猫背に肩こり…バストを垂れさせる本当の原因はこれだった

山本茜 理学療法士・モテボディ専門家
更新日:2019-06-22 08:22
投稿日:2019-06-22 06:00
「バストが垂れるのは、年齢のせいで仕方ない……」そう思っていませんか? 実は、そのお悩み、年齢のせいではないかもしれません。バストを垂れさせる本当の原因をお教えします。ぜひ参考に、ご自身のキレイを振り返る時間にしてみてくだいね。

あなたのバストは大丈夫? バストチェック

肩こりは“垂れバスト”への危険信号(写真:iStock)
肩こりは“垂れバスト”への危険信号 (写真:iStock)

 まずはご自身の体のコンディションをチェックしてみましょう。以下の項目でいくつチェックがつきますか?

◻︎ 肩が凝っている
◻︎ 肩を回すとゴリゴリ音がする
◻︎ 肩が盛り上がってなで肩の様になっている
◻︎ 肩の高さが左右違う
◻︎ なで肩気味
◻︎ 顎が前に出ている
◻︎ 首が凝っている
◻︎ あばら骨が前に飛び出ている
◻︎ 反り腰

 いかがでしょうか? 1つでも当てはまるアナタは、垂れバスト予備軍。3個以上当てはまるアナタはすぐにでもバストが垂れる危険が高いレベルです!

 全部当てはまっているアナタ……すでに垂れはじめている可能性が! それに疲れやすい身体になっていると思うので、バストケアだけでなく、身体のケアも必要です。

バストが垂れる本当の原因は「年齢」じゃない

スマホ操作の猫背が“垂れバスト”の原因!(写真:iStock)
スマホ操作の猫背が“垂れバスト”の原因! (写真:iStock)

 バストが垂れる本当の原因は「年齢」ではなく、「姿勢」及び、アナタの「日常生活」にあります。

 ここで質問ですが、スマホやパソコンはお持ちですよね? では、それらを使う時の姿勢はどうなっていますか?

 とくにスマホの画面は、手で持った時にちょうど肘を曲げた位置と同じライン上にくることが多いため、顔より下の位置になりますよね。画面を見るためには、自然と下を向く姿勢になり、首や背中が曲がった「猫背」の姿勢になってしまいます。さらに、スマホを操作している一定の間、この姿勢で過ごすことも少なくないのではないでしょうか。

 実は、その猫背に問題があるのです。

 猫背になると、胸郭と呼ばれる肋骨で囲まれた部分(いわゆる胸)が潰れてしまい、胸を張れない姿勢になります。すると、大胸筋が硬く縮んでしまうため、結果的にバストが重力に対して重りのようになってしまうため、垂れる方向に負荷がかかります。これでは、美しいバストを作るための筋肉の役割を十分に果たしきれません。質のいい筋肉とは、しなやかに伸び縮みできる筋肉のことです。胸筋を硬くしてしまう猫背・肩コリこそが、ハリのある美バストの大敵なのです。

 とくに、長時間のPC作業をしている、スマホを連続30分以上使用する、または1日合計3時間以上使用する、ショルダーバッグを持つ位置が一定のポジションで決まっている、肩ひもが肩からよく落ちてくる……などの方は、注意が必要です。

これぞ美しいバストの最強バランス!

一度自分のバストをチェックしてみては(写真:iStock)
一度自分のバストをチェックしてみては (写真:iStock)

 では、どんなバストが美バストと呼べるのでしょうか?

 実は、バストには、ゴールデンバランスがあります。バストサイズの目安ももちろんありますが、見た目に美しいと感じる美バストのポイントはバランスです。チェックして欲しい項目3点を以下にまとめました。是非、チェックしてみてくださいね。

1. バストバランスチェック
 鎖骨と鎖骨を結んだ中心のくぼみと、バストトップを結ぶ三角形が「正三角形」であること。バストトップが横に広がっている場合、デコルテができにくい離れ乳になってしまうので気をつけましょう。

2. 若見え?老け見え?バスト下垂チェック
 バストトップが、肩先から肘までを結んだ距離の2分の1より上に収まっていること。収まっておらず、下方にある場合、垂れバストに注意です!

3. バージスラインチェック
 アンダーバストと身体の境目であるバージスライン(いわゆる下乳ライン)がくっきりあることです。楽だからとブラトップやカップ付きインナーばかりをつけていると、バストのお肉が、お腹や背中、二の腕などあちこちに逃げてしまいます。すると、バージスラインがあやふやになってしまい、バストサイズが小さくなったり、形が崩れる原因となります。

 1~3を参考に、あなたの骨格にあった美バストを目指しましょう。

まとめ

 いかがでしたか?

 スマホやPCなど身近な日常生活の動作が原因で起こりやすい猫背や肩こり。これらを予防することが、美バストを作るカギとなります。

 チェック項目で現在の自分の状態と理想の自分を見直してみましょう。

ビューティー 新着一覧


ノーパン生活の実態! 解放感と掃除面倒を天秤にかけたら…
 芸能人でも、ノーパン生活を公言している人は多いですよね。気が楽そうな気はしますが、やはり防犯面では心配なことも……。果...
まずは真似っこから! 綺麗な人が実践する8つの“ゼロ円”習慣
 年齢問わず、「綺麗だな」と思う女性に出会うと、「私も、あんなふうになりたいなぁ」と思うもの。けれど、実際に何をすればそ...
白髪が多く老け見え!これ以上増やしたくない【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!アラフォー女性の“残念アイライン”を画像で解説
 毎日のアイライン、どんな感じでメイクしていますか?  年齢を重ねていくと目元にしわが増えたり、たるんできたりもあ...
「食べても太れない」やせ型な人だけが分かる“あるある”7つ
 世の中には、太りやすい体質の人がいる中でいくら食べても太らない「やせ型」の人もいます。でも、さまざまなダイエット方法は...
腹巻きも愛用して♡「40代の温活」取り入れたい食事&グッズ
「冷えは万病のもと」といいますが、実際に体が冷えるといろいろと悪影響が現れます。免疫力も下がるので、風邪をひきやすくなっ...
「よもぎ温座パット」で心も体も温めよ♡ 2022.11.19(土)
 いつの間にやら、11月も半ばを過ぎ秋が深まってきました。冬に近づくにつれ、つらくなってくるのが、手足の冷え。「血、通っ...
古い下着は運気が下がる?「着用期限3年、処分時に感謝」を
 皆さんは、同じ下着を何年くらい使いますか? 半年で替える人もいれば、3年以上使っている人もいますよね。実は、風水では古...
数年後の自分のために…“美容モチベーション”を上げる5カ条
 美容に関して、モチベーションが高い女性は同性から見ても素敵に映りますよね。「私も、あんな女性になりたい」なんて気持ちは...
化粧ノリの悪さは便秘!?お通じ改善に「進化系オートミール」
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!残念なアラフォーリップメイクを画像で解説
 メイクは、リップの色や種類によってかなり顔の印象を変えてしまうもの。マットやティント、ツヤなど多くの種類があり、それぞ...
育児中の体の不調 のどの違和感と帯状疱疹 2022.11.15(火)
 妊娠と出産。そして、その先に待つ子育て――。ひとりの人間を育てるのはとても尊い行為だと思いますが、同時にハードで孤独な...
まだまだ進化!最新「韓国コスメ」5つの注目ブランドレポ
 まだまだちょっとずつトレンドを変えてブームが続いている韓国コスメ。先だって、注目の韓国コスメ関連のイベントが開催されま...
「ネイルケアはディオール」投資額ウン十倍だけど正解でした
 外出の機会も増えて、セルフネイルを小まめにしています。そんなある日、ネイルオフした爪がガサガサになっていることに気がつ...
不安感いつまで?プレ更年期「ぐるぐる思考」への向き合い方
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
パール系を武器に!40代女性のニットで老け見え原因&回避法
 寒い季節になってくると、温かいニットを着たくなりますよね。でも、なぜか20代ではおしゃれに着こなせていたニットも、40...