今すぐ実践! 食欲を抑える6つの方法で美ボディを目指して♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-04-22 06:15
投稿日:2020-04-22 06:00
 食欲はダイエットの大敵! そう分かっていても、お腹が空いているわけでもないのに、ついつい食べてしまうことってありますよね? そこで今回は、ついつい食べてしまう原因&食欲を抑える6つの方法をご紹介します。上手に食欲をコントロールして、引き締まった美ボディを目指しましょう!

空腹でもないのについつい食べてしまうのはなぜ? 5つの原因

 食欲があるのは健康な証拠ですが、「食べ過ぎ」には注意したいもの。まずは、空腹でもないのについつい食べてしまう原因をご紹介していきます。思い当たる項目がないか、チェックしてみましょう。

1. 常に食べ物が近くにある

 常に食べ物が近くにある環境にいると、お腹が空いていなくても食べ物に手が伸びてしまいがち。「会社の休憩室にいつもお茶菓子がある」「自宅のテーブルの上に常に食べ物が置いてある」という人は、無意識についつい食べてしまう可能性大です。

2. 食事の時間が長時間

 食事時間が長いのも、ついつい食べてしまう原因でしょう。特に「晩酌」をする人は、お酒を飲みつつ、つまみを食べながらダラダラなんてこともあるはずです。

 食卓に座っている時間が長いほど、気を付けていても「無駄食い」するリスクは高まるでしょう。

3. “ながら食い”のクセがある

「テレビを見ながら」「雑誌や漫画を読みながら」など、“ながら食い”の習慣がある人は要注意!何かに集中している状態で食べてしまうと、注意力が低下するため、ついつい食べ過ぎてしまいます。

4. ストレスのせいにして食べてしまう

 仕事やプライベートなど、さまざまなシーンで自分を悩ませるストレスですが、“ついつい食べ”を、ストレスのせいにするのはNG!

「イライラするから仕方がない」と食べ過ぎてしまうと、後で自己嫌悪になることも多く、結果的に余計にストレスが溜まってしまうこともあります。

5. 食事の時間が不規則

 食事の時間が不規則な人は、規則正しい時間に食事をしている人に比べて間食や夜食を摂ってしまう傾向にあるようです。健康的にも良くないですし、太りやすい体質になってしまう可能性もあるため、根本的な生活習慣の見直しが必要となるでしょう。

今すぐ実践!食欲を抑える6つの方法

 食べ過ぎてしまう原因は人それぞれですが、美容や健康を意識するのであれば、食欲を抑える方法をマスターすることは必須! そこで、今すぐ実践できる「食欲を抑える6つの方法」をご紹介します。どれも簡単ですので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

1. 食事の時間を決める

 まずは、自分のライフスタイルに合わせて食事の時間を決めることから始めましょう。こうすることで、間食などの「無駄食い」を抑えることができます。

 ちなみに、理想の食事の時間の間隔は4〜5時間だと言われています。これは、食べ物が消化される時間をもとに出されている数字なので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

2. 炭酸水を飲む

 炭酸水を飲むと胃が膨らむため、食べ過ぎを抑える効果があります。空腹時はもちろん、食事中にもおすすめです。また、炭酸水は代謝を上げる効果もあるので、毎日の習慣にするとダイエットにも期待できそうですね。

3. 温かい飲み物を飲む

 温かい飲み物を飲むと、体が温まるので食欲を抑えることができます。できれば、砂糖なしのハーブティーが理想的。

 ほかにも、もずくスープやわかめスープなど、海藻を使ったスープは低カロリー。小腹が空いた時でもカロリーを気にせずに飲めますし、満腹感が出るためおすすめです。

4. 食後すぐに歯磨きをする

 食後すぐに歯磨きをすることで、自分自身に「もう食べることは終わり」と思い込ませることができます。また、歯磨きをすると口の中がスッキリするので、自然と食欲を抑える効果にも期待できるでしょう。もちろん、虫歯予防にもなりますね。

5. 夜更かししない

 夜遅くまで起きていると、夕食を食べてから時間が経過しているので、自然とお腹が空いてしまいます。これが、夜食や間食の原因!

 そのためには、夜更かしを極力せず、早めの就寝を心がけましょう。美容にも効果的ですよ。

6. モチベーションをアップさせる

 どうしてもお腹が空いた時には、なりたい自分を想像してみてください。自分が目標にしている女優やモデルの作品を見るだけでも、モチベーションアップに繋がります。

 自分のモチベーションが上がれば、「食べてる場合じゃない!」と、ストレスなく食欲を抑えることができるはずです。

食欲を上手にコントロールして美ボディを手に入れよう!

 いかがでしょうか? 無理な食事制限をしなくてもいつもの食習慣を少し見直すことで、食欲を抑えることは十分に可能です。どれも今日から始められる簡単な方法なので、ぜひ実践してみてくださいね。

 自分の食欲を上手にコントロールして、理想の美ボディを手に入れましょう!

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


ユニクロ「リブスクエアネックブラT」の理想と現実。鏡の前でボー然!
 梅雨も明け、いよいよ夏本番! 旅行の計画を立てている人も多いのでは? 筆者もこの原稿が公開される頃には、ハッピーなサマ...
美容医療は不要かも!40代美容家の肌悩みを救う“夏ガチ愛用コスメ”3選
 毎年、梅雨入り前後から「毛穴」「くすみ」「部分テカリ」の三重苦に悩む私は、夏本番に備え、デイリーコスメを見直しています...
遠心顔さんも大人っぽく…!コンプレックスを解消する4つのメイクテク
 第一印象の決め手となる顔は、パーツの特徴や位置で大きく雰囲気が変わりますよね。でも、大人っぽく見える「求心顔」や幼く見...
生理が来ない47歳女、婦人科で「閉経診断」。更年期の揺らぎって何?
 今年に入って生理が来ない月が増え(どちらかといえば順調に来ているほうでした)、婦人科クリニックで血液検査を行ったところ...
夏こそボディクリームを塗るべき理由 暑くてパス→肌の砂漠化待ったなし
 夏、部屋のクーラーはもちろんつけているのにお風呂上がりに吹き出す汗…。そんな状態でボディクリームを塗るのには、なんとな...
【薬剤師監修】Q.性交中の出血が不安です。原因とセルフチェック法は?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
40代、体のライン崩壊! 自然にごまかせる水着のデザイン&選び方3カ条
 40代になると代謝が下がりがちになり、体型に自信がなくなる人が増えますよね。でも、子育て世代の40代は、プールや海水浴...
ぐっしょり…夏の大敵「汗染み対策」脇汗滝汗でも目立たない色や素材は?
 最近暑さが増してきて、もう夏は目の前。夏のお悩みといえば、洋服の汗染みですよね。外をちょっと歩いただけで、脇や背中がぐ...
1本660円~でぷっくり唇!40代美容家も“質感”納得、プチプラリップ3選
 口紅は毎日使うものだからこそ、自分に似合う色を選びたいだけでなく、トレンドを意識したテクスチャーにも注目したいところ。...
【まつ育ルポ】まつ毛にも老化の波…40代お疲れ目元をどうにかしたい!
 まつ毛のカールに欠かせないビューラー。くいくいっと動かした後、ビューラーのゴム部分を見ると大事なまつ毛1本、2本と付着...
キャンメイクのアイライナーに盲点…苦手な40女が目元に引くとこうなる
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
【直撃】「死んだ方がマシ」がん患者の拒否で悲痛の決意! 東大医師が女性器形成に力を注ぐワケ
 名器整形など、下半身に特化した医院「ヴェアリークリニック」。前編では実際に受けた有名人のお話しや、手術の種類などについ...
【直撃】三上悠亜や有名女優を名器に!密かなブーム「下半身整形」気になるあれこれを人気医師に聞いた
 有名人のお顔や体の整形公表は今や珍しくはありませんが、いまだ公表を憚られるパーツ、それがデリケートゾーンではないでしょ...
「地味な顔だから似合う服」足して引いてパッと華やぐコーディネート術
 地味な顔立ちの人は自信を持てなかったり、自分の良さを上手に表現し切れなかったりすることがあります。でも実は、地味な顔に...
40代女性は口ヒゲ注意!? 案外見られている口周りのムダ毛処理法&注意点
 40代女性は仕事や家事、育児などに忙しい年代です。とはいえ、自分に使う時間が少なくても「最低限、ムダ毛処理くらいはちゃ...
化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...