今や美人顔の常識!「鼻下は短く」をメイクのひと手間でGET

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2019-10-18 07:07
投稿日:2019-06-04 06:00
「世界で最も美しい顔100人」にもランクインした石原さとみさん、佐々木希さん、上戸彩さん。この三人に共通する項目は何でしょう? 美肌? 小顔? キュートでノーブルな顔立ち?
 もちろん、どれも当たっていますが、正解は「鼻の下が短い」こと。つまり、鼻と唇との距離がせまいのです。今回は、この「新・美人の定義」を、元CAの官能作家であり、コスメコンシェルジュの筆者がお伝えします。

加齢とともに“美人の黄金比”から外れる

だんだん顔がたるんできちゃう(写真:iStock)
だんだん顔がたるんできちゃう (写真:iStock)

 私たちの顔は、加齢とともにハリを失い、重力に逆らえず、間延びしていきます。

 昔の写真を見ると、頬の位置が高く、あごも美しいラインを描いていたでしょう?

 唇もふっくらとツヤがあり、若々しい口元だったはず。

 あの若さあふれる曲線が、徐々に崩れていくのです。

 当然ながら、鼻と唇の距離も長くなり、美人の黄金比からはどんどん外れていきます。

(ちなみに、「美の黄金比」は、額のはえぎわから眉、眉から鼻、鼻からアゴまでが、1・1・1)

鼻と口の距離が縮まるチークの塗り方

オレンジ系のチークをひとはけするだけで美人度アップ(写真:iStock)
オレンジ系のチークをひとはけするだけで美人度アップ (写真:iStock)

 そんな「鼻の下の間延び」を解決してくれるのが、チークのちょこっと塗りです。

 頬にのせたチークの残りを、鼻の下にさっとひとはけ。

 これで鼻の下に、わずかな影ができ、唇との距離が縮まります。

 さらに効果をあげたいなら、上唇に塗る口紅を、少しだけオーバーリップにしてください。

 いかがでしょう?

 鼻と口の距離が縮まり、グンと美人度が増した気がしませんか?

 使用するチークは、肌になじむオレンジ系で、パール感のないものをセレクトしましょう。

鼻下を短くするためのプチトレーニング

ちょっとの工夫で流行りの「美人顔」に(写真:iStock)
ちょっとの工夫で流行りの「美人顔」に (写真:iStock)

 さて、流行りの美人顔をメイクで習得したあとに、筆者が提案するのが「鼻下を短くするためのプチトレーニング」です。

 筆者が毎日やっているのは、
・常に口角をあげる習慣をつけること
・口の中で舌をぐるぐるローリングする。(頬の粘膜を内側からアイロンがけするように、左右10回ずつ)

 舌ローリングは、鼻下だけでなく、口もとのタルミ防止にも効果的。一週間も続けると、顔のもたつき解消はもちろん、輪郭まで変わり、美しいフェイスラインに近づけるのです。

 それでも「鼻の下が長~い」と嘆く場合は、他のパーツをしっかり見せることで、ネガティブな悩みを「目くらまし」しましょう。

 例えば、
・眉は自然なアーチを生かして、やや太めに描く(極細の眉は、老けて見られます)
・アイラインはまつ毛の隙間を埋めるように、ていねいに書く。
・マスカラやまつ毛エクステで目ヂカラをアップ。
・口紅の色を濃い目に(ピンクや赤は、男性へのセクシーなアピールになります)

まとめ

 いかがでしたか?

 流行りの「鼻下が短い」美人顔は、日々の工夫次第で手に入ることができるのです。

 メイクのひと手間やプチトレーニングでぜひ、GETしてくださいね。

ビューティー 新着一覧


気を付けて! 令和版・ヤリモク男“ホイホイメイク”3つの特徴
「ヤリモク」とはその言葉の通り、最終的に“やる”のが目的の男の人のこと……。ちゃらちゃらした男をよく引き寄せてしまうとい...
拷問動画多すぎ!深夜の飯テロ対策5選、ドカ食いを回避せよ
 深夜に飯テロ番組や食欲をそそるようなSNSを見てしまい、空腹に悩まされた経験がある人は多いでしょう。ダイエット中の人に...
旅行で活躍の予感!雑誌の付録で「トラベルセット」まで完成
 雑誌の付録で、旅行セットが作れました♪  化粧水・乳液のセットはたっぷり使えるサイズで何泊でも使えそう。ヘアオイルと...
立派な二の腕をカバーする! 細見えノースリーブ着こなし5選
 夏の着こなしの定番アイテムといえば、涼しげに見えるノースリーブですよね。でも中には、「太い二の腕が気になるから、ノース...
ニオってる?夏の汗・皮脂が臭う原因と対策【部位別に解説】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
美容マニアも愛用!「炭酸パック」の魅力&使い方5ステップ
 女性はいくつになっても綺麗な肌に憧れるものですよね。年齢とともにすっぴんに自信を持てなくなる人は多いですが、でも、年齢...
自信過剰なの?すっぴん派が明かす「私がメイクしない理由」
 大人世代に突入して、若いころとは違って「メイクしないと出掛けられない」と感じ始めた女性が多いはず。  だからこそ、メ...
甘辛コーデは時代遅れ? おしゃれ女性が知ってるやり方はコレ
 キュートとクールを両立した甘辛コーデ。「何歳になってもかわいい服を楽しみたい」という女性にとって関心の高いスタイルでは...
ほんのり&抜け感で男ウケ抜群! あざといアイメイクの方法
 一見、男ウケを狙っていない感じなのに、しっかり可愛い「あざとい女性」たち。男性からすると、がっつりメイクで“ウケを狙っ...
美胸の秘訣を伝授!女が輝ける「美しいおっぱい」の3大要素
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
女性ウケとは別なんです!“夫ウケメイク”で夫婦円満に
 頑張ってメイクをしているのに「夫に褒めてもらえない」と、不満を抱いている妻たちは多いようです。でも、もしかするとその原...
大人女性なら覚えておきたい“上品肌見せコーデ”のお作法4選
 肌見せコーデは、若い女性だけでなく大人女子からも人気です。ただし、大人の女性が上手に着こなすためには、ただ肌を見せると...
気になる「VIO専用シェーバー」の使い心地 2022.7.26(火)
 アンダーヘアの処理ってどうしていますか? 完全に毛をなくす「つるすべ派」、少しだけ整える「ナチュラル派」、あえてそのま...
ミネラルパウダーの基本的な使い方&顔以外に使う応用法3選
 毎朝時間をかけて丁寧にメイクしているのに、数時間でメイクがヨレてテカリが気になる……そんな人におすすめしたいのが「ミネ...
くせ毛を撲滅せよ!覚えておきたい“美容院級”ブローのやり方
 ひどいくせ毛で美容院に行き、いい感じに仕上げてもらったのに、家に帰ったら自分で再現できない! そんな悩みを持っている人...
アラフォーの体型をおしゃれに隠す“ギリ攻め”水着選びのコツ
 アラフォーになると、体型に自信がなくなる人も増えてきますよね。特に悩むのが、プライベートや家族との休日に、海やプールに...