パーマの持ちを格段に良くする方法♡ 注意したいNG行動も!

コクハク編集部
更新日:2021-04-13 11:08
投稿日:2019-12-21 06:00
「せっかくパーマをかけたのに、しばらくするとカールが弱くなってしまう」「持ちを良くしたい!」そう思う方は多いでしょう。そこで今回コクハク編集部ではパーマの持ちを良くする方法やおすすめアイテムをご紹介します!

パーマの持ちが悪い……一般的なパーマの持ちは?

かけたての状態を保ちたい(写真:iStock)
かけたての状態を保ちたい (写真:iStock)

 パーマをかけると髪が傷む気がするし、どのくらいの頻度でかけたら良いの?と悩んでしまいますよね。そこでまずは、一般的なパーマの持ちや特性を知っておきましょう。

パーマの持ちは種類で違う

 美容室で「前回は、デジタルパーマですか?」など、パーマの種類を聞かれたことがある方は多いはず。パーマは基本的に2種類に分かれます。それぞれの特性や、一般的なパーマの持ちを見てみましょう。

・コールドパーマ

 コールドパーマは、いわゆる「一般的なパーマ」のこと。パーマをかける時に薬剤だけでカールを付けるタイプです。持ちはだいたい、2カ月〜3カ月ほど。カールは弱めですが、髪へのダメージが少ないというメリットがあります。

・ホットパーマ

 ホットパーマはデジタルパーマやエアウェーブなど、薬剤に熱を加えてカールを付けるタイプです。持ちはだいたい、4カ月〜6カ月ほど。形状記憶をするため、持ちが良くスタイリングがしやすいのが特徴です。

パーマの持ちを良くするためにはケアが必須

 髪は、肌と同じようにデリケートなもの。ドライヤーやヘアアイロン、コテなどの高温の刺激や、紫外線や乾燥などの外的刺激によってダメージを受けやすいです。髪に負担がかかるとパーマは落ちやすくなってしまうため、普段からのケアが必須!きちんとケアを行うことで、パーマの持ちを良くすることはできるのです。

パーマの持ちを良くする5つの方法!

パーマの持ちはヘアケアで変わる!(写真:iStock)
パーマの持ちはヘアケアで変わる! (写真:iStock)

 パーマの持ちを良くするためには、どんなことに気を付ければ良いのでしょうか?

1. できれば48時間は洗わない

 パーマをかけた時、「今日はシャンプーしないでくださいね」と美容師さんから言われ他ことがある方は多いでしょう。実はパーマは、かけてから48時間ほどは形が変化しやすく、とても不安定な状態。濡らしたり、ドライヤーなどで熱を与えることでパーマが取れやすくなってしまうのです。

そのため、できれば48時間は洗わないのがおすすめ。どうしても洗いたい場合には、ぬるま湯ですすいだ後にトリートメントだけ行うようにしましょう。

2. 髪に優しいシャンプーに変える

 シャンプーには、頭皮や髪の汚れを洗浄するという役割があります。皮脂などのベタつきをしっかりと洗い流すためには欠かせないものですが、市販のシャンプーのように洗浄力が強いものだとパーマを弱めてしまいやすいのです。

 そのため、パーマの持ちを良くしたいのであれば、洗浄をすると同時に栄養や水分を補ってくれるようなシャンプーや、髪に優しいアミノ系のシャンプーに替えてみましょう。

◇アロマのやさしさ〜アミノ酸シャンプー

アロマのやさしさ
アロマのやさしさ

 累計30万本突破している「アミノ酸シャンプー【アロマのやさしさ】」は、シリコンやコーティング剤、防腐剤を一切使用していない髪に優しいシャンプーです。低刺激なので、パーマの持ちも格段に変わるはず。

 お試しサイズは1コイン以下の価格で購入可! アミノ系シャンプー初心者にもおすすめです。

公式サイトはこちら

3. ドライヤー時にはオイルやアウトバストリートメントを使用する

 パーマを長持ちさせるためには、ドライヤー時にオイルやアウトバストリートメントを使用することも肝心です。

 これらのアイテムは、ドライヤーの熱から髪を守ってくれるだけではなく、ダメージの補修にも有効。毛先を中心にして、髪を握るように馴染ませましょう。外出時であれば、紫外線対策ができるヘアケア製品で髪を守ることも大切ですよ。

◇Emerire〜ドライヤーの熱で髪が潤う

Emerire(写真:iStock)
Emerire (写真:iStock)

 人気のノンシリコンシャンプー&トリートメントブランドの「Emerire」は、ドライヤーの熱ダメージを潤いに変えてくれる「エルカラクトン」という素材を使ったヘアオイル。髪の水分量を上げて、パサつき、枝毛、切れ毛などをしっかり改善。傷んだ髪を集中補修したい方におすすめです。

公式サイトはこちら

4. シャンプー後にはドライヤーで9割程度乾かす

 シャンプー後にアウトバストリートメントやオイルを使用したら、髪をすぐに乾かすことも大切。この時、完璧に乾かしてしまうとパーマの形が乱れやすく、熱を与えすぎてしまう原因にもなるため、9割程度乾いたらやめるようにしましょう。

 ただし、就寝前の場合、このまま寝てしまうと髪にダメージがかかりやすいため、この状態で完璧に乾くのを待ってから寝ることを心がけましょう。

5. 外出時のケアはバームやクリームがおすすめ

 日中、紫外線や乾燥などの外的刺激を受けてしまうと、パーマが緩くなってしまいます。そのため、外出中にもこまめなケアを行うのがベスト。

 ヘアケア剤としてオイルを持ち歩く方が多いですが、おすすめはバームやクリームなどの油分を含みつつ潤いを与えてくれるもの。髪を補修しながら形をキープしてくれるため、パーマがダレるのを防いでくれます。

これやっていない? パーマの持ちを悪くするNG行動

アイロンの使いすぎは髪を傷める(写真:iStock)
アイロンの使いすぎは髪を傷める (写真:iStock)

 ついついやってしまう、パーマの持ちを悪くする行動についてもまとめてみました。ケアを行うのはもちろん、NG行動にも注意してくださいね。

目の細かいコームでブラッシングする

 いちばんNGなのが、「目の細かいコームでブラッシングをする」こと。傷んでいると絡まりやすいパーマですが、絡みを取りたいからと言ってブラッシングをしてしまうと、すぐにパーマが落ちてしまいます。髪の絡まりが気になる場合には、できるだけ目の大きな櫛を使って、ゆっくりと引っ張らずにほどくようにしましょう。

アイロンやコテでスタイリングする

 パーマは、熱を加えると落ちやすくなってしまいます。特に、アイロンやコテでのスタイリングには要注意!「少しカールをプラスさせたい」という気持ちは分かりますが、髪を傷める行為であることは忘れないようにしましょう。もしも、どうしてもアイロンやコテを使用したいのであれば、必ず完全に乾いた状態で使うこと! 濡れたままで使用すると、ダメージが倍増してしまいます。

シャンプー後に乾かさないままでいる

 髪を濡れたままにしていると、髪同士が摩擦することで傷みやすくなってしまいます。そのため、シャンプー後にはできるだけ速やかに髪を乾かすことが肝心!

 また、スキンケアを行う間、タオルを頭に巻いて髪が半乾きの状態になってから乾かす方も多いですが、これだとパーマのカールが綺麗に出にくくなってしまいます。お風呂上りはスキンケアにヘアケアと忙しいですが、どちらも並行してケアを行うようにしてくださいね。

【あわせて読みたい】寝ている間に髪が…意外と知らない就寝時のダメージと対策

パーマの持ちを良くするには日々のヘアケアが重要♪

ふわふわカールをキープしよう♪(写真:iStock)
ふわふわカールをキープしよう♪ (写真:iStock)

 パーマをかけたばかりの時って、スタイリングもしやすいですし、なんといってもふわふわのカールがとても嬉しいですよね♪

 少しでも良い状態を保つには、日々のヘアケアがとても重要! 傷みが激しい時には、ヘアオイルなどの良いアイテムを使用したり、シャンプーを見直すことも効果的です。ぜひ、パーマをかけたら、今回ご紹介した「パーマの持ちを良くする方法」を試してみてくださいね♪

【あわせて読みたい】美容師が教えます ヘアサロンで失敗しないオーダーの伝え方

ビューティー 新着一覧


清楚系メイクで彼の心を動かそう♡メイクポイント&やり方
 メイクと一言で言っても、さまざまな方法があります。中には、いつも同じマンネリメイクに飽きてきている人もいるでしょう。そ...
残念とは言わせない!3分でおさらい「くるりんぱ」のコツ♪
 SNSでヘアアレンジを検索すると、たくさんの「くるりんぱ」が出てきますよね。髪の毛を縛り、縛ったヘアゴムの上あたりに輪...
透明マスカラでナチュラルな目元に♡ 選び方のコツ&使い方
 透明マスカラは、別名「クリアマスカラ」とも呼ばれている“色の付かないマスカラ”のことを言います。透明マスカラは、マスカ...
ドーリーメイクで大人可愛い仕上がりに♡ポイントを徹底解析
 お人形さんのような“ドーリーメイク”に憧れていても、「若い女性がするメイクだし……」「似合う人が限られるから……」と、...
彼との濃密時間が増える♡お泊まりに便利なスキンケア製品3選
 お泊まりデートでは、丁寧なスキンケアをする時間が確保できないという問題にぶつかりやすいですよね。彼との時間を優先したい...
ノーズシャドウの上手な入れ方♡ もう団子鼻に悩まない!
 顔のパーツに関する悩みの中でも、“鼻の形”にコンプレックスを持っている人は多いようです。でも、整形するのはハードルが高...
キレイなネイルを長持ちさせる方法&おすすめデザイン4選♡
 女性にとって、ファッションに欠かせないアイテムの「ネイル」。サロンに通うとお金もかかりますし、セルフネイルでも塗り直す...
下着の買い替え時っていつ? 寿命の見極め方&正しい捨て方
 毎日必ず着用する下着ですが、いつ捨てたら良いのかタイミングが難しいと感じたことはありませんか? 着ようと思えば着られる...
美容家がレク! “ちょこっと白髪”に優秀ホームケア&裏ワザ
 アラサー・アラフォー世代になると、チラホラと出てくる「白髪」に悩む女性も増えますよね。今のご時世では、以前のように気軽...
ボディに化粧って必要? クリームと併用する時の正しい使い方
 毎日お風呂上がりにせっせとボディクリームを塗って乾燥対策をしているのに、膝や肘が乾燥してしまうことってありませんか? ...
“美髪”と言われる5つの絶対条件♡簡単なセルフケア方法も
 潤いがあるキレイな美髪は、女性にとって永遠の憧れ。しかし、そんな髪に憧れを抱いていても、「くせ毛だから……」「髪の毛が...
まるでスパ気分♡ご褒美バスタイムを叶えるプチプラ入浴剤6選
 その日の気分で使い分けられるように、入浴剤はいつも数種類ストックしています♪ 気分で選ベるのは楽しいので、バスタイムが...
仕上がりが変わる♡ ファンデーションの正しい切り替え時期
 みなさんは、ファンデーションを季節ごとに変えていますか?「面倒だから、ずっと同じのを使っている!」という人も多いでしょ...
買ってよかった「筋トレ器具」ベスト3を発表 2021.4.2(金)
 長引くコロナ禍で、テレワークはすっかり定着しつつありますよね。毎日座りっぱなしで、ひたすらパソコンに向かって仕事をして...
まさに女神♡ 韓国トレンド「ヨシンモリ」を5分で作る裏ワザ
 みなさんは「ヨシンモリ(女神ヘア)」をご存じですか? ヨシンモリは韓国で流行っている髪型で、もはや韓国では定番のスタイ...
痩せ見えコーデの5つのポイント♡太って見えるNGコーデも
 女性なら誰もが、痩せ見えコーデで少しでもスタイルを良く見せたいと思うもの。ダイエットで体重を減らすのは簡単ではありませ...