「サバと大根の湯揚げ」醤油とバルサミコのポン酢ソースで

コクハク編集部
更新日:2020-04-05 06:00
投稿日:2020-04-05 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は山形・鶴岡のイタリアン「アル・ケッチァーノ」の奥田政行さんに、和風イタリアンな「サバと大根の湯揚げ 醤油とバルサミコのポン酢ソース」のレシピを教えていただきました。

決め手は大根!

合う酒=日本酒(C)コクハク
合う酒=日本酒 (C)コクハク

 新鮮なサバを湯揚げして、バルサミコと醤油のソースで食べる“和風イタリアン”のおつまみです。

「サバが一番おいしく食べられるのが湯揚げです。身はやわらかく、大根と一緒に煮ると魚独特の臭みが取れます。私は隠し味に大根はよく使っています」(奥田シェフ)

 フレンチやイタリアンの煮込み料理などには風味付けに鍋に香草の束を入れます。これを“ブーケガルニ”といいますが、大根は、日本版の“ブーケガルニ”の役割を果たすんだそう。

「サケ料理にも大根を使うことがあります。しょうがは独特の味わいが残ってしまうけれど、大根はそれがない」(奥田シェフ)

 今回のお酒は日本酒。バルサミコは酸味が強いからです。

「ワインも酸味ですから、相性が悪い。市販のお酒なら、山形県の地酒、鯉川酒造の『亀治好日』がピッタリです」

 同酒造は、アル・ケッチァーノのオリジナル日本酒も製造しています。レストランで味わってみたいものです。

【材料】(4人分)

・サバ 200グラム
・大根 小さめを2本
 (8ミリ×5センチの棒切り)
・お湯 適量
・岩塩 適量
・長ネギ 1本
 (白髪ネギにする)
・くるみ 30グラム
・パクチー 4本
・グリッシーニ 適量

〈醤油とバルサミコのポン酢ソース〉
・醤油 10㏄
・バルサミコ 20㏄(半分に煮詰めたもの=元は40㏄)
・レモン汁 少々
・太白ごま油 10㏄
・サラダ油 20㏄
・ピュアオリーブオイル 40㏄
・エシャロット 2分の1個

【レシピ】

1. ソースを作る。醤油、バルサミコ酢にエシャロットのみじん切りと塩少々を入れた後、オイル類を入れる(あまりかき混ぜない)。レモン汁で味を調える。
2. お湯を沸かし、岩塩と大根を入れる。
3. 2にサバを入れてゆっくり煮る。
4. 外側の色が変わり火が入ったら、骨の周りは生の状態で、身を外して大根と一緒に盛る。
5. 1を回しかけ、その上から白髪ネギ、ローストしたくるみのみじん切り、パクチー、砕いたグリッシーニを盛り付けて完成。

本日のダンツマ達人…奥田政行さん

▽おくだ・まさゆき
 1969年、山形県鶴岡市生まれ。高校卒業後、東京のイタリアン、フレンチなどで働く。26歳で帰郷し、地元ホテルに就職、翌年料理長に就任。2000年に旬の地元の食材を使ったイタリアンレストラン「アル・ケッチァーノ」を独立開業。山形県の「食の都庄内」親善大使に任命され、農水省第1回料理マスターズ、第1回辻静雄食文化賞、山形県産業賞、鶴岡市の農業発展奨励賞・市政功労賞などを受賞。

▽アル・ケッチァーノ
 00年3月開業後、奥田シェフ自ら生産者を訪ねて、庄内の海、山、川、平野で取れた食材を生かしたコースなどを提供。全国の食通に支持される人気店。東京・銀座には姉妹店の「ヤマガタ サンダンデロ」を出店。山形県鶴岡市下山添一里塚83。

(日刊ゲンダイ2019年5月17日付記事を再編集)

フード 新着一覧


「水なすのみょうが味噌かけ」味噌と砂糖のバランスがカギ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「鰹のミルフィーユ」10分漬け込むだけで濃厚な味わいに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「しらすと数の子の梅びしお和え」ご飯にもパスタに和えても
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「蒸し寿司の餡かけ」そばつゆの甘い餡としゃりの酸味が絶妙
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「牧場の朝×Kiri」で簡単レアチーが! 2021.7.26(月)
 TikTokで流行中の「ヨーグルトレアチーズケーキ」に挑戦してみました! ヨーグルトの中にチーズを入れて混ぜるだけなの...
スーパーで買える食材で作れる「鰻カリー」 日本酒とともに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「チキンキーマ」フルーティーな甘さの燗酒でカレーが進む
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「お手軽ビンダルー」お好みでパクチーやクラッカーを添えて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
花山椒が香る「牡蠣のアチャール」燗酒との“危険なカップル”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「生姜のアチャールっぽいもの」をかけていただく冷ややっこ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
ピリ辛ネバネ~バ!絶品のオクラキムチ 2021.7.18(日)
 一年中手に入るオクラですが、旬は夏。それはもう別格ですよね。大きいのに硬くなく、張りやつやもしっかりあって。種類もスー...
ジップロックを使って蒸す「鶏もも肉とニラのスタミナ蒸し」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
夏野菜たっぷり「中国風冷ややっこ」 食欲減退気味な時にも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「ナスと豚ひき肉の甘味噌炒め」白ご飯にのせても美味しい!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「スルメイカの香り揚げ」紹興酒と醤油で味と香りが引き立つ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「エビとトウモロコシの春巻き」旬の素材の味を引き出して
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...