知らなきゃ損! ゴロ寝しながらできる「美バストケア術」

山本茜 理学療法士・モテボディ専門家
更新日:2019-08-18 06:00
投稿日:2019-08-18 06:00
 キツイ運動が苦手、自宅での運動が続かない、忙しくて家に帰ると寝てしまう、でもバストアップしたい! そんな方におすすめの、本当は教えたくなかった禁断のゴロ寝スタイルバストケア術を公開します。美バスト作りの参考にして頂けると嬉しいです♡

寝る姿勢に気を付けて

うつぶせ寝はだめ(写真:iStock)
うつぶせ寝はだめ (写真:iStock)

 バストアップしたい!といっても大きくなればいいって訳ではないですよね? 美バストを作るなら、ボリュームアップの前に「垂れない」土台を作ることが大事です。

 垂れない土台を作るために大事なのは「姿勢」ですが、「寝る姿勢」にも気をつけていますか? 「え…寝る姿勢がバストに関係あるの?」と思った方もいらっしゃると思いますが、大アリなんです。

うつ伏せはバストが垂れる

 あなたは、うつぶせで寝ていませんか? 毎回うつぶせで寝ているという方は要注意です! 肩が内巻きになる→猫背になる→胸筋が凝り固まる→バストが垂れるという現象が起きやすくなります。

 おまけに、うつ伏せで長時間寝ると顔や首のシワができやすくなったり、朝起きた時に顔もむくみやすいのでおすすめできません。また、枕カバー等が汚れているとニキビの原因になることもあります。

ゴロゴロ寝ながらできる美バストケア術おすすめ3選

美バストは一日にしてならず(写真:iStock)
美バストは一日にしてならず (写真:iStock)

 美バストになるためのバストアップの正しい手順は、「やわらかくする → 姿勢をよくする → ボリュームアップ」です。ボリュームアップの前に、垂れないバストの土台を整えることが大事です。

 ゴロ寝・美バストケア術は、「やわらかくする」「姿勢をよくする」ことが主な目的です。これだけで2~3カップ以上ボリュームアップできるというものではありませんが、この土台作りこそ「垂れないバスト」を作る上で重要になるので、寝る前のリラックスタイムに是非やってみてくださいね。(運動はすべて仰向けで行います)

1. 鎖骨下リンパを流して「デコルテ美人」

 全身のリンパが集まる鎖骨下のリンパ節をケアするとデコルテやお顔もむくみもスッキリ!

Step1. 右手の人差し指を左鎖骨の上方のくぼみに沿わせる。
Step2. 鎖骨の内側から外側に向けてさする。1ストローク3~5秒程かける。
Step3. 反対側も同様に行う。

Point⦆ゴリゴリ力を入れないこと。

2. 胸を開いて「若見えバスト」

 バストトップを高くすることで、若々しい美バスト・美ボディになる

準備するもの:バスタオルの長方を2~3等分(背骨の長さ位)に折りたたみ端から丸めたものを用意する。上から同様に折ったタオルを巻きつけて厚みを出す。ヨガマットやストレッチポール等でもOK。

Step1. タオル(またはヨガマット、ストレッチポール)の上に背骨を合わせて仰向けに寝る。
Step2. 両ひざを立て、反り腰予防・身体を安定させる
Step3. 身体を左右に軽く倒し、背筋・腰の筋肉を緩める

Point⦆息を止めないこと。STEP1で背骨だけではなく、仙骨と首がのっているとラク。

3. 肩甲骨ほぐし

 猫背を改善・予防して、垂れないバストを作る

Step1. 仰向けの状態で両ひざを立てる。両足の間は握りこぶしひとつ分ほどのスペースを空ける。
Step2. 手を天井の方にまっすぐ伸ばし"前ならえ"の姿勢になる。
Step3. 息を吐きながら肩(腕)を背中の方に引き、肩甲骨を背骨に近づける。
Step4. 息を吸いながら腕を天井の方に伸ばす。

Point⦆Step2で肩が上がらないように、肩を引き下げる。

バストアップはやったもん勝ち

ボリュームが増えればいいということではない(写真:iStock)
ボリュームが増えればいいということではない (写真:iStock)

 いかがでしたか? 今回は、寝ながら簡単にできる「美バストケア」の方法をお伝えしました。

 自信があふれ、凛として綺麗だなと思える人は、共通して姿勢がいいですよね。バストアップもただバストのボリュームが増えればいいということではなく、若々しく美しくいたいとの思いから興味を持っている女性が多いのではないでしょうか。

 今の自分が3年後、5年後の自分を作ります。ぜひ、自分に向き合う時間を作ってみてくだい。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM