ファンデドロドロを阻止! 肌のテカりの原因&抑える方法6選

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-06-12 06:00
投稿日:2020-06-12 06:00
 どんなに綺麗にメイクをしても、時間が経つと起こる「肌のテカり」。なんとかならないかな……? と、日々悩んでいる人は多いでしょう。
 肌質は人それぞれですのでテカる程度はさまざまですが、肌がテカる原因を知ることでテカりを抑えることもできるんですよ。そこで今回は、テカり対策をご紹介! メイク悩みを改善してくださいね。

どうしてケアしているのに肌がテカるの? テカりの3つの原因

もうテカってる…!(写真:iStock)
もうテカってる…! (写真:iStock)

 朝、ばっちりメイクをしてきたはずなのに、お昼になると「もうメイクが崩れている」と、感じている人は多いでしょう。メイク崩れでよく見られるのがテカり。テカりから、ファンデがドロドロになってしまうんですよね。このテカりは、みなさんご存知の通り「皮脂」が原因。なぜ、皮脂は増えてしまうのでしょうか?

1. 皮脂分泌が活発

 肌質には、脂性肌、普通肌、乾燥肌、混合肌など、さまざまなタイプがあります。皮脂が気になっている人の肌質に多いのが、オイリー肌とも呼ばれる「脂性肌」。脂性肌の人は皮脂分泌が活発なため、どうしても肌がテカりやすくなります。特に、皮脂腺が多いTゾーンは、過剰な皮脂分泌がされやすい場所です。

2. 肌の潤い不足

 肌がテカりやすい人は、「脂性肌だから」と思っている人が多いですが、実は一概にそう言えません。肌内部の水分量が少ないのに、肌表面の皮脂量が多い「インナードライ肌」である可能性もあります。

 これは、肌内部の水分量不足を感じた肌が、肌表面の潤いを保とうと皮脂分泌を活発に行っている状態。そのため、肌表面がテカってしまうのです。

3. 睡眠不足による影響

 肌の状態は外側からのケアが影響していると思われがちですが、実は生活習慣も大きく影響してきます。

 特に、寝不足が続いた場合、肌のターンオーバー(新陳代謝)がうまく行われなくなってしまうことも。睡眠時間が少ないことで皮脂コントロール機能がうまく働かなくなり、必要以上の皮脂分泌が行われることもあるようです。

メイク持ちもアップさせる! 肌のテカりを抑える6つの方法

顔を洗ったらすぐに保湿する(写真:iStock)
顔を洗ったらすぐに保湿する (写真:iStock)

 肌のテカりは、メイク崩れの原因のひとつ。では、キレイなメイクをキープするためには、どうすれば良いのでしょうか? 厄介な肌のテカりを抑えるための対処法、ご紹介していきます。

1. 正しい洗顔方法を取り入れる

 肌のテカりが気になる人は、皮脂を洗い流そうと1日に何度も洗顔をしている人もいるようですが、これはNG。どんなに皮脂分泌が活発な人でも、洗顔は1日2回を目安にしましょう。

 また、洗浄力の強すぎる洗顔料を使ったり、熱いお湯で洗顔をすると、肌に必要な皮脂まで落として乾燥を招く恐れがあるため、注意が必要です。ゴシゴシと擦るのではなく、泡で優しく汚れを落とすようにしましょう。

2. 洗顔後、すぐに保湿ケアを行う

 洗顔後、ついついテレビやスマホを見たりして、スキンケアを後回しにしてしまう人も多いでしょう。でも、洗顔や入浴後の肌というのはとても乾燥しやすい状態。肌は乾燥を感じると、皮脂分泌量を増やしてしまう特性があるため、洗顔後にはただちに保湿ケアをすぐに行うことが必要です。

 化粧水で水分を肌に与えた後には、乳液やクリームなどの油分で水分の蒸発を防いで保湿するようにしましょう。

3. 収れん化粧水などをプラスする

 皮脂分泌が盛んな脂性肌の人は、スキンケアアイテムを見直すこともおすすめ。普段使っているスキンケアアイテムに、「収れん化粧水」を取り入れるのも良いでしょう。収れん化粧水は、毛穴を引き締めてくれるため、皮脂分泌を抑える効果に期待できます。

 また、毛穴はそこまで目立たないけれどテカりが気になるという人は、インナードライ肌の可能性がありますから、保湿ケアを重点的に行うことが大切です。

4. 過剰な皮脂ケアをやめる

 肌のテカりが気になる人は、あぶらとり紙などを使って常に皮脂を落とそうとしていませんか?確かに、皮脂がなくなれば、テカりがなくなり、メイク直しもしやすいでしょう。

 しかし、過剰な皮脂ケアは乾燥を招き、皮脂分泌を活発にさせてしまう可能性があります。メイク直し時の皮脂ケアは、テカりがどうしても気になるTゾーンだけをティッシュオフ程度でも十分ですよ。

5. メイクは薄付きにする

 テカりに悩んでいる人は、同時にメイク崩れにも悩んでいるでしょう。当然ですが、ファンデーションがたっぷりと肌に乗っていると、メイクが余計に崩れやすくなります。Tゾーンなど皮脂が出やすい部分は特に、できるだけ薄付きメイクを意識して行うと、メイク持ちを良くすることができますよ。

6. ライフスタイルを見直し、規則正しい生活を送る

 上記でもご紹介しましたが、睡眠不足をはじめとした生活習慣の乱れも、過剰な皮脂分泌の原因となってしまいます。規則正しい生活を送り、質の良い睡眠を取ることができれば、肌の新陳代謝も正常に戻り、テカりの改善にもつながるでしょう。

 また、食べ物にも気を使うことも重要。揚げ物や甘いものに含まれる脂質や糖質は、皮脂分泌とも関わるため、適度に摂取することが大切です。

肌のテカりは抑えられる! 正しいケアで理想的な肌を目指そう

お肌のためにも規則正しい生活を(写真:iStock)
お肌のためにも規則正しい生活を (写真:iStock)

 肌のテカりに悩んでいる人は、「脂性肌だから仕方がない」と諦めている人も少なくありません。しかし、脂性肌であっても、ちょっとしたことで肌の状態は変えることができます。テカりを抑えることができれば、メイク直しの回数を格段に減らすことができるでしょう。

 肌のテカりに悩んでいる人、メイク崩れが激しいと感じている人は、この機会にテカりケアを取り入れて、理想的な美肌を目指してくださいね。

ビューティー 新着一覧


パフ&スポンジを水ありで使うとメイク持ちUP♡ 使い方のコツ
 ファンデーションには欠かせない、パフ&スポンジ。ファンデーション選びにはこだわっても、パフやスポンジは適当に使っている...
愛され女子に共通する6つの美習慣♡ 簡単な就寝前のケア方法
 女性から見て「素敵だな」と思える人は、男性にも魅力的に映り、愛される傾向にありますよね。中には「美人に生まれていいな」...
男ウケのいい“モテるネイル”のポイント5つ♡男性の本音も
 女性にとって、ネイルはおしゃれの一部。毎日いろいろな柄や色を楽しんでいる人は多いでしょう。でも、女性が可愛いと思うネイ...
真夏のドライヤー時間は短縮できる! おすすめ簡単時短術3選
 みなさんは、ドライヤーにどのくらいの時間をかけていますか? 夏はドライヤーをかけるだけで暑いので、ドライヤー自体を省い...
コンシーラーのメイク崩れを解消♡ 原因&ヨレない方法4つ
 コンシーラーはクマやシミ、くすみや毛穴などの肌トラブルをキレイに隠してくれる優れもののアイテム。でも、使い方を間違えて...
太ももを細くするための5つのポイント&簡単エクササイズ♪
 太ももは、多くの女性が「少しでも細くなりたい!」と思っている部位。しかし、一度脂肪が付いてしまうと、なかなか細くならな...
ボディスクラブで“うるツヤ肌”に♡4種類の特徴&正しい使い方
「ボディスクラブ」はクリームやジェルの中に細かい粒子が入っていて、マッサージすることで古い角質を落としてくれる優れたアイ...
“ダサい”は卒業!大人女性のスニーカーコーデのコツ&注意点
 近年、大人女性に大人気の「スニーカー」。なんといっても歩きやすいので、一度履くと手放せなくなってしまいますよね。とはい...
ここが残念…! 見過ごしがちな“老け見えポイント”の克服法
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。老化の大敵であるシワやシミを意識してケアする女性は非常に多いのですが、優先順...
化粧品サンプルの使用期限はいつ?上手に使い切る11個の方法
 雑誌の付録や、デパートの化粧品売り場でなどでもらえる「化粧品サンプル」。使いそびれて、ついつい溜まっていませんか? 実...
「コスメキッチン」の優秀アイテム3選♪肌レベルアップを実感
 人気急上昇中のコスメショップ「コスメキッチン」のアイテムで、肌レベルをアップさせてみてはいかがでしょうか♪ 肌の変化を...
これぞ究極の時短!面倒な美容も10秒で終わるミストコスメ3選
 夏場の時短美容では、ミストを活用するのが王道。クイックに狙いどおりの使用感を得やすく、出先などで手早くケアをするのに最...
大胸さん必見!胸を小さく見せる洋服の選び方6つのポイント
 胸に関するコンプレックスは人それぞれ。「貧乳をどうにかしたい!」と悩む女性もいれば、「胸をどうにか小さく見せたい!」と...
すぐに実践♡ 簡単イメチェン方法4つ&失敗しないポイント
 失恋した時や季節の変わり目、環境が変化した時など、女性にはそれぞれイメチェンしたいと思う時がありますよね。中には、「簡...
女性にプレゼントならこれ♡ 王道ビューティーギフト&選び方
 誕生日やちょっとしたお礼、お祝いなどで、女性へプレゼントを送る機会って意外と多いもの。中でも、人気なのが「ビューティー...
体型カバーコーデで簡単痩せ見え効果♡ 着こなしの8つのコツ
 女性であれば誰もが、実際のスタイルよりも華奢に見せたいと思っているはず。そこで今回は、痩せ見えする体型カバーコーデの8...