ファンデドロドロを阻止! 肌のテカりの原因&抑える方法6選

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-06-12 06:00
投稿日:2020-06-12 06:00
 どんなに綺麗にメイクをしても、時間が経つと起こる「肌のテカり」。なんとかならないかな……? と、日々悩んでいる人は多いでしょう。
 肌質は人それぞれですのでテカる程度はさまざまですが、肌がテカる原因を知ることでテカりを抑えることもできるんですよ。そこで今回は、テカり対策をご紹介! メイク悩みを改善してくださいね。

どうしてケアしているのに肌がテカるの? テカりの3つの原因

もうテカってる…!(写真:iStock)
もうテカってる…! (写真:iStock)

 朝、ばっちりメイクをしてきたはずなのに、お昼になると「もうメイクが崩れている」と、感じている人は多いでしょう。メイク崩れでよく見られるのがテカり。テカりから、ファンデがドロドロになってしまうんですよね。このテカりは、みなさんご存知の通り「皮脂」が原因。なぜ、皮脂は増えてしまうのでしょうか?

1. 皮脂分泌が活発

 肌質には、脂性肌、普通肌、乾燥肌、混合肌など、さまざまなタイプがあります。皮脂が気になっている人の肌質に多いのが、オイリー肌とも呼ばれる「脂性肌」。脂性肌の人は皮脂分泌が活発なため、どうしても肌がテカりやすくなります。特に、皮脂腺が多いTゾーンは、過剰な皮脂分泌がされやすい場所です。

2. 肌の潤い不足

 肌がテカりやすい人は、「脂性肌だから」と思っている人が多いですが、実は一概にそう言えません。肌内部の水分量が少ないのに、肌表面の皮脂量が多い「インナードライ肌」である可能性もあります。

 これは、肌内部の水分量不足を感じた肌が、肌表面の潤いを保とうと皮脂分泌を活発に行っている状態。そのため、肌表面がテカってしまうのです。

3. 睡眠不足による影響

 肌の状態は外側からのケアが影響していると思われがちですが、実は生活習慣も大きく影響してきます。

 特に、寝不足が続いた場合、肌のターンオーバー(新陳代謝)がうまく行われなくなってしまうことも。睡眠時間が少ないことで皮脂コントロール機能がうまく働かなくなり、必要以上の皮脂分泌が行われることもあるようです。

メイク持ちもアップさせる! 肌のテカりを抑える6つの方法

顔を洗ったらすぐに保湿する(写真:iStock)
顔を洗ったらすぐに保湿する (写真:iStock)

 肌のテカりは、メイク崩れの原因のひとつ。では、キレイなメイクをキープするためには、どうすれば良いのでしょうか? 厄介な肌のテカりを抑えるための対処法、ご紹介していきます。

1. 正しい洗顔方法を取り入れる

 肌のテカりが気になる人は、皮脂を洗い流そうと1日に何度も洗顔をしている人もいるようですが、これはNG。どんなに皮脂分泌が活発な人でも、洗顔は1日2回を目安にしましょう。

 また、洗浄力の強すぎる洗顔料を使ったり、熱いお湯で洗顔をすると、肌に必要な皮脂まで落として乾燥を招く恐れがあるため、注意が必要です。ゴシゴシと擦るのではなく、泡で優しく汚れを落とすようにしましょう。

2. 洗顔後、すぐに保湿ケアを行う

 洗顔後、ついついテレビやスマホを見たりして、スキンケアを後回しにしてしまう人も多いでしょう。でも、洗顔や入浴後の肌というのはとても乾燥しやすい状態。肌は乾燥を感じると、皮脂分泌量を増やしてしまう特性があるため、洗顔後にはただちに保湿ケアをすぐに行うことが必要です。

 化粧水で水分を肌に与えた後には、乳液やクリームなどの油分で水分の蒸発を防いで保湿するようにしましょう。

3. 収れん化粧水などをプラスする

 皮脂分泌が盛んな脂性肌の人は、スキンケアアイテムを見直すこともおすすめ。普段使っているスキンケアアイテムに、「収れん化粧水」を取り入れるのも良いでしょう。収れん化粧水は、毛穴を引き締めてくれるため、皮脂分泌を抑える効果に期待できます。

 また、毛穴はそこまで目立たないけれどテカりが気になるという人は、インナードライ肌の可能性がありますから、保湿ケアを重点的に行うことが大切です。

4. 過剰な皮脂ケアをやめる

 肌のテカりが気になる人は、あぶらとり紙などを使って常に皮脂を落とそうとしていませんか?確かに、皮脂がなくなれば、テカりがなくなり、メイク直しもしやすいでしょう。

 しかし、過剰な皮脂ケアは乾燥を招き、皮脂分泌を活発にさせてしまう可能性があります。メイク直し時の皮脂ケアは、テカりがどうしても気になるTゾーンだけをティッシュオフ程度でも十分ですよ。

5. メイクは薄付きにする

 テカりに悩んでいる人は、同時にメイク崩れにも悩んでいるでしょう。当然ですが、ファンデーションがたっぷりと肌に乗っていると、メイクが余計に崩れやすくなります。Tゾーンなど皮脂が出やすい部分は特に、できるだけ薄付きメイクを意識して行うと、メイク持ちを良くすることができますよ。

6. ライフスタイルを見直し、規則正しい生活を送る

 上記でもご紹介しましたが、睡眠不足をはじめとした生活習慣の乱れも、過剰な皮脂分泌の原因となってしまいます。規則正しい生活を送り、質の良い睡眠を取ることができれば、肌の新陳代謝も正常に戻り、テカりの改善にもつながるでしょう。

 また、食べ物にも気を使うことも重要。揚げ物や甘いものに含まれる脂質や糖質は、皮脂分泌とも関わるため、適度に摂取することが大切です。

肌のテカりは抑えられる! 正しいケアで理想的な肌を目指そう

お肌のためにも規則正しい生活を(写真:iStock)
お肌のためにも規則正しい生活を (写真:iStock)

 肌のテカりに悩んでいる人は、「脂性肌だから仕方がない」と諦めている人も少なくありません。しかし、脂性肌であっても、ちょっとしたことで肌の状態は変えることができます。テカりを抑えることができれば、メイク直しの回数を格段に減らすことができるでしょう。

 肌のテカりに悩んでいる人、メイク崩れが激しいと感じている人は、この機会にテカりケアを取り入れて、理想的な美肌を目指してくださいね。

ビューティー 新着一覧


“スモーキーメイク”のやり方&アイシャドウの色選びのコツ♡
 トレンドに敏感な女性たちの間では、すっかりお馴染みの「スモーキーメイク」。「取り入れてみたいけど、やり方がわからない…...
“色気メイク”で彼の心を掴もう♡ポイント&パーツ別メイク法
 女性らしい魅力を引き出すことができる「色気メイク」は、大人の女性にとって、理想的なメイクと言えるかもしれません。そこで...
新垣結衣さんの“すっぴん美肌”を目指せるプチプラコスメ3選♡
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違っ...
毛穴レスな陶器肌に♡マットメイクのやり方のコツ&注意点
 光沢のないマットメイクは、ナチュラルなのに大人っぽい雰囲気が漂うメイク。でも、「やってみたいけどなんだか難しそう……」...
ゾンビに傷あと…簡単で可愛い♡ハロウィンメイク&アイテム
 今年も、ハロウィンの季節がやってきましたね♡ 今回は、ハロウィンパーティーに大活躍するハロウィンメイクのアイディアをご...
バズり靴下「ファミマソックス」に「am/pm」柄が新登場!2021.10.14(木)
 今年の夏、SNSでバズった“ファミマの靴下”。一部の店舗で、売り切れが続出しましたが、最近また見かけるようになりました...
ミストは乾燥するって本当?正しい使い方&3つの注意点♪
 ミストタイプの化粧水は、出先でも簡単に肌の水分補給ができる便利なアイテム。でも、使い方を間違えてしまうと乾燥の原因にな...
男性ウケ抜群のモテ顔に♡ デートメイクのコツ&NGメイクも
 デートの際、気合いが入ってついメイクが濃くなってしまう人もいるでしょう。しかし、男性は盛りすぎメイクよりも、ナチュラル...
マツエクはもう時代遅れ? 初期&最新のトレンドを徹底比較♪
 つけまつ毛をつけているようなパッチリした目元を叶えてくれる「マツエク」は、美容に敏感な女性たちの中ではすっかり定番のア...
実は美人が多い♡ “ゴリラ顔の特徴&似合う髪型を選ぶコツ
「可愛い」というより「ワイルド」なイメージが強いゴリラ顔。“ゴリラ顔”と聞くだけでネガティブなイメージが先行してしまいま...
壇蜜のような“ふわとろ色気ボディ”を狙うおすすめグッズ3選
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違っ...
雑誌の豪華付録で美容家電をゲット♡ 眉毛シェーバーが優秀♪
 雑誌の付録をチェックするのが、ひそかな楽しみになっている私です。発売直後の新アイテムが試せたり、美容家電が付録になって...
ベリーショートは男ウケが悪い? 意外な事実&似合う人の特徴
 ベリーショートが似合う女性って、魅力的に見えて素敵ですよね。でも、ベリーショートは「男ウケが悪い」というのが、多くの女...
顔の産毛が濃いのが気になる…すべすべ肌を目指す5つの方法
 女性にとって、顔の産毛は厄介なもの。顔の産毛が濃くなると肌のトーンダウンにも影響してしまいますし、人から指摘されること...
“地雷系メイク”の特徴♡ 病みかわいく仕上げる部分別ポイント
 女性にとって、メイクは個性を発揮する手段のひとつ。「今のメイクに飽きてきた」という人は、「地雷系メイク」にチャレンジし...
その“抜け感”ダサいよ…勘違いファッションに見えないコツ
 ファッション用語で頻繁に聞く「抜け感」というワード。わかっているようでわかっていない人も結構多いかもしれません。そして...