花粉や黄砂に負けない! 敏感な肌を守る行動とお手入れ3選

時短美容協会 一般社団法人
更新日:2020-03-08 06:00
投稿日:2020-03-08 06:00
 花粉や黄砂、PM2.5など、アレルギーを持つ敏感肌の人には、しんどい季節がきていますよね。目だけでなく肌までかゆくなって掻きむしってしまい、赤く腫れあがってしまった経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 そこで、花粉や黄砂に負けないように、敏感な肌を守る行動とケアをご紹介いたします。

首もとの乾燥を予防しクリームでガード

(写真:時短美容協会)
(写真:時短美容協会)

 敏感肌は顔や身体で拭く際に、花粉や黄砂でかゆくなってしまうので、ちょっとしたケアが大切です。室外で干した洋服はたくさんの花粉や黄砂が付着していますので、室内に取り込む際にポンポンと手で払っておきましょう。筆者はこれだけでも、肌のかゆみが軽減しました。

 そして、服を着る際にダメージを受けやすいのが首元。顔はマスクでガードできますが、首元はガードできませんよね。タートルネックで隠そうとしても、こすれて逆にかゆくなってしまうことも……。

 首元は皮が薄いぶん、敏感な部分でもあるので保護しておきたい箇所です。そのため、外出先では、拭き取りシートで首もとをこまめに拭き取りましょう。

 拭き取った箇所は、大気汚染や紫外線などから守る日焼け止めローションなどを塗っておけば、さらに安心。しっかりと保護して、乾燥による首シワも防ぎながら、かゆみを防げるのでケアしておきましょう。

目元や手元は絶対にこすらず保湿でかゆみ対策

(写真:時短美容協会)
(写真:時短美容協会)

 花粉や黄砂だけでなく、乾燥によってもかゆくなりやすい目元や手元。乾燥からのかゆみを防ぐためにも、こするのは厳禁です。

 そこで筆者は、手洗いの後や食事後など、気付いた時にたっぷりと保湿しています。目元は敏感な箇所なので、ジェルクリームを塗って乾燥防止。

コンシーラーで赤みを無かったことに!

(写真:時短美容協会)
(写真:時短美容協会)

 対策をしても、かゆみで赤くなってしまった肌には、ファンデーションを塗り重ねるよりも、コンシーラーとパウダーで軽く仕上げるほうがキレイに見えます。

 筆者は目元のキワには指で優しくのせているほか、鼻水をすすり赤くなっている鼻の溝にも、ポンポン塗りで対応。コンシーラーを重ねたくない場合は、赤みをカバーできるグリーンの下地を塗っておくことで、カバーできますよ。

 花粉や黄砂、PM2.5など、アレルギーを持つ敏感肌は一生付き合っていかなければならないもの。だからこそ、日々の行動やケアで肌を健やかに守っていきたいですよね。 日々のスキンケアに工夫を取り入れて、トラブルのない潤い肌をキープしましょう。

〈文・社〉時短美容協会所属/石田沙耶加〉

ビューティー 新着一覧


メイクアイテムの正しい使用期限、知ってる? 目元は要注意
 メイクポーチの中を定期的に掃除していますか? よく見ると、中には使用期限を過ぎている古いアイテムが入っている人も……。...
朝だけじゃダメ! 日焼け止めをメイクの上から塗り直す方法
 日焼け止めはこまめな塗り直しをすることではじめて、十分な効果を得られます。でも、メイクをしてしまったら「どうやってメイ...
おフェロ度UP「モーヴ色」メイクで40代の大人可愛いを実現!
 今、大注目の「モーヴ色」を使ったメイク。もう試しましたか? モーヴ色は、使う人を選ばない色として人気ですが、加えて40...
【0円で復活】ディオールの口紅が折れた!2022.6.30(木)
 ポッキーン。ゲットして間もないディオールの口紅が、折れてしまいました。ショック過ぎる……。  このままポイする選...
「おばさん体型」疑惑!特徴は?スリムな40代に近づく対処法
 40代を超えたあたりから、体がだんだんと「おばさん体型」になってきていると感じたことはありませんか? 今回は、おばさん...
「夏の涼しいコーデ4選」見た目&着心地グーな楽ちんスタイル
 暑い夏でも、涼しいコーデをして軽やかに過ごしたいと思いませんか? でも、単純に肌の露出を増やすのは、体型に自信がない人...
「白髪染め」失敗した! 楽しみながら戻すにはどうする?
 染めても繰り返し生えてくる白髪に、白髪染めを使っている人は多いですよね。でも、真っ黒になりすぎてしまったり、明るくした...
人に言えない「尿漏れ」問題 大きな声で笑ったら“じゅん”!
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「夏の汗対策」汗っかきさんは“冷却ポイント5つ”を覚えて!
 暑い夏、汗による悩みは尽きませんよね。メイク崩れやニオイ、汗染みなど、困っている人も多いはず。そこで今回は、悩み別に4...
「オフィスカジュアル」でデニム着用 アリorナシ線引きは?
 近年、働き方の幅が広がり「オフィスカジュアルOK」の会社も増えてきていますよね。そこで毎回のように議論になるのが「デニ...
痛くないよね?40代でも「背中開きトップス」が着たいんです
 ヘルシーで涼しげなムードが魅力的な、背中開きトップス。夏のコーデに取り入れたい気持ちがある反面「大人の女性が着るのは痛...
【基本のスキンケア】物価高でケチる前に0円で見直せること
 物価高が家計に重くのしかかってきていて、日々の美容ではなるべく節約したい人も増えているよう。一方、梅雨になると「肌の調...
おうちパックで蘇る! エステ&サロン級のうるツヤ肌と髪
 人と会う機会が増え、久しぶりに再会した人から老けたと思われたくないと、肌と髪の手入れを大急ぎでしています。  エステ...
【生理中の嫌なニオイ】やば!気付かれた?対処法を入手して
 生理中のニオイって、本当に気になりますよね。実際、多くの女性が生理中のニオイを気にしているようです。  今回はニオイ...
今さら聞けない「インバスケア」40代から始める美容習慣4つ
 40代になると、髪や肌に関する悩みが増えてきますよね。だからといって、仕事や家事が忙しくエステに通う余裕はない……。そ...