花粉や黄砂に負けない! 敏感な肌を守る行動とお手入れ3選

時短美容協会 一般社団法人
更新日:2020-03-08 06:00
投稿日:2020-03-08 06:00
 花粉や黄砂、PM2.5など、アレルギーを持つ敏感肌の人には、しんどい季節がきていますよね。目だけでなく肌までかゆくなって掻きむしってしまい、赤く腫れあがってしまった経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 そこで、花粉や黄砂に負けないように、敏感な肌を守る行動とケアをご紹介いたします。

首もとの乾燥を予防しクリームでガード

(写真:時短美容協会)
(写真:時短美容協会)

 敏感肌は顔や身体で拭く際に、花粉や黄砂でかゆくなってしまうので、ちょっとしたケアが大切です。室外で干した洋服はたくさんの花粉や黄砂が付着していますので、室内に取り込む際にポンポンと手で払っておきましょう。筆者はこれだけでも、肌のかゆみが軽減しました。

 そして、服を着る際にダメージを受けやすいのが首元。顔はマスクでガードできますが、首元はガードできませんよね。タートルネックで隠そうとしても、こすれて逆にかゆくなってしまうことも……。

 首元は皮が薄いぶん、敏感な部分でもあるので保護しておきたい箇所です。そのため、外出先では、拭き取りシートで首もとをこまめに拭き取りましょう。

 拭き取った箇所は、大気汚染や紫外線などから守る日焼け止めローションなどを塗っておけば、さらに安心。しっかりと保護して、乾燥による首シワも防ぎながら、かゆみを防げるのでケアしておきましょう。

目元や手元は絶対にこすらず保湿でかゆみ対策

(写真:時短美容協会)
(写真:時短美容協会)

 花粉や黄砂だけでなく、乾燥によってもかゆくなりやすい目元や手元。乾燥からのかゆみを防ぐためにも、こするのは厳禁です。

 そこで筆者は、手洗いの後や食事後など、気付いた時にたっぷりと保湿しています。目元は敏感な箇所なので、ジェルクリームを塗って乾燥防止。

コンシーラーで赤みを無かったことに!

(写真:時短美容協会)
(写真:時短美容協会)

 対策をしても、かゆみで赤くなってしまった肌には、ファンデーションを塗り重ねるよりも、コンシーラーとパウダーで軽く仕上げるほうがキレイに見えます。

 筆者は目元のキワには指で優しくのせているほか、鼻水をすすり赤くなっている鼻の溝にも、ポンポン塗りで対応。コンシーラーを重ねたくない場合は、赤みをカバーできるグリーンの下地を塗っておくことで、カバーできますよ。

 花粉や黄砂、PM2.5など、アレルギーを持つ敏感肌は一生付き合っていかなければならないもの。だからこそ、日々の行動やケアで肌を健やかに守っていきたいですよね。 日々のスキンケアに工夫を取り入れて、トラブルのない潤い肌をキープしましょう。

〈文・社〉時短美容協会所属/石田沙耶加〉

時短美容協会
記事一覧
一般社団法人
「時短美容」を単なる「省略美容」「ながら美容」ではないものと定義し、多忙な現代女性が「美容の時間を効率的に確保するため」に欠かせない正しい美容知識の普及に努めるとともに、美容にまつわる正確な時短知識を有する「時短美容家」「時短美容協会認定美容家」ならびに、薬機法(旧薬事法)を遵守する「美容ライター」の育成および普及活動を行っています。
WEB:https://fastbeauty.biz

ビューティー 新着一覧


30代40代の間違いメイク 老け見えしないハイライト&シェーディング3選
 アラフォー世代は、年齢を重ねるにつれてたるみや肌の変化に応じたメイクを心得ておくほうが安心です。昔と同じメイクを続ける...
【MEGUMI顔になれる美容セット】現品きたー!2商品も入った豪華付録
 MEGUMIさん、年齢を重ねるごとに魅力が増していて憧れの存在です。  美容法は参考になるものが多く、同世代の方...
アラフォーの“白髪が目立たない髪型”最適解 若見えにはアレをなくす
 アラフォーにもなると、白髪に悩まされてる人が増えてきます。本数が少ないうちは、抜いたり切ったりできますが、増えるとだん...
デリケートゾーンの吹き出物発見!【医療専門家監修】自然に治るの?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「D-up」40代が買うならどれ?金欠でも欲しいプチプラコスメの“盛り力”
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
実践済み!アラフォー以上の使用満足度爆騰「美容家激推し」ブランド2選
 アラフォーやアラフィフと呼ばれる年代になって、これまで愛用していたコスメブランドの商品が「なんとなく合わない」と感じる...
臭った足で部屋に入る彼…【専門家監修】臭いの原因は2つ!日頃のケアは
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
キャプスタイルの前髪のしまい方は? “張り付いた海苔”を回避するテク6選
 キャップをかぶるときに悩むのが、前髪のしまい方。「なんだかモサっとしてしまう…」「前髪がぺちゃんこにつぶれて張り付いた...
その定番アイメイク、やらかしてます…今すぐアプデしたいダサ見え5選
 定番アイメイクテクニックには、今の時代にそぐわず、古くさくてダサい印象になるアイメイクも…。目元を華やかに見せ...
一度でもいいから足首が細くなりたい…太くなる原因&簡単対策方法3つ
 細く引き締まった足首は、女性の憧れですよね。でも、時には足がむくんで象のような足首になる人も…。  今回は足首を細く...
「綺麗なおばさんになりたい」って変ですか? 今すぐ真似したい6つの習慣
 二十歳を過ぎたらあらゆることは自己責任ですが、それは「見た目の美しさ」に関しても同じ。実際に、自分の外見や内面を磨いて...
永久脱毛って本当にずーっと生えてこない? 気になる“その後”の体験談
 最近では、一般的になってきた永久脱毛ですが、中には「まだ自己処理をしている」「痛みや信頼性が不安で永久脱毛した経験がな...
座りっぱで気づけば、おしりの汗!女性向け3つの対策と便利グッズ
 暑い夏場や座りっぱなしで過ごしている時、おしりに汗をかいてしまい「臭いやムレが気になる」と悩んでいませんか?  洋服...
彼氏やペットとの生活が幸せすぎて怖い…要因はホルモン?【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
10回分191円の激安!SHEINの「眉毛ステッカー」張るだけで美眉なるか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
眉毛の形、古いです! 20代女が思うアラフォー女の老け見え残念眉メイク
 眉毛メイクは時代によって流行が変わりやすいですよね。当時は流行していて老け見えを感じさせないメイクでも、今だと...