「かすべのレモンソース」ひと手間で軟骨がぐっと柔らかく

コクハク編集部
更新日:2019-06-17 06:00
投稿日:2019-06-17 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は北海道・小樽のロードレストラン「シルフィード」の遠藤稔さんにコラーゲンたっぷり「かすべのレモンソース」のレシピを教えていただきました。

かすべは軟骨を味わいたい

合うお酒=辛口の白ワイン(C)コクハク
合うお酒=辛口の白ワイン (C)コクハク

 夏を乗り切る簡単料理をリクエストしたところ、遠藤総料理長が最初にチョイスしたのは“かすべ”。ガンギエイ科の魚の通称で、エイのことをいいます。北海道では煮付けで食べるのが一般的。コラーゲン豊富で多くの人に好まれているそうです。

「多めの油でじっくり焼くことによって、中の軟骨を軟らかくするのがポイントです。弱火で焦げない程度に片面5分、両面で10分くらいでしょうか。軟骨が嫌で取り除く人もいますが、かすべはやはり、軟骨を味わっていただきたい」

 ここまでは至って、簡単に調理できそうですが「難しいといえば難しい」と前置きした上で、もうワンポイント、プロの焼き方を伝授してくれました。

「我々の場合、鍋の油の温度を調整しながら焼き上げます。温度が高くなってきたらフライパンを火から外して温度を下げ、冷めてきたらまた火にかける。これを何度か繰り返すと、軟骨がかみ砕きやすくなり、さらに食べやすくなります」

 食欲が低下しやすい酷暑にもピッタリ。レモンの酸味に加え、肉料理によく使うクレソンを添えることでシニグリンという成分が食欲増進、胃もたれ解消の効果を促してくれます。冷蔵庫で保存するのは軟骨が固まってしまうため、ご法度とのことですのでご注意を。

【材料】

・かすべ(エイ) 150グラム
・塩コショウ    少々
・小麦粉      適量
・サラダ油   100㏄
・玉ネギ   4分の1個
・輪切りレモン   2枚
・クレソン     適量

※レモンソース
・水   50㏄
・砂糖  25グラム
・でんぷん 4グラム
・ポッカレモン  50㏄

【レシピ】

1. かすべ(エイ)を適量の大きさに切り、塩コショウをして、小麦粉をまぶす。
2. フライパンにサラダ油を入れ、かすべを揚げ焼きする。
3. 両面をカリカリにし、火が通ったら皿に移す。水でさらした玉ネギを引いて、輪切りレモンとクレソンを添える。
4. 鍋に最初は水、次に砂糖とでんぷんを入れてよく溶かす。最後にポッカレモンを入れたソースを、弱火でとろみがつくまで温める。
5. 4のソースをかけて出来上がり。

本日のダンツマ達人…遠藤稔さん

▽えんどう・みのる
 1968年、小樽市生まれ。15歳で調理師の道を志し、丸井今井・小樽店のレストランで中華料理専門のシェフとして勤務。20歳の時に札幌市西区のホテルヤマチ、29歳で小樽朝里クラッセホテルに移り、副支配人・総料理長として現在に至る。「小樽あんかけ焼そば親衛隊」の一員で、ご当地グルメでのまちおこしに尽力。日本中国料理協会小樽支部副支部長、薬膳調理指導員。

▼シルフィード
 小樽の奥座敷、朝里川温泉郷にある小樽朝里クラッセホテル内のロードレストラン。4種の肉(牛、豚、鶏、羊)と魚(鮭)をミックスしたオリジナルの「ハイブリッドミート」を使った寄せ鍋、ハンバーグステーキ、黒酢入り甘酢あんかけは健康メニューとして絶大な人気を誇る。温泉入浴とのセットも好評。
小樽市朝里川温泉2―676
℡0134・52・3800
営業時間10~22時(ラストオーダー20時30分)、平日14時30分~17時は喫茶のみ

(日刊ゲンダイ2018年8月28日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


【セブン】「明太子おむすび」の圧がすごい 2022.7.2(土)
 みなさん、おむすびで一番好きな具は何ですか? 筆者は断然、明太子! 食感と辛味が米によく合うんだな。そんな明太子好きに...
レモンとお酢でキレイになろう!美容やダイエットにもグー♪
 毎日の生活にレモンとお酢を取り入れて、ラクしてキレイになりましょう! 暑い日々になってからはホットドリンクではなく、冷...
canちゃん 2022-07-01 06:00 フード
「野菜のスープ 黒豚のしゃぶしゃぶのせ」ワンランク上の味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「フレンチ割烹ドミニク・コルビ」のド...
「さつま黒酢ブリとかぶのエミュルション」まるでお花畑!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「フレンチ割烹ドミニク・コルビ」のド...
「喜ばれるお菓子」の定義を考えてみた 2022.6.23(木)
 おいしいお菓子をいただきました(ありがたや~)。それからというもの、以前にも増して「贈り物上手」になりたいと考えるよう...
「霧島サーモンのマリネ」季節の野菜で作ったソースを添えて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「フレンチ割烹ドミニク・コルビ」のド...
ファミマの本気度すげえ!「ファミマ・ザ・クレープ」実食 2022.6.20(月)
 ファミリーマートが誇る、累計6200万食突破の大ヒット「ファミマ・ザ・シリーズ」から、待望の新作スイーツが登場します。...
「豆アジの丸ごとカルピオーネ」すし酢で超絶簡単に南蛮漬け
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・渋谷のイタリアン「Petalo」の酒匂駿佑...
「超簡単ポテトサラダ」NO作り置き!“5分で完成”時短レシピ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
超人気!ボンボローニを確実に購入するなら 2022.6.13(月)
「本日、完売となっております……」  ガーーーン! という冒頭から失礼をいたします。 「食」に限っては、流行...
「ジャガイモとアンディーブのグラタン」フランスの家庭料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・祖師ヶ谷大蔵のイタリアン・フレンチレストラ...
【フォカッチャ】初めてのパン作りに挑戦! 2022.6.7(火)
 最近、SNSでパン作りが流行っていますよね。ツヤツヤのパン種の動画を、ず~っと見ているとマネして作りたくなるもの。今回...
「季節の野菜のコンポテ」バターと野菜の甘みが溶けたスープ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・祖師ヶ谷大蔵のイタリアン・フレンチレストラ...
門前仲町のスーパーの屋上がビール天国な件 2022.6.4(土)
 いつの間にやら6月に。暑すぎず、寒すぎず、長かった花粉地獄も終わったこの季節が一番好きです。新緑も青空もキラキラまぶし...
「タルトフランベ風トースト」塗って焼くだけ!朝ごはんにも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・祖師ヶ谷大蔵のイタリアン・フレンチレストラ...
数量限定の気仙沼クリームサンドに出会った…2022.6.2(木)
「ご当地」と「数量限定」に心が躍る皆さま、情報を共有させてください!  秋葉原駅電気街口から徒歩1分、高架下にある...