お風呂に活用! 栄養士が伝授“入浴剤になる”身近な食べ物3選

時短美容協会 一般社団法人
更新日:2020-01-10 06:00
投稿日:2020-01-10 06:00
 肌の乾燥が特に気になる冬は、顔も体も保湿を入念に行い、常にモテ肌でいたいですよね。入浴剤はお風呂で温まりながら保湿ケアもできるので一石二鳥ですが、高価なものも多いのがネック。そこで今回は、普段は捨てがちだけど入浴剤代わりになる身近な食べ物を、時短美容協会に所属する栄養士の筆者が紹介します。

1. お米のとぎ汁

実は肌に良い成分がたっぷり(写真:iStock)
実は肌に良い成分がたっぷり (写真:iStock)

 お米をとぐ際に出るとぎ汁には肌に良い成分がたっぷり含まれているため、そのまま流してしまうのはもったいない! とぎ汁に含まれるセラミドには肌に適度な潤いをもたらす作用があり、ビタミン類は肌の代謝を高めてくれるので入浴剤代わりにはうってつけです。作り方もとても簡単なので、ぜひ試してみてください。

 お米のとぎ汁は髪にも良いと言われているので、ヘアケアにも活用できますよ。

【作り方】
1. お米をザルに入れて軽く水で洗い、最初のとぎ汁はお米についている汚れも含まれるのでそのまま流します。
2. その後3〜4回しっかり洗い、その際のとぎ汁をボウルなどの別容器に移して保管します。

2. みかんの皮

お風呂がみかんの爽やかな香りに…(写真:iStock)
お風呂がみかんの爽やかな香りに… (写真:iStock)

 冬に旬を迎え、食べる機会が増えるみかんですが、実は捨てがちな皮にこそ肌に良い成分が含まれています。みかんの皮に含まれるビタミンAとCには美肌効果があり、リモネンという成分の保温効果で血行も促進されるので、体の内側からも美肌効果を得ることが期待できます。入浴剤の作り方もそこまで手間はかかりません。

 柑橘系の香りはアロマ効果もあるので、リラックスしたお風呂時間に導いてくれますよ。

【作り方】
1. みかん3〜4個分の皮を用意し、ワックスが付いている場合はしっかり洗います
2. 耐熱皿にみかんの皮を広げて電子レンジで両面を加熱し水分を飛ばし、カラカラになれば大丈夫です。

3. 緑茶のティーバッグ

そのまま使えるので手間いらず(写真:iStock)
そのまま使えるので手間いらず (写真:iStock)

 意外と賞味期限の過ぎてしまいやすいティーバッグは、期限が過ぎたからとそのまま捨てるのはもったいないので、モテ肌アイテムとして活用しましょう。

 緑茶に含まれるカテキンやビタミンCなどの成分は、美白や保湿効果、角質を柔らかくする作用があると言われ、乾燥肌や肌荒れなどの悩み改善に期待できます。

 すでにバッグに入っているものを浴槽に2〜3個入れるだけなので、手間いらずな入浴剤に応用できます!

まとめ

 冬場の肌ケアは保湿が大事。入浴剤を使えば、しっとり肌のための手軽なお手入れが叶います。

 お風呂上がりにはボディークリームやオイルを使うと、入浴剤による保湿効果を閉じこめる効果が期待でき、更にしっとり肌を目指せます。

 コスパのいい入浴剤を探していたみなさん、ぜひ家にあるものを上手に活用して、冬もモテ肌で過ごしてみてください。

<文・時短美容協会所属/Nozomi・栄養士>

時短美容協会
記事一覧
一般社団法人
「時短美容」を単なる「省略美容」「ながら美容」ではないものと定義し、多忙な現代女性が「美容の時間を効率的に確保するため」に欠かせない正しい美容知識の普及に努めるとともに、美容にまつわる正確な時短知識を有する「時短美容家」「時短美容協会認定美容家」ならびに、薬機法(旧薬事法)を遵守する「美容ライター」の育成および普及活動を行っています。
WEB:https://fastbeauty.biz

ビューティー 新着一覧


キャンメイクのアイライナーに盲点…苦手な40女が目元に引くとこうなる
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
【直撃】「死んだ方がマシ」がん患者の拒否で悲痛の決意! 東大医師が女性器形成に力を注ぐワケ
 名器整形など、下半身に特化した医院「ヴェアリークリニック」。前編では実際に受けた有名人のお話しや、手術の種類などについ...
【直撃】三上悠亜や有名女優を名器に!密かなブーム「下半身整形」気になるあれこれを人気医師に聞いた
 有名人のお顔や体の整形公表は今や珍しくはありませんが、いまだ公表を憚られるパーツ、それがデリケートゾーンではないでしょ...
「地味な顔だから似合う服」足して引いてパッと華やぐコーディネート術
 地味な顔立ちの人は自信を持てなかったり、自分の良さを上手に表現し切れなかったりすることがあります。でも実は、地味な顔に...
40代女性は口ヒゲ注意!? 案外見られている口周りのムダ毛処理法&注意点
 40代女性は仕事や家事、育児などに忙しい年代です。とはいえ、自分に使う時間が少なくても「最低限、ムダ毛処理くらいはちゃ...
化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...
小ジワもたるみも無問題!美容家ベタ惚れ“高発色”プチプラアイカラー3選
 40代、50代…と年齢を重ねるにつれ「アイシャドウの色がのらない…」と感じてはいませんか?  悲しいけれど大人世...
40代痩せたいなら背中を鍛える!見落としがちな「美スタイル」習慣3つ
 ダイエットをする際、お腹や足への成果を求めがちですが、ちょっと待って。40代で痩せたいと思うなら、見落としがちな「背中...
VIO脱毛のきっかけとメリット もじゃもじゃの自己処理から卒業したい!
 VIO脱毛は、ほかの部位と比べてハードルが高いと感じますよね。実際にVIOの脱毛をしてみたいけれど、なかなか勇気が出な...
湿気で髪が制御不能! 梅雨入り前に対策したい3つのこと&応急処置
 梅雨の季節の悩み事といえば、髪の毛のうねりや広がりですよね…。特に、癖っ毛や天然パーマ、猫っ毛の人は激しく共感している...
ファンデ不要?「プリマヴィスタの下地」だけ。40代10時間耐久の結果は
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
毛穴の黒ずみを抹殺したくてVOCEの付録にダイブ!高額美容液がめちゃ得
 毛穴が気になっていたので、VOCE7月号 通常版「毛穴ケア決定版BOX」の付録に飛びつきました! いろいろな種類のアイ...
雨の日のアホ毛どう封印? バックに忍ばせたいスティックと“最後”の対策
 梅雨の季節ですね…。湿気で髪の毛がうまくまとまらない日々が続くので、女性にとっては憂鬱なことこの上なし。特に、アホ毛に...
品薄なヴァセリンパック。試しにバームを直塗りしたら“ギョッ”な事態に…
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...