーツにやっぱり半信半疑…体験談&漏れない履き方
 現代では、さまざまな生理用品が販売されていますが、特に気になるけれど使うのが怖いアイテムが「吸水ショーツ」です。「見た...
傷んだ爪どーにかしたい!美爪ケアに実は漢方もおすすめ【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
プチプラの進化ハンパない!ナチュラルアイになれるメイク術
 ドラッグストアやショッピングモールなどで手軽に購入することのできるプチプラコスメ。最近のプチプラコスメには、デパートコ...
40代の「髪ぺたんこ」問題 3つの原因&ボリュームアップ方法
 40代を超えると、だんだんと髪のボリュームがなくなってきて「ぺたんこ髪」になってしまう人が多いですよね。髪の毛にボリュ...
グロス唇に「天ぷら食べた?」初めてメイクのトホホな思い出
 40代にもなると、「自分に合ったメイク」をする余裕が出てきますが、みんな誰しも最初は初心者。忘れられない恥ずかしすぎる...
下着の“寿命”は1年・着用回数100回目安! 替え時サインは?
 買い換えるのを忘れてしまいがちな下着ですが、実は意外と寿命が短いのをご存知でしょうか? 今回は下着の寿命やそのサイン、...
たるみ毛穴ってなに?悪化の原因と40代からはじめる改善ケア
 40代女性の肌悩みの一つ、たるみ毛穴。「30代の頃より毛穴が目立っている気がする」と悩む女性も多いのではないでしょうか...
おりものが変!におい・量・色の要注意な状態&ケア法【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
【成城石井】美容家が指名買い!鬼リピの神ドリンク3品+1品
 トレンドの商品に出会える成城石井は、ドリンク類のバリエーションもとっても豊富。美容や健康を意識できる飲み物のラインナッ...
アイプチの鼻版! 1日30分の洗濯バサミ「鼻筋美容師」で美鼻になるのか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
モモヒキっぽく見える…40代のベージュコーデ「オバ見え」回避術5つ
 40代女性の成熟した美しさを引き立てる「ベージュコーデ」は、柔らかい雰囲気とどんな色とも相性のいい万能さが魅力ですよね...
「40代からのフェミニンケア」ニオイやかゆみを回避する5つの習慣
 デリケートゾーンや月経などについての悩みは、なかなかオープンに話す機会がないですよね。でも人に見せる部分ではないからと...
脱マスクでマジ焦る! 買いリップ3選&いまっぽメイクのコツ
 いよいよマスクを外せるようになりそうな今、アイメイクはばっちりでも、リップメイクに自信がなくなってはいませんか? 唇に...
ピラティスとヨガは似てるっぽいけど、向き不向き&どっちを選ぶ?
 皆さんは「ピラティス」をご存知ですか? 有名な「ヨガ」と比べて、まだまだ知らない人も多いかもしれませんね。でも実は最近...
集中力“ガタ落ち”の救世主「ハイスペックおやつ」4選【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...