「鯛の竜田揚げ」お酒好きの店主が考案した理想のおつまみ

コクハク編集部
更新日:2020-03-06 06:00
投稿日:2020-03-06 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・外苑前の「ごはんやパロル」の桜井莞子さんに、山椒の香りと辛味でお酒が進む「鯛の竜田揚げ」のレシピを教えていただきました。

少なめの油で揚げてもいい

合う酒=ハイボール(C)コクハク
合う酒=ハイボール (C)コクハク

「週1でお酒を抜こうと思っても、誘われると翌朝早くてもほいほい行っちゃう。家で一人でいるときも、3つくらいおつまみを作って、きれいな折敷(おしき)に載せて晩酌するのがすてきだなって思うの。私、死ぬまでお酒を飲んでいたいんですよね」

 桜井さんが店を開いたのは71歳のとき。

「店が終わった後や、休みの日に飲みに行ったとき、最初はビールを頼むので、こんな揚げ物のつきだしが出てきたらすごくうれしいなって、いつも思うんですよ」と作ってくれたのが鯛の竜田揚げです。

 近ごろは、揚げ物好きの料理好きといえども、「揚げ物は油の処理が面倒だし、キッチンが汚れるし、太るし」といった理由で、家ではしない人も多いですが、桜井さんいわく、「一番簡単だし、すぐにできるし、熱々の揚げ物って、最高のつまみじゃない」。

 毎日食べるわけではないし、油の量が気になるなら、深くて小さい鍋に1センチくらいの油で揚げて、一度使ったら捨てればいいとおっしゃいます。

 下味がついているので、そのままでも十分おいしいですが、山椒(さんしょう)をつけると、爽やかな香りと辛味で、さらにお酒が進む味に。揚げ物の相棒といえば、かつてはビールでしたが、今は断然ハイボール。

「薄いお酒は味気ないから好きじゃない。できれば、ダブルくらいの濃いめのハイボールを」

【材料】

・鯛(切り身) 2切れ
・A=しょうが(すりおろし)小さじ1、醤油小さじ1と2分の1、酒小さじ1と2分の1
・片栗粉、揚げ油、長ネギ 各適宜
・山椒(または山椒塩)

【レシピ】

1. バットにAの材料を合わせ、ひと口大に切った鯛を入れて5分ほど置く。
2. 鯛の水気をきり、片栗粉をはたいて、170度くらいの中温に熱した油でカラリと揚げる。
3. 好みで、ぶつ切りにした長ネギを素揚げにし、2とともに器に盛る。山椒か山椒塩を添えても。

本日のダンツマ達人…桜井莞子さん

▽さくらい・えみこ
 デザイン会社に勤務の後、1988年にケータリング会社を立ち上げる。94年に東京・西麻布に「ごはんやパロル」を開くが、2004年に閉店して伊豆に転居。料理教室を主宰していたが、14年、71歳で再び青山に店を開く。

▽ごはんやパロル
 東京メトロ外苑前駅から徒歩2分。何げないけれど、まっとうで上等な家庭料理を、伊豆で作陶する陶芸家・黒田泰蔵さんの白磁で味わえる。おいしい料理とお酒とともに器も楽しめる店。
東京都港区南青山2―22―14 フォンテ青山101。18~22時(LO)/土・日・月・祝定休

(日刊ゲンダイ2019年4月13日付記事を再編集)

フード 新着一覧


「東京コロッケ」揚げたてのジャガイモはホックホクで熱々!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
手軽で栄養◎!万能常備菜「野菜の重ね煮」2021.10.17(日)
 10月も半ばになり急に冷え込むようになってきました。体調を崩しがちな季節の変わり目はしっかりと野菜を食べて免疫力を上げ...
プッチン♡モスの新作フォカッチャサンド!2021.10.16(土)
 モスバーガーで限定発売されたばかりの「フォカッチャサンド 馬蹄型(ばていけい)ソーセージ&グランピングソース」(単品4...
「鶏の味噌漬けと酒盗豆腐」酒盗豆腐は味噌だけでもアテに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
焼き上がりパリパリ「鮎の風干し焼き」内臓が味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「枝豆あずま煮と梅貝旨煮」普通の枝豆とは味も風味も別物!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「イワシ蒲焼き風と奈良漬クリームチーズ」お酒に合う2品!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
おいしい季節に!「合鴨の治部煮」脂の乗った“口福”な鴨料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
チャミスルティー作ってみた! 2021.10.9(土)
 韓国ドラマの食事シーンで、必ずと言っていいほど登場する韓国焼酎「チャミスル」。ストレートでも飲みやすいけれど、アルコー...
「鶏ひき肉とマロニーの炒め物」知ったら最後リピート必至!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
 「肉のハナマサ」で激ウマポテチを発見!2021.10.7(木)
 関東地方を中心に展開しているスーパー「肉のハナマサ」は、とにかくお肉が安く買えるということで有名ですよね。筆者も月に1...
ほっぺた落ちる「鶏そぼろ」で温玉うどん♡ 2021.10.6(水)
 デジタル大辞泉によると、 【ほっぺたが落ちる】たいへんおいしいことを表す言葉。ほおが落ちる。  そうなんで...
「ちりめんじゃこ山椒煮」丁寧に極力時間をかけて煮詰める
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「半熟!味付きうずらの卵焼き」極意は“お湯で温めておく”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「コンビネーションカレー炒め」予約の取れない店のまかない
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「鶏すき焼きの黄金比のたれ」コクとうま味の秘密はザラメ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...