知らなきゃ損! ゴロ寝しながらできる「美バストケア術」

山本茜 理学療法士・モテボディ専門家
更新日:2019-08-18 06:00
投稿日:2019-08-18 06:00
 キツイ運動が苦手、自宅での運動が続かない、忙しくて家に帰ると寝てしまう、でもバストアップしたい! そんな方におすすめの、本当は教えたくなかった禁断のゴロ寝スタイルバストケア術を公開します。美バスト作りの参考にして頂けると嬉しいです♡

寝る姿勢に気を付けて

うつぶせ寝はだめ(写真:iStock)
うつぶせ寝はだめ (写真:iStock)

 バストアップしたい!といっても大きくなればいいって訳ではないですよね? 美バストを作るなら、ボリュームアップの前に「垂れない」土台を作ることが大事です。

 垂れない土台を作るために大事なのは「姿勢」ですが、「寝る姿勢」にも気をつけていますか? 「え…寝る姿勢がバストに関係あるの?」と思った方もいらっしゃると思いますが、大アリなんです。

うつ伏せはバストが垂れる

 あなたは、うつぶせで寝ていませんか? 毎回うつぶせで寝ているという方は要注意です! 肩が内巻きになる→猫背になる→胸筋が凝り固まる→バストが垂れるという現象が起きやすくなります。

 おまけに、うつ伏せで長時間寝ると顔や首のシワができやすくなったり、朝起きた時に顔もむくみやすいのでおすすめできません。また、枕カバー等が汚れているとニキビの原因になることもあります。

ゴロゴロ寝ながらできる美バストケア術おすすめ3選

美バストは一日にしてならず(写真:iStock)
美バストは一日にしてならず (写真:iStock)

 美バストになるためのバストアップの正しい手順は、「やわらかくする → 姿勢をよくする → ボリュームアップ」です。ボリュームアップの前に、垂れないバストの土台を整えることが大事です。

 ゴロ寝・美バストケア術は、「やわらかくする」「姿勢をよくする」ことが主な目的です。これだけで2~3カップ以上ボリュームアップできるというものではありませんが、この土台作りこそ「垂れないバスト」を作る上で重要になるので、寝る前のリラックスタイムに是非やってみてくださいね。(運動はすべて仰向けで行います)

1. 鎖骨下リンパを流して「デコルテ美人」

 全身のリンパが集まる鎖骨下のリンパ節をケアするとデコルテやお顔もむくみもスッキリ!

Step1. 右手の人差し指を左鎖骨の上方のくぼみに沿わせる。
Step2. 鎖骨の内側から外側に向けてさする。1ストローク3~5秒程かける。
Step3. 反対側も同様に行う。

Point⦆ゴリゴリ力を入れないこと。

2. 胸を開いて「若見えバスト」

 バストトップを高くすることで、若々しい美バスト・美ボディになる

準備するもの:バスタオルの長方を2~3等分(背骨の長さ位)に折りたたみ端から丸めたものを用意する。上から同様に折ったタオルを巻きつけて厚みを出す。ヨガマットやストレッチポール等でもOK。

Step1. タオル(またはヨガマット、ストレッチポール)の上に背骨を合わせて仰向けに寝る。
Step2. 両ひざを立て、反り腰予防・身体を安定させる
Step3. 身体を左右に軽く倒し、背筋・腰の筋肉を緩める

Point⦆息を止めないこと。STEP1で背骨だけではなく、仙骨と首がのっているとラク。

3. 肩甲骨ほぐし

 猫背を改善・予防して、垂れないバストを作る

Step1. 仰向けの状態で両ひざを立てる。両足の間は握りこぶしひとつ分ほどのスペースを空ける。
Step2. 手を天井の方にまっすぐ伸ばし"前ならえ"の姿勢になる。
Step3. 息を吐きながら肩(腕)を背中の方に引き、肩甲骨を背骨に近づける。
Step4. 息を吸いながら腕を天井の方に伸ばす。

Point⦆Step2で肩が上がらないように、肩を引き下げる。

バストアップはやったもん勝ち

ボリュームが増えればいいということではない(写真:iStock)
ボリュームが増えればいいということではない (写真:iStock)

 いかがでしたか? 今回は、寝ながら簡単にできる「美バストケア」の方法をお伝えしました。

 自信があふれ、凛として綺麗だなと思える人は、共通して姿勢がいいですよね。バストアップもただバストのボリュームが増えればいいということではなく、若々しく美しくいたいとの思いから興味を持っている女性が多いのではないでしょうか。

 今の自分が3年後、5年後の自分を作ります。ぜひ、自分に向き合う時間を作ってみてくだい。

山本茜
記事一覧
理学療法士・モテボディ専門家
70kg超えの肥満体型から、20kg減量しバスト4カップUP。現在は、バストアップ講師として活動中。受講後、平均2カップUPする美バスト育成講座を開催中。30代女性の色気あるボディメイクが得意。女性医療、健康、美容を主に執筆。

ビューティー 新着一覧


品薄なヴァセリンパック。試しにバームを直塗りしたら“ギョッ”な事態に…
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
“スキンケア迷子”必見! 更年期のワガママ肌へのご自愛ブランド3選
 40代、50代と年齢を重ねるに従って、避けて通りにくいのが更年期のあれこれ。悲しいことにお肌の状態も、体調次第で左右さ...
鏡が恐怖!白髪染めの色落ちにゲンナリ、1日でも長持ちさせるセルフケア
 40代といえば、白髪が気になる年代。白髪は染めても数週間も経てばすぐに色落ちしてくるのでげんなりしますよね…。何回も繰...
「白Tシャツの捨て時わからない」問題ついに解決!黄ばみ&ヨレの改善法
 清潔感があり、いろいろなコーディネートに着回しができる白Tは、毎日の着こなしに重宝しますよね! でも、いつも迷ってしま...
これはバグですか?美STの付録価格がお得すぎ。6,200円→1,480円とな
『美ST』6月号 特別版の付録は「ラブミータッチ スキンバリアナノミルク」の現品と、話題の微弱電流マスク「GENiS イ...
Tバックを試したい!意外と知らない種類&男性からの好感度5つ星評価
 40代になったら一度は試してみたいTバック! Tバックは大人の女性の魅力を引き立てて、男性からの好感度をアップするだけ...
ザラのヘアスプレー、えっ不良品!?「ZARA HAIR」セクシー髪叶うのか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
生理前のめちゃ眠気はPMSが原因?【専門家監修】PMSの原因徹底解明
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代男性が“僭越ながら”大告白!アラフォー女性の3大「痛いメイク」
 メイクや髪型の変化にネイルなど、細かい部分は見ていないようで意外とチェックしているという男性たち。アラフォー女性に対し...
40代女性が嬉しかった褒め言葉 やっぱり「肌が綺麗」に勝るものなし?
 褒め上手な人は、人間関係もうまくいっている人が多いですよね。特に40代は子育てや仕事に忙しく、人と接する機会が増える世...
「運動したくないけど痩せたい!」は可能です。夢のようなダイエット術5選
 ダイエットといえば、「運動は不可欠」だと考えている人はたくさんいるはず。でも、中には運動が大の苦手という人もいますよね...
生理中、タンポンの経血モレは膣のゆるみを疑え?セルフチェック&膣トレ
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
入学式のママコーデ失敗談5つ 黒スーツ×黒ストッキングでまさかの赤っ恥
 今年も、たくさんの子供たちが入学式で新たな門出を迎えました。でも、華やかでおめでたい舞台の裏では、ママたちがどんな入学...
40女、ヒアルロン酸で若返る?12万円をほうれい線治療にブッ込んだら…
 40代の深いほうれい線を改善するために、美容クリニックを受診。カウンセリングで勧められたのは「ヒアルロン酸注入」でした...