フェイスパックを効果的に使う方法♡毎日の使用は肌に悪い?

コクハク編集部
更新日:2019-08-19 06:00
投稿日:2019-08-19 06:00
 以前はスペシャルケアとしてスキンケアに取り入れていたフェイスパック(シートマスク)ですが、近年では手軽に毎日使えるタイプも豊富に発売されています。そんなフェイスパックの選び方や効果的に使う方法をご紹介! 夏の肌疲れをしっかりケアしましょう。

フェイスパック(シートマスク)の目的別選び方!

便利でリーズナブルなシートマスク(写真:iStock)
便利でリーズナブルなシートマスク (写真:iStock)

 フェイスパックと一言で言っても、たくさんの種類があります。まずは、どんな目的で使いたいのかを明確にして、自分に合うものを選びましょう。

毎日のスキンケアにプラスしたい

 毎日のスキンケアに手軽に取り入れたい場合には、毎日使っても負担にならないフェイスパックを選ぶことが大切。購入時には、「毎日使用可能」の記載があるかどうか、用法をチェックすることが肝心です。

 また、毎日使えるタイプのフェイスパックは、大容量で比較的リーズナブルな価格で購入できる製品も多くなっています。水分補給を目的として作られた製品が多いため、肌の水分量を底上げさせたい方におすすめ!

肌悩みのケアをしたい

 美白・エイジング・乾燥・血流改善など、さまざまな肌悩みのケアに特化しているフェイスパックもあります。

 各パックによって特徴が違いますが、パッケージに「美白用」「エイジングケア用」などの記載があるのかをチェックしてみてください。各肌悩みを改善する成分が配合されているかの目安になります。普段のケアにプラスして行うことで、集中して肌悩みを解消しやすくなりますよ。

ここぞという日のスペシャルケアに使いたい

 スペシャルケア用のフェイスパックは、肌のコンディションを高めてくれる成分がたっぷり含まれています。効果抜群な反面、毎日にように使ってしまうと栄養過多状態になってしまい、逆に肌トラブルを引き起こす可能性も。

 スペシャルケア用のパックは、週に1〜2度ほどの頻度であることが多いです。用法を守って、デートなど大切な日の前日などここぞという日に使うと良いでしょう。

フェイスパック(シートマスク)を効果的に使う7つの方法!

蒸しタオルで毛穴を開いてから使うと効果的(写真:iStock)
蒸しタオルで毛穴を開いてから使うと効果的 (写真:iStock)

 普段のスキンケアにフェイスパックを取り入れている方は多いと思いますが、せっかくなので、より効果的に使うポイントを押さえていきましょう!

1. 毛穴が開いている状態で始める

 フェイスパックは、毛穴が開いている状態で始めるようにしましょう。ベストタイミングは、体の血行が良くなっている入浴後! 洗顔後の肌への使用も良いですが、蒸しタオルを使ってさらに毛穴を開いてから使用すると、より肌内部へと成分が浸透するそう。

 蒸しタオルは、濡らしたタオルを1分ほどレンジでチンするだけで手軽に作れるため、習慣にすると良いですね。ただし、火傷には十分に注意してください。

2. 使用頻度、使用時間をしっかり守って使用する

 上記でお伝えしたように、フェイスパックの使用頻度や使用時間は製品によってさまざま。使えば使うほど肌が綺麗になるというものではないため、必ず用法を守って使うことが大切です。

 また、意外と知られていないのが、パックのつけっ放しは肌の水分をシートが吸い上げて乾燥を引き起こしてしまうということ。アラームなどを使用して、たとえパックがヒタヒタの状態でも時間になったら外し、パックに残った美容成分は首やデコルテ、ボディの保湿に再利用するようにしましょう。

3. 使用前には化粧水で肌を整える

 洗顔後に直接フェイスパックを使用する方は多いですが、これはNG! パックは基本的に「美容液」としての位置付けのため、肌に水分を与えて整える「化粧水」としての役割を果たせないことがあるのです。

 洗顔後の肌の乾燥を防ぐためにも、速やかに普段通り化粧水を塗ってからパックをするようにしましょう。

4. パックの穴あき部分はアイクリームやリップで保護

 フェイスパックは、目元や口元に穴があいていますよね。でも実は、目元や口元は皮膚が薄く乾燥しやすい部位でもあるため、パック中に放置しておくのはおすすめできません。

 どうせなら、目元にはアイクリーム、口元にはリップなどの油分を含んだアイテムで同時にケアを行うのが◎。乳液やクリームで代用するのも、もちろんOKです。

5. 肌悩みがある時には美容液を併用する

 ニキビやシミなど特定の肌悩みがある場合には、各肌悩みに特化した美容液を使用した後にフェイスパックを使用すると、相乗効果に期待できるそう。

 ただしこの時にも、化粧水→美容液→パックの順番を守るようにしてください。パックが蓋の役割となり、美容液の成分がじっくりと浸透していきますよ。

6. 使用後には必ず乳液orクリームで保湿を行う

 フェイスパック後には肌が十分に潤っている気がしますが、乳液やクリームなどで保湿を行わないと、せっかく肌内部に浸透させた水分が蒸発してしまいます。パック後のケア、必ず忘れずにしてください。

 乾燥が気になるようであれば、クリーム後にオイルなどをプラスするのも良いですね。

7. ラップやシリコンマスクで密封する

 フェイスパックの上から、目や口周りを切り抜いたラップで密封するのもおすすめ。100円ショップで購入できる「シリコンマスク」なども、繰り返し使用できて便利ですよ。

 水分の蒸発を防いでくれるため、より保湿効果を高めることができます。ただし、パックの使用時間などは使用用法に従って、きちんと守って行うようにしましょう。

フェイスパックを上手に普段のスキンケアにプラスしよう♪

フェイスパックで美肌になろう(写真:iStock)
フェイスパックで美肌になろう (写真:iStock)

 フェイスパックは従来のように「スペシャルケア」としてのアイテムではなく、毎日使えるタイプや肌悩みを改善させるタイプなど、ラインナップが豊富になってきています。いくつか種類を揃えて肌の状態に合わせて使い分けると、よりスキンケアを楽しむことができるはず。

 ぜひ、普段のスキンケアにプラスして、上手にフェイスパックを利用して肌のコンディションを保ってくださいね♪

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

ビューティー 新着一覧


鏡が恐怖!白髪染めの色落ちにゲンナリ、1日でも長持ちさせるセルフケア
 40代といえば、白髪が気になる年代。白髪は染めても数週間も経てばすぐに色落ちしてくるのでげんなりしますよね…。何回も繰...
「白Tシャツの捨て時わからない」問題ついに解決!黄ばみ&ヨレの改善法
 清潔感があり、いろいろなコーディネートに着回しができる白Tは、毎日の着こなしに重宝しますよね! でも、いつも迷ってしま...
これはバグですか?美STの付録価格がお得すぎ。6,200円→1,480円とな
『美ST』6月号 特別版の付録は「ラブミータッチ スキンバリアナノミルク」の現品と、話題の微弱電流マスク「GENiS イ...
Tバックを試したい!意外と知らない種類&男性からの好感度5つ星評価
 40代になったら一度は試してみたいTバック! Tバックは大人の女性の魅力を引き立てて、男性からの好感度をアップするだけ...
ザラのヘアスプレー、えっ不良品!?「ZARA HAIR」セクシー髪叶うのか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
生理前のめちゃ眠気はPMSが原因?【専門家監修】PMSの原因徹底解明
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代男性が“僭越ながら”大告白!アラフォー女性の3大「痛いメイク」
 メイクや髪型の変化にネイルなど、細かい部分は見ていないようで意外とチェックしているという男性たち。アラフォー女性に対し...
40代女性が嬉しかった褒め言葉 やっぱり「肌が綺麗」に勝るものなし?
 褒め上手な人は、人間関係もうまくいっている人が多いですよね。特に40代は子育てや仕事に忙しく、人と接する機会が増える世...
「運動したくないけど痩せたい!」は可能です。夢のようなダイエット術5選
 ダイエットといえば、「運動は不可欠」だと考えている人はたくさんいるはず。でも、中には運動が大の苦手という人もいますよね...
生理中、タンポンの経血モレは膣のゆるみを疑え?セルフチェック&膣トレ
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
入学式のママコーデ失敗談5つ 黒スーツ×黒ストッキングでまさかの赤っ恥
 今年も、たくさんの子供たちが入学式で新たな門出を迎えました。でも、華やかでおめでたい舞台の裏では、ママたちがどんな入学...
40女、ヒアルロン酸で若返る?12万円をほうれい線治療にブッ込んだら…
 40代の深いほうれい線を改善するために、美容クリニックを受診。カウンセリングで勧められたのは「ヒアルロン酸注入」でした...
その失敗、バレてます! 残念アイメイク&即席お直し術3選
 目元を彩るはずのアイメイクが、たまに「おや?」と思ってしまうような失敗メイクをしている方も…。 「このくらいなら...
生理じゃないのに乳房痛い…乳がんの可能性は?【専門家監修】原因と対処
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
肉と納豆とキムチ常備! 空腹よりめんどいが勝つズボラダイエットの極意
「毎日の運動もストレッチもめんどくさい! ズボラでダイエットが続かない」と悩んでいる女性、必見! 今回は、ズボラさんだか...
40女、深いほうれい線とおさらば希望! 東大卒含む美容医療3軒はしご
 加齢が気になる40代、ほうれい線を改善するために美容クリニックの門を叩きました。人生初の美容医療、ヒアルロン酸を注入す...