「糸島塩豚の明太柚子胡椒」とろーり軟らかなのに煮崩れなし

コクハク編集部
更新日:2020-02-19 06:00
投稿日:2020-02-19 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は福岡・中央区にある「博多料亭 稚加榮」の平山克浩さんに、程よい脂が口のなかで広がる「糸島塩豚の明太柚子胡椒」のレシピを教えていただきました。

豚肉は冷めてからカットする

合う酒=日本酒(C)コクハク
合う酒=日本酒 (C)コクハク

 黄金色の澄んだあんがかかっています。豚の角もピンとしていて、煮崩れが一切ありません。口に入れると、程よい脂がじんわりと広がり、とろーり軟らか。

「豚肉をカットするタイミングは、油抜きをしていったん冷めたときです。最初はカットせずブロックのまま圧力鍋にかけます。最初にカットしてしまうと、煮崩れがしやすいですね」

 脂の部分はとろりとするけれど身は硬くなってパサパサという失敗も、このやり方なら解消できます。

「糸島の豚はクセや臭いがなく、うま味が濃縮されています。もちろん手に入る範囲の豚肉で代用できますよ。付け合わせに八方だしで煮たカブをどうぞ」

 甘辛く煮込んでないから、さっぱりした味わいで、いくつでも食べられそうです。合わせるのは、全国新酒鑑評会で幾度となく金賞を受賞した「鍋島」(佐賀県)の大吟醸。きりっ、きりりとした飲み口が特徴です。薬味として添えてある明太子と柚子コショウもアクセントになっていて、いかにも博多らしいメニューです。

【材料】

・豚バラブロック 500グラム
・おから 200グラム
・しょうが 少々
・水溶き片栗粉 少々
・薬味(明太子・柚子コショウ)

(合わせ調味料)
・水 1000㏄
・酒 大さじ1
・塩 小さじ1
・味の素 小さじ1
・砂糖 小さじ1
・薄口しょうゆ 小さじ2

【レシピ】

1. ブロックの豚バラとおから、しょうがを圧力鍋に入れ、水をヒタヒタになるまで入れて強火で加熱。沸いたら弱火にして15分加圧する。
2. 圧力が下がったら豚を水洗いして、4~5センチにカットする。
3. 圧力鍋に豚肉を戻し、合わせ調味料と水を入れ再び10分加圧する。
4. 圧力が下がったら、豚肉を取り出して器に盛る。煮汁をこして、水溶き片栗粉でとろみをつけて豚肉にかけ、薬味をのせる。

本日のダンツマ達人…平山克浩さん

▽ひらやま・かつひろ
 1965年生まれ。18歳で「博多料亭 稚加榮」に入店し、今年で35年目を迎える。繊細な技を必要とするフグさばきの美しさは、多くの美食家をうならせてきた。

▽はかたりょうてい ちかえ
 明太子に代表される博多の食文化を広める名店。福岡店の広大ないけすには九州各地から水揚げされた四季折々の活魚が常時30種類以上。豪快にすくいあげられる海の幸は、客人の舌だけでなく心も満足させている。福岡市中央区大名2―2―17。

(日刊ゲンダイ2019年2月1日付記事を再編集)

フード 新着一覧


ビールのおつまみに最高!「肉ジャガのスパイシーコロッケ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
赤味噌とバターの絶品コラボ料理「鶏ジャガのバター味噌煮」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「サワラと季節野菜のみぞれあん」野菜は生のままでOK!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「ポパイエッグ」ホウレンソウをソテーして卵で包むだけ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「豚肉のネギまみれ」ネギの辛味が豚肉のウマ味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
蔵前の出来立てほやほや名物! 2021.4.19(月)
「東京のブルックリン」などといわれる街、蔵前(台東区)。数年前からそう呼ばれることが多くなり、雑誌の街歩きやオシャレスポ...
「ホタルイカのふきのとう味噌」旬の素材爆発の究極のツマミ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
スーパーの安価なマグロが早変わり!「ねっとり漬けマグロ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「空豆のからすみはさみ揚げ」一品で2つの風味が味わえる!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「春かつおの梅しそ酒盗和え」季節感あるさっぱりした味わい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「レンコンの醤油焼き」味と香りとサクサク食感を楽しめる!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「ペヤング獄激辛カレー」を食べてみた 2021.4.10(土)
 今年の1月にまるか食品から“獄激辛シリーズ第2弾”として発売されて以来、SNSやYouTubeを賑わせている激辛のペヤ...
「フレッシュマッシュルームのサラダ」薄く切るほど美味しい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
「ほうれん草と卵のナムル」計量スプーンで手軽にタレ作り!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
市販のサラチキで簡単おつまみ「鶏むね肉のカチョエペペ風」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
「酒呑みのポテトサラダ」燻製たくあんとカレー粉を“後のせ”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...