スチーマーの使いすぎは乾燥のもと?美肌になる正しい使用法

七海 ライター
更新日:2020-02-21 14:22
投稿日:2020-02-06 06:00
「美顔スチーマーを毎日使っていると女子力が上がった!美意識を高くするのは大事だな~」
 最近流行っている“美顏”のためのスチーマー。寒い毎日、テーブルにスチーマーから湯気を出して浴びているのに、逆に肌が乾燥してしまうことがあります。
 せっかくスチーマーを使うなら、正しい使い方を学んで美しい肌を手に入れましょう。

スチーマーを浴びるだけでは美肌にならない理由とは?

スチーマーは万能じゃない!(写真:iStock)
スチーマーは万能じゃない! (写真:iStock)

 スチーマーを使っているのになぜか肌荒れが治らない、相変わらずニキビができる……とお悩みの皆さん! それは、スチーマーの役割を誤解しているからかもしれません。

 スチーマーを使えば使うほど肌にやさしい!と思っていませんか?

 実は毎日使うと肌の角層が傷み、バリア機能が乱れ、敏感肌になりやすくなるリスクがあるんです。

「肌の水分量が上がった気がする!」と水蒸気を浴び続けた肌を触ると、確かにしばらくは柔らかくなっているのですが、過多に浴びていると今度は水分が蒸発していきます。

 そのプロセスで、自分の肌がもともと持っていた内部の水分も一緒に出て行ってしまうので、トータルでは赤字になってしまいます。つまり、かえって乾燥に拍車をかけてしまうんです。

美肌になるためのスチーマーを使うときの正しい方法って?

使用後はしっかり保湿を(写真:iStock)
使用後はしっかり保湿を (写真:iStock)

「浴びれば浴びるほどわたしの肌は赤ちゃん肌になるはず!」

 いえいえ、思い込みは危険! きちんと正しい使用方法を知っておきましょう。

洗顔のあとに使う

「スチーマーを使うと毛穴が開くから、汚れも落ちやすくなるかな?」

 メイクをしている状態で毛穴がふわっと開くと、汚れが毛穴に詰まってしまう原因になります。必ず、メイクを落としてから使いましょう。

最初は毎日使うのはやめる

 肌に刺激し続けると、かえってストレスをあたえてしまうことになります。

 特に使い始めのころは、1週間に1、2回だけ使うようにしましょう。慣れてきたら毎日使っても問題はありませんが、何事もやりすぎは毒です。

浴びたあとはきちんと保湿する

 あまり長時間スチーマーを浴びることはオススメできません。

 パックも1時間以上つけていると肌がどんどん突っ張って乾燥していきますよね。

 スチーマーを浴びるのは20分〜30分にとどめて、きちんと保湿しましょう。

 化粧水と乳液をたっぷり肌につけましょうね。

水は毎回替える

 面倒くさがって「昨日入れたからいっか~」と水を替えていないと、雑菌が湧く恐れがあります。そんな水蒸気を浴びるなんて考えるだけでゾッとします……。

 億劫がらず、きちんと水は替えましょう。

まとめ

正しい使用法で美肌をキープ(写真:iStock)
正しい使用法で美肌をキープ (写真:iStock)

 使っていると美意識が上がるスチーマーですが、正しく使わないとかえって肌の乾燥を進めてしまいます。

 美容は過ぎると毒になってしまいます。ぜひ、使い方を見直してみてください。

七海
記事一覧
ライター
95年、雪国生まれ。元バニーガール広報兼ライター。大学3年の時にブログを始める。婚活と読書がルーティン。卒論は綿矢りさ。好きなタイプは高学歴童貞。13のマッチングアプリを駆使し、1年半で会った男性は100人を超える。

ビューティー 新着一覧


品薄なヴァセリンパック。試しにバームを直塗りしたら“ギョッ”な事態に…
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
“スキンケア迷子”必見! 更年期のワガママ肌へのご自愛ブランド3選
 40代、50代と年齢を重ねるに従って、避けて通りにくいのが更年期のあれこれ。悲しいことにお肌の状態も、体調次第で左右さ...
鏡が恐怖!白髪染めの色落ちにゲンナリ、1日でも長持ちさせるセルフケア
 40代といえば、白髪が気になる年代。白髪は染めても数週間も経てばすぐに色落ちしてくるのでげんなりしますよね…。何回も繰...
「白Tシャツの捨て時わからない」問題ついに解決!黄ばみ&ヨレの改善法
 清潔感があり、いろいろなコーディネートに着回しができる白Tは、毎日の着こなしに重宝しますよね! でも、いつも迷ってしま...
これはバグですか?美STの付録価格がお得すぎ。6,200円→1,480円とな
『美ST』6月号 特別版の付録は「ラブミータッチ スキンバリアナノミルク」の現品と、話題の微弱電流マスク「GENiS イ...
Tバックを試したい!意外と知らない種類&男性からの好感度5つ星評価
 40代になったら一度は試してみたいTバック! Tバックは大人の女性の魅力を引き立てて、男性からの好感度をアップするだけ...
ザラのヘアスプレー、えっ不良品!?「ZARA HAIR」セクシー髪叶うのか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
生理前のめちゃ眠気はPMSが原因?【専門家監修】PMSの原因徹底解明
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代男性が“僭越ながら”大告白!アラフォー女性の3大「痛いメイク」
 メイクや髪型の変化にネイルなど、細かい部分は見ていないようで意外とチェックしているという男性たち。アラフォー女性に対し...
40代女性が嬉しかった褒め言葉 やっぱり「肌が綺麗」に勝るものなし?
 褒め上手な人は、人間関係もうまくいっている人が多いですよね。特に40代は子育てや仕事に忙しく、人と接する機会が増える世...
「運動したくないけど痩せたい!」は可能です。夢のようなダイエット術5選
 ダイエットといえば、「運動は不可欠」だと考えている人はたくさんいるはず。でも、中には運動が大の苦手という人もいますよね...
生理中、タンポンの経血モレは膣のゆるみを疑え?セルフチェック&膣トレ
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
入学式のママコーデ失敗談5つ 黒スーツ×黒ストッキングでまさかの赤っ恥
 今年も、たくさんの子供たちが入学式で新たな門出を迎えました。でも、華やかでおめでたい舞台の裏では、ママたちがどんな入学...
40女、ヒアルロン酸で若返る?12万円をほうれい線治療にブッ込んだら…
 40代の深いほうれい線を改善するために、美容クリニックを受診。カウンセリングで勧められたのは「ヒアルロン酸注入」でした...