つい甘いものに手が…「コロナ太り」対策におやつを見直そう

canちゃん ライター・デザイナー
更新日:2020-05-06 06:03
投稿日:2020-05-06 06:00
 外出やジムに出かけられず、普段と行動が変わってきているので、食べ方に気をつけないとうっかり太ってしまいそうなこの時期。いつも何気なく食べているお菓子やジュースを減らしたり、やめるきっかけとして「おやつ」を見直してみましょう。

コロナ太り対策にはおやつ習慣の見直しを

ついつい高カロリーに…(写真:iStock)
ついつい高カロリーに… (写真:iStock)

 コンビニに行くとついつい新作のお菓子をチェックしたり、ジュースをよく飲んでしまう……そんな人はおやつ習慣を見直してみましょう。

 ヘルシーなものに変えたり、食べないようにすると、ダイエットにもなり美容や健康にもいいことがありますよ。

毎食のご飯の時間を見直そう!

 お昼をしっかり食べて、夕食を早めにとることで、おやつを習慣のように食べることもなくなりました。

 どうしてもおやつは「お菓子」になりがちで、糖質や脂質をたくさんとってしまう傾向にあります。

 おやつの習慣をなくそうとはしているのですが、それでもたまには休憩に甘いものを食べたいものです。

 そんな時のおやつは下記のようなチョイスを心がけています。

ナッツと小さい甘いお菓子で満足感を得る

ナッツは体にいい♪(写真:iStock)
ナッツは体にいい♪ (写真:iStock)

 ちょっと何か食べたい時はナッツや小さいチョコレートなどを食べています。

 お茶を飲みながら食べると一息ついて気分転換にもなりますね。ナッツは食べ過ぎると肌荒れしてしまうので、ちょっとずつ食べるように。

 たまには甘いものを食べて、エネルギーと元気をチャージするのもいいですね。

豆乳ヨーグルトと甘酒などの発酵食品を

健康効果も(写真:iStock)
健康効果も (写真:iStock)

 豆乳ヨーグルトは豆乳を乳酸菌で発酵させて作ったヨーグルトです。

 植物由来の乳酸菌はみそやしょうゆ、漬物などの発酵食品に利用されていて、日本人のお腹になじみ深い乳酸菌です。

 低カロリー、低糖質、低脂肪、コレステロールゼロで、大豆たんぱく質や大豆イソフラボンが豊富。

 乳製品が苦手な人は豆乳ヨーグルトがおすすめです。

 自分で作った甘酒をおやつがわりにたまに飲んでいます。

 飲む点滴と言われているように、ブドウ糖、ビタミンB群やミネラル、アミノ酸等が豊富に含まれて、健康と美容にとっても良いのです。

 お腹にもたまるので小腹が空いたときのおやつとしておすすめです。

果物や野菜で栄養分も取ろう

 お腹がとっても空いてしまったときは、りんごやバナナなどの果物が手軽にとれて満足感もあって◎。
 
 トマトやきゅうりなど、そのまま食べれる野菜をおやつにすれば、健康的ですね。

 お腹が空いてしまって夕飯まで我慢できないなら、果物や野菜は罪悪感をあまり感じずに、たくさん食べられるところも良いところです。

まとめ

 買い物をしていてお菓子を買いそうになった時は、上記のようなおやつのチョイスを心がけたら美容や健康にも◎。

 購入前におやつのチョイスを見直してみるのが、おやつ習慣の改善の第一歩ですね。

 甘いものを我慢するとストレスがたまるなら、たまに食べるのをOKにして、心置きなくおやつ時間を楽しみましょう♪

canちゃん
記事一覧
ライター・デザイナー
ライターは主に美容、音楽メディアで執筆中。デザイナーはグラフィック、立体、webなど幅広く対応。美容、音楽、ファッション、旅、映画など、人生を楽しむ「何か」を経験したい&伝えたいとアレコレTRY!趣味はキックボクシングとカラオケ。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


光熱費も気になるからやめたい! お風呂スマホのデメリットと代替案3選
 頑張った一日の最後に入るお風呂は、とても気持ちがいいですよね! 癒しや美容、健康のためにスマホを見ながら長風呂している...
風邪の正式病名って?【専門家監修】引きやすくなった要因とエキナセア
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
30代40代の間違いメイク 老け見えしないハイライト&シェーディング3選
 アラフォー世代は、年齢を重ねるにつれてたるみや肌の変化に応じたメイクを心得ておくほうが安心です。昔と同じメイクを続ける...
【MEGUMI顔になれる美容セット】現品きたー!2商品も入った豪華付録
 MEGUMIさん、年齢を重ねるごとに魅力が増していて憧れの存在です。  美容法は参考になるものが多く、同世代の方...
アラフォーの“白髪が目立たない髪型”最適解 若見えにはアレをなくす
 アラフォーにもなると、白髪に悩まされてる人が増えてきます。本数が少ないうちは、抜いたり切ったりできますが、増えるとだん...
デリケートゾーンの吹き出物発見!【医療専門家監修】自然に治るの?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「D-up」40代が買うならどれ?金欠でも欲しいプチプラコスメの“盛り力”
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
実践済み!アラフォー以上の使用満足度爆騰「美容家激推し」ブランド2選
 アラフォーやアラフィフと呼ばれる年代になって、これまで愛用していたコスメブランドの商品が「なんとなく合わない」と感じる...
臭った足で部屋に入る彼…【専門家監修】臭いの原因は2つ!日頃のケアは
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
キャプスタイルの前髪のしまい方は? “張り付いた海苔”を回避するテク6選
 キャップをかぶるときに悩むのが、前髪のしまい方。「なんだかモサっとしてしまう…」「前髪がぺちゃんこにつぶれて張り付いた...
その定番アイメイク、やらかしてます…今すぐアプデしたいダサ見え5選
 定番アイメイクテクニックには、今の時代にそぐわず、古くさくてダサい印象になるアイメイクも…。目元を華やかに見せ...
一度でもいいから足首が細くなりたい…太くなる原因&簡単対策方法3つ
 細く引き締まった足首は、女性の憧れですよね。でも、時には足がむくんで象のような足首になる人も…。  今回は足首を細く...
「綺麗なおばさんになりたい」って変ですか? 今すぐ真似したい6つの習慣
 二十歳を過ぎたらあらゆることは自己責任ですが、それは「見た目の美しさ」に関しても同じ。実際に、自分の外見や内面を磨いて...
永久脱毛って本当にずーっと生えてこない? 気になる“その後”の体験談
 最近では、一般的になってきた永久脱毛ですが、中には「まだ自己処理をしている」「痛みや信頼性が不安で永久脱毛した経験がな...
座りっぱで気づけば、おしりの汗!女性向け3つの対策と便利グッズ
 暑い夏場や座りっぱなしで過ごしている時、おしりに汗をかいてしまい「臭いやムレが気になる」と悩んでいませんか?  洋服...
彼氏やペットとの生活が幸せすぎて怖い…要因はホルモン?【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...